国際社会学科 Department of Global and Media Studies

教員メッセージ


鈴木 暁彦

  • 専門分野:マスコミュニケーション論、現代中国論
  • 主要担当科目:マスコミュニケーション論、ジャーナリズム論、報道研究(中国)、マスコミ文章演習
  • 学位:修士(学術)

 「地球規模で一体化が進む社会と、高速大容量の情報通信技術が変えるメディアの状況を具体的に学びます。入学したら、英語、中国語のどちらかを選んでもらい、マスターするまで鍛えます。国際関係やメディアに関する専門知識を段階的に学び、卒業後は旅行・観光業界やマスコミ、公務員など様々な分野に進めるよう、しっかり支えていきます。私が担当しているのは、マスメディアに関わる科目です。中国語で学ぶ授業もあります。講義を聴いて何かを感じ、興味を抱き、自ら調べ、考える習慣を身につけてほしい、と思います。送りたい言葉は「木を見て、森も見る」。物事の細部と全体像をバランスよく観察し、公平で公正な視点を大切にしてください。

こんな人を求めています

  • 国際政治や経済など国際社会の諸事象や仕組みについて幅広い関心を持つ人
  • グローバル化する現代社会における諸問題を解決しようとする意欲を持つ人
  • 現代社会におけるメディアに関心を持ち、社会の様々な出来事に対して自らの考えを論理的に展開できる人
  • 東アジアに関心を持ち、東アジア諸国を中心とした国際交流の推進に貢献したい人
  • 英語や中国語などの外国語による高いコミュニケーション能力を習得する意欲を持つ人

国際社会学科の特長・魅力

目指す将来像:世界との懸け橋になる国際人! 国際人を育てる多面的教育。キャリアインターンシップ。英語・中国語を集中して履修。

国際社会学科の学び・特色

専門科目の充実

国際社会の構造、現状及び動向について基本的な知識を修得し、現代社会における諸問題を多面的に理解する能力を身につけます。特に、地域研究として「東アジア地域」を重点的に学びます。さらには、メディアに関する基礎知識を修得し、自らの意見を発信する能力を身につけます。

国際性の向上と就業力育成

「海外語学研修」「キャリアインターンシップ」を必修化し、国際感覚と高い外国語能力に裏づけられたコミュニケーション能力を有し、地域社会や国際社会のために積極的に働きかけができる能力を身につけます。

取得できる資格・免許等

 ●TOEIC® ●TOEFL® ●中国語検定 ●中学校教諭一種免許状(社会) ●高等学校教諭一種免許状(公民)

4年間の学びの流れ

語学力を高め、国際社会への理解を深める多彩なカリキュラムが魅力。

学びのTOPICS

専門知識を深めるカリキュラムが充実

国際社会学科には「グローバル社会の研究」「地域の理解(東アジア等)」「メディア研究」の領域があります。学習内容はとても幅広いのですが、各領域には専門知識を深めるカリキュラムを設けています。講義科目だけではなく、映像制作演習、キャリアインターンシップなど課題解決型の実践科目も充実させました。また1年次の後期以外は、少人数のゼミ形式の専門演習科目を設け、細分化する学生のニーズに応えています。外国語の能力、東アジアの情勢、ジャーナリズムの可能性など学生の興味は様々ですが、課題を克服しながら自らの興味を深める、そんな学習環境を目指しています。

このページの先頭へ

国際社会学科で養成する人材像

本学科では、国際社会及びメディアに関する知識と実践力を身に付け、グローバルな視野での課題解決能力及び情報発信能力を有する人材を育成することを目的としています。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 政治、経済、社会をグローバルな視野でとらえ、国際社会や地域社会で活躍できる人材
  • 高いコミュニケーション能力と情報収集・分析及び批判的・論理的思考能力を備え、自治体や企業の国際部門・マスコミ・多国籍企業等で活躍できる人材
  • 東アジア地域に対する広い知見を深め、東アジア諸国を中心とした国際交流の推進や社会の発展に寄与できる人材
  • 国際社会に関する知識を有し、教員として活躍できる人材

想定される進路

放送局、新聞社、旅行会社、航空会社、広告代理店、金融機関、自治体の国際部門、教員 など

このページの先頭へ

PICK UP カリキュラム

地域研究(中国)

国際社会での存在感を高める隣国・中国を様々な角度から分析し、総合的に理解を深めようという授業です。歴史的に見ると、中国の版図(勢力圏)は数千年の時を経て形成されました。自分たちを中華(華夏)と呼び、異民族を東夷、南蛮、西戎、北狄とする華夷秩序の概念も、歴史の中で醸成されたのです。18世紀以降の「西洋の衝撃」は、東アジアの冊封体制を崩壊させますが、今でもこの地域には中華文明の影響が色濃く残っています。現代中国の領域にこだわらず、大きな意味で中国を捉えたいと思います。

映像ジャーナリズム論

私たちに身近なテレビ。過熱取材などの批判がある一方で、権力の監視や災害時の速報、社会的弱者に寄り添うなど、様々な役割を担ってきました。メディア被害はなぜ起きるのか、これからの社会でテレビは何ができるのか。実際のニュースや番組の映像を観ながら、映像ジャーナリズムの危うさを知り、その可能性について考えます。授業では、記者やディレクターの取材時の心理、放送を担う組織のありようなど、実際の放送現場の状況をできる限りリアルに伝えることで、現実を肌で感じてほしいと思います。

在学生メッセージ

語学だけでなく歴史や文化を学ぶことが大切。

国際社会学科 2年
林 拓真
長崎県/壱岐高等学校 出身

 私は中国について学んでいますが、授業を受ける中で語学だけでなく、その地域の歴史や文化を理解することが、より深い交流に繋がると気付きました。今後は日本と中国の経済成長の過程の違いについて勉強したいです。過程を知ることで、現在の中国社会をより理解できると思うからです。また授業で学んだ中国語を活かすためにも、1年間の留学を考えています。現地で中国語を話し、現在の中国を目にすることが大きな成長へと繋がると思います。

注目の授業

【インターナショナルセミナー(中国語)】

中国語を勉強するだけでは学ぶことのできない分野にも足を踏み入れた内容の講義になっており、語学学習をする上で非常に重要だと感じています。

国際社会学科2年次前期の履修モデル

この時間割は一般的なもので、ここで紹介している学生のものではありません。

Mon Tue Wed Thu Fri
1st アカデミックリーディング
2nd 中国語ⅢA
表現
ディベート 情報メディア文化論
3rd インターナショナルセミナー 東洋史概説
4th 中国語ⅠA
ヒアリング作文
フランス語ⅠA 中国語ⅢA
時事・新聞
基礎演習
5th 国際コミュニケーション論

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ