情報セキュリティ学科 Department of Information Security

情報セキュリティ学科バナー

学科長より

情報セキュリティ学科 学科長 小松 文子学科長
小松 文子

  • 専門分野:公開鍵暗号基盤、情報セキュリティマネジメント、リスク管理
  • 主要担当科目:情報セキュリティマネジメント
  • 学位:博士(情報学)

 私たちの毎日の生活や社会経済活動には情報技術が不可欠です。その情報技術を安全に維持し支えるのが情報セキュリティ技術です。情報セキュリティ学科では、計算機や情報ネットワーク、さらには社会科学の基本を修得し、そのうえで暗号や情報セキュリティの理論や技術を学びます。情報セキュリティの専門家は、企業や組織の様々な場面で活躍しています。また、情報セキュリティの問題は、日本だけにはとどまらないためグローバルな観点も必要となります。そして何より大切なのは、正義感です。
 情報セキュリティ学科で情報科学と情報セキュリティを学び、これからの情報社会を支えていきましょう。

こんな人を求めています

  • 情報セキュリティに関する基本的な知識・技術を修得し、情報セキュリティ分野で活躍したい人
  • Web、モバイル、ネットワークなどの情報技術に強い関心を持つ人
  • プログラミングやシステム構築などにより問題解決を図ろうとする意欲を持つ人

情報セキュリティ学科の特長・魅力

学科の特色

IT技術に関する幅広い知識とともに、重要な情報を守るシステム構築の方法や情報管理の仕組みなど、情報セキュリティに関する知識・技術について深く学びます。情報セキュリティのプロとしての、高い専門性と実践力を身に付けます。

情報セキュリティ学科の学び

セキュリティ技術者の育成

情報セキュリティ技術者として、企業の第一線で活躍できる職業人の養成を目指すため、IT技術に関する幅広い知識とともに、重要な情報を守るシステム構築の方法や情報管理の仕組みなど、情報セキュリティに関する知識・技術について深く学びます。これらの学びで、情報セキュリティのプロとしての高い専門性と実践力を身に付けます。

実践的な教育

社会で即戦力として活躍できるよう、通常の講義・演習に加えて、セキュリティキャンプやITキャンプなどへの参加、情報セキュリティ関連企業への長期インターンシップ、情報技術に関する国家資格の取得等の実践的な教育を行います。

取得できる資格・免許等

 ●情報処理技術者試験(ITパスポート試験、情報セキュリティマネジメント試験など)

4年間の学び

学びTOPICS

ネットワークセキュリティ対策を想像する力を養う

電子メールやwwwなど、コンピュータネットワークを活用するアプリケーションは様々な技術を複雑に組み合わせることで、できあがっています。複雑なネットワークの仕組みを理解するコツは「想像力」にあります。通信は目に見えないうえに細かな技術が刻一刻と変わるため、小手先のテクニックだけ知っていてもすぐに行き詰ります。データがどのように流れ、それをどこで止めるべきなのかといった対策の仕組みを学ぶことが必要なのです。最終的に、目では見えないネットワークセキュリティ対策を頭の中で「見える」ようになるまで、知識とスキルを磨きます。

このページの先頭へ

情報セキュリティ学科で養成する人材像

情報セキュリティ学科では、情報セキュリティ全般にわたる広い視野と知識を備え、情報セキュリティのプロフェッショナルとして活躍できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 情報セキュリティに関する知識や技術を有し、企業や行政などの情報セキュリティ分野で活躍できる人材

想定される進路

企業のセキュリティ部門、公務員(サイバーテロ部門)、セキュリティコンサルティング企業、IT関連企業 など

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次 3年次 4年次





教養セミナー 教養セミナー  
人文科学 日本史概説/西洋史概説/東洋史概説/人文地理学/哲学/倫理学/文学/心理学/文化人類学/国語表現
社会科学 日本国憲法/法学/民法入門/政治学/社会学/現代社会と経済/現代の企業経営/生活と社会保障制度/現代社会の課題
自然科学 数学/統計学  
化学/物理科学/生物科学/科学史
健康科学 ライフスポ-ツ/現代人とスポーツ/運動と栄養/食文化論/健康と科学/被曝と健康/暮らしの中の救急法/対人関係論
情報科学 情報処理概論/情報処理演習Ⅰ・Ⅱ  
長崎を学ぶ 長崎と文化/長崎の歴史と今/長崎と宗教/シーボルトと長崎/長崎と産業/長崎と平和
しまに学ぶ   長崎のしまに学ぶ/しまのフィールドワーク  
キャリア形成 キャリアデザインⅠ  
  キャリアデザインⅡ/インターンシップ  
ボランティア活動


英語 英語Ⅰ・Ⅱ/オーラル・コミュニケーションⅠ・Ⅱ  
英語Ⅲ・Ⅳ  
  リーディングⅠ・Ⅱ  
英語Ⅴ・Ⅵ/英語実践演習Ⅶ・Ⅷ・Ⅸ/オーラル・コミュニケーションⅢ・Ⅳ/リーディングⅢ/ライティングⅠ・Ⅱ/海外語学研修
中国語 中国語ⅠA・ⅠB(文法)/中国語ⅠA・ⅠB(会話)/中国語ⅠA・ⅠB(ヒアリング作文)/中国語ⅠA・ⅠB(筆記・読解)  
  中国語ⅡA・ⅡB(講読)/中国語ⅡA・ⅡB(会話)/中国語ⅡA・ⅡB(ヒアリング作文)/中国語ⅡA・ⅡB(筆記・読解)/中国語ⅢA(時事・新聞)/中国語ⅢA(表現)
海外語学研修
その他 韓国・朝鮮語ⅠA・ⅠB/フランス語ⅠA・ⅠB/スペイン語ⅠA・ⅠB/ドイツ語ⅠA・ⅠB  
  韓国・朝鮮語ⅡA・ⅡB/韓国・朝鮮語ⅢA・ⅢB
海外語学研修(韓国・朝鮮語)
留学生科目 日本語ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB  
日本語ⅢA・ⅢB・ⅣA・ⅣB・ⅤA・ⅤB・ⅥA・ⅥB/日本事情ⅠA・ⅡB  












情報数理 情報数学/情報理論/統計演習/微分積分学/オペレーションズリサーチ  
情報技術   コンピュータアーキテクチャ/オペレーティングシステム/オペレーティングシステム演習/データベース論/データベース演習/コンピュータネットワーク/ネットワーク設計演習/情報セキュリティ概論/テクニカルライティング/ソフトウェア工学/マークアップ言語/データ構造とアルゴリズム/プログラミング基礎演習/プログラミング応用演習/ネットワークプログラミング演習/オブジェクト指向プログラミング演習/Webシステム設計論/Webプログラミング演習/コンピュータシミュレーション演習/クラウドコンピューティング  
マネジメント   情報法/情報経済/プロジェクトマネジメント  





セキュリティ技術   暗号技術/暗号応用技術/コンピュータ・フォレンジックス/認証とアクセス制御/不正アクセス技法/セキュアプログラミング技法/サーバ・Web構築/セキュアデータベース運用演習/セキュアサーバ運用演習/ネットワークセキュリティ/ネットワークセキュリティ演習/インシデント対応演習/著作権管理技術とプライバシー保護技術/脆弱性ハンドリング
セキュリティ
マネジメント
  リスクマネジメント/情報セキュリティマネジメント/セキュリティシステム構築と運用/セキュリティ標準化と監査
実践演習 情報技術演習/情報セキュリティ演習        企業研究/企業インターンシップ  
ゼミナール   専門演習 卒業論文
※平成28年度のカリキュラムです。

このページの先頭へ

PICK UP カリキュラム

暗号技術

「暗号技術」とは機密情報をやり取りする際に第三者が盗み見ることができないよう、文章や数値を一定の規則に従って変えてしまうものです。例えば、ブラウザに用いられている暗号技術がもとの文章をどういった規則で変換しているのかを数学的な背景から学びます。また、オンラインバンキングやデジタル放送、DVDなど身近にある暗号技術の実装事例も多く取り上げて講義します。様々な課題を暗号技術によってどのように解決しているか、理解を深めます。
暗号技術

プログラミング基礎演習

情報学分野で考えられたことを実現するための方法として「プログラミング」が存在します。ここではC言語のプログラミングを基礎から学ぶのでまったくの初心者でも安心です。基本的な説明だけでなく、練習問題や課題など学生自身が考えて試行錯誤する時間を長くとるのが本演習の特徴です。それによって物事をプログラムで表現する際の考え方を身に付け、動くシステムを自分の手で構築する喜びを学んでいきます。
プログラミング基礎演習

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ