メディア掲載記事

独自の〝実践的な教育〟で成果を上げる長崎県立大学(PRESIDENT、H31.1月号)

海外での〝つまずき〟の経験がグローバル人材への第一歩に

独自の学びで成長を実感できる大学。(VIEW21高校版、H30.8、10、12月号)

地域性(「しまなび」プログラム、長崎白書実践演習)
国際性(「経営学部 国際経営学科」の学び)
専門性(「情報セキュリティ学科」)

地方は大学から変わる(大学の約束 2018-2019)

「しま」と向き合う長崎ならではの学び方、「しまなび」プログラムで地域創生に貢献する

経営トップ講義@県立大「ビジネス経済の実践」要旨(長崎新聞、H30.10.16~H30.12.25)

永代ハウス代表取締役 松村 清一氏
佐世保電子サービス代表取締役 萩坂 義孝氏
西海クリエイティブカンパニー取締役・シティマネジャー 宮里 賢史氏
中興化成工業代表取締役社長 庄野 直之氏
V・ファーレン長崎代表取締役社長 髙田 明氏
丸協食産代表取締役社長 松尾 努氏
松浦鉄道代表取締役会長 藤井 隆氏
大阪鋼管代表取締役社長 坂根 毅氏
ホーセイ代表取締役社長 池田 真秀氏
本田商會取締役会長 本田 文昭氏
ヒューマングループ専務取締役 内海 梨恵子氏

県立大学の成果~学部学科再編から2年(長崎新聞、H30.11.23)

専門性を生かした学外での学び

県立大学の成果~学部学科再編から2年(長崎新聞、H30.10.27)

県内インターン 本格導入

変わるインターン 県立大の取り組み(長崎新聞、H30.10.2~H30.10.6)

課題と強み知り自信 -学生の収穫-
人材育て魅力向上を -大学の狙い-
「受け入れは教育」 -大手企業の本音-
〝うわさ〟広げ認知度向上 -地場企業の変化-
多様な〝出口〟生み出して -インタビュー-

県立大学の成果~学部学科再編から2年(長崎新聞、H30.6.30)

将来の目標実現へ 主体的な学び

過年度掲載分