研究情報詳細

氏名

大曲 勝久(オオマガリ カツヒサ)
OMAGARI Katsuhisa
http://sun.ac.jp/prof/omagari/

所属

栄養健康学科

職名

教授
研究者写真

学歴

  • 長崎大学 医学部 医学科 1978年04月01日(入学) 1984年03月31日(卒業)

取得学位

  • 学位区分:博士、学位名:博士(医学)、学位の分野:消化器内科学、授与機関:長崎大学、論文題目名:Flow cytometric analysis of the cellular DNA content in various liver diseases.、取得年月:1993年04月30日

学内職務経歴

  • シーボルト校学生部長 兼務 常勤 2016年04月01日 ~ 2017年6月30日
  • 看護栄養学部長 兼務 常勤 2013年04月01日 ~ 2016年03月31日
  • 人間健康科学研究科長 兼務 常勤 2011年04月01日 ~ 2013年03月31日
  • 教授 本務 常勤 2008年04月01日 ~ (継続中)

学外略歴

  • 長崎大学 医学部 非常勤(学外)講師 消化器系 非常勤 2007年04月01日 ~ 2011年03月31日
  • 県立長崎シーボルト大学(現長崎県立大学) 看護栄養学部栄養健康学科 教授 常勤 2007年04月01日 ~ 2008年03月31日
  • 長崎大学 医学部医学科・先端医育支援センター 副センター長 2006年07月01日 ~ 2007年03月31日
  • 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学講座 助教授 常勤 2006年04月01日 ~ 2007年03月31日
  • 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科消化器病態制御学講座 講師 常勤 2003年04月01日 ~ 2006年03月31日
  • 長崎大学 医学部第2内科 助手 常勤 1994年10月01日 ~ 2003年03月31日
  • オーストラリア・モナッシュ大学 分子生物学医学センター 在外研究員 非常勤 1993年10月01日 ~ 1994年09月30日
  • 長崎大学医学部付属病院 第2内科 助手 常勤 1992年02月01日 ~ 1993年09月30日
  • 長崎大学医学部付属病院 第2内科 職員(医療系) 常勤 1988年06月01日 ~ 1992年01月31日
  • 佐世保市立総合病院 内科 職員(医療系) 常勤 1986年07月01日 ~ 1988年05月31日
  • 長崎大学 医学部第2内科 職員(医療系) 常勤 1984年06月01日 ~ 1986年06月30日

所属学会

  • 日本静脈経腸栄養学会 2017年07月 ~ (継続中)
  • 日本臨床栄養学会 2008年04月 ~ (継続中)
  • 日本医学教育学会 2006年07月 ~ (継続中)
  • 日本肝臓学会 1988年07月 ~ (継続中)
  • 日本内科学会 1988年02月 ~ (継続中)
  • 日本消化器内視鏡学会 1986年08月 ~ (継続中)
  • 日本消化器病学会 1985年02月 ~ (継続中)

所属委員会

  • 長崎肝疾患研究会(NASLD) 2009年07月 ~ (継続中)

専門分野(科研費分類)

  • 消化器内科学

取得資格

  • 日本肝臓学会専門医 2003年04月(取得)
  • 日本内科学会認定医 1999年09月(取得)
  • 日本消化器病学会専門医 1999年01月(取得)
  • 医師 1984年05月26日(取得)

学位論文

  • 1993年04月30日 専門分野:消化器内科学、 題目名:Flow cytometric analysis of the cellular DNA content in various liver diseases.、 掲載誌名:Acta Medica Nagasakiensia

論文

  • 「Fructo-oligosaccharides and intestinal barrier function in a methionine–choline-deficient mouse model of nonalcoholic steatohepatitis.」 『PLoS ONE』 第12巻 第6号 Pe0175406 (2017年6月) Matsumoto K, Ichimura M, Tsuneyama K, Moritoki Y, Tsunashima H, Omagari K, Hara M, Yasuda I, Miyakawa H, Kikuchi K. 共著
  • 「長崎の観光における内部障害者の食に関するユニバーサルツーリズムに関する研究 ―宿泊施設・飲食店での腎疾患患者に対する食事提供の現状と課題―」 『長崎県立大学看護栄養学部紀要』 第15巻 P51-57 (2017年3月) 石見百江、武藤慶子、大曲勝久、吉田恵理子、永峯卓哉、松本幸子 共著
  • 「長崎の観光における内部障害者の食に関するユニバーサルツーリズムに関する研究 ―透析患者が旅先での外食時に感じた食に関する困難と対処からの分析―」 『長崎県立大学看護栄養学部紀要』 第15巻 P21-32 (2017年3月) 吉田恵理子、松本幸子、永峯卓哉、石見百江、武藤慶子、大曲勝久 共著
  • 「A diet-induced Sprague–Dawley rat model of nonalcoholic steatohepatitis-related cirrhosis.」 『The Journal of Nutritional Biochemistry』 第40巻 P62-69 (2017年2月) Ichimura M, Masuzumi M, Kawase M, Sakaki M, Tamaru S, Nagata Y, Tanaka K, Suruga K, Tsuneyama K, Matsuda S, Omagari K. 共著
  • 「ビワ葉抽出物の二糖類水解酵素阻害作用ならびにラットにおけるグルコースの腸管吸収抑制を介した血糖上昇抑制作用」 『ルミナコイド研究』 第20巻 第2号 P85-93 (2016年12月) 田辺賢一,後田ちひろ,中村禎子,大曲勝久,奥 恒行 共著
  • 「ビワ葉と緑茶三番茶葉を混合揉捻して製造した発酵茶摂取による食後血糖 上昇抑制作用 ―単盲験漸増法試験―」 『薬理と治療』 第44巻 第11号 P1613-1619 (2016年11月) 田中一成 、湯浅正洋 、山本咲暁子 、大曲勝久 、宮田裕次 、玉屋 圭 、 田中 隆 共著
  • 「Dietary intake, mental status, physical activity, and lifestyle affecting bowel movement frequency and stool texture in young Japanese women.」 『The Acta Medica Nagasakiensia 』 第60巻 第3号 P85-95 (2016年04月) Omagari K, Torii H, Goto S, Sakamoto A, Hattori M, Murayama-Kinjo T, Ichimura M, Tanabe K, Matsumoto S 共著
  • 「非アルコー ル性脂肪肝炎発症モデルラットの肝組織所見に及ぼす食餌性コレステロールの影響」 『長崎県立大学看護栄養学部紀要』 第14巻 P23-30 (2016年03月) 大曲勝久、服部美紀、後藤紫方、坂元 藍、鳥居春菜、市村真祐子、田辺賢一 共著
  • 「Determination trial of nondigestible oligosaccharide in processed foods by improved AOAC method 2009.01 using porcine small intestinal enzyme.」 『Journal of Agricultural and Food Chemistry』 第63巻 第24号 P5747-5752 (2015年06月) Tanabe K, Nakamura S, Omagari K, Oku T 共著
  • 「High-fat and high-cholesterol diet rapidly induces nonalcoholic steatohepatitis with advanced fibrosis in Sprague-Dawley rats.」 『Hepatology Research 』 第45巻 第4号 P458-469 (2015年04月) Ichimura M, Kawase M, Masuzumi M, Sakaki M, Nagata Y, Tanaka K, Suruga K, Tamaru S, Kato S, Tsuneyama K, Omagari K. 共著
  • 「An SHR/NDmcr-cp rat model of non- alcoholic steatohepatitis with advanced fibrosis induced by a high-fat, high-cholesterol diet.」 『Journal of Obesity and Weight Loss Therapy』 第5巻 第1号 P244-244 (2015年02月10日) Ichimura M, Hatanaka M, Tsuneyama K, Kato S, Omagari K. 共著
  • 「Abdominal subcutaneous adipose tissue accumulation is positively correlated with hepatic steatosis in Sprague-Dawley rats. 」 『The Acta Medica Nagasakiensia 』 第59巻 第2号 P47-56 (2014年12月) Omagari K, Yoshikawa C, Inoue S, Tanaka Y, Murayama T, Ichimura M, Miyata A, Mori S, Kamogawa M, Hirao E, Kato S, Suruga K, Tsuneyama K. 共著
  • 「Coffee consumption is inversely associated with depressive status in Japanese patients with type 2 diabetes.」 『Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition』 第55巻 第2号 P135-142 (2014年09月) Omagari K, Sakaki M, Tsujimoto Y, Shiogama Y, Iwanaga A, Ishimoto M, Yamaguchi A, Masuzumi M, Kawase M, Ichimura M, Yoshitake T, Miyahara Y. 共著
  • 「Association of genes involved in bile acid synthesis with the progression of primary biliary cirrhosis in Japanese patients.」 『Journal of Gastroenterology 』 第48巻 第10号 P1160-1170 (2013年10月) Inamine T, Higa S, Noguchi F, Kondo S, Omagari K, Yatsuhashi H, Tsukamoto K, Nakamura M. 共著
  • 「Mental, physical, dietary, and nutritional effects on irritable bowel syndrome in young Japanese women」 『Internal Medicine』 第52巻 第12号 P1295-1301 (2013年06月15日) Omagari K, Murayama T, Tanaka Y, Yoshikawa C, Inoue S, Ichimura M, Hatanaka M, Saimei M, Muto K, Tobina T, Masaki M, Kato S 共著
  • 「Phycocyanin prevents hypertension and low serum adiponectin level in a rat model of metabolic syndrome」 『Nutrition Research』 第33巻 第5号 P397-405 (2013年05月) Ichimura M, Kato S, Tsuneyama K, Matsutake S, Kamogawa M, Hirao E, Miyata A, Mori S, Yamaguchi N, Suruga K, Omagari K 共著
  • 「C型慢性肝炎に対する抗ウィルス療法の治療効果に及ぼす栄養状態の影響」 『日本臨床栄養学会雑誌』 第35巻 第1号 P39-48 (2013年03月) 松竹幸子、大曲勝久、加藤滋子、市村真祐子、石井由夏、加地真奈美、岩見春香、市川辰樹、中尾一彦 共著
  • 「The relationship between energy expenditure and type or stage of cancer」 『The Acta Medica Nagasakiensia 』 第57巻 第2号 P33-40 (2012年07月) Omagari K, Iwami H, Kaji M, Ishii Y, Matsutake S, Ichimura M, Kato S, Takeshita S, Ichikawa T, Nakao K. 共著
  • 「Protein-energy malnutrition in patients with liver cirrhosis」 『The Acta Medica Nagasakiensia 』 第57巻 第1号 P5-12 (2012年04月) Omagari K, Kaji M, Ishii Y, Iwami H, Ichimura M, Matsutake S, Kato S, Takeshita S, Ichikawa T, Nakao K. 共著

著書

  • 日本薬学会編「薬と疾病」 Ⅱ.薬物治療(1) 第2版 東京化学同人 2012年12月10日 大曲勝久 pp.142~153 共著 SBO29「肝炎・肝硬変の病態生理、適切な治療薬、およびその使用上の注意について説明できる」

学術関係受賞

  • 日本肝臓学会 Hepatology Research賞 大曲勝久 2007年05月31日
  • 日本消化器病学会 日本消化器病学会奨励賞 大曲勝久 1997年04月

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 2014年4月 ~ 2017年03月 基盤研究(C) 難消化性糖質摂取による腸内細菌由来水素ガスの抗酸化能を介した老化遅延に関する研究(研究分担者) 生体内における腸内細菌由来水素ガスの抗酸化作用が、疾病の症状改善や加齢に伴う認知機能低下へ及ぼす影響を明らかにする。
  • 2012年04月 ~ 2015年03月 基盤研究(C) 非アルコール性脂肪性肝障害の発症機序の解明と、発症機序に基づいた栄養療法 の開発(研究代表者) 9週齢メタボリック症候群モデルラットおよび通常のSDラットに高脂肪・高コレステロール食を9週間自由摂食させたところ、高度な肝線維化を伴う非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を発症した。このことより、食餌性コレステロールがNASHの発症・進展に関与している可能性が示唆された。また、この餌に抗酸化作用および抗炎症作用があるフィコシアニンを添加して与えたところ、血清ASTおよびALT値はフィコシアニン添加濃度依存的に低下する傾向を示した
  • 2008年04月 ~ 2011年03月 基盤研究(C) 原発性胆汁性肝硬変の発症や病態の分子機構の解明と重症度予測遺伝子診断法の開発(研究代表者) 原発性胆汁性肝硬変(PBC)の発症と重症化に関与する遺伝子の同定を、PCR-restriction fragment length polymorphism法およびPCR-direct DNA sequencing法を用いてSNPs多型解析を行い、multidrug resistance protein (MDR) 3 のHap2/Hap2 diplotypeが重症化と関連していることを見出した
  • 2002年04月 ~ 2006年03月 基盤研究(C) 原発性胆汁性肝硬変の進展度診断に役立つ血清マーカー測定法の開発と応用(研究代表者) PBC患者血清にみられる抗ミトコンドリア抗体の対応抗原である2-OADCを使用したELISA、Western blotなど各種測定法を開発し、その臨床応用における意義を検討した。その結果、より正確な診断や疾患概念の確立に有用であることを見出した

その他競争的資金獲得実績

  • 2013年08月 ~ 2016年03月 農林水産省「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」 ツバキ油等の安定供給と新需要開拓のための品質特性強化技術の開発
  • 2007年04月 ~ 2008年03月 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究(研究協力者) 「原発性胆汁性肝硬変の重症度に関連する遺伝子の同定と予後診断への応用」
  • 2006年04月 ~ 2007年03月 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究(研究協力者) 「自己免疫性肝炎における抗ミトコンドリア抗体出現の意義」
  • 2003年04月 ~ 2006年03月 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 難治性自己免疫性肝疾患の画期的治療法の開発に関する臨床研究(分担研究者) 「PBCの進展予測におけるIgAクラス抗2-OADC抗体の役割に関する研究」

研究発表

  • 2017年9月 ~ 2017年9月 The 12th Japan-Korea International Nursing Conference Peptides obtained by enzymatic decomposition of mackerel prevent nonalcoholic steatohepatitis in Sprague-Dawley rats fed a high-fat and high-cholesterol diet. 長崎 ポスター(一般) 国際会議
  • 2017年9月 ~ 2017年9月 The 12th Japan-Korea International Nursing Conference Study on the meal for kidney disease patients during the sightseeing of Nagasaki: Current situation and issue of providing meals at accommodations or restaurants. 長崎 ポスター(一般) 国際会議
  • 2017年9月 ~ 2017年9月 The 12th Japan-Korea International Nursing Conference Study on the meal for internal disabled person during the sightseeing of Nagasaki in the universal tourism -Analysis of data from dialysis patients' coping with difficulty in eating out while traveling-. 長崎 ポスター(一般) 国際会議
  • 2017年9月 ~ 2017年9月 第72回日本体力医学会大会 糖摂取前後の運動が血糖値とインスリンの変化に及ぼす影響 松山 ポスター(一般) 国内会議
  • 2017年6月 ~ 2017年6月 第53回日本肝臓学会総会 食餌誘導NASH-肝線維化モデルラットにおける肝浸潤マクロファージの性状 広島 口頭(一般) 国内会議
  • 2017年6月 ~ 2017年6月 第53回日本肝臓学会総会 monosodium glutamate投与によるNASHモデルマウスに対するフラクトオリゴ糖の効果 広島 口頭(一般) 国内会議
  • 2017年6月 ~ 2017年6月 第53回日本肝臓学会総会 異なる非アルコール性脂肪肝炎モデル間におけるフラクトオリゴ糖による肝脂肪化抑制機序の違い 広島 口頭(一般) 国内会議
  • 2017年5月 ~ 2017年5月 第71回日本栄養・食糧学会大会 過剰鉄による肝障害モデ ルラットにおけるフラクトオリゴ糖摂取の症状軽減作用 沖縄 ポスター(一般) 国内会議
  • 2017年1月 ~ 2017年1月 第36回アルコ ール医学生物学研究会学術集会 fructooligosaccharidesによるNASH発症抑制効果 横浜 口頭(一般) 国内会議
  • 2015年10月 ~ 2015年10月 第19回日本肝臓学会大会 NASHモデルマウスの腸内環境の解析 東京 ポスター(一般) 国内会議
  • 2015年10月 ~ 2015年10月 第36回日本肥満学会 「葛の花エキス」が非アルコール性脂肪肝を抑制する作用機序の検討 名古屋市 ポスター(一般) 国内会議
  • 2015年05月 ~ 2015年05月 第51回日本肝臓学会総会 NASHにおけるIgAの病態的意義の検討 熊本市 ポスター(一般) 国内会議
  • 2015年01月 ~ 2015年01月 第18回日本病態栄養学会年次学術集会 当院における2型糖尿病患者の精神状態と栄養摂取状況の関連についての検討 京都市 口頭(一般) 国内会議
  • 2014年11月 ~ 2014年11月 第19回日本在宅ケア学会学術集会 高齢化の進むしまで生活する住民の終の棲家に対する意識 福岡市 口頭(一般) 国内会議
  • 2014年11月 ~ 2014年11月 日本食物繊維学会 第19回学術集会 AOAC公定法2009.01の改良変法による難消化性グ ルカン,難消化性デキストリンならびにポリデキストロースの総食物繊維定量の試み 東京 口頭(一般) 国内会議
  • 2014年10月 ~ 2014年10月 第18回日本肝臓学会大会 SDラットにおける高脂肪・高コレステロール食によるNASH肝硬変モデルの作成 神戸市 ポスター(一般) 国内会議
  • 2014年10月 ~ 2014年10月 平成26年度日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部大会 AOAC 2009.01公定法(食物繊維定量法)を基にした改良変法に用いるブタ小腸粘膜酵素の妥当性の検討 熊本市 口頭(一般) 国内会議
  • 2014年09月 ~ 2014年09月 日本応用糖質科学会 平成26年度大会 正確な健康情報を消費者に提供するための難消化性オリゴ糖定量法の開発に関する研究 新潟市 口頭(一般) 国内会議
  • 2014年09月 ~ 2104年09月 2014年次日本島嶼学会五島大会 高齢化の進むしまで生活する住民の終の棲家に対する意識(第1報) 長崎県五島市 口頭(一般) 国内会議
  • 2014年09月 ~ 2104年09月 2014年次日本島嶼学会五島大会 高齢化の進むしまで生活する住民の終の棲家に対する意識(第2報)~GISを使っての分析~ 長崎県五島市 口頭(一般) 国内会議
  • 2014年05月 ~ 2014年06月 第68回日本栄養・食糧学会大会 AOAC2009.01公定法の酵素-HPLC法を基にした改良変法による加工食品含有難消化性オリゴ糖定量の精度検討 札幌 口頭(一般) 国内会議
  • 2014年05月 ~ 2014年06月 第68回日本栄養・食糧学会大会 老化促進モデルマウスSAMP8の加齢に伴う老化および脳機能に及ぼす難消化性オリゴ糖継続摂取の影響 札幌 口頭(一般) 国内会議
  • 2014年03月 ~ 2014年03月 23th conference of the Asia Pacific Association for the Study of the Liver (APASL) High-fat and high-cholesterol diet rapidly induces nonalcoholic steatohepatitis with advanced fibrosis in Sprague-Dawley rats Brisbane, Australia ポスター(一般) 国際会議
  • 2013年11月 ~ 2013年11月 日本食物繊維学会第18回学術集会 老化促進マウスSAMP8の加齢に伴う情動および学習・記憶障害およびアミロイドβの脳組織への沈着に及ぼす難消化性オリゴ糖継続摂取の影響 仁愛大学(福井県越前市) 口頭(一般) 国内会議
  • 2013年10月 ~ 2013年10月 The 8th Japan-Korea International Nursing Conference Literature review of the pain management for children. Nagasaki, Japan ポスター(一般) 国際会議
  • 2013年10月 ~ 2013年10月 The 8th Japan-Korea International Nursing Conference The influence of mental, physical, dietary, and nutritional factors on “definite” and “probable” irritable bowel syndrome in young Japanese women. Nagasaki, Japan ポスター(一般) 国際会議
  • 2013年10月 ~ 2013年10月 The 8th Japan-Korea International Nursing Conference The wishes of the residents about a final dwelling place at a remote island. Nagasaki, Japan ポスター(一般) 国際会議
  • 2013年10月 ~ 2013年10月 The 8th Japan-Korea International Nursing Conference Phycocyanin prevents hypertension through improving vascular dysfunction. Nagasaki, Japan ポスター(一般) 国際会議
  • 2013年06月 ~ 2013年06月 第49回日本肝臓学会総会 原発性胆汁性肝硬変の進行に関与する胆汁酸合成系遺伝子多型の解析 東京 口頭(一般) 国内会議
  • 2013年05月 ~ 2013年05月 第67回日本栄養・食糧学会大会 高コレステロール・高脂肪食による高度線維化を伴うNASH動物モデルの作成 名古屋 口頭(一般) 国内会議

担当授業科目

  • チーム医療論 2007年04月 ~ (継続中) 専任
  • 臨床栄養管理学 2007年10月 ~ (継続中) 専任
  • 臨床栄養指導実習 2007年04月 ~ (継続中) 専任
  • 栄養療法学Ⅰ 2007年04月 ~ (継続中) 専任
  • 栄養療法学Ⅱ 2009年10月 ~ (継続中) 専任
  • 臨床栄養臨地実習 2007年04月 ~ (継続中) 専任
  • 特別演習Ⅱ 2007年04月 ~ (継続中) 専任
  • 卒業研究(栄養健康学科) 2007年04月 ~ (継続中) 専任
  • 臨床栄養学特論 2007年10月 ~ (継続中) 専任
  • 栄養科学特別研究Ⅰ 2007年04月 ~ (継続中) 専任
  • 栄養科学特別演習Ⅰ 2007年04月 ~ (継続中) 専任
  • 栄養科学特別演習Ⅱ 2012年04月 ~ (継続中) 専任
  • 栄養科学特論 2013年04月 ~ (継続中) 専任
  • 栄養科学特別講義 2008年04月 ~ (継続中) 専任
  • 栄養健康科学概論 2007年4月 ~ 2013年04月16日 専任
  • 健康増進科学特論 2013年10月 ~ (継続中) 専任
  • 健康と食生活 2014年04月 ~ (継続中) 専任
  • 管理栄養士活動論 2014年04月 ~ 2015年09月 専任
  • 食看護学演習 2013年04月 ~ (継続中) 専任
  • 生物科学 2016年04月 ~ 2016年9月 専任
  • 栄養情報解析演習 2016年10月 ~ 2017年3月 専任
  • 実践栄養科学特講 2017年10月 ~ (継続中) 専任

学会・委員会等活動

  • 2009年07月 ~ (継続中) 長崎肝疾患研究会(NASLD) 世話人
  • 1999年06月 ~ (継続中) 日本消化器病学会 九州支部評議員
  • 1995年12月 ~ (継続中) 日本肝臓学会 西部会評議員

学外の社会活動(高大・地域連携等)

  • 2017年10月 ~ 2017年10月 平成29年度長崎県保育士等キャリアアップ研修 「保育所におけるアレルギーへの対応 ~食物アレルギーを中心に~」(長崎短期大学:佐世保市)
  • 2017年09月 ~ 2017年09月 上大津町老人クラブ松風会 「飲み込むことの重要性について」(五島市上大津町住民センター)長崎県立大学地域公開講座として実施した。
  • 2017年07月 ~ 2017年07月 平成29年度波佐見町高齢者いきいき大学講座 「飲み込むことの重要性について」(波佐見町総合文化会館)長崎県立大学地域公開講座として実施した。
  • 2017年07月 ~ 2017年07月 平成29年度第1回市民大学講座 「飲み込むことの重要性について」(佐世保市中央公民館)長崎県立大学地域公開講座として実施した。
  • 2016年06月 ~ 2016年06月 長崎県栄養士会医療協議会 平成28年度 第1回研修会 「がん治療と栄養管理」(講演)(愛野記念病院)
  • 2015年10月 ~ 2015年10月 長崎新聞記事 非アルコール性脂肪肝(NAFL)葛の花エキスで改善 メカニズム解明(2015年10月26日掲載)
  • 2015年09月 ~ 2015年09月 平成27年度町立公民館連絡会(町公連)婦人部研修会 「肝臓と栄養について」(長崎市民会館)長崎県立大学地域公開講座として実施した。
  • 2015年06月 ~ 2015年06月 長崎県栄養士会医療協議会 平成27年度 第1回研修会 「膵臓の病態と栄養」(講義と演習)(長崎県勤労福祉会館)
  • 2015年05月 ~ 2015年05月 長崎県立長崎南高等学校SSH(スーパーサイエンスハイスクール):SSHトレーニングⅠ講座 「便と健康について」講義(長崎県立長崎南高等学校)
  • 2015年04月 ~ 2015年04月 壱岐市食生活改善推進員協議会総会講演会 「肝臓と栄養について」(壱岐文化ホール)長崎県立大学地域公開講座として実施した。
  • 2015年01月 ~ 2015年01月 平成26年度長崎県栄養士会島原支部スキルアップ研修会 「胃・腸を中心とした消化器疾患時の栄養管理」(南島原市有家町有家保健センター)
  • 2014年11月 ~ 2014年11月 週刊健康マガジン(KTNテレビ) 「飲酒の現状」2014年11月7日(金)10:54~長崎県の飲酒の現状と、健康ながさき21の活動について解説した。
  • 2014年09月 ~ 2014年09月 南島原市公民館講座 「お酒による脂肪肝とお酒によらない脂肪肝」(南島原市口之津公民館)長崎県立大学地域公開講座として実施した。
  • 2014年09月 ~ 2014年09月 長崎県栄養士会医療協議会 平成26年度第2回研修会 「肝臓の病態と栄養」(講義と演習)(長崎ブリックホール)
  • 2014年08月 ~ 2014年08月 諫早市食物アレルギー研修会 「食物アレルギーについて」(諫早文化会館)
  • 2014年06月 ~ 2014年06月 長崎県立長崎南高等学校SSH(スーパーサイエンスハイスクール):SSHトレーニングⅠ講座 「肝臓に脂肪が溜まる?」講義(長崎県立長崎南高等学校)
  • 2014年02月 ~ 2014年02月 平成25年度第2回機能性食品開発セミナー・交流会 「お酒による脂肪肝と、お酒によらない脂肪肝」(長崎県立大学シーボルト校)
  • 2013年10月 ~ 2013年10月 長崎市公立保育会講演会 「乳幼児期の食育と健康 ~食物アレルギーについて~」(長崎市アマランス研修室)
  • 2013年08月 ~ 2013年08月 平成25年度西海市・西彼杵郡学校保健会総会 「食物アレルギーとその対応について」(長崎県立大学シーボルト校)
  • 2013年06月 ~ 2013年06月 長崎県立長崎南高等学校SSH(スーパーサイエンスハイスクール):SSHトレーニングⅠ講座 「肝臓の働きと病気について ~特に、脂肪肝について~」講義(長崎県立長崎南高等学校)
  • 2012年12月 ~ 2012年12月 佐世保中央高等学校校内研修会 「お酒と健康」(佐世保中央高等学校)教職員対象
  • 2012年08月 ~ 2012年08月 平成24年度第2回市町栄養士等研修会 「薬と栄養」(長崎県北保健所、平戸市田平町)
  • 2012年07月 ~ 2012年07月 平成24年度長崎県栄養士会生涯学習研修会 「肝臓疾患の臨床と栄養管理」(長崎県勤労福祉会館) 
  • 2012年07月 ~ 2012年07月 聖和女子学院高校特別講座(大学・専門学校等の教授陣による出前講義) 「学部・学科の紹介、医療施設で働く管理栄養士は、どんなことをしているのか?」(佐世保:聖和女子学院高校1~3年生および中学生)

共同研究希望テーマ

  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH) 受託研究