経営学科 Department of Business Administration

学科長より

経営学科 学科長 代田 義勝
学科長
代田 義勝

  • 専門分野:人的資源管理の国際比較
  • 主要担当科目:人的資源管理論、国際人事管理論、経済入門
  • 学位:修士(経営学)

 経営学科の学びの大きな魅力は循環的な学びにあります。どことどこを行ったり来たりするのか?大学と、地域の企業や行政とを行ったり来たりします。大学では、1年次より専門各領域の基礎を学びます。その後、経営、マーケティング、会計、そして経済の各領域を段階的かつ体系的に学んでいきます。大学で学んだ知識や理論は、実際の経営活動の場で活用して初めて本物の力になります。その場が地域の企業であり行政です。
 経営学を学び、実践に生かせば、世の中の仕組みや動きがとても良く見えてきます。経営学を学んで、皆さん自身の目で現代を、地域を、日本を、そして世界を眺めてみてください。

こんな人を求めています

  • 経営に関する専門知識を学び、企業を立ち上げたり、企業の成長に貢献したい人
  • マーケティング・流通に関する専門知識を学び、小売・サービス・金融・運輸などの分野で活躍したい人
  • 会計の専門的知識を学び、税理士や企業の経理部門で活躍したい人
  • 経営に関する企画・立案能力を高めて、企業や地域社会の成長に貢献したい人

経営学科の特長・魅力

学科の特色

経済や金融の仕組み、会社の経営や販売・流通・マーケティングに関する知識など、ビジネスに関する高度な専門知識を学びます。また、実際のビジネスの現場を想定した実践的な学びを通して、学んだ知識をビジネスに活用する実践力を身に付けます。
〈アカウンティングコース〉
税理士や企業の経理専門のプロを目指し、経済・経営に関する幅広い知識に加えて会計分野の高度な専門知識も学びます。

経営学科の学び

体系的な経営学の学修

近年、その領域を拡大している経営学を体系的に学びます。特に、現代の企業経営に必要な経営学の知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で様々な企業の課題に主体的に対応できる人材を育成するため、『経営・マーケティング関連分野』を中心に『会計関連分野』、『経済関連分野』をバランス良く学び、現代企業の課題を理解します。

実践的な教育

専門教育で修得した理論を実際の社会で生かすため『実践科目』を学びます。地域の企業や行政と連携するなど、学外で学ぶ科目を選択必修とし、理論の応用力を涵養します。

アカウンティングコース

会計、簿記、税法等に関する専門的職業人を育成するため、『アカウンティングコース』を設置しています。

取得できる資格・免許等

 ●日商簿記2級 ●ファイナンシャルプランナー2級 ●販売士2級 ●日経テスト ●高等学校教諭一種免許状(商業)
〈アカウンティングコース〉
 ●税理士(簿記論) ●日商簿記1級 ●日経テスト ●高等学校教諭一種免許状(商業)

4年間の学び

学びTOPICS

理論に裏付けられた経営の実践力を身に付ける

「地域と企業演習」では、空き店舗や農産物直売所などを活用して、学生が実際に地場産品を販売するなど、仕入れ、販売、財務管理、顧客サービス等、経営の基本的な知識とスキルを実践的に学びます。
また、「地域における経営実践」では、地域活性化への知恵や工夫を含む「地域における経営」のあり方が重要度を増している現状を理解し、実践に重点を置いた地域経営のあり方を学びます。
学内の講義を通じて体系的に知識や理論を学び、それらを学外の実践的な学びの場で活用することにより、理論に裏付けられた実践力を養います。

 

このページの先頭へ

経営学科で養成する人材像

現代社会で企業に求められている企業統治制度(コーポレート・ガバナンス)の強化、企業の社会的責任(CSR)への対応をはじめ、自治体運営や非営利団体での経営学的視点の導入など、経営学に対しての要請は拡大しています。そこで現代の企業経営及び組織の管理に必要な経営学の知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で様々な企業やその他の組織の課題に主体的に対応できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 経営、マーケティング、金融等に関する知識・知見を有し、企業の各分野において活躍できる人材
  • 会計、簿記、税法等に関する専門的知識をもとに、企業や団体の経理部門で活躍できる人材
  • 経営、会計等に関する知識・知見を有し、教員として活躍できる人材

想定される進路

小売・サービス、通信、運輸、金融など、幅広い分野の企業、経営者・起業家、教員 など
〈アカウンティングコース〉
税理士・様々な企業・団体の経理部門、教員 など

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次 3年次 4年次





教養セミナー 教養セミナー  
人文科学 日本史概説/西洋史概説/東洋史概説/人文地理学/哲学/倫理学/文学/心理学/文化人類学/国語表現
社会科学 日本国憲法/法学/民法入門/政治学/社会学/生活と社会保障制度/現代社会の課題
自然科学 数学/統計学/化学/物理科学/生物科学/科学史
健康科学 ライフスポ-ツ/現代人とスポーツ/運動と栄養/食文化論/健康と科学/被曝と健康
情報科学 情報処理演習Ⅰ  
情報処理演習Ⅱ  
情報処理概論
長崎を学ぶ 長崎と文化/長崎の歴史と今/長崎と宗教/シーボルトと長崎/長崎と産業/長崎と平和
しまに学ぶ   長崎のしまに学ぶ/しまのフィールドワーク  
キャリア形成 キャリアデザインⅠ  
  キャリアデザインⅡ/インターンシップ  
ボランティア活動


英語 英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/オーラル・コミュニケーションⅠ・Ⅱ/リーディングⅠ・Ⅱ  
英語Ⅴ・Ⅵ/英語実践演習Ⅶ・Ⅷ・Ⅸ/オーラル・コミュニケーションⅢ・Ⅳ/リーディングⅢ/ライティングⅠ・Ⅱ/海外語学研修
中国語 中国語ⅠA・ⅠB(文法)/中国語ⅠA・ⅠB(会話)  
中国語ⅠA・ⅠB(ヒアリング作文)/中国語ⅠA・ⅠB(筆記・読解)/中国語ⅡA・ⅡB(講読)/中国語ⅡA・ⅡB(会話)  
中国語ⅡA・ⅡB(ヒアリング作文)/中国語ⅡA・ⅡB(筆記・読解)/中国語ⅢA(時事・新聞)/中国語ⅢA(表現)/海外語学研修
その他 韓国・朝鮮語ⅠA・ⅠB/フランス語ⅠA・ⅠB/スペイン語ⅠA・ⅠB/ドイツ語ⅠA・ⅠB  
  韓国・朝鮮語ⅡA・ⅡB/韓国・朝鮮語ⅢA・ⅢB
海外語学研修(韓国・朝鮮語)
留学生科目 日本語ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB  
日本語ⅢA・ⅢB・ⅣA・ⅣB・ⅤA・ⅤB・ⅥA・ⅥB/日本事情ⅠA・ⅡB  





学部共通専門科目 経済入門/会計学入門/経営学総論/日本企業入門/マーケティング論  





基幹科目 簿記論Ⅰ/経営組織論/経営戦略論Ⅰ/経営情報論/現代企業論/会社法  



経営・マーケティング
関連分野
流通論/経営戦略論Ⅱ/国際経営論/商法/企業文化論/マーケティング・チャネル論/販売・経営管理/人的資源管理論/リスクマネジメント論/物流論/流通システム論/マーケティング・マネジメント論/地域と企業/経営史/CSR(企業の社会的責任)/コーポレート・ガバナンス/経営学説史/中小企業論/経営システム論/経営工学/情報処理論/観光経営論/コーポレート・ファイナンス/ファイナンシャルプランニング/商業経営論/流通政策論/流通史
会計関連分野 簿記論Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/財務会計論Ⅰ・Ⅱ/管理会計論Ⅰ・Ⅱ/工業簿記/原価計算論/経営分析論/税法Ⅰ・Ⅱ/税務会計Ⅰ・Ⅱ/監査論  
経済関連分野   ミクロ経済学/マクロ経済学/財政学/金融論/保険論  
実践科目 新聞で学ぶ経済Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ/日経リレー講座/簿記演習Ⅰ・Ⅱ/販売・経営管理演習/職業・キャリア指導/マーケティング・リサーチ/地域と企業演習/ファイナンシャルプランニング演習/海外事情講座/地域における経営実践  
ゼミナール   基礎演習 専門演習 卒業論文
※平成28年度のカリキュラムです。

このページの先頭へ

PICK UP カリキュラム

マーケティング論

企業のマーケティング活動の意味を理解し、それが企業活動全体としてどのような意味を持つのか、社会的な役割を果たしているのかを学ぶのが「マーケティング論」です。授業は通常の講義に加えて、講義に関するビデオ鑑賞や理解度確認のための小テストを実施しながら進めます。マーケティングに関する専門用語をしっかり理解したうえで、実際に行われている企業活動や市場との関係についての理解を深めます。
マーケティング論

簿記演習Ⅰ・Ⅱ

簿記や会計の能力を高めるための実践的なトレーニングを演習形式で行います。簿記会計の知識は会計専門家のみに必要なものではなく、人生に役立つ、生きていくうえで必要なツールだということを学びます。「日本商工会議所簿記検定1級」もしくは「全国経理教育協会簿記能力検定上級」の合格を目標とします。また「税理士試験簿記論」の合格レベルに到達できるような簿記能力も養います。
簿記演習Ⅰ・Ⅱ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ