研究情報詳細

氏名

唐津 理恵(カラツ リエ)
KARATSU Rie

所属

国際社会学科

職名

准教授

学歴

  • 英国シェフィールド大学(The University of Sheffield)大学院 教育学研究科 2003年01月(修了)

留学歴

  • グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国) シェフィールド大学(The University of Sheffield)大学院教育学研究科 博士号取得(Ph.D.) 1998年01月 ~ 2003年01月
  • グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国) オックスフォード大学(The University of Oxford)大学院 修士号取得(M.Sc.) 1996年10月 ~ 1997年09月
  • グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国) ウォーリック大学(The University of Warwick)大学院 修士号取得(M.A.) 1995年10月 ~ 1996年09月

取得学位

  • 学位区分:博士、学位名:文化研究博士(Ph.D. in Cultural Studies)、学位の分野:文化人類学・民俗学、授与機関:シェフィールド大学(The University of Sheffield)大学院 (英国)、取得年月:2003年01月
  • 学位区分:修士、学位名:比較国際教育学修士(M.Sc. in Comparative and International Education)、学位の分野:教育学、授与機関:オックスフォード大学(The University of Oxford)大学院 (英国)、取得年月:1997年09月
  • 学位区分:修士、学位名:児童文学修士号(M.A. in Children's Literature)、学位の分野:各国文学・文学論、授与機関:ウォーリック大学(The University of Warwick)大学院 (英国)、取得年月:1996年09月
  • 学位区分:学士、学位名:英文学学士、学位の分野:各国文学・文学論、授与機関:西南学院大学、取得年月:1995年03月

学内職務経歴

  • 准教授 本務 常勤 2009年04月01日 ~ (継続中)
  • 講師 本務 常勤 2006年11月01日 ~ 2009年03月31日

学外略歴

  • 県立長崎シーボルト大学(現長崎県立大学) 国際情報学部国際交流学科 講師 常勤 2006年11月01日 ~ 2008年03月31日
  • 国立マッセイ大学 言語学部 講師 日本映画論、日本語、日本文化論、学部、大学院における論文指導 常勤 2003年09月01日 ~ 2006年11月30日
  • キングエドワード7世高校 講師 日本語、日本文化論 非常勤 2001年09月01日 ~ 2003年05月31日
  • セントラル・ランカシャー大学 外国語学部 講師 日本文化論、日本語、卒論指導 非常勤 2000年09月01日 ~ 2001年07月31日
  • シェフィールド大学付属ビジネス・スクール 講師 日本語、日本文化論 非常勤 2000年09月01日 ~ 2001年07月31日

所属学会

  • 日本映画学会 2007年04月 ~ (継続中)
  • ATEM映画英語教育学会 2015年04月01日 ~ (継続中)
  • 映画・メディア学会(Society for Cinema and Media Studies) 2008年08月 ~ 2010年08月

専門分野(科研費分類)

  • 文化人類学・民俗学 日本映画論、比較文化、カルチュラル・スタディーズ

学位論文

  • 2003年01月 題目名:Degrees of Kitsch: Japanese and English Intercultural Understanding、 掲載誌名:Ph.D. Dissertation: The University of Sheffield, UK, 2002 [シェフィールド大学博士論文]
  • 1997年03月31日 題目名:Some Foreign Perceptions of Japanese Education、 掲載誌名:M.Sc. Dissertation: The University of Oxford, UK, 1997 [オックスフォード大学科学修士(Master of   Science)論文]
  • 1996年03月31日 題目名:Myth and Folk Tales in Japan and the West、 掲載誌名:M.A.Dissertation:The University of Warwick,UK,1996 [ウォーリック大学人文学修士(Master of Arts)論文]

論文

  • 「Female Voice and Occidentalism in Mika Ninagawa’s Helter Skelter (2012): Adapting Kyoko Okazaki to the Screen」 『Journal of Popular Culture (Wiley Blackwell)』 第49巻 第5号 P967-983 (2016年10月) Rie Karatsu 単著
  • 「Fostering Critical Intercultural Competence in CLIL Classes Through Films: A Case Study at a Japanese University」 『『映画英語教育研究』』 第21号 P129-142 (2016年03月) Rie Karatsu 単著
  • 「The Representation of the Sea and the Feminine in Takeshi Kitano’s Scene at the Sea (1991) and Sonatine (1993)」 『Continuum: Journal of Media & Cultural Studies(published by Taylor & Francis)』 第27巻 第5号 P630-643 (2013年10月) Rie Karatsu 単著
    概要:This article explores the representation of the sea, shoreline and beach in Takeshi Kitano's cinema. Taking up A Scene at the Sea (1991) and Sonatine (1993), the article highlights the ways in which the sea is deployed as film screen and the significance of the feminine in generating Kitano's homosocial world. Drawing on Giuliana Bruno, the article considers the filmmaker and spectator in relation to shoreline as a site on which the issues of cinematic apparatus and the dominant male versions of national identity are reflected and subverted.
  • 「Experience and Emotion: The Counter Concept of Kitsch Drawn from Japanese Tradition」 『長崎県立大学国際情報学部研究紀要, No.13』 第13号 P51-60 (2012年12月) 唐津理恵 単著
    概要:This article revisits the Western conceptualisation of kitsch, which has long stirred up classical moral debate on mass culture in cultural studies. It considers the historical, political, and social contexts in which kitsch aesthetics proliferated, and provides a critical examination of experience and emotion in popular commercial culture. This article also sheds a new light on the counter concept of kitsch, the Japanese traditional aesthetic concept, ma, as an example of non-Western culture.
  • 「Orientalism vs. Iki Aesthetics: Giacomo Puccini's Madame Butterfly」 『長崎県立大学国際情報学部研究紀要, No.12』 第12号 P85-91 (2011年12月) Karatsu R 単著
    概要:Exploring Giacomo Puccini’s Madame Butterfly, a master-text of Orientalism, this paper contends that the story of the opera is influenced by the 19th-century culture of emotional asceticism and exoticism, resulting in discrepancies between Japanese and Western cultural beliefs on the ideal geisha heroine.
  • 「イギリス式コミュニケーションにおけるユーモアとサーカズム ― 日本及びアメリカとの比較分析」 『長崎県立大学 国際情報学部研究紀要』 第11号 P119-130 (2010年12月) Karatsu R 単著
    概要:本稿では発話行為におけるサーカズムに着目し、先行研究を参照にしながら、イギリス人のユーモアの特徴を比較文化の視点から論じる。本稿の目的は、イギリス人の発話行為におけるサーカズムとその「社会コンテキスト」の特性を、日本やアメリカとの比較の観点から考察し、相違性及び類似性を明らかにすることである。具体的には、映画やドラマからの事例を通して、実際のストーリーの場面で、イギリス人のコミュニケーションの中で、サーカズムがどのように使用され、発話されているかを検証する。
  • 「A Study of Exoticism in Paul Schrader's Mishima: A Life in Four Chapters」 『Journal of the Faculty of Global Communication University of Nagasaki, No.10』 第10号 P73-78 (2009年12月) Karatsu R 単著
    概要:This paper explores the exoticism of “Japan”, “tradition”, and “emperorism”, first in Mishima, then in the West. In this paper, I first deal with Mishima’s treatment of “Japan”, “tradition”, and “emperorism” in relation to its anachronism, and its “flair”. Second, I explore a Western treatment of Mishima in reference to Paul Schrader’s 1985 film, Mishima: A Life in Four Chapters.
  • 「Questions for a Women's Cinema: Fact, Fiction, and Memory in the Films of Naomi Kawase」 『Visual Anthropology (published by Taylor & Francis, USA),vol. 22, Issue 2 & 3』 第22巻 第2&3号 P167-181 (2009年03月) Karatsu R 単著
  • 「Japonisme: The East-West Interartistic and Intercultural Phenomenon」 『県立長崎シーボルト大学 国際情報学部紀要Journal of the Faculty of Global Communication Siebold University of Nagasaki, No.8』 第8号 P41-50 (2007年12月) Karatsu R 単著
  • 「The Study of Akira Kurosawa: Insights for EIL Educators and Learners」 『大学英語教育学会 九州・沖縄支部紀要The JACET Kyushu-Okinawa Chapter Annual Review of English Learning and Teaching, No.12』 第12号 P19-30 (2007年11月) Karatsu R 単著
  • 「After the Wave: Sex, Violence, and Comedy in the Films of Takashi Miike」 『Asian Cinema (USA), vol.18, no.1』 第18巻 第1号 P23-42 (2007年04月) Karatsu R 単著
  • 「Between Comedy and Kitsch: Kitano’s Zatoichi and Kurosawa’s Traditions of Jidaigeki Comedies」 『Scope: An Online Journal of Film Studies (UK), Issue 6』 第6号 (2006年10月) Karatsu R 単著
  • 「A Conception of Human Rights Based on Japanese Culture: Promoting Cross-Cultural Debates」 『Journal of Human Rights (UK), vol.33』 第3巻 第3号 P269-289 (2004年09月) Se Teruhisa, Karatsu R 共著
  • 「Cultural Absorption of Ballroom Dancing in Japan」 『Journal of Popular Culture, (The Popular Culture Association, USA), vol. 36, no.3』 第36巻 第3号 P416-440 (2003年04月) Karatsu R 単著
  • 「Global Capital and Local Production」 『AJA, (International Center for Comparative Law and Politics, Tokyo University), vol. 7』 第7巻 P425-447 (2002年04月) Karatsu R 単著
  • 「Degrees of Kitsch: Japanese and English Intercultural Understanding」 『Ph.D. Dissertation: The University of Sheffield, UK, 2002シェフィールド大学博士論文』 (2002年04月) Karatsu R 単著
  • 「Some Foreign Perceptions of Japanese Education」 『M.Sc. Dissertation: The University of Oxford, UK, 1997オックスフォード大学科学修士(Master of Science)論文』 (1997年04月) Karatsu R 単著
  • 「Myth and Folk Tales in Japan and the West」 『M.A.Dissertation:The University of Warwick,UK,1996ウォーリック大学人文学修士(Master of Arts)論文』 (1996年04月) Karatsu R 単著

著書

  • Tolstoy on Screen Northwestern University Press 2014年12月30日 編集者 Lorna Fitzsimmons, Michael A. Denner 担当章Chapter 3 単著

研究発表

  • 2015年08月07日 ~ 2015年08月07日 ATEM映画英語教育学会第21回全国大会 Fostering Critical Intercultural Competence through Films in CLIL Classes 京都女子大学 口頭(一般) 国際会議
  • 2014年06月28日 ~ 2014年06月29日 カルチュラル・スタディーズ学会 Adapting Kyoko Okazaki to the Screen: A Feminist Reading of Mika Ninagawa’s Helter Skelter (2012) 国際基督教大学 口頭(一般) 国内会議
  • 2012年12月01日 ~ 2012年12月01日 第8回日本映画学会 The Exploration of Haptic Visuality in Takeshi Kitano’s A Scene at the Sea 大阪大学 口頭(一般) 国内会議 This paper explores the representation of the sea, shoreline and beach, as portrayed in Takeshi Kitano’s cinema, particularly A Scene at the Sea (1991). This paper highlights the ways in which the sea is gendered as feminine in Kitano’s work, and the concept of the eternal feminine sea is vital to generate his masculine world. The aim of this paper is to examine the filmmaker and spectator, in relation to shoreline as a space and a screen, on which questions of gender and national identities are negotiated.
  • 2008年09月 ~ 2008年09月 第47回JACET(大学英語教育学会)全国大会 New MCE English Curriculum? How is it working? 早稲田大学 口頭(一般) 国内会議
  • 2007年12月 ~ 2007年12月 第3回日本映画学会 Some Autobiographical Nature and Concerns of Takeshi Kitano's Takeshis 京都大学 口頭(一般) 国内会議
  • 2007年07月 ~ 2007年07月 第21回大学英語教育学会九州・沖縄支部会 The Study of Akira Kurosawa in the Japanese University EIL Classroom 久留米工業大学 口頭(一般) 国内会議
  • 2006年07月 ~ 2006年07月 Cultural Typhoon Conference in Shimokitazawa Seitoku High School The Representation of Violence Mixed with Comedy in Contemporary Japanese Cinema Shimokitazawa Seitoku High School 口頭(一般) 国際会議
  • 2005年06月 ~ 2005年06月 ASCJ (The Ninth Asian Studies Conference, Jochi University) Takashi Miike: the Japanese Cinematic New Wave of the Nineties Jochi University 口頭(一般) 国際会議
  • 2004年06月 ~ 2004年06月 ASCJ (The Eighth Asian Studies Conference, Jochi University) Between Comedy and Kitsch: Kitano's Zatoichi and Kurosawa's Traditions of Jidaigeki Comedies Jochi University 口頭(一般) 国際会議
  • 2001年09月 ~ 2001年09月 Anglo-Japanese Conference, Sheffield University Global Capital and Local Production Sheffield University 口頭(一般) 国際会議
  • 2000年09月 ~ 2000年09月 The Cultural Change and Urban Contexts conference, Manchester Metropolitan University English-style Ballroom Dancing in Japan Manchester Metropolitan University 口頭(一般) 国際会議

担当授業科目

  • 英語で学ぶ日本文化 2008年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 比較文化論Ⅰ 2008年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 比較文化論Ⅱ 2008年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • リーディングⅡ・E(日本文化) 2008年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • リーディングIV 2014年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • コースゼミナールA 2007年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • コースゼミナールB 2007年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 専門演習A 2007年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 専門演習B 2007年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 卒業論文(国際交流学科) 2007年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 日本文化論 2008年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 英語演習Ⅷ 2013年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 教職実践演習 2013年04月01日 ~ (継続中) 専任

学外の社会活動(高大・地域連携等)

  • 2015年07月 ~ 2015年07月 異文化理解セミナー 平成27年度教員免許状更新実習 山田健太郎、唐津理恵、生田和也
  • 2013年07月 ~ 2013年07月 異文化理解セミナー 平成24年度教員免許状更新実習 山田健太郎、、唐津理恵、山川 欣也
  • 2010年08月 ~ 2010年08月 異文化理解セミナー、平成22年度教員免許状更新実習 山田健太郎、小長谷英代、唐津理恵
  • 2009年08月 ~ 2009年08月 異文化理解セミナー 平成21年度教員免許状更新実習 山田健太郎、小長谷英代、唐津理恵