経営学科 Department of Business Administration

学科長より


学科長
代田 義勝

  • 専門分野:人的資源管理の国際比較
  • 主要担当科目:人的資源管理論、国際人事管理論、経済入門
  • 学位:修士(経営学)

 経営学科の学びの大きな魅力のひとつは、実際の経営課題等に取り組む授業(「地域と企業演習」及び「地域における経営実践」)がカリキュラムに組み込まれているところです。本学科では、1年次より専門各領域(経営学、マーケティング、会計学、経済学)の基礎を学びます。その後、専門各領域の基幹科目・発展科目を段階的かつ体系的に学んでいきます。しかしながら、このようにして学んだ知識や理論はそのままでは使える知識や理論になりません。実際の経営課題等と格闘する中で、学んだ知識や理論が使える知識や理論に変わっていきます。経営学を学び、会社や地域の経営課題等に取り組み、新たな時代の新たな課題に挑める力を身につけましょう。

こんな人を求めています

  • 経営に関する専門知識を学び、企業を立ち上げたり、企業の成長に貢献したい人
  • マーケティング・流通に関する専門知識を学び、小売・サービス・金融・運輸などの分野で活躍したい人
  • 会計の専門的知識を学び、税理士や企業の経理部門で活躍したい人
  • 経営に関する企画・立案能力を高めて、企業や地域社会の成長に貢献したい人

経営学科の特長・魅力

経営学科の学び・特色

体系的な経営学の学修

近年、その領域を拡大している経営学を体系的に学びます。特に、現代の企業経営に必要な経営学の知識・知見と実践力を身につけ、幅広い視野で様々な企業の課題に主体的に対応できる人材を育成するため、『経営・マーケティング関連分野』を中心に『会計関連分野』『経済関連分野』をバランス良く学び、現代企業の課題を理解します。

実践的な教育

専門教育で修得した理論を実際の社会で生かすため『実践科目』を学びます。地域の企業や行政と連携するなど、学外で学ぶ科目を選択必修とし、理論の応用力を涵養します。

アカウンティングコース

会計、簿記、税法等に関する専門的職業人を育成するため、『アカウンティングコース』を設置しています。経済・経営に関する幅広い知識に加えて会計分野の高度な専門知識を学びます。

取得できる資格・免許等

 ●日商簿記2級 ●ファイナンシャル・プランニング技能検定2級 ●販売士2級 ●日経TEST ●高等学校教諭一種免許状(商業)
〈アカウンティングコース〉
 ●税理士(簿記論) ●日商簿記1級 ●日経TEST ●高等学校教諭一種免許状(商業)

4年間の学び

高度なスキルを修得し、経営のプロフェッショナルを目指す

学びのTOPICS

実践的教育が学びの大きな柱

経営学科では、実践的教育が学びの大きな柱になっています。その1つ「新聞で学ぶ経済I」では、新聞をどのように読んだらいいのか、その具体的な読み方、読む視点を学んでいきます。
さらに3年次に始まる実践的教育の「地域と企業演習」と「地域における経営実践」では、学内だけにとどまらず学外に積極的に出て行きます。現実の個別企業の経営課題、道の駅や商店街が抱える地域的なビジネス課題について、現場での実習や観察、調査等を踏まえ課題解決の方策を提案します。授業を通して、課題発見、課題解決の力を身につけます。

このページの先頭へ

経営学科で養成する人材像

現代社会で企業に求められている企業統治制度(コーポレート・ガバナンス)の強化、企業の社会的責任(CSR)への対応をはじめ、自治体運営や非営利団体での経営学的視点の導入など、経営学に対しての要請は拡大しています。そこで現代の企業経営及び組織の管理に必要な経営学の知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で様々な企業やその他の組織の課題に主体的に対応できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 経営、マーケティング、金融等に関する知識・知見を有し、企業の各分野において活躍できる人材
  • 会計、簿記、税法等に関する専門的知識をもとに、企業や団体の経理部門で活躍できる人材
  • 経営、会計等に関する知識・知見を有し、教員として活躍できる人材

想定される進路

小売・サービス、通信、運輸、金融など、幅広い分野の企業、経営者・起業家、教員 など
〈アカウンティングコース〉
税理士・様々な企業・団体の経理部門、教員 など

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次 3年次 4年次





教養セミナー 教養セミナー  
人文科学 日本史概説/西洋史概説/東洋史概説/人文地理学/哲学/倫理学/文学/心理学/文化人類学/国語表現
社会科学 日本国憲法/法学/民法入門/政治学/社会学/生活と社会保障制度/現代社会の課題
自然科学 数学/統計学/化学/物理科学/生物科学/科学史
健康科学 ライフスポ-ツ/現代人とスポーツ/運動と栄養/食文化論/健康と科学/被曝と健康
情報科学 情報処理演習Ⅰ  
情報処理演習Ⅱ  
情報処理概論
長崎を学ぶ 長崎と文化/長崎の歴史と今/長崎と宗教/シーボルトと長崎/長崎と産業/長崎と平和
しまに学ぶ   長崎のしまに学ぶ/しまのフィールドワーク  
キャリア形成 キャリアデザインⅠ  
  キャリアデザインⅡ/インターンシップ  
ボランティア活動


英語 英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/オーラル・コミュニケーションⅠ・Ⅱ/リーディングⅠ・Ⅱ  
英語Ⅴ・Ⅵ/英語実践演習Ⅶ・Ⅷ・Ⅸ/オーラル・コミュニケーションⅢ・Ⅳ/リーディングⅢ/ライティングⅠ・Ⅱ/海外語学研修
中国語 中国語ⅠA・ⅠB(文法)/中国語ⅠA・ⅠB(会話)  
中国語ⅠA・ⅠB(ヒアリング作文)/中国語ⅠA・ⅠB(筆記・読解)/中国語ⅡA・ⅡB(講読)/中国語ⅡA・ⅡB(会話)  
中国語ⅡA・ⅡB(ヒアリング作文)/中国語ⅡA・ⅡB(筆記・読解)/中国語ⅢA(時事・新聞)/中国語ⅢA(表現)/海外語学研修
その他 韓国・朝鮮語ⅠA・ⅠB/フランス語ⅠA・ⅠB/スペイン語ⅠA・ⅠB/ドイツ語ⅠA・ⅠB  
  韓国・朝鮮語ⅡA・ⅡB/韓国・朝鮮語ⅢA・ⅢB
海外語学研修(韓国・朝鮮語)
留学生科目 日本語ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB  
日本語ⅢA・ⅢB・ⅣA・ⅣB・ⅤA・ⅤB・ⅥA・ⅥB/日本事情ⅠA・ⅡB  





学部共通専門科目 経済入門/会計学入門/経営学総論/日本企業入門/マーケティング論  





基幹科目 簿記論Ⅰ/経営組織論/経営戦略論Ⅰ/経営情報論/現代企業論/会社法  



経営・マーケティング
関連分野
流通論/経営戦略論Ⅱ/国際経営論/商法/企業文化論/マーケティング・チャネル論/販売・経営管理/人的資源管理論/リスクマネジメント論/物流論/流通システム論/マーケティング・マネジメント論/地域と企業/経営史/CSR(企業の社会的責任)/コーポレート・ガバナンス/経営学説史/中小企業論/経営システム論/経営工学/情報処理論/観光経営論/コーポレート・ファイナンス/ファイナンシャルプランニング/商業経営論/流通政策論/流通史
会計関連分野 簿記論Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/財務会計論Ⅰ・Ⅱ/管理会計論Ⅰ・Ⅱ/工業簿記/原価計算論/経営分析論/税法Ⅰ・Ⅱ/税務会計Ⅰ・Ⅱ/監査論  
経済関連分野   ミクロ経済学/マクロ経済学/財政学/金融論/保険論  
実践科目 新聞で学ぶ経済Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ/日経リレー講座/簿記演習Ⅰ・Ⅱ/販売・経営管理演習/職業・キャリア指導/マーケティング・リサーチ/地域と企業演習/ファイナンシャルプランニング演習/海外事情講座/地域における経営実践  
ゼミナール   基礎演習 専門演習 卒業論文
※平成30年度のカリキュラムです。

このページの先頭へ

PICK UP カリキュラム

現代企業論

生活のために必要な商品を作り出し、生活のために必要なお金を得る、現代の企業は社会・人々にとって必要不可欠なものとなっています。本講義では、社会・人々にとって「いい会社」とはどういう会社か、映像資料などから考えてもらいます。どういう会社を選び、就職したらよいか、どういう会社の商品を選んだらよいか、どういう会社を支持・応援したらよいか、などの視点・知識の修得を目指します。

企業文化論

企業文化論は経営学の中でも比較的新しい領域です。企業文化とは、企業という組織の文化のことですが、企業に限らず学校や部活など、組織に所属している人は誰もがその組織の文化の影響を受けています。講義ではこの文化という概念やその機能、そして文化が作り出す意味世界について学んでいきます。企業文化を理解していくためには、経営学のみならず文化人類学や社会学、心理学などの知識が必要になります。講義を通して、様々な見方や考え方があることの面白さに気付いていって欲しいと思います。

在学生メッセージ

学べば学ぶほど、経営学はとても身近なもの。

増田 拓己 さん
経営学科 2年
佐賀県/佐賀北高等学校出身

 経営学を学ぶことで、今まで当たり前だと思っていた日本の制度や企業形態、リーダーの意義などを知りました。どれも私たちの生活とかけ離れているわけではなく、普段、社会問題として扱われていて、バイト先の企業などで知り得た知識と掛け合わせることができ、とても身近なものだと気付きました。大学は高校と違って、専門的な勉強をすることができます。これから入学する人たちにも、自分なりの勉強のやり方で、他の人にはない自分だけの力を伸ばしてほしいと思います。

注目の授業

【簿記論】

経営をするうえでお金や資産の管理をすることは重要だと思うので、特に力を入れて勉強しています。また簿記の知識は他の会計科目などの理解の手助けにもなります。

経営学科2年次前期の履修モデル

この時間割は一般的なもので、ここで紹介している学生のものではありません。

Mon Tue Wed Thu Fri
1st 経営組織論 新聞で学ぶ経済Ⅱ
2nd 経営情報論 流通政策論 長崎のしまに学ぶ ミクロ経済学
3rd 工業簿記 マーケティング・チャネル論 基礎演習 経営戦略論Ⅰ
4th
5th

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ