国際社会学科 Department of Global and Media Studies

教員メッセージ


井上 佳子

  • 専門分野:映像ジャーナリズム
  • 主要担当科目:映像ジャーナリズム論、時事問題研究
  • 学位:学士(教育)

 爆発的に拡大する感染症、広がる自国中心主義、とまらない温暖化。現在、地球的視野でものごとを考える力量が大人に問われています。国際社会学科はこのような世界の情勢を的確に捉え行動する人材を育てます。そして英語、中国語を中心にコミュニケーションに欠かせない語学の修得を目指します。今、環境保護や平和を求め若い世代が世界の先頭に立つ姿が目を引きます。彼らが国境を超えてつなぐ手段はインターネットです。多くの人たちが情報の発信者となった今、映像の力と危うさを学び、その理論についても考えます。大学で自分自身と向き合ってください。未来はあなたたちがつくっていきます。

このページの先頭へ

学生インタビュー

国際社会学科 4年
中村 成
広島県/広島桜が丘高等学校 出身

 国際社会学科には個性的な教員がたくさんいます。そんな先生方のもとで国際人権・国際政治・国際法といった専門分野を学んでいます。講義名だけ見ると難しく感じられますが、先生方の講義は分かりやすくて面白く、実際に起こった事件や映画をもとに理解を深めたり、メディアについて勉強したり、新聞や動画をつくることもあるんです。学生同士はフレンドリーだし、サークルやアルバイトをしながら大学生活を楽しんでいます。ぜひ、一緒に楽しみましょう!

このページの先頭へ

こんな人を求めています

  • 国際政治や経済など国際社会の諸事象や仕組みについて幅広い関心を持つ人
  • グローバル化する現代社会における諸問題を解決しようとする意欲を持つ人
  • 現代社会におけるメディアに関心を持ち、社会の様々な出来事に対して自らの考えを論理的に展開できる人
  • 東アジアに関心を持ち、東アジア諸国を中心とした国際交流の推進に貢献したい人
  • 英語や中国語などの外国語による高いコミュニケーション能力を習得する意欲を持つ人

このページの先頭へ

国際社会学科の学び・特色

専門科目の充実

国際社会の構造、現状及び動向について基本的な知識を修得し、現代社会における諸問題を多面的に理解する能力を身につけます。特に、地域研究として「東アジア地域」を重点的に学びます。さらには、メディアに関する基礎知識を修得し、自らの意見を発信する能力を身につけます。

国際性の向上と就業力育成

「海外語学研修」「キャリアインターンシップ」を必修化し、国際感覚と高い外国語能力に裏づけられたコミュニケーション能力を有し、地域社会や国際社会のために積極的に働きかけができる能力を身につけます。

取得できる資格・免許等

 ●TOEIC® ●TOEFL® ●中国語検定 ●中学校教諭一種免許状(社会) ●高等学校教諭一種免許状(公民)

このページの先頭へ

4年間の学びの流れ

語学力を高め、国際社会への理解を深める多彩なカリキュラムが魅力。

このページの先頭へ

学びのTOPICS

専門知識を深めるカリキュラムが充実

国際社会学科には「グローバル社会の研究」「地域の理解」「メディア研究」「実践科目」の領域があります。学習内容はとても幅広いのですが、各領域には専門知識を深めるカリキュラムを設けています。講義科目だけではなく、映像制作演習、キャリアインターンシップなど課題解決型の実践科目も充実させました。また1年次の後期以外は、少人数のゼミ形式の専門演習科目を設け、細分化する学生のニーズに応えています。外国語の能力、東アジアの情勢、ジャーナリズムの可能性など学生の興味は様々ですが、課題を克服しながら自らの興味を深める、そんな学習環境を目指しています。

このページの先頭へ

国際社会学科で養成する人材像

本学科では、国際社会及びメディアに関する知識と実践力を身に付け、グローバルな視野での課題解決能力及び情報発信能力を有する人材を育成することを目的としています。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 政治、経済、社会をグローバルな視野でとらえ、国際社会や地域社会で活躍できる人材
  • 高いコミュニケーション能力と情報収集・分析及び批判的・論理的思考能力を備え、自治体や企業の国際部門・マスコミ・多国籍企業等で活躍できる人材
  • 東アジア地域に対する広い知見を深め、東アジア諸国を中心とした国際交流の推進や社会の発展に寄与できる人材
  • 国際社会に関する知識を有し、教員として活躍できる人材

このページの先頭へ

想定される進路

放送局、新聞社、旅行会社、航空会社、広告代理店、金融機関、自治体の国際部門、教員 など

このページの先頭へ

PICK UP カリキュラム

地域研究(中国)

国際社会での存在感を高める中国を様々な角度から分析し、総合的に理解を深めます。歴史的に見ると、中国の版図(勢力圏)は数千年の時を経て形成されました。自分たちを中華(華夏)と呼び、異民族を東夷、南蛮、西戎、北狄とする華夷秩序の概念も、歴史の中で醸成されたのです。18世紀以降の「西洋の衝撃」は、東アジアの冊封体制を崩壊させますが、今でもこの地域には中華文明の影響が色濃く残っています。現代中国の領域にこだわらず、大きな意味で中国を捉えます。

映像ジャーナリズム論

私たちに身近なテレビ。過熱取材などの批判がある一方で、権力の監視や災害時の速報、社会的弱者に寄り添うなど、様々な役割を担ってきました。メディア被害やテレビの社会的意義など、実際のニュースや番組の映像を観ながら、映像ジャーナリズムの危うさを知り、その可能性について考えます。授業では、記者やディレクターの取材時の心理、放送を担う組織のありようなど、実際の放送現場の状況をできる限りリアルに伝えることで、現実を肌で感じてほしいと思います。

このページの先頭へ

在学生メッセージ

TOEIC対策の授業を通して英語力がめきめき鍛えられています。

国際社会学科 2年
白石 栞菜
長崎県/長崎東高等学校 出身

 この学科で一番インパクトのある授業は「英語実践演習」だと思います。私たちの学科ではTOEIC®によるスコア要件が設けられていて「英語実践演習は」TOEIC®対策の授業なんです。問題の解き方やスコアアップの戦略、コツを学ぶことができます。TOEIC®対策がメインですが、その学習を通して日常で使う英単語や表現を身につけることができ、英語力がアップします。英語だけでなく、国際関係についての知識を深められる授業やメディアに関する講義もあって英語や国際社会に関する幅広い知識を身につけることができます。

注目の授業

【比較文化論】

映画などメディアを通して文化がどう描かれているかを考える授業で講義は英語で進みます。映画やテレビを見る視点が変わりました。

国際社会学科2年次 第1学期の履修モデル

この時間割は一般的なもので、ここで紹介している学生のものではありません。

Mon Tue Wed Thu Fri
1st
 
2nd リーディングⅢ
 
リーディングⅢ
3rd 情報メディア
文化論
情報メディア
文化論
4th 対外政策論 国際機構論 韓国・
朝鮮語ⅢA
対外政策論 国際機構論
5th 基礎演習 韓国・
朝鮮語ⅢA

このページの先頭へ

国際社会学部 国際社会学科 Q&A

Q1 進級や卒業にTOEIC®の点数が必要ですか?

英語は必修科目として19科目・20単位を取得します。その中の英語実践演習ⅠからⅨを習得するために、授業での学習に加えてTOEIC®スコアの取得を課しています。2年生から3年生に進級するためには600点以上、卒業には730点以上が必要です。高レベルのスコアですが、授業をしっかりと履修して地道に努力すれば取得できる点数です。

Q2 中国に興味があり、中国語を勉強したいのですが。

中国語を選択する場合、19科目必修です。卒業までに「中国語検定2級」または「HSK5級」等を取得する必要があります。初心者でも履修指導に従ってしっかりと勉強すれば必ず達成できます。学科では3名の中国人教員が語学や専門科目を教えており、そして学内には多くの中国人留学生もいて、実践する環境も整っています。

Q3 卒業するまでに留学は必須ですか?

国際社会学科の必修科目「海外語学研修」では、主に2年生の長期休業中に英語圏あるいは中国へ3週間ほど滞在して学びます。希望者には、交換留学の機会も。協定校の中でも、特にお勧めしたいのはタイのタマサート大学です。ジャーナリズム&マスコミュニケーション学部での教育は全て英語で、履修科目のほとんどが卒業に必要な単位として認定されます。

Q4 外国語で行われている授業について教えてください。

専門科目のうち、英語を使う授業が14科目、中国語が9科目あります。これらの授業では学生たちの語学力に合わせて、外国語を使用します。一部、日本語を使用しますが、あくまでも内容を理解するための手段です。専門性を深めるだけでなく、語学力の向上にも役立つでしょう。

Q5 将来はマスコミ志望なのですが、そのための講義はありますか?

メディアに関する教育は、国際社会学科の大きな柱です。マスコミュニケーション論やジャーナリズム論、メディア社会学、マスコミ文章演習などの座学から、実際に映像ドキュメンタリーや新聞を制作する実践科目まで、マスコミを志望する学生にとって有益な講義が、数多くあります。

Q6 「キャリアインターンシップ」は、どのような内容なのでしょうか?

「キャリアインターンシップ」は、3年時に履修する必修科目です。大学が用意した研修先(放送局・新聞社、公益法人・公共施設、旅行業・観光業、自治体など)を学生が選択し、20日間、研修先の業務を体験します。アルバイトと違うところは、研修が大学で学んだ基礎知識を発展させた要素を含み、将来の職業選択のヒントにもなるという点です。事前に課題を設定して臨むのもいいですね。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ