実践経済学科 Department of Business Economics

学科長より

実践経済学科 学科長 後藤 正之学科長
後藤 正之

  • 専門分野:経済統計学、日本経済論
  • 主要担当科目:基礎統計学、経済統計学
  • 学位:学士(経済学)

 皆さんは、自分の生まれ育った地域は最近なんだか元気がないな、と感じてはいませんか?地域の経済が活気を取り戻し発展していくためは、地域に根ざした企業が、その地域ならではの特性を生かして、より精力的に活動していかなければなりません。
 実践経済学科では、皆さんが将来そうした企業の第一線で活躍できるように、多彩な経歴を持つ教員が経済学の基礎理論・日本や地域の経済動向を把握し分析するための手法・地域の企業で実際に働く経験など、幅広い学びの場を豊富に提供してまいります。自分たちの力で地域経済を元気にしていこう、という意欲を持った皆さんの入学を心よりお待ちしています。

こんな人を求めています

  • 地域経済や企業の動向などの分析に関心を持つ人
  • 地域社会や企業において経済に関する実践的なスキルを活かして活躍したい人
  • 経済学分野の実践的能力や立案能力を要する職種で活躍したい人
  • 企業の国内外における取引や事業等においてグローバルな経済活動を目指す人

実践経済学科の特長・魅力

実践経済学科の学び・特色

職業人としての経済学の体系的な修得

経済学の基本的な知識を『学部共通専門科目』及び『基幹科目』で学び、そのうえで経済社会の仕組みや異なる経済制度、経済政策の意義等を理解するための科目を、『発展科目』として設けています。『経済関連分野』を軸に、『地域経済関連分野』『企業経済関連分野』の科目を学び、より広い視野で経済活動を行ううえでの諸課題に対応できる人材の育成を目指します。

実践的な教育

実務者の講義、及び新聞記事などから日々展開する経済、社会、政治の動向を学びつつ、地域における企業の事例研究や長崎県の実情を調査・分析し白書を作成する『長崎白書実践演習』により、地域経済をとりまく環境の理解度を高めます。また、『実践科目』、そしてこれまでに学んだ経済に関する知識を、就業体験で実践する力を身に付けることができる「企業インターンシップ」もあります。実際の仕事場で得られる就業力の育成や、地域経済をとりまく諸課題に向き合うことで地域社会に対する理解を深めます。

取得できる資格・免許等

 ●日経テスト ●高等学校教諭一種免許状(公民)

4年間の学び

学びのTOPICS

地域経済の実情を学生独自の視点で調査する

「地域企業研究」では、銀行、観光、食品加工、サービスなど長崎県を中心とした地域の企業を対象に、それぞれの営業実態、業界での地位、資金調達、人材育成、海外事業展開の実情などについて、大学での学習をふまえ学生独自の視点で調査・研究を行います。調査・研究を深めるため対象の企業関係者へのインタビューや店舗視察など学外での活動を行うことで地域経済の実態について理解を深めます。

このページの先頭へ

実践経済学科で養成する人材像

企業活動における企画・立案能力を有し、地域経済の動向を分析しその発展に寄与できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 経済学や地域経済に関する知識・知見を有し、地域企業において活躍できる人材
  • 経済学や地域経済に関する知識・知見を有し、教員として活躍できる人材

想定される進路

地域経済の中核を担う企業や地域密着型の企業(金融、小売・サービス、通信、運輸など)、公務員、教員 など

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次     3年次         4年次    





教養セミナー 教養セミナー  
人文科学 日本史概説/西洋史概説/東洋史概説/人文地理学/哲学/倫理学/文学/心理学/文化人類学/国語表現
社会科学 日本国憲法/法学/民法入門/政治学/社会学/生活と社会保障制度/現代社会の課題
自然科学 数学/統計学/化学/物理科学/生物科学/科学史
健康科学 ライフスポ-ツ/現代人とスポーツ/運動と栄養/食文化論/健康と科学/被曝と健康
情報科学 情報処理演習Ⅰ  
情報処理演習Ⅱ  
情報処理概論
長崎を学ぶ 長崎と文化/長崎の歴史と今/長崎と宗教/シーボルトと長崎/長崎と産業/長崎と平和
しまに学ぶ   長崎のしまに学ぶ/しまのフィールドワーク  
キャリア形成 キャリアデザインⅠ  
  キャリアデザインⅡ/インターンシップ  
ボランティア活動


英語 英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/オーラル・コミュニケーションⅠ・Ⅱ/リーディングⅠ・Ⅱ  
英語Ⅴ・Ⅵ/英語実践演習Ⅶ・Ⅷ・Ⅸ/オーラル・コミュニケーションⅢ・Ⅳ/リーディングⅢ/ライティングⅠ・Ⅱ/海外語学研修
中国語 中国語ⅠA・ⅠB(文法)/中国語ⅠA・ⅠB(会話)  
中国語ⅠA・ⅠB(ヒアリング作文)/中国語ⅠA・ⅠB(筆記・読解)/中国語ⅡA・ⅡB(講読)/中国語ⅡA・ⅡB(会話)  
中国語ⅡA・ⅡB(ヒアリング作文)/中国語ⅡA・ⅡB(筆記・読解)/中国語ⅢA(時事・新聞)/中国語ⅢA(表現)/海外語学研修
その他 韓国・朝鮮語ⅠA・ⅠB/フランス語ⅠA・ⅠB/スペイン語ⅠA・ⅠB/ドイツ語ⅠA・ⅠB  
  韓国・朝鮮語ⅡA・ⅡB/韓国・朝鮮語ⅢA・ⅢB
海外語学研修(韓国・朝鮮語)
留学生科目 日本語ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB  
日本語ⅢA・ⅢB・ⅣA・ⅣB・ⅤA・ⅤB・ⅥA・ⅥB/日本事情ⅠA・ⅡB  





学部共通専門科目 地域創造概論/地域経済論/ミクロ経済学入門/マクロ経済学入門/基礎統計学  





基幹科目   ミクロ経済学/マクロ経済学/財政学Ⅰ/金融論Ⅰ/経済政策論/経済統計学  



経済関連分野 経済数学Ⅰ・Ⅱ/経済史/計量経済学/労働経済論/経済モデル分析/環境経済学/産業組織論/ゲーム理論/人口論
地域経済関連分野 財政学Ⅱ/市民参加論(NPO/NGO論を含む)/社会政策論/農業経済論/地域産業論/環境政策論/地域振興論/地域金融論/地域データ分析/租税制度論/社会保障論/地域交通論/交通経済論
企業経済関連分野   金融論Ⅱ/会計学概論/貿易ビジネス/リスクマネジメント論/中国経済論/開発経済論/中小企業論/経営分析論/現代企業論/現代産業論/人的資源管理論/実践ファイナンス論/フードシステム論
実践科目 新聞で学ぶ経済Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ/行政の実務と実践/日経リレー講座/ビジネス経済の実践/企業インターンシップ/地域企業研究/長崎白書実践演習
ゼミナール   基礎演習 専門演習 卒業論文
※平成29年度のカリキュラムです。

このページの先頭へ

PICK UP カリキュラム

金融論Ⅰ

金融論Ⅰ

金融についての歴史や理論を学ぶのが「金融論Ⅰ」です。新聞記事などを取り上げながら金融に関する時事問題も適宜解説するので、身近な問題から学ぶことができます。より深く金融論について知識を深めることができると、見える景色もがらりと変わります。経済における金融の役割や機能について理解するとともに、中央銀行が実施する金融政策の手段や効果のこともわかるようになり、ニュースを見るのも楽しくなります。

ゲーム理論

ゲーム理論

「ゲーム理論」とは、本来、カードやコイン投げなどのシンプルな遊びの構造がもとになっています。遊びのゲームは複数のプレーヤーがゲームのルールに従って自己の利益を大きくしようとする(勝とうとする)仕組みになっていますが、実は現実の世界でも同じことが言えるのです。このような類似点に焦点をあて、社会におけるプレーヤーの意思決定や行動を考えていくのが本講義です。自分で考え、分析できるような知識を身に付けます。

このページの先頭へ

在学生メッセージ

「地域活性化」を学ぶならまずは身の回りから。

平野 綾弓 さん
実践経済学科 2年
長崎県/五島高等学校出身

 私が生まれ育った五島列島は、急速に少子高齢化が進んでいます。「どうすれば変えられるのだろう」と思った時に「地域活性化」という言葉が浮かび、それに特化したプログラムがたくさん揃うこの学科に入学を決めました。様々な講義を受けていく中で「地域活性化を本気で実践するには、私なりの知識や視点を持たなければ」ということに気づかされました。最近はボランティアに積極的に参加し、まずはできることから地域に貢献しようと試みています。
 日本だけではなく海外にもある「地域活性化」の問題。“ローカルとグローバル”双方の観点から学びを深め、知識を蓄えていきたいです。

注目の授業

【地域経済論】

地域の現状を経済の観点から学ぶ講義です。特にグラフを使って、グラフから地域の状況を読み取ります。そこで得た情報から、どのようにすれば、地性活性化ができるかを考えることが楽しく、夢中になっています。

実践経済学科1年次後期の履修モデル

この時間割は一般的なもので、ここで紹介している学生のものではありません。

Mon Tue Wed Thu Fri
1st 英語Ⅲ オーラル・コミュニケーションⅡ 新聞で学ぶ経済Ⅰ
2nd 英語Ⅳ マクロ経済学入門 リーディングⅡ
3rd 運動と栄養 社会学概論
4th 現代社会の課題 文化人類学 長崎と文化 地域経済論
5th 現代人とスポーツ キャリアデザインⅠ 長崎の歴史と今

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ