研究情報詳細

氏名

穴田 啓晃(アナダ ヒロアキ)
ANADA Hiroaki
http://sun.ac.jp/prof/anada/

所属

情報セキュリテイ学科

職名

准教授
研究者写真

学歴

  • 早稲田大学 理工学部 数学科 1992年04月(入学) 1996年03月(卒業)
  • 早稲田大学大学院 理工学研究科 数理科学専攻 修士課程 1996年04月(入学) 1998年03月(修了)
  • 情報セキュリティ大学院大学 情報セキュリティ研究科 情報セキュリティ専攻 博士課程 2009年04月(入学) 2012年03月(修了)

取得学位

  • 学位区分:博士、学位名:博士(情報学)、学位の分野:情報学、授与機関:情報セキュリティ大学院大学、論文題目名:A Study on Efficient Identification Schemes Secure against Concurrent Man-in-the-Middle Attacks、取得年月:2012年03月

学内職務経歴

  • 准教授 本務 常勤 2016年02月01日 ~ (継続中)

学外略歴

  • 公益財団法人九州先端科学技術研究所 研究員 常勤 2013年11月18日 ~ 2016年01月31日
  • 日本電気株式会社 担当~主任 常勤 1998年04月01日 ~ 2013年10月31日

所属学会

  • 情報処理学会 2013年12月 ~ (継続中)
  • 電子情報通信学会 2011年10月 ~ (継続中)
  • 日本応用数理学会 2013年12月 ~ (継続中)
  • 計算機械学会(ACM) 2013年10月 ~ (継続中)
  • アイ・トリプル・イー(IEEE) 2013年10月 ~ (継続中)
  • 国際暗号研究学会(IACR) 2014年08月 ~ (継続中)

所属委員会

  • 情報処理学会論文誌編集委員会 2015年04月 ~ (継続中)

専門分野(科研費分類)

  • 情報学基礎
  • その他 情報学

取得資格

  • 情報セキュリティアドミニストレータ

学位論文

  • 2012年03月 題目名:A study on efficient identification schemes secure against concurrent man-in-the-middle attacks、

論文

  • 「Expressive Rating Scheme by Signatures with Predications on Ratees」 『Proc. the 10th International Conference on Network and System Security (NSS 2016)』 P363-379 (2016年09月) Hiroaki Anada, Sushmita Ruj, Kouichi Sakurai 共著
  • 「A Hybrid Encryption Scheme with Key-cloning Protection: User / Terminal Double Authentication via Attributes and Fingerprints」 『Journal of Internet Services and Information Security』 第6巻 第2号 P23-36 (2016年05月) Chunlu Chen, Hiroaki Anada, Junpei Kawamoto, and Kouichi Sakurai 共著
  • 「Application of NTRU using Group Rings to Partial Decryption Technique」 『Proc. INTRUST2015, Bejing, China, Dec. 2015』 (2016年05月) Takanori Yasuda, Hiroaki Anada, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Attribute-Based Two-Tier Signatures: Definition and Construction」 『Proc. ICISC2015, Seoul, Korea, Nov. 2015』 (2016年04月) Hiroaki Anada, Seiko Arita, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Identity-Embedding Method for Decentralized Public-Key Infrastructure」 『Proc. 6th International Conference on Trustworthy Systems (InTrust 2014), Beijing, China, Dec. 2014』 (2016年03月) Hiroaki Anada, Junpei Kawamoto, Jian Weng, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Cross-group Secret Sharing for Distributed Storages over Providers」 『Proc. of 33rd Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2016), Kumamoto, Japan, Jan. 2016, 2E1-3』 (2016年01月) Chenyutao Ke, Hiroaki Anada, Junpei Kawamoto, Kirill Morozov, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Expressive Rating Scheme Based on Attributes of Ratees」 『Proc. of 33rd Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2016), Kumamoto, Japan, Jan. 2016, 2E2-2』 (2016年01月) Hiroaki Anada, Sushmita Ruj, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Cross-group Secret Sharing for Secure Cloud Storage Service」 『Proc. ACM IMCOM2016, Danang, Vietnam, Jan. 2016』 (2016年01月) Chenyutao Ke, Hiroaki Anada, Junpei Kawamoto, Kirill Morozov, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Security Analysis and Length Evaluation of Modified Merkle One-Time Signature」 『Proc. of 33rd Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2016), Kumamoto, Japan, Jan. 2016, 2E1-3』 (2016年01月) Shunsuke Tsumori, Hiroaki Anada, Samiran Bag, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Reset-Secure Identity-Based Identification Schemes Without Pairings」 『Proc. ProvSec2015, Kanazawa, Japan, Nov. 2015』 (2015年11月) Ji-Jian Chin, Hiroaki Anada, Syh-Yuan Tan 共著
  • 「A Lattice-based Encryption Allowing Partial-Decryption」 『Proc. Computer Security Symposium 2014, Sapporo, Japan, Oct. 2015, 』 (2015年10月) Takanori Yasuda, Hiroaki Anada, Kouichi Sakurai 共著
  • 「A Next-Generation Cryptocurrency Platform Ethereum and Its Evaluation」 『Proc. Computer Security Symposium 2014, Sapporo, Japan, Oct. 2015, 』 (2015年10月) Yaokai Feng, Shinichi Matsumoro, Hiroaki Anada, Junpei Kawamoto, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Hybrid Encryption Scheme using Terminal Fingerprint and its Application to Attribute-based Encryption without Key Misuse」 『Proc. AsiaARES2015, Daejeon, Gwangju, Korea, Oct. 2015』 (2015年10月) Chunlu Chen, Hiroaki Anada, Junpei Kawamoto, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Reputation System Based on Attributes of Ratees」 『Proc. Computer Security Symposium 2014, Sapporo, Japan, Oct. 2015, 2C1-1』 (2015年10月) Hiroaki Anada, Kouichi Sakurai 共著
  • 「A Key-Misuse-Resistant Hybrid Encryption Scheme using Terminal Fingerprint」 『Proc. Computer Security Symposium 2014, Sapporo, Japan, Oct. 2015, 』 (2015年10月) Chunlu Chen, Hiroaki Anada, Junpei Kawamoto, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Attribute-Based Two-Tier Signatures」 『IEICE Technical Report, ISEC2015-9 (July 2015)』 (2015年07月) Hiroaki Anada, Seiko Arita, Kouichi Sakurai 共著
  • 「A Report on International Conference NDSS2015」 『IEICE Technical Report, ICSS2015-12 (June 2015)』 (2015年06月) Hiroaki Anada, Yuhei Kawakoya, Kuniyasu Suzaki 共著
  • 「Detection of Illegal Players in Massively Multiplayer Online Role Playing Game by Classification Algorithms」 『In Proc. AINA2015, Korea, Mar. 2015』 (2015年03月) Zhongqiang Zhang, Hiroaki Anada, Junpei Kawamoto, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Attribute-Based Signatures from Proof of Knowledge of Signatures」 『Proc. of 32st Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2015), Kokura, Japan, Jan. 2015, 2D3-2』 (2015年01月) Hiroaki Anada, Seiko Arita, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Generic Construction for Attribute-Based Identification Schemes Secure against Reset Attacks」 『International Journal of Cryptology Research, No. 5, Vol. 1, pp.28-44』 (2015年01月) Ji-Jian Chin, Hiroaki Anada, Seiko Arita, Kouichi Sakurai, Swee-Huay Heng, Raphael Phan 共著
  • 「A Report on International Conference ACMCCS2014」 『Proc. of 32st Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2015), Kokura, Japan, Jan. 2015, 4A1-4』 (2015年01月) Hiroaki Anada, Ryo Kikuchi, Tatsuya Mori, Noboru Kunihiro 共著
  • 「A Commitment Scheme Based on Chebyshev Polynomials」 『Proc. of 32st Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2015), Kokura, Japan, Jan. 2015, 3D4-5』 (2015年01月) Ji-Jian Chin, Syh-Yuan Tan, Hiroaki Anada 共著
  • 「Alleviating the Trust of the Proxy in Conditional Proxy Re-Encrypton」 『Proc. Computer Security Symposium 2014, Sapporo, Japan, Oct. 2014, 2E4-2』 (2014年10月) Jian Weng, Hiroaki Anada, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Detection of Illegal Players in Massively Multiplayer Online Role Playing Game by Classification Algorithms」 『Proc. Computer Security Symposium 2014, Sapporo, Japan, Oct. 2014, 1C4-4』 (2014年10月) Zhongqiang Zhang, Hiroaki Anada, Junpei Kawamoto, Kouichi Sakurai 共著
  • 「A Report on International Conference ASIACCS2014」 『Proc. Computer Security Symposium 2014, Sapporo, Japan, Oct. 2014, 3E4-3』 (2014年10月) Hiroaki Anada, Masaya Sato, Toshihiro Yamauchi, Yoshiaki Hori, Shiho Moriai, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Decentralized Identity Management Scheme and its Realization by RSA and Discrete-Log-Based Encryption」 『Proc. Computer Security Symposium 2014, Sapporo, Japan, Oct. 2014, 3E2-1』 (2014年10月) Hiroaki Anada, Junpei Kawamoto, Jian Weng, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Attribute-Based Signatures without Pairings via the Fiat-Shamir Paradigm」 『Proc. of 2nd ACM ASIA Public-Key Cryptography Workshop (ASIAPKC 2014), Kyoto, Japan, June 2014, pp. 49-58』 (2014年06月) Hiroaki Anada, Seiko Arita, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Survey and New Idea for Attribute-Based Identification Scheme Secure against Reset Attacks」 『Proc. 4th International Conference on Cryptology and Information Security (Cryptology 2014), Putrajaya, Malaysia, June 2014, pp. 39-47』 (2014年06月) Ji-Jian Chin, Hiroaki Anada, Seiko Arita, Kouichi Sakurai, Swee-Huay Heng, Raphael Phan 共著
  • 「Attribute-Based Identification: Definitions and Efficient Constructions」 『The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE) Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E97-A, No. 5, pp. 1086-1102』 (2014年05月) Hiroaki Anada, Seiko Arita, Sari Handa, Yosuke Iwabuchi 共著
  • 「Embedding Information into RSA-modulus and Its Application to Digital Rights Management Systems」 『Proc. of 65th Workshop of Computer Security Group (CSEC65) of Information Processing Society of Japan (IPSJ), Oita, Japan, May 2014, IPSJ SIG Technical Report, Vol.2014-CSEC-65 No.3』 (2014年05月) Motoki Kitahara, Hiroaki Anada, Junpei Kawamoto, Kouichi Sakurai 共著
  • 「A Report on International Conference NDSS2014」 『Proc. of 65th Workshop of Computer Security Group (CSEC65) of Information Processing Society of Japan (IPSJ), Oita, Japan, May 2014, IPSJ SIG Technical Report, Vol.2014-CSEC-65 No.29』 (2014年05月) Hiroaki Anada, Koichi Mouri, Akira Yamada 共著
  • 「A Short Review of the escar 2013 Conferences / escar Europe 2013」 『In Proc. of 1st Embedded Security in Cars Conference in Asia (escar Asia 2014), Tokyo, Japan, Apr. 2014』 (2014年04月) Hiroaki Anada, Shin-ichi Matsumoto, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Boolean Formula-Proof and Its Application to Attribute-Based Identifications and Signatures」 『Proc. of Hinokuni Information Symposium, Oita, Japan, Mar. 2014, 1B-2』 (2014年03月) Hiroaki Anada, Seiko Arita, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Attribute-Based Identification: Definitions and Recent Developments」 『Proc. of the Seventh Workshop among Asian Information Security Labs (WAIS2014), Fudan University, Shanghai, China, Jan. 2014』 (2014年01月) Hiroaki Anada, Seiko Arita, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Trend of Car-Information Security: a Report on International Conference “escar”」 『Proc. of 31st Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2014), Kagoshima, Japan, Jan. 2014, 1B3-4』 (2014年01月) Hiroaki Anada, Shin-ichi Matsumoto, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Attribute-Based Identification Schemes of Proofs of Knowledge」 『Proc. of 31st Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2014), Kagoshima, Japan, Jan. 2014, 3E3-3』 (2014年01月) Hiroaki Anada, Seiko Arita, Kouichi Sakurai 共著
  • 「Attribute-Based Identification: Definitions and Efficient Constructions」 『Proc. of 18th Australasian Conference on Information Security and Privacy (ACISP 2013), Brisbane, Australia, July 2013, Lecture Notes in Computer Science, Vol. 7959, pp. 168-186, Springer』 (2013年07月) Hiroaki Anada, Seiko Arita, Sari Handa, Yosuke Iwabuchi 共著
  • 「Attribute-Based Identification」 『Proc. of 30th Symposium on Cryptography and Information Security (SCIS2013), Kyoto, Japan, Jan. 2013, 1A1-5』 (2013年01月) Hiroaki Anada, Seiko Arita, Sari Handa, Yosuke Iwabuchi 共著
  • 「Identification Schemes from Key Encapsulation Mechanisms」 『The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers (IEICE) Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E95-A, No. 7, pp. 1136-1155』 (2012年07月) Hiroaki Anada, Seiko Arita 共著
  • 「Identification Schemes from Key Encapsulation Mechanisms」 『Proc. of 4th International Conference on Cryptology in Africa (AFRICACRYPT2011), Dakar, Senegal, July 2011, Lecture Notes in Computer Science, Vol. 6737, pp. 59-76, Springer』 (2011年07月) Hiroaki Anada, Seiko Arita 共著
  • 「Identification Schemes of Proofs of Ability Secure against Concurrent Man-in-the-Middle Attacks」 『Proc. of 4th International Conference on Provable Security (ProvSec 2010), Melaka, Malaysia, Oct. 2010, Lecture Notes in Computer Science, Vol. 6402, pp. 18-34, Springer』 (2010年10月) Hiroaki Anada, Seiko Arita 共著
  • 「A 2-round Identification Scheme Secure against Concurrent Man-in-the-Middle Attacks」 『IEICE Technical Report, ISEC2009-84』 (2010年03月) Hiroaki Anada, Seiko Arita 共著

総説・解説記事

  • 電子決済と暗号技術 BAN 株式会社教育システム 2015年04月20日 穴田啓晃 単著
  • 自動車の情報セキュリティーその2ー BAN 株式会社教育システム 2014年04月20日 穴田啓晃 単著
  • 自動車の情報セキュリティーその1ー BAN 株式会社教育システム 2014年03月20日 穴田啓晃 単著

その他研究活動

  • Indian Statistical Institute および Cryptology Research Society of India とのMOU締結 2014年11月 ~ (継続中) 公益財団法人九州先端科学技術研究所(ISIT)が MOU (Memorandum of Understanding, 了解覚書き) を締結する際の, ISIT側証人.相互訪問,共著論文発表,等.
  • Centre of Information Security, Multimedia University(マレーシア)とのMOU締結 2014年03月 ~ (継続中) 公益財団法人九州先端科学技術研究所(ISIT)が MOU (Memorandum of Understanding, 了解覚書き) を締結する際の, ISIT側証人.相互訪問,共著論文発表,等.

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 2015年04月 ~ (継続中) 基盤研究(C) 対話型証明と秘密分散に基づく認証方式・署名方式の設計及び安全性評価 【対話型証明と秘密分散に基づく認証方式・署名方式の設計及び安全性評価】ユーザの属性に基づき認証や電子署名を行う方式は,属性ベース暗号プリミティブとしてここ8年程研究されてきている.しかし,その構成に必要な数学的構造については未解決の問題が依然としてある.研究者らの間で重要な問題の一つは,双線形写像である《ペアリング》を用いたこれまでの設計に対し《ペアリング》を用いない構成の問題である.この問題は近年の識別不可能性難読化 (indistinguishability obfuscator (iO)) の理論の進展により一層脚光を浴びている.この状況に対し,iO とは異なる,対話型証明を秘密分散の手法で拡張し,具体的アルゴリズムを設計し,属性ベース認証方式・署名方式を提案したのは本研究代表者らであった(2014年).ただし属性ベース暗号プリミティブとして持つべき結託耐性や関連付け不可能性といった性質の実現に関し,設計及び安全性評価の課題が未だ残されている.本研究はこの課題の解決に取り組む共に,iOによる方式の解析を行い,両方式の長所・短所を明らかにすることを目的とする.
  • 2015年04月 ~ (継続中) 基盤研究(B) 分権管理型暗号認証基盤の構築と応用システムの設計と解析 本研究では、ビットコインのように参加者全員が分権管理できる独自の暗号認証基盤を設計し、公開鍵暗号基盤(PKI)に代表される中央管理型認証基盤との比較を行い、その長短所を明らかにする。また、設計した分権基盤上に、著作権保護システムの構築をはじめ、新たな流通サービスを提供する応用システムを提案し、その安全性や性能解析を行う。具体的には、研究代表者が取り組んできた鍵預託(key-escrow)問題を解決すべく導入したRSA 公開鍵暗号の法(modulus)に個人ID 情報を埋め込む認証基盤を土台として、ID 情報の一意性や公開鍵の単一保有(retention)など未解決課題の解決をめざす。また、従来から信頼できる第三者機関を前提としている暗号システムや応用サービスを、分権管理型基盤上に(再)構築可能か、可能な場合には実装評価も行い、分権管理型基盤の利点と限界を解明する。

共同研究実施実績

  • 2015年09月 ~ 2015年09月 プライバシ保護・分散型管理の次世代暗号技術とこれを⽀える数理構造(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所共同利用研究集会)
  • 2014年09月 ~ 2014年09月 社会基盤としての高機能暗号とその楕円曲線及び格子による実現(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所共同利用研究集会)
  • 2014年06月 ~ (継続中) 暗号原理を用いたセキュア通信システムの数学的設計と解析における計算論的側面 Indian Statistical Institute, University of Calcutta 国際共同研究

研究発表

  • 2015年12月21日 ~ 2015年12月23日 9th International Conference of IMBIC on Mathematical Sciences for Advancement of Science and Technology (MSAST2015) Kolkata, India 口頭(招待・特別) 国際会議