長期履修学生制度(大学院)

 職業を有している等の事情により、標準修業年限(修士課程2年または博士前期課程2年)を超えて一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修し、課程を修了することを希望する場合に、その計画的な履修を認める制度があります。
 入学時から長期履修学生に認定された者は、一般の学生とは異なり、修学年数に関係なく、標準修業年限分の授業料で修学することができます。

対象となる研究科

  • 経済学研究科(修士課程)
  • 国際情報学研究科(修士課程)
  • 人間健康科学研究科(修士課程・博士前期課程)

このページの先頭へ

対象者

 次のいずれかに該当する者

  1. 職業を有している者(正規職員に限らないが、主として当該収入により生計を維持していることを要件とする。)
  2. 育児、長期介護等の事情により、標準修業年限で修了することが困難な者
  3. その他やむを得ない事情を有し、標準修業年限で修了することが困難であると学長が認めた者

このページの先頭へ

長期履修の期間

 3年または4年とします。(1年単位)ただし、休学期間は算入しません。

このページの先頭へ

授業料

 長期履修学生の授業料年額は、次のように算出します。

長期履修による授業料年額=通常の授業料年額×標準修業年限÷長期履修許可年限

このページの先頭へ

申請手続

  1. 申請書類
    • 長期履修申請書
    • 長期履修が必要であることを証明する書類(在職証明書等)
    • その他学長が必要と認める書類
  2. 申請時期
    • 経済学研究科…出願期間
    • 国際情報学研究科・人間健康科学研究科…入学手続期間

このページの先頭へ

長期履修期間の変更

 長期履修学生で特別な事情のある場合は、在学する課程において、1回に限り期間の短縮を申請することができます。なお、期間の延長は認めません。

  • 期間の短縮(長期履修の取りやめを含みます)の手続
    長期履修期間の短縮を希望する場合は、希望する修了予定年度の11月末日までに(10月入学の場合は5月末日までに)期間の変更申請書を提出し、承認を得なければなりません。
    履修期間の短縮を承認された場合、残りの修業年限により算出された変更後の授業料を納付していただきます。

このページの先頭へ

その他

 長期履修の申請にあたっては、あらかじめ、指導予定教員によく相談してください。