地域創造学部

地域創造学部は、「地域」のよりよいを「創造」する学部です。

綱 辰幸委員長
学部長
綱 辰幸

  • 専門分野:地方財政論、財政学、租税、社会保障
  • 主要担当科目:地方財政論、租税制度論
  • 学位:修士(経済学)

 地域創造学部では、安心・安全で豊かな地域社会を維持、発展させるため、効果的な行政の活動を推進できる知識の獲得を目指した「公共政策学科」と、地域における課題を理解、分析し、経済的な視点から解決策を提案できることを目指した「実践経済学科」を設置しました。
 地域創造学部の2つの学科における教育課程の特徴は次の通りです。公共政策学科では、政策立案や評価の知識と技術、調査法・分析法を修得したのち、「公共政策実習」や「公共機関インターンシップ」などにより、行政の現場を中心とした実践的な学習を行います。また、実践経済学科では、「地域企業研究」や「長崎白書実践演習」などを通じて、地域の経済・社会の現場で学習を行います。教室での講義だけでなく、地域・行政・民間企業といった現場での体験・学習を重視しており、行政や民間企業での実務経験を有する教員も採用しています。
 地域創造学部の役割のひとつは地域への有能な人材の供給です。地域社会や地域経済が直面する様々な課題を、専門的、総合的な視野に立って理解、分析を進め、そして他者と協働しながら、地域のよりよいを創造できる人材を育成することがこの学部の役割です。
 地域創造学部では、地域の人々のよりよいを創造することに貢献できるとともに、あなたも創造的な経験を得ることになるでしょう。
「地域」のよりよいの「創造」について、あなたも一緒に考え、体験してみましょう!

このページの先頭へ

地域創造学部はこんな人を求めています

 地域創造学部では、地域の発展に必要な知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で地域の課題を解決できる人材の育成を目指すため、以下のような資質を持つ人を求めています。

  • 地域社会や地域経済の課題に関心を持ち、その課題解決方法を学びたい人
  • 積極的に地域に入って、課題の発見や分析を行いたい人
  • 他者と協働してよりよい地域社会や地域経済を創造したい人

このページの先頭へ

地域創造学部で養成する人材像

 地域の発展に必要な知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で地域の課題を解決できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 地域社会や地域経済が抱える様々な課題を専門的、総合的視野に立って理解し、分析・解決できる人材
  • リーダーシップを有し、他者と協働して地域社会や地域経済のあり方を創造できる人材

このページの先頭へ