研究情報詳細

氏名

竹内 昌平(タケウチショウヘイ)
Shouhei TAKEUCHI
http://plaza.umin.ac.jp/~takeshou/

所属

看護栄養学部 栄養健康学科

職名

講師

取得学位

  • 学位区分:博士、学位名:博士(保健学)、学位の分野:国際保健学、授与機関:東京大学大学院、取得年月:2007年3月
  • 学位区分:修士、学位名:修士(保健学)、学位の分野:国際保健学、授与機関:東京大学大学院、取得年月:2003年3月
  • 学位区分:学士、学位名:学士(保健学)、学位の分野:健康科学・看護学、授与機関:東京大学、取得年月:2001年3月

学外略歴

  • 長崎大学 熱帯医学研究所 COE研究員 非常勤 2006年4月 ~ 2006年9月
  • 長崎大学 熱帯医学研究所 研究機関研究員 非常勤 2006年10月 ~ 2008年3月
  • 宮崎大学 医学部 助教 常勤 2008年4月 ~ 2017年3月

所属学会

  • 日本産業衛生学会 2008年 ~ (継続中)
  • 日本衛生学会 2008年 ~ (継続中)
  • 日本公衆衛生学会 2008年 ~ (継続中)
  • 日本熱帯医学会 2006年 ~ (継続中)
  • 日本数理生物学会 2004年 ~ (継続中)

取得資格

  • 第1種衛生管理者 2009年10月15日(取得)

論文

  • 「Longitudinal genotyping surveillance of Mycobacterium tuberculosis in an area with high tuberculosis incidence shows high transmission rate of the modern Beijing subfamily in Japan. 」 『Infection, Genetics and Evolution.』 (2018) Kaori Yamamoto, Shouhei Takeuchi, Junji Seto, Akira Shimouchi, Jun Komukai, Atsushi Hase, Hiromi Nakamura, Kaoru Umeda, Yuki Hirai, Kenji Matsumoto, Jun Ogasawara, Takayuki Wada, Taro Yamamoto 共著
  • 「Current health status and its risk factors of the Tsarang villagers living at high altitude in the Mustang district of Nepal.」 『Journal of Physiological Anthropology.』 第37巻 第20号 (2018. 8) Sweta Koirala, Masayuki Nakano, Hiroaki Arima, Shouhei Takeuchi, Tomo Ichikawa, Takayuki Nishimura, Hiromu Ito, Basu Dev Pandey, Kishor Pandey, Takayuki Wada and Taro Yamamoto 共著
  • 「Detection of modified measles and super- spreader using a real-time reverse transcription PCR in the largest measles outbreak, Yamagata, Japan, 2017 in its elimination era.」 『Epidemiology and Infection.』 第146巻 第13号 P1707-1713 (2018. 8) J. Seto, T. Ikeda, S. Tanaka, K. Komabayashi, Y. Matoba, Y. Suzuki, S. Takeuchi, T. Yamauchi and K. Mizuta 共著
  • 「High vaccination coverage is associated with low epidemic level of seasonal influenza in elementary schools: an observational study in Matsumoto City, Japan.」 『BMC Infect Dis.』 第18巻 第1号 P128 (2018. 3) Mitsuo Uchida, Minoru Kaneko, Yoshihiko Hidaka, Hiroshi Yamamoto, Takayuki Honda, Shouhei Takeuchi, Masaya Saito, and Shigeyuki Kawa 共著
  • 「Effectiveness of vaccination and wearing masks on seasonal influenza in Matsumoto City, Japan, in the 2014/2015 season: An observational study among all elementary schoolchildren.」 『Prev Med Rep.』 第5巻 P86-91 (2017) Mitsuo Uchida, Minoru Kaneko, Yoshihiko Hidaka, Hiroshi Yamamoto, Takayuki Honda, Shouhei Takeuchi, Masaya Saito, and Shigeyuki Kawa 共著
  • 「Prospective epidemiological evaluation of seasonal influenza in all elementary schoolchildren in Matsumoto City, Japan, in 2014/2015.」 『Japanese Journal of Infectious Diseases』 第70巻 第3号 P333-339 (2017) Mitsuo Uchida, Minoru Kaneko, Yoshihiko Hidaka, Hiroshi Yamamoto, Takayuki Honda, Shouhei Takeuchi, Masaya Saito, Shigeyuki Kawa 共著
  • 「Quantitative effects of a declaration of a state of emergency on foot-and-mouth disease.」 『Environ Health Prev Med』 第21巻 第4号 P237-247 (2016) Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Yoichiro Horii, Yuko Yamano, Yoshiki Kuroda, Toshio Nakadate 共著
  • XPC intron11 C/A polymorphism as a risk factor for prostate cancer.」 『Environ Health Prev Med』 第21巻 第2号 P100-104 (2016) Yoshihiro Yoshino, Shouhei Takeuchi, Takahiko Katoh, and Yoshiki Kuroda 共著
  • 「Trace lithium Is inversely associated with male suicide After Adjustment of Climatic Factors.」 『Journal of Affective Disorders』 第189巻 P282-286 (2016) Ippei Shiotsuki, Takeshi Terao, Nobuyoshi Ishii, Shouhei Takeuchi, Yoshiki Kuroda, Kentaro Kohno, Yoshinori Mizokami, Koji Hatano, Sanshi Tanabe, Masayuki Kanehisa, Noboru Iwata, Shinya Matusda 共著
  • 「Shift-work disorder and sleep-related environmental factors in the manufacturing industry.」 『Journal of UOEH』 第37巻 第1号 P1-10 (2015) Yukari Taniyama, Arisa Nakamura, Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Yoshiki Kuroda 共著
  • PER1 polymorphism associated with shift work disorder.」 『Sleep and Biological Rhythms』 第13巻 第4号 P342-347 (2015) Yukari Taniyama, Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Yoshiki Kuroda 共著
  • 「The genotype of the transporter associated with antigen processing gene affects susceptibility to colorectal cancer in Japanese.」 『Environ Health Prev Med』 第19巻 第4号 P265-270 (2014) Takenori Yamauchi, Shouhei Takeuchi, Naoki Maehara, Yoshiki Kuroda 共著
  • 「人口構造の変化が感染症の流行に与える影響:宮崎県の事例.」 『民族衛生』 第80巻 第1号 P17-22 (2014) 竹内昌平, 山内武紀, 黒田嘉紀 共著
  • 「夜間勤務にたずさわる介護労働者の血圧変動と身体状況調査.」 『九州農村医学会誌』 第22巻 P21-25 (2013) 吉野喜裕, 竜田庸平, 竹内昌平, 山内武紀, 黒田嘉紀 共著
  • 「ADRB3 Polymorphism Associated with BMI Gain in Japanese Men.」 『Experimental Diabetes Research』 第2012巻 (2012) Shouhei Takeuchi, Takahiko Katoh, Takenori Yamauchi, Yoshiki Kuroda 共著
  • 「地方中規模都市における新型インフルエンザ流行の数理モデルによる予測-空き病床数の推移と予防接種の効果について-.」 『日本衛生学雑誌』 第65巻 第1号 P48-52 (2010) 竹内昌平, 黒田嘉紀 共著
  • 「Behaviors associated with water contact and Schistosoma japonicum infection in a rural village, the Dongting Lake region, China.」 『Tropical Medicine and Health』 第34巻 第3号 P117-123 (2006) Shouhei Takeuchi, Yuesheng Li, Yongkang He, Huan Zhou, Moji Kazuhiko, Ohtsuka Ryutaro, Chiho Watanabe 共著

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 2010年4月 ~ 2011年3月 若手研究(B) ヒトとヒトの接触行動を考慮した学級閉鎖等の最適な開始基準と実行期間の検証