情報セキュリティ学科 Department of Information Security

情報セキュリティ学科サイトはこちら

学科長より


学科長
松崎 なつめ

  • 専門分野:暗号技術
  • 主要担当科目:暗号プロトコル
  • 学位:博士(工学)

 今や情報システムやインターネットは、日常生活や企業活動に欠かせないものになりました。私たちはその利便性と豊かさと引き換えに、個人情報の漏洩やサイバー攻撃などの大きな危険に晒されています。情報セキュリティではこの危険をあらかじめ予測・分析し、必要な対策を施行。万が一のトラブルを最小限の被害で抑えることで、安全安心の社会生活を創造・維持します。 
 経済産業省の資料によると、2020年には情報セキュリティ人材が19.3万人不足すると言われています。本学科では2021年から定員を現在の40人から80人に倍増する予定です。社会の役に立つ技術者となるべく、常に自ら学ぶ意欲のある学生を歓迎します。

このページの先頭へ

学生インタビュー

情報セキュリティ学科 4年
夏井 ひかる
山口県/下関西高等学校 出身

 情報が氾濫する現代において、今後はサイバー攻撃への対策が重要であると感じこの学科を志望しました。授業では情報セキュリティの基礎知識のほか、サイバー攻撃の仕組みから対策まで大学の機器を使用して実際の攻撃に近い形で演習します。少人数制のため分からないことがあっても先生に個別で相談しやすく、専門分野を深く掘り下げることができる環境です。暗号学を身につけ、将来はセキュリティ対策の仕事で社会に貢献したいと思います。

このページの先頭へ

こんな人を求めています

  • 情報セキュリティに関する基本的な知識・技術を修得し、情報セキュリティ分野で活躍したい人
  • Web、モバイル、ネットワークなどの情報技術に強い関心を持つ人
  • プログラミングやシステム構築などにより問題解決を図ろうとする意欲を持つ人

このページの先頭へ

情報セキュリティ学科の学び・特色

セキュリティ技術者の育成

情報セキュリティ技術者として、企業の第一線で活躍できる職業人の養成を目指すため、IT技術に関する幅広い知識とともに、重要な情報を守るシステム構築の方法や情報管理の仕組みなど、情報セキュリティに関する知識・技術について深く学びます。これらの学びで、情報セキュリティのプロとしての高い専門性と実践力を身につけます。

実践的な教育

社会で即戦力として活躍できるよう、通常の講義・演習に加えて、セキュリティキャンプやITキャンプなどへの参加、情報セキュリティ関連企業への長期インターンシップ、情報技術に関する国家資格の取得などの実践的な教育を行います。

取得できる資格・免許等

 ●情報処理技術者試験(ITパスポート試験、情報セキュリティマネジメント試験など)

このページの先頭へ

4年間の学びの流れ

サイバー攻撃や情報漏えいなどの対処法を学んで、情報セキュリティのプロへ。

このページの先頭へ

学びのTOPICS

サイバーセキュリティ対策を学ぶ「セキュリティ演習室」

インターネットは日常生活に欠かせないものとなり、個人情報の漏えいやサイバー攻撃などへの対策が大変重要なものとなっています。しかしネットの世界で起きていることが、具体的にどのような仕組みになっているのかを目にすることはなかなかありません。そこでセキュリティ演習室では安全な仮想環境を利用して攻撃・防御の演習や実際にインターネット上で行われている攻撃の観測など、実践的な演習を行うことができる最新の環境を用意しています。これらを活用し、ネットの世界を体感することで、サイバーセキュリティ対策の基礎を修得することができます。

このページの先頭へ

情報セキュリティ学科で養成する人材像

情報セキュリティ学科では、情報セキュリティ全般にわたる広い視野と知識を備え、情報セキュリティのプロフェッショナルとして活躍できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 情報セキュリティに関する知識や技術を有し、企業や行政などの情報セキュリティ分野で活躍できる人材

このページの先頭へ

想定される進路

企業のセキュリティ部門、公務員(サイバーテロ部門)、セキュリティコンサルティング企業、IT関連企業 など

このページの先頭へ

PICK UP カリキュラム

統計学

「Eメールを一日平均5通受け取る人が今日は6通受け取る確率は?」など身近な事例から発見的に確率変数を学びます。現代は「データ主導社会」と言われるように、国や自治体はもちろん民間企業の市場競争にも統計学の役割が重要視される時代です。本授業では将来的に、膨大なデータから特徴量や知見を抽出するデータサイエンティストとして活躍するための基礎となる素養を習得することができます。

暗号技術

暗号技術はインターネットでやり取りをしたり、クラウドに保存されるデータの機密性と完全性を実現するための技術です。たとえばオンラインキャッシングやDVDコンテンツ保護など現実の世界で利用されている暗号技術の仕組みと特徴、その安全性を支える数学的原理を学びます。授業では小さな数の例で、自分で暗号化、復号の計算をすることにより、その仕組みを体得します。各暗号方式に関する知識のみならず、暗号方式が開発された背景、要件を理解することにより、応用力を身につけます。

このページの先頭へ

在学生メッセージ

国内初のセキュリティ学科でスペシャリストを目指しています。

情報セキュリティ学科 2年
上田 智浩
福岡県/城南高等学校 出身

 実践的なプログラミング能力を身につけ、情報セキュリティに関する知識と技術を学ぶために入学しました。この学科の魅力は、国内初の情報セキュリティ学科ということ、そして実践的な演習を可能にするセキュリティ演習室があることだと思います。専門的な知識を身につけて「ITパスポート」や「情報セキュリティマネジメント」などの資格取得もできるので、情報技術に関する知識と判断力を身につけられます。夢は、利用者が安心して使える安全性の高いWEBアプリケーションを作ることです。情報セキュリティのスペシャリストを目指して切磋琢磨していきます。

注目の授業

【プログラミング基礎演習】

「C言語」というプログラミング言語を学びます。コードを書いたり消したりして試行錯誤する作業はとても楽しいですよ。

情報セキュリティ学科2年次 第1学期の履修モデル

この時間割は一般的なもので、ここで紹介している学生のものではありません。

Mon Tue Wed Thu Fri
1st  
 
リーディングⅠ
2nd プログラミング
応用演習
リーディングⅠ ネットワーク設計
演習
プログラミング
応用演習
3rd プロジェクト
マネジメント
オペレーションズ
リサーチ
長崎のしまに
学ぶ
オペレーションズ
リサーチ
4th データベース
演習
データベース
演習
5th オペレーティング
システム
情報経済 オペレーティング
システム
情報経済

このページの先頭へ

情報システム学部 情報セキュリティ学科 Q&A

Q1 どんなことを学びますか?

情報とは何だろう、情報を使ってどんなことができるだろう、情報を守るとはどんなことか、という疑問の答えを学びます。情報処理の仕組み、プログラミングの仕方、ネットワークを介した通信などの基本を覚えます。そのうえで情報を守るための仕組みを学びます。

Q2 情報セキュリティについては2年次から学ぶのはなぜですか?

情報技術者としての技術を培ったうえで、情報セキュリティ技術領域の学びに進むためです。情報セキュリティが対象とするデータやコンピュータ、ネットワークの基本を知らなければ情報を守ることもできません。統計処理やプログラミングなど専門知識のほか、コミュニケーションスキルも必要です。

Q3 数学が得意ではないのですが大丈夫でしょうか?

大丈夫です。得意不得意は重要でなく、道具として使えることが重要だからです。たとえば、“Excel”というソフトウェアは、大学受験の模擬試験で偏差値を出すのに使えます。使い方次第で1時間かかる作業を1分でやってのける人もいるでしょう。この基本は入学後に訓練できます。

Q4 将来どんな仕事をする人になれますか?

情報技術者の技術に加え、情報セキュリティの専門性の強みをもって活躍できる人物になることを期待しています。エンジニアやコンサルタントのほかにも情報通信と密接に関連している仕事は多いので、情報セキュリティの専門性をもつ情報技術者が必要となる仕事の幅は非常に広がっています。

Q5 情報セキュリティ学科の先生たちはどんな人たちですか?

先生たちは明るく、交流好きです。教員歴の長い先生、企業経験豊かな先生、特色ある方々ばかりですが、皆さん、共通して責任感があります。ぜひホームページを見てみてください。
http://sun.ac.jp/siebold/sec/

Q6 大学院はありますか?

2020年4月に大学院に新設された情報工学専攻では、学部レベルで国内初の情報セキュリティ学科での学びを、さらに深める高度なカリキュラムがあります。セキュアな情報システムの開発や運用、攻撃検知、暗号の理論や技術などに関する講義と研究を通じ、技術的な課題と解決を探求する力を身につけ、高い見識を持つ人材として磨きをかけることができます。

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ