国際社会学科 Department of Global and Media Studies

教員メッセージ


吉光 正絵

  • 専門分野:社会学、メディア文化研究
  • 主要担当科目:国際社会学入門、文化社会学
  • 学位:修士(文学)

 「国際社会」学科と聞くと、政治や経済や語学を学ぶと連想しがちですが、本学科では、それに加えて各種メディアの利活用能力についても学びます。グローバル化がすすむ現代社会ではメディアを利用したコミュニケーション能力が非常に重要だからです。
 そのために<グローバル社会の研究>、<地域の理解>、<メディア研究>から成る専門科目群と英語と中国語を中心とした語学教育からなる科目群があります。私が担当する科目では国境を越えたメディア文化の受容やソーシャルメディアを介した人と人の交流、文化創造や問題解決などをとりあげています。みなさんには、身近なことから自分と世界のかかわりについて考え、多様な協働の場で個性を発揮して欲しいと考えています。

こんな人を求めています

  • 国際政治や経済など国際社会の諸事象や仕組みについて幅広い関心を持つ人
  • グローバル化する現代社会における諸問題を解決しようとする意欲を持つ人
  • 現代社会におけるメディアに関心を持ち、社会の様々な出来事に対して自らの考えを論理的に展開できる人
  • 東アジアに関心を持ち、東アジア諸国を中心とした国際交流の推進に貢献したい人
  • 英語や中国語などの外国語による高いコミュニケーション能力を習得する意欲を持つ人

国際社会学科の特長・魅力

国際社会学科の学び・特色

専門科目の充実

国際社会の構造、現状及び動向について基本的な知識を修得し、現代社会における諸問題を多面的に理解する能力を身につけます。特に、地域研究として「東アジア地域」を重点的に学びます。さらには、メディアに関する基礎知識を修得し、自らの意見を発信する能力を身につけます。

国際性の向上と就業力育成

「海外語学研修」「キャリアインターンシップ」を必修化し、国際感覚と高い外国語能力に裏づけられたコミュニケーション能力を有し、地域社会や国際社会のために積極的に働きかけができる能力を身につけます。

取得できる資格・免許等

 ●TOEIC® ●TOEFL® ●中国語検定 ●中学校教諭一種免許状(社会) ●高等学校教諭一種免許状(公民)

4年間の学び

世界を舞台に活躍できる実践力を育む

学びのTOPICS

専門知識を深めるカリキュラムが充実

国際社会学科には「グローバル社会の研究」「地域の理解(東アジア等)」「メディア研究」の領域があります。学習内容はとても幅広いのですが、各領域には専門知識を深めるカリキュラムを設けています。講義科目だけではなく、映像制作演習、キャリアインターンシップなど課題解決型の実践科目も充実させました。また1年次の後期以外は、少人数のゼミ形式の専門演習科目を設け、細分化する学生のニーズに応えています。外国語の能力、東アジアの情勢、ジャーナリズムの可能性など学生の興味は様々ですが、課題を克服しながら自らの興味を深める、そんな学習環境を目指しています。

このページの先頭へ

国際社会学科で養成する人材像

本学科では、国際社会及びメディアに関する知識と実践力を身に付け、グローバルな視野での課題解決能力及び情報発信能力を有する人材を育成することを目的としています。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 政治、経済、社会をグローバルな視野でとらえ、国際社会や地域社会で活躍できる人材
  • 高いコミュニケーション能力と情報収集・分析及び批判的・論理的思考能力を備え、自治体や企業の国際部門・マスコミ・多国籍企業等で活躍できる人材
  • 東アジア地域に対する広い知見を深め、東アジア諸国を中心とした国際交流の推進や社会の発展に寄与できる人材
  • 国際社会に関する知識を有し、教員として活躍できる人材

想定される進路

放送局、新聞社、旅行会社、航空会社、広告代理店、金融機関、自治体の国際部門、教員 など

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次 3年次 4年次





教養セミナー 教養セミナー  
人文科学 日本史概説/西洋史概説/東洋史概説/人文地理学/哲学/倫理学/文学/心理学/文化人類学/国語表現
社会科学 日本国憲法/法学/民法入門/政治学/社会学/現代社会と経済/現代の企業経営/生活と社会保障制度/現代社会の課題
自然科学 数学/統計学/化学/物理科学/生物科学/科学史
健康科学 ライフスポ-ツ/現代人とスポーツ/運動と栄養/食文化論/健康と科学/被曝と健康/暮らしの中の救急法/対人関係論
情報科学 情報処理演習Ⅰ  
情報処理演習Ⅱ  
情報処理概論
長崎を学ぶ 長崎と文化/長崎の歴史と今/長崎と宗教/シーボルトと長崎/長崎と産業/長崎と平和
しまに学ぶ 長崎のしまに学ぶ/しまのフィールドワーク  
キャリア形成 キャリアデザインⅠ  
  キャリアデザインⅡ/インターンシップ  
ボランティア活動


英語 英語実践演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/オーラル・コミュニケーションⅠ・Ⅱ/リーディングⅠ・Ⅱ/ライティングⅠ  
英語実践演習Ⅴ・Ⅵ・Ⅶ/海外語学研修  
  オーラル・コミュニケーションⅢ・Ⅳ/リーディングⅢ/ライティングⅡ  
英語実践演習Ⅷ・Ⅸ  
中国語 中国語ⅠA・ⅠB(文法)/中国語ⅠA・ⅠB(会話)  
中国語ⅠA・ⅠB(ヒアリング作文)/中国語ⅠA・ⅠB(筆記・読解)/中国語ⅡA・ⅡB(講読)/中国語ⅡA・ⅡB(会話)  
中国語ⅡA・ⅡB(ヒアリング作文)/中国語ⅡA・ⅡB(筆記・読解)/中国語ⅢA(時事・新聞)/中国語ⅢA(表現)/海外語学研修
その他 韓国・朝鮮語ⅠA・ⅠB/フランス語ⅠA・ⅠB/スペイン語ⅠA・ⅠB/ドイツ語ⅠA・ⅠB  
  韓国・朝鮮語ⅡA・ⅡB/韓国・朝鮮語ⅢA・ⅢB
海外語学研修(韓国・朝鮮語)
留学生科目 日本語ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB  
日本語ⅢA・ⅢB・ⅣA・ⅣB・ⅤA・ⅤB・ⅥA・ⅥB/日本事情ⅠA・ⅡB  





入門科目 国際社会学入門/法律学総論/国際関係論入門/メディア社会学入門/社会調査入門  
基幹科目   国際経済学/国際法/国際政治学/マスコミュニケーション論/国際コミュニケーション論/ネットワーク経済論/比較文化論/情報メディア文化論/対外政策論/国際事情  



グローバル社会の研究   国際金融論/国際社会と人権/国際文化論/国際機構論/国際社会と環境保全/ジェンダー論/国際情報論/安全保障論/開発援助論/異文化コミュニケーション
地域の理解   地域研究(中国、朝鮮半島、アメリカ、東南アジア、ヨーロッパ)/東アジア論/長崎と東アジア/アジアツーリズム論/報道研究(中国、韓国)/地域観光論/地理学概論
メディア研究   時事問題研究/映像ジャーナリズム論/メディア表現論/デジタルメディア論/文化社会学/メディア活用論/メディア社会学/ネットワーク社会論/ジャーナリズム論/広告メディア論
実践科目   ディベート/マスコミ文章演習/コミュニケーション演習/映像制作演習/インターナショナルセミナー/社会調査演習/新聞制作演習/広告実践演習/アカデミック・リーディング/プレゼンテーション/アカデミック・ライティング/キャリアインターンシップ
ゼミナール   基礎演習 専門演習 卒業論文
※平成30年度のカリキュラムです。

このページの先頭へ

PICK UP カリキュラム

地域研究(アメリカ)

地域研究(アメリカ)

アメリカ合衆国はなぜ、世界に巨大な影響力を持つ国家へと発展してきたのか?この超大国の力の源泉を歴史、思想、社会、政治、外交、経済など多角的な視点から学びます。講義では、現在のアメリカが直面する様々な課題についての理解を深めるため、米メディアが報じる最新のニュースを教材として取り上げます。
現代社会では国際政治の流れを的確に捉え、時代の潮流を読むことの重要性が増しています。激動する世界の行方に大きな影響力を持つ超大国アメリカ。そのアメリカが国家としていかなる属性、機能、行動原理を持つのかを学びます。

映像制作演習

映像制作演習

この演習は、長崎のテレビ局と産学協働で行います。映像制作のプロセスを通じてメディアコンテンツの企画、制作、評価を体験します。また制作した映像は、スポンサーレヴューやテレビ局員考査、相互評価、合評を行って演習成果の可視化や自己検証も行います。テレビ放送、ネットワークを介した情報発信の現場で、メディアコンテンツを制作する手法の修得だけでなく、情報を発信する際の社会的責任や情報発信依頼者との関係を体験的に学ぶことにより、メディアを通じた情報コミュニケーションの俯瞰的な視座を獲得してください。

在学生メッセージ

今後は留学にもチャレンジし、異文化理解への考えを深めたいです。

中村 公光 さん
国際社会学科 2年
長崎県/諫早商業高等学科出身

 1年次に授業を通じて、様々な視点から異文化理解について考えることができました。その中で異文化理解は、国際社会を生きていくうえで重要でありながら、とても難しいことだと気づかされました。また異文化理解では、理解したかどうかではなく、理解しようとする気持ちこそが大切なのだということも学びました。
 私は英語のスピーキングカをつけるために、留学にチャレンジしたいと考えています。その国の文化や社会に触れることで、異文化理解に対する考えもより深めたいと思います。

注目の授業

【比較文化論】

英語でディベートをするため、英語力はもちろん討論する力が身につきます。討論の題材に映画を使用するため、楽しみながら学べるのも魅力です。将来、役立つことが満載の授業です。

国際社会学科1年次後期の履修モデル

この時間割は一般的なもので、ここで紹介している学生のものではありません。

Mon Tue Wed Thu Fri
1st オーラル・コミュニケーション リーディングⅡ 中国語ⅠB
2nd 西洋史概説 英語実践演習Ⅸ
3rd 運動と栄養 長崎と文化 比較文化論 スペイン語ⅠB キャリアデザインⅠ
4th 文化人類学 ライティングⅠ メディア社会学入門
5th マスコミュニケーション論

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ