看護栄養学部

教育研究上の目的

 本学部は、高齢化社会の進展、人々の健康志向の高まりや、本県の課題である医療過疎地域問題等を背景として、地域住民がより健やかな生活を営めるよう、看護と栄養のそれぞれの専門領域がともに協力し、補完しあいながら地域の多様な保健・医療ニーズに対処し、地域住民の健康の維持・増進・回復等に貢献するとともに、シーボルト精神とも言うべき「病を癒し健康を守る」職業人の育成を図ります。

看護学科

教育研究上の目的

 生命の尊厳と人権の尊重を基本とし、人々の健康問題の解決に向けて、国際的視野をもち、保健・医療・福祉を統合した看護を実践できる能力の育成を目指します。さらに看護職として、看護学の発展に自律的、創造的に寄与する人材を育成します。また、この教育理念の達成に必要な看護学・保健学領域の研究を推進していきます。

栄養健康学科

教育研究上の目的

 国民の健康保持・増進の実現が重要な社会的要請となっていることを踏まえ、生命科学に立脚した「食と健康」科学の統合化を目指した栄養科学と健康科学の基礎と応用を総合化した教育研究を推進し、「食と健康」に関する専門的知識や技能を保持し、健康社会実現のために社会の幅広い分野で貢献できる専門的な人材を育成します。