看護学科 Department of Nursing Science

学科長より

学生諸君への期待
 どのような人にもどのような場でも対応できる看護の知識・技術の獲得、それをどのようにこの社会で活用すべきかを考えられる見識、そして長崎県立大学の精神「人間尊重と平和の希求」を在学期間に深く身に付けることを心から期待します。

こんな人を求めています

  • いのちを大切に思う心と人間を深く理解する姿勢を持っている人
  • 疑問を持ち、自分から問題に取り組める意欲を持っている人
  • ものごとを科学的に追究し、計画的に実践・行動できる人
  • 人間の多様性を認め、柔軟かつ建設的に考えて行動できる人
  • 人々との共同作業において協調性があり、率先して活動できる人
看護学科 学科長 久佐賀 眞理学科長
久佐賀 眞理

  • 専門分野:地域母子保健、公衆衛生看護、健康教育
  • 主要担当科目:在宅看護論、在宅看護論実習、地域看護学概論
  • 学位:修士(教育学)

看護学科の特長・魅力

知識も人間性も豊かな看護師を育成します

看護学科は、看護師、または養護教員を目指す人のための学科です。4年間の学びでは、講義に加えて豊富な実習を行い、専門的な知識と高度な看護実践能力を修得。看護の現場でリーダーシップを発揮し、将来は指導的な立場になれる看護師の育成を目指します。また看護師には、人の気持ちや痛みを深く理解できる豊かな人間性が必要です。学内・学外での実習を通し、さまざまな人から人生を学ぶことで、精神面や社会性の成長も促します。

看護師の国家資格取得が目標です

看護師は医療機関や在宅で、看護の必要な方たちに診療の補助と療養上の世話を行う仕事で、国家資格が必要となります。本学では4年間学ぶことにより、その受験資格が得られます。そして養護教諭は学校の養護を担当する教員で、いわゆる“保健室の先生”です。

取得できる資格・免許等

●看護師国家試験受験資格 ●養護教諭一種免許状

講義・実習・演習

座学で学ぶ講義のほかに、豊富な実習・演習の時間が設けられています。
学内の実習室で行うほか、学外の病院や福祉施設を訪問して患者の介助を手伝うこともあります。

学びTOPICS

栄養健康学科と合同で食について学ぶ

「食看護学演習」では健康の基本である食事について、看護学科と栄養健康学科が合同で学習を行っています。「看護栄養学部」という特色を生かし、食や栄養の面から看護を考える機会であり、このような実践的な授業を開講している看護学科があるのは、日本においては珍しいと思います。講義のほかにも、調理実習やディスカッションも行い、看護師と管理栄養士が協働して取り組む健康支援の役割を学ぶことができます。栄養や食と看護の関わりについて、第一線で活躍する管理栄養士の先生や医師から実践的な内容を教わる時間も積極的に設けているため、より本格的な知識を身に付けることができます。
 

4年間の学び

このページの先頭へ

看護学科で養成する人材像

生命の尊厳と人権を尊重し、人間を深く理解し行動する看護職を育成するため、「看護の対象である人間の理解と生命の尊厳に基づいた支援ができる能力」、「個人や集団の健康状態を的確に捉え、生活の質の向上を目指した看護を展開できる基本的な能力」、「個人・集団の健康問題を解決するための看護実践能力」、「保健・医療・福祉等の他職種と連携・協働しながら、看護の専門性を発揮した看護活動ができる能力」、「広い視野に立ち、看護の発展に寄与できる基礎的能力」を養います。
卒業後は、医療機関・行政の保健機関・福祉機関・教育機関等において、実務及び実務研究に指導的役割を果たせる人材の育成を目指します。

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次 3年次 4年次
全学教育科目 教養セミナー/人文科学/社会科学/自然科学/健康科学/情報科学/長崎を学ぶ/しまに学ぶ/キャリア形成/外国語





専学
門部
科共
目通
人間・社会 発達心理学 臨床心理学/社会福祉論/健康政策と法規  
健康 食看護学演習 チーム医療論/運動処方論   チーム医療演習










公衆衛生 健康と食生活 公衆衛生学/保健統計と演習  
健康理解の基礎 人体の生物学Ⅰ(神経系、循環系等)/人体の生物学Ⅱ(消化系、泌尿系等)/感染免疫学/代謝栄養学/病態学総論 臨床病態学Ⅰ(循環系、消化系等)/臨床病態学Ⅱ(神経系、泌尿系等)/薬理代謝学 リハビリテーション学  





基礎看護学 看護学概論Ⅰ(看護の基本)/看護学概論Ⅱ(看護の機能と役割)/看護の技術Ⅰ(看護基礎技術)/看護の技術Ⅱ(日常生活援助技術)/基礎看護学実習Ⅰ 看護理論/看護の技術Ⅲ(診療補助の技術)/看護の技術Ⅳ(看護過程)/基礎看護学実習Ⅱ    
母性看護学   母性看護学概論/母性看護学Ⅰ(母性の健康論) 母性看護学Ⅱ(母性看護の実践と技術)/母性看護学実習  
小児看護学 小児看護学概論 小児看護学Ⅰ(小児の健康論) 小児看護学Ⅱ(小児看護の実践と技術)/小児看護学実習  
成人看護学   成人看護学概論/成人看護学Ⅰ(健康レベルと看護) 成人看護学Ⅱ(機能障害と看護)/成人看護学実習  
老年看護学 高齢者とのふれあい実習 老年看護学概論/老年看護学Ⅰ(老年期の健康と障害) 老年看護学Ⅱ(老年看護の実践と技術)/老年看護学実習  
精神看護学 精神看護学概論 精神看護学Ⅰ(精神保健福祉の法制度とケア論) 精神看護学Ⅱ(精神看護の実践と技術)/精神看護学実習  
地域看護学   地域看護学概論/家族看護学/地域保健活動論/在宅看護論 在宅看護の技術/健康管理支援論/在宅看護論実習 地域保健活動論
総合看護     看護学実習の統合/看護研究方法論 総合看護/災害看護学実習/看護管理/国際看護/しまの健康実習/卒業研究
養護教諭関連   学校保健 養護教諭の職務  
※平成28年度のカリキュラムです。

Pick Up カリキュラム

臨地実習

長崎県の島(五島・壱岐・対馬・新上五島)を臨地実習場所にし、1週間「しま」で生活をしながら看護学習をします。少子高齢化が進む「しま」は、交通の不便さや経済活動の不利、教育・医療機関の不均衡など人々の生活を取り巻く諸問題が集約されています。学生は、チームを組んで協力しながら「しま」で生活する人々の暮らしや文化をふまえて、学習してきた内容を統合し医療や健康についての知識を深めながら主体的に取り組みます。
 

長崎大学・長崎国際大学との連携科目

「在宅医療・福祉コンソーシアム長崎」を結成し、在宅医療、緩和ケア、地域包括ケアに関する科目をNICEキャンパス長崎に提供しています。目的は、様々な職種の協働が実践できる専門職の人材育成です。本学では、看護学科以外の学生も参加し、外部の大学の学生とともに学びを深めています。
 
〈詳細はこちら〉 URL:http://www.hhc-nagasaki.jp/
大学連携科目

災害看護学実習

島原病院での災害時訓練に病院スタッフと一緒に参加し、災害時の医療や看護について実践的に学びます。救急看護について知識を深めるだけでなく、災害時の患者さんのケアなども現役スタッフから学びます。

在学生メッセージ

講義のたびに新たな発見がある看護師は奥の深い仕事です

大川 まゆ さん
看護学科 3年
長崎県/純心女子高等学校出身
 
 最初の頃は教わったことをその通りにやれば良いという思いがあったのですが、様々な講義を受ける中でそれは違うということに気づきました。その行為が科学的根拠にもとづいているのか、実際に効果があるものなのかなど、自分で考えて行動することが看護師に求められているのだと思います。また、知識だけでなく、コミュニケーション能力や観察力、論理的思考など、看護師になるには様々な能力が必要なのだと学びました。大変な仕事ですが、だからこそ勉強しがいがあります。
 今後は、これまでに学んだことを実習でうまくアウトプットできるよう、さらに頑張って行きたいです。
 

注目の講義

【在宅看護論】

現在の日本が抱える高齢化や医療費の問題により、入院制度も変化して行く中で、在宅での医療が充実して行えることは、医療の中でも要となってくると考えさせられた講義です。

看護学科3年次前期の履修モデル

この時間割は一般的なもので、ここで紹介している学生のものではありません。

Mon Tue Wed Thu Fri
1st 健康管理支援論 老年看護学Ⅱ 精神看護学Ⅱ
2nd 看護研究Ⅱ 老年看護学Ⅱ 精神看護学Ⅱ
3rd 成人看護学Ⅱ 援助的人間関係論 在宅看護の技術 母性看護学Ⅱ
4th 成人看護学Ⅱ 母性/小児看護学Ⅱ リハビリテーション学
5th 小児看護学Ⅱ リハビリテーション学

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ