看護学科 Department of Nursing Science

学科長より

学科長
河口 朝子

  • 専門分野:老年看護学、看護管理・政策学、アディクション看護
  • 主要担当科目:老年看護学概論、老年看護学Ⅰ、老年看護学Ⅱ、老年看護学実習
  • 学位:博士(看護学)

 看護学科では、社会に貢献できる看護師や養護教諭を目指す人材を育成します。看護の場は、病院に限らず地域・在宅・施設と多様です。看護は新生児から高齢者までの様々な年代の人々を対象に、あらゆる健康段階・健康状態への看護を実践します。
 大学では、現場に近い空間でのシミュレーション教育に力を注いでいます。症状に応じたケアができる最新の教育機器を導入した高性能のシミュレーション人形の活用や、模擬患者を活用した認知症高齢者へのかかわりなど、教育方法を工夫し問題解決力を高めています。また「しまの健康実習」や「災害看護学実習」の看護では、人々と語り合うことで歴史・文化・人々の暮らしや生き方にふれ、人間的な成長を促します。

こんな人を求めています

  • 看護を通して、人々の健康生活に貢献したいと思っている人
  • 物事を科学的に探求し、積極的・主体的に学ぶ姿勢がある人
  • 看護学への学習意欲を持ち、専門性の高い看護職になりたいと希望している人
  • さまざまな世代の人々と、柔軟にコミュニケーションがとれる人

看護学科の特長・魅力

看護学科の学び・特色

知識も人間性も豊かな看護師を育成します

看護学科は、看護師や養護教員を目指す人のための学科です。4年間の学びでは、講義に加えて豊富な実習を行い、専門的な知識と基礎的な看護実践能力を修得。看護の現場でリーダーシップを発揮し、将来は指導的な立場になれる看護師の育成を目指します。また看護師には、人の気持ちや痛みを深く理解できる豊かな人間性が必要です。学内・学外での実習を通し、様々な人から人生を学ぶことで、精神面や社会性の成長も促します。また、保健師や助産師の資格取得を目指して進学する学生の支援も行っています。

看護師の国家資格取得が目標です

看護師は医療機関や在宅で、看護の必要な方たちに診療の補助と療養上の世話を行う仕事で、国家資格が必要となります。本学では4年間学ぶことにより、看護師国家試験の受験資格が得られます。また、養護教諭は学校の養護を担当する教員で、いわゆる“保健室の先生”です。

取得できる資格・免許等

●看護師国家試験受験資格 ●養護教諭一種免許状

講義・実習・演習

座学で学ぶ講義のほかに、豊富な演習、臨地実習の時間が設けられています。
臨地実習は学外の病院や福祉施設で行い、看護の対象となる人を生活者として理解することや、看護実践の基礎的能力を養います。

4年間の学び

地域の健康生活とニーズを支える、看護職を目指す

このページの先頭へ

学びのTOPICS

看護の基礎を学ぶグループ学習

1年次から2年次にかけて、基礎看護技術を学習します。これは看護職者にとって基本的な援助技術であるため、すべての学生が一定水準以上の修得を目指します。授業は、グループ学習によって学生同士が知識や技術を学びあう方法で行います。このグループ学習を通して、看護職者に必要な専門職としての態度も同時に養います。また技術の修得は反復練習が必要なため、空き時間を活用できるよう演習室を開放し多数のモデル人形を整備しているので、採血などの身体侵襲が大きい技術でも繰り返し練習が可能です。学生はグループで自主的、積極的に練習をしています。

看護学科で養成する人材像

生命の尊厳と人権を尊重し、人間を深く理解し行動する看護職を育成するため、「看護の対象である人間の理解と生命の尊厳に基づいた支援ができる能力」、「個人や集団の健康状態を的確に捉え、生活の質の向上を目指した看護を展開できる基本的な能力」、「個人・集団の健康問題を解決するための看護実践能力」、「保健・医療・福祉等の他職種と連携・協働しながら、看護の専門性を発揮した看護活動ができる能力」、「広い視野に立ち、看護の発展に寄与できる基礎的能力」を養います。
卒業後は、医療機関・行政の保健機関・福祉機関・教育機関等において、実務及び実務研究に指導的役割を果たせる人材の育成を目指します。

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次 3年次 4年次
全学教育科目 教養セミナー/人文科学/社会科学/自然科学/健康科学/情報科学/長崎を学ぶ/しまに学ぶ/キャリア形成/外国語





専学
門部
科共
目通
人間・社会 発達心理学 臨床心理学/社会福祉論/健康政策と法規  
健康 食看護学演習 チーム医療論/運動処方論   チーム医療演習










公衆衛生 健康と食生活 公衆衛生学/保健統計と演習  
健康理解の基礎 人体の生物学Ⅰ(神経系、循環系等)/人体の生物学Ⅱ(消化系、泌尿系等)/感染免疫学/代謝栄養学/病態学総論 臨床病態学Ⅰ(循環系、消化系等)/臨床病態学Ⅱ(神経系、泌尿系等)/薬理代謝学 リハビリテーション学  





基礎看護学 看護学概論Ⅰ(看護の基本)/看護学概論Ⅱ(看護の機能と役割)/看護の技術Ⅰ(看護基礎技術)/看護の技術Ⅱ(日常生活援助技術)/基礎看護学実習Ⅰ 看護理論/看護の技術Ⅲ(診療補助の技術)/看護の技術Ⅳ(看護過程)/基礎看護学実習Ⅱ    
母性看護学   母性看護学概論/母性看護学Ⅰ(母性の健康論) 母性看護学Ⅱ(母性看護の実践と技術)/母性看護学実習  
小児看護学 小児看護学概論 小児看護学Ⅰ(小児の健康論) 小児看護学Ⅱ(小児看護の実践と技術)/小児看護学実習  
成人看護学   成人看護学概論/成人看護学Ⅰ(健康レベルと看護) 成人看護学Ⅱ(機能障害と看護)/成人看護学実習  
老年看護学 高齢者とのふれあい実習 老年看護学概論/老年看護学Ⅰ(老年期の健康と障害) 老年看護学Ⅱ(老年看護の実践と技術)/老年看護学実習  
精神看護学 精神看護学概論 精神看護学Ⅰ(精神保健福祉の法制度とケア論) 精神看護学Ⅱ(精神看護の実践と技術)/精神看護学実習  
地域看護学   地域看護学概論/家族看護学/在宅看護論 在宅看護の技術/健康管理支援論/在宅看護論実習 地域保健活動論
総合看護     看護学実習の統合/看護研究方法論 総合看護/災害看護学実習/看護管理/国際看護/しまの健康実習/卒業研究
養護教諭関連   学校保健 養護教諭の職務  
※平成30年度のカリキュラムです。

PICK UP カリキュラム

在宅看護の技術

在宅看護の技術

療養者と家族の希望を叶える看護を提供できるよう、相手の話を聴く「聞き書き演習」、生活の場での専門的な看護技術展開の演習、困難事例の検討などの演習を取り入れています。これらの演習を通して、人の暮らしの中にある看護の理解ができ、自らの特性に気付き、看護師としての在り方を考えるきっかけになるよう工夫しています。
療養者と家族が生活することを支えるための看護展開を理解し、必要な看護技術を修得することを目指しています。

母性看護学Ⅱ

母性看護学Ⅱ

周産期にある人々の特徴を理解し、アセスメントの方法や対象に応じた看護について学習します。講義による学習だけでなくアクティブラーニングによる看設展開や看護技術について学ぶことができます。
本授業は、生命誕生という貴重な分野の学習です。周産期の母子とその家族の身体的、心理的、社会的特徴を理解し、必要な看護援助について理解してほしいと思います。

在学生メッセージ

今後は小児看護学の領域を重点的に学びたいです。

赤瀬 美知子 さん
看護学科 3年
長崎県/長崎東高等学校出身

 長崎県立大学では、しまでの実習や災害時での実習を行っています。私は地元での就職を考えていたので、しまの多い長崎で働いていくための技術や知識を多く学べると思い、この大学を志望しました。今後は以前から子どもが好きだったこともあり、小児看護学の領域を重点的に掘り下げて学びたいと考えています。また実習が増えるので、その中で実際に働く看護師を詳しく観察することで、看護師と患者の関係も学びたいと思っています。もちろん国家試験の勉強も計画的に取り組みたいですね。

注目の授業

【小児看護学Ⅱ】

授業では、子どもの疾患をはじめ、子供の成長発達について、子どもが疾患になった場合の意思決定や権利など、様々なことについて学びます。卒業研究についても、小児看護学の領域で進めていきたいと考えています。

看護学科3年次前期の履修モデル

この時間割は一般的なもので、ここで紹介している学生のものではありません。

Mon Tue Wed Thu Fri
1st 健康管理支援論 老年看護学Ⅱ 精神看護学Ⅱ
2nd 看護研究方法論 老年看護学Ⅱ 精神看護学Ⅱ
3rd 成人看護学Ⅱ 母性看護学Ⅱ リハビリテーション学
4th 成人看護学Ⅱ 在宅看護の技術 母性看護学Ⅱ
小児看護学Ⅱ
リハビリテーション学
5th 成人看護学Ⅱ 在宅看護の技術 小児看護学Ⅱ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ