国際社会学科 Department of Global and Media Studies

教員メッセージ

国際社会学科 学科長 鈴木 暁彦
鈴木 暁彦

  • 専門分野:マスコミュニケーション論、現代中国論
  • 主要担当科目:ジャーナリズム論、マスコミ文章演習
  • 学位:修士(学術)

 国際社会学科は、メディアを読み解く力を養い、東アジアに対する理解を深めることに重点を置いています。ジャーナリズム論では、メディア研究の一環として、記者の取材活動および報道機関の役割と課題について、具体的な事例を挙げて解説します。教員になる前は全国紙の記者でした。鳥取、神戸、大阪、東京勤務を経て中国に2度駐在。東アジアをめぐる政治経済情勢を中心に取材しました。報道現場の雰囲気を授業で紹介します。表現の自由、報道の自由に対する考え方は、国によって違います。国家による報道規制、記者に対する暴行が世界各地に存在することにも触れながら、メディアや東アジアについて、皆さんとともに考えていきたいと思います。

こんな人を求めています

  • 国際政治や経済など国際社会の諸事象や仕組みについて幅広い関心を持つ人
  • グローバル化する現代社会における諸問題を解決しようとする意欲を持つ人
  • 現代社会におけるメディアに関心を持ち、社会の様々な出来事に対して自らの考えを論理的に展開できる人
  • 東アジアに関心を持ち、東アジア諸国を中心とした国際交流の推進に貢献したい人
  • 英語や中国語などの外国語による高いコミュニケーション能力を習得する意欲を持つ人

国際社会学科の特長・魅力

学科の特色

国際的な政治・経済・社会の仕組みや問題点について、本や講義だけでなく様々なメディア(新聞やテレビ、Webなど)を使って多面的に学びます。また、海外語学研修などを通じて、国際社会への理解を深めるために必要な、高いレベルの語学力を身に付けます。

国際社会学科の学び

専門科目の充実

国際社会の構造、現状及び動向について基本的な知識を修得し、現代社会における諸問題を多面的に理解する能力を身に付けます。特に、地域研究として「東アジア地域」を重点的に学びます。さらには、メディアに関する基礎知識を修得し、自らの意見を発信する能力を身に付けます。

国際性の向上と就業力育成

「海外語学研修」、「キャリアインターンシップ」を必修化し、国際感覚と高い外国語能力に裏づけられたコミュニケーション能力を有し、地域社会や国際社会のために積極的に働きかけができる能力を身に付けます。

取得できる資格・免許等

 ●TOEⅠC® ●TOEFL® ●中国語検定 ●中学校教諭一種免許状(社会) ●高等学校教諭一種免許状(公民)

4年間の学び

学びTOPICS

身近な音楽や映画などから国際文化論を考察

「国際文化論」は、「カルチュラル・スタディーズ」(文化研究)の基礎的な理論、概念を学び、人種やナショナリティー、ジェンダーといった差異を巡る問題を毎回取り上げ、グローバリゼーションが社会に与えている影響を考察します。
講義は全て英語で行い、発表と議論を中心に展開されます。音楽や映画、ダンスなど学生たちの身近な日常生活での経験を題材にすることで、皆さんが自分の意見や発想を自由に表現できる場所となります。英語のスキルを養うだけではなく、国際的視野に立ち、固定概念にとらわれない柔軟な発想力を育んでもらうことが狙いです。そのために、対面型で双方向型の学習を重視しています。

 

このページの先頭へ

国際社会学科で養成する人材像

本学科では、国際社会及びメディアに関する知識と実践力を身に付け、グローバルな視野での課題解決能力及び情報発信能力を有する人材を育成することを目的としています。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 政治、経済、社会をグローバルな視野でとらえ、国際社会や地域社会で活躍できる人材
  • 高いコミュニケーション能力と情報収集・分析及び批判的・論理的思考能力を備え、自治体や企業の国際部門・マスコミ・多国籍企業等で活躍できる人材
  • 東アジア地域に対する広い知見を深め、東アジア諸国を中心とした国際交流の推進や社会の発展に寄与できる人材
  • 国際社会に関する知識を有し、教員として活躍できる人材

想定される進路

放送局、新聞社、旅行会社、航空会社、広告代理店、金融機関、自治体の国際部門、教員 など

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次 3年次 4年次





教養セミナー 教養セミナー  
人文科学 日本史概説/西洋史概説/東洋史概説/人文地理学/哲学/倫理学/文学/心理学/文化人類学/国語表現
社会科学 日本国憲法/法学/民法入門/政治学/社会学/現代社会と経済/現代の企業経営/生活と社会保障制度/現代社会の課題
自然科学 数学/統計学/化学/物理科学/生物科学/科学史
健康科学 ライフスポ-ツ/現代人とスポーツ/運動と栄養/食文化論/健康と科学/被曝と健康/暮らしの中の救急法/対人関係論
情報科学 情報処理演習Ⅰ  
情報処理演習Ⅱ  
情報処理概論
長崎を学ぶ 長崎と文化/長崎の歴史と今/長崎と宗教/シーボルトと長崎/長崎と産業/長崎と平和
しまに学ぶ 長崎のしまに学ぶ/しまのフィールドワーク  
キャリア形成 キャリアデザインⅠ  
  キャリアデザインⅡ/インターンシップ  
ボランティア活動


英語 英語実践演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/オーラル・コミュニケーションⅠ・Ⅱ/リーディングⅠ・Ⅱ/ライティングⅠ  
英語実践演習Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ/海外語学研修  
  オーラル・コミュニケーションⅢ・Ⅳ/リーディングⅢ/ライティングⅡ  
英語実践演習Ⅷ・Ⅸ  
中国語 中国語ⅠA・ⅠB(文法)/中国語ⅠA・ⅠB(会話)  
中国語ⅠA・ⅠB(ヒアリング作文)/中国語ⅠA・ⅠB(筆記・読解)/中国語ⅡA・ⅡB(講読)/中国語ⅡA・ⅡB(会話)  
中国語ⅡA・ⅡB(ヒアリング作文)/中国語ⅡA・ⅡB(筆記・読解)/中国語ⅢA(時事・新聞)/中国語ⅢA(表現)/海外語学研修
その他 韓国・朝鮮語ⅠA・ⅠB/フランス語ⅠA・ⅠB/スペイン語ⅠA・ⅠB/ドイツ語ⅠA・ⅠB  
  韓国・朝鮮語ⅡA・ⅡB/韓国・朝鮮語ⅢA・ⅢB
海外語学研修(韓国・朝鮮語)
留学生科目 日本語ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB  
日本語ⅢA・ⅢB・ⅣA・ⅣB・ⅤA・ⅤB・ⅥA・ⅥB/日本事情ⅠA・ⅡB  





入門科目 国際社会学入門/法律学総論/国際関係論入門/メディア社会学入門/社会調査入門  
基幹科目   国際経済学/国際法/国際政治学/マスコミュニケーション論/国際コミュニケーション論/ネットワーク経済論/比較文化論/情報メディア文化論/対外政策論/国際事情  



グローバル社会の研究   国際金融論/国際社会と人権/国際文化論/国際機構論/国際社会と環境保全/ジェンダー論/国際情報論/安全保障論/開発援助論/異文化コミュニケーション
地域の理解   地域研究(中国、朝鮮半島、アメリカ、東南アジア、ヨーロッパ)/東アジア論/長崎と東アジア/アジアツーリズム論/報道研究(中国、韓国)/地域観光論/地域学概論
メディア研究   時事問題研究/映像ジャーナリズム論/メディア表現論/デジタルメディア論/文化社会学/メディア活用論/メディア社会学/ネットワーク社会論/ジャーナリズム論/広告メディア論
実践科目   ディベート/マスコミ文章演習/コミュニケーション演習/映像制作演習/インターナショナルセミナー/社会調査演習/新聞制作演習/広告実践演習/アカデミック・リーディング/プレゼンテーション/アカデミック・ライティング/キャリアインターンシップ
ゼミナール   基礎演習 専門演習 卒業論文
※平成28年度のカリキュラムです。

このページの先頭へ

PICK UP カリキュラム

デジタルメディア論

テレビや新聞、動画など、具体的なコンテンツを構造や記号作用の視点で分析し、これらが流れるメディアの特性との関係を学びます。さらにメディアやコンテンツを取り巻く情報環境の変化、それに従事する人々の姿を通し、情報メディアを理解するリテラシーを身に付けます。授業は観賞・分析・討議を軸に展開され、グループワークによる事例分析とプレゼンテーションを行うこともあります。デジタル時代を生きるうえで欠かせない知識を養います。
デジタルメディア論

地域研究(中国)

中国の近代国家への歩みと現在のように成長するに至ったプロセスの各側面を、教員の中国での生活経験を交えて、その本質と特徴にアプローチします。教員の現地調査と研究内容に加え、映像や写真、地図などを活用し、わかりやすく講義を行います。現代の中国について考えるとともに、その将来を予測することが目的です。さらに、中国に関係するニュースを自分の知識と経験にもとづき冷静かつ批判的に分析する力も身に付けます。
デジタルメディア論

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ