国際経営学科 Department of International Management

学科長より

学科長
岩重 聡美

  • 専門分野:国際流通システムと消費者利益
  • 主要担当科目:国際流通論
  • 学位:博士(国際学)

 国際経営学科では、世界で活躍するグローバル人材に必要な場を提供し、多くのことをしっかりと修得できる環境を整えています。まず経営学の理論を体系的に学び、国際経営についての知識を深め、さらに今まで培ってきた教養をもとに、国際人としての知見を養います。少人数による徹底した英語教育を強化し、就業力や社会人基礎力の育成にも力を入れています。
 学生たちはベトナムで開催されたAPECに学生インターンシップとして参加したり、国際交流基金からの派遣により中国 長春で現地学生との交流を行っています。このように海外に興味があり、世界で行われているグローバル戦略の展開を自分で見て経験したいと考えている学生には充実した4年間が待っています。

こんな人を求めています

  • 語学力向上に意欲を持ち、国際社会の中で活躍したい人
  • 国際的な経営に関する専門知識を学び、グローバルに活動する企業で活躍したい人
  • 他国の人とも協働しながら経営に関する企画・立案能力を高めて、国際社会の成長に貢献したい人

国際経営学科の特長・魅力

国際経営学科の学び・特色

国際的に活躍するための体系的な経営学の学修

企業経営が国際化している現代社会において、基本的な現代の企業経営に必要な経営学の知識・知見と実践力、国際的経営感覚を身につけることを目的としています。グローバルな視点で様々な企業の課題に主体的に対応できる人材を育成するため、国際経営分野を中心に語学、経営・経済分野を学び、グローバル化している企業の課題を理解します。

実践的な教育

専門教育で修得した理論を実際の国際社会で生かすため『実践科目』群を設けています。宗教、人種、言語など多様な価値観やグローバルなビジネスシーンに必要なスキルなど、国際社会で活躍するための基礎知識や応用力を育成するための科目に加え、コミュニケーション手段としての高い英語力を育成するための科目もあります。また、これまで培った基礎力を実際の社会で応用するため、「海外ビジネス研修」を必修としています。

取得できる資格・免許等

 ●TOEIC® ●日経TEST

4年間の学び

国際的なビジネスの現場で活躍することができるスキルを修得する

学びのTOPICS

語学研修で英語力の向上、国際的センスを磨く。

フィリピン・セブ島での語学研修を1年次の必修科目として位置付けています。8月末から3週間ほど現地の語学学校で徹底的に英語を学びます。研修の目的は、TOEIC®スコアの上昇、総合的な英語力を伸ばし、多様な文化の中でのコミュニケーション能力を養うことです。カリキュラムは、大学と語学学校が事前に何度も協議を重ね、本学科の学生にふさわしい内容を組み立てました。最も特徴的なことは、現地講師とのマンツーマン授業です。研修中は、日曜以外は授業や模試、自習などで1日に約10時間以上勉強します。その結果、現地講師との英語によるディスカッションや、英語で考え英語で発信する力を養うことができます。もちろん、TOEIC®平均点も上昇し、学生の自信を深めるとともに、学習意欲の向上につながっています。

このページの先頭へ

国際経営学科で養成する人材像

現代社会で企業に求められている経営学への要請を踏まえつつ、さらに国際的に活動範囲を広げている企業についての理解を深めることが必要です。そこで現代のグローバル化している企業経営に必要な経営学の知識・知見と実践力及び語学力とともに海外での実践を通じて国際的な経営感覚を身に付け、グローバルな視点で様々な企業の課題に主体的に対応できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 経営に関する知識・知見及び外国語を用いたコミュニケーション能力を有し、東アジア地域をはじめ海外展開をする企業や団体で活躍できる人材

想定される進路

商社、日本企業の海外事業部門(小売・サービス、通信、運輸、金融など)、外資系企業や海外企業 など

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次     3年次         4年次    





教養セミナー 教養セミナー  
人文科学 日本史概説/西洋史概説/東洋史概説/人文地理学/哲学/倫理学/文学/心理学/文化人類学/国語表現
社会科学 日本国憲法/法学/民法入門/政治学/社会学/生活と社会保障制度/現代社会の課題
自然科学 数学/統計学/化学/物理科学/生物科学/科学史
健康科学 ライフスポ-ツ/現代人とスポーツ/運動と栄養/食文化論/健康と科学/被曝と健康
情報科学 情報処理演習Ⅰ  
情報処理演習Ⅱ  
情報処理概論
長崎を学ぶ 長崎と文化/長崎の歴史と今/長崎と宗教/シーボルトと長崎/長崎と産業/長崎と平和
しまに学ぶ   長崎のしまに学ぶ/しまのフィールドワーク  
キャリア形成 キャリアデザインⅠ  
  キャリアデザインⅡ/インターンシップ  
ボランティア活動


英語 英語実践演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ/オーラル・コミュニケーションⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/リーディングⅠ・Ⅱ/ライティングⅠ/海外語学研修  
  英語実践演習Ⅷ・Ⅸ/リーディングⅢ/ライティングⅡ  
中国語 中国語ⅠA・ⅠB(文法)/中国語ⅠA・ⅠB(会話)  
中国語ⅠA・ⅠB(ヒアリング作文)/中国語ⅠA・ⅠB(筆記・読解)/中国語ⅡA・ⅡB(講読)/中国語ⅡA・ⅡB(会話)  
中国語ⅡA・ⅡB(ヒアリング作文)/中国語ⅡA・ⅡB(筆記・読解)/中国語ⅢA(時事・新聞)/中国語ⅢA(表現)/海外語学研修
その他 韓国・朝鮮語ⅠA・ⅠB/フランス語ⅠA・ⅠB/スペイン語ⅠA・ⅠB/ドイツ語ⅠA・ⅠB  
  韓国・朝鮮語ⅡA・ⅡB/韓国・朝鮮語ⅢA・ⅢB
海外語学研修(韓国・朝鮮語)
留学生科目 日本語ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB  
日本語ⅢA・ⅢB・ⅣA・ⅣB・ⅤA・ⅤB・ⅥA・ⅥB/日本事情ⅠA・ⅡB  





学部共通専門科目 経済入門/会計学入門/経営学総論/日本企業入門/マーケティング論  





基幹科目   経営組織論/経営戦略論Ⅰ/国際経営論Ⅰ/現代企業論/会社法/国際金融論  



国際経営関連分野   国際経営論Ⅱ/国際コミュニケーション論/比較経営論/国際人事管理論/国際マーケティング論Ⅰ・Ⅱ/国際物流論Ⅰ・Ⅱ/国際会計論Ⅰ・Ⅱ/国際経済論/国際流通論/貿易論/国際流通史/中国経済論/東南アジア経済論
経営・経済関連分野 簿記論/経営戦略論Ⅱ/企業文化論/ミクロ経済学/マクロ経済学/コーポレート・ガバナンス/財務会計論/経営情報論/経営工学/商法/CSR(企業の社会的責任)/コーポレート・ファイナンス/保険論/リスクマネジメント論
実践科目 新聞で学ぶ経済Ⅰ・Ⅱ/日経リレー講座/ディスカッション/異文化理解/ディベート/海外ビジネス理解/ビジネスコミュニケーション実践/海外ビジネス研修/海外事情講座/マーケティング・リサーチ/海外ビジネス文献購読  
ゼミナール   基礎演習 専門演習 卒業論文
※平成30年度のカリキュラムです。

このページの先頭へ

PICK UP カリキュラム

経営組織論

現代社会は、様々な組織が役割を分担して活動することにより成り立っています。卒業後は、企業や各種団体をはじめ、自ら起業するとしても組織に属するあるいは組織と関係を持って活動することになります。この組織について学び理解する授業です。組織は人が集まり、同じ目標を持って、分業し行動するとき、そこに形作られます。現在、最も機能している組織として企業の経営組織が考えられます。この経営組織を理論と具体例を織りまぜて解説し、学生諸君が現代企業の経営行動を理解することを目指します。

国際会計論Ⅰ

本講義では、会計処理や会計報告の法規範である会計基準の国際的な動きについて学習します。もともと会計基準は国ごとの文化や慣習が反映されていたために、国によって異なっていました。しかし近年資本市場がグローバル化する中で、その国ごとに異なる会計基準を調和させる動きがでてきており、グローバル・スタンダードとして国際財務報告基準(International Financial Reporting Standards: IFRS)が生まれました。本講義ではこのIFRSが生まれるまでの過程、さらに我が国のIFRSへのコンバージェンスに向けた取り組みを解説していきます。

このページの先頭へ

在学生メッセージ

英語も経営も学べる一石二鳥の楽しい学科です。

松浦 明日翔 さん
国際経営学科 3年
福岡県/春日高等学校出身

 国際経営学科は英語だけでなく、経営を専門的に学べることを知り、「私にとっては一石二鳥!」と思い志望しました。私は将来、海外で活躍できる人材になりたいと強く思っています。それを叶えるためにも、日本と海外の働き方や経営の違い、異文化理解に必要な知識など、幅広い分野で学びを深めていきたいです。短期留学や交流事業を通じて、海外へもたくさん行きたいですね。また英語力の向上はもちろん、中国語や韓国語も日常会話レベルまで話せるように勉強したいと思っています。

注目の授業

【ビジネスコミュニケーション実践】

海外ビジネスの場における英語でのコミュニケーションスキルを体得する講義で、授業はすべて英語で行われます。グローバル人材に必要な一つの要素として、一生懸命学んでいます。

国際経営学科3年次前期の履修モデル

この時間割は一般的なもので、ここで紹介している学生のものではありません。

Mon Tue Wed Thu Fri
1st 文学 CSR
2nd 国語表現 長崎と産業 比較経営論
3rd ビジネスコミュニケーション実践 国際人事管理論 国際金融論Ⅰ
4th ビジネスコミュニケーション実践 海外事情講座 専門演習 国際金融論
5th 就職ガイダンス 韓国語・朝鮮語ⅢA 海外ビジネス文献講読

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ