研究情報詳細

氏名

永野 哲也(ナガノ テツヤ)
NAGANO Tetsuya
http://sun.ac.jp/prof/hnagano/

所属

情報セキュリテイ学科

職名

教授

学歴

  • 鹿児島大学 理学部 数学科 1982年04月01日(入学) 1986年03月31日(卒業)
  • アレキサンダー・イワン・クザ大学(UNIVERSITATEA 数学研究科(FACULTATEA DE MATHEMATICA) 数学 1998年11月(入学) 2001年11月(修了)
  • 鹿児島大学 理学研究科 数学 1986年04月01日(入学) 1988年03月31日(修了)

取得学位

  • 学位区分:博士、学位名:博士(数学)(Ph.D, Mathematics)、学位の分野:幾何学、授与機関:アレキサンダー・イワン・クザ大学(UNIVERSITATEA 、論文題目名:Singular Finsler Spaces、取得年月:2001年11月
  • 学位区分:修士、学位名:理学修士、学位の分野:幾何学、授与機関:鹿児島大学、論文題目名:G構造とフィンスラー幾何学、取得年月:1988年03月
  • 学位区分:学士、学位名:理学士、学位の分野:幾何学、授与機関:鹿児島大学、取得年月:1982年03月

学内職務経歴

  • 教授 本務 常勤 2008年04月01日 ~ (継続中)
  • 情報システム学部長 兼務 常勤 2016年04月01日 ~ (継続中)
  • 情報メディア学科長 兼務 常勤 2016年04月01日 ~ (継続中)
  • 情報メディア学科長 兼務 常勤 2005年04月01日 ~ 2009年03月31日

所属学会

  • テンゾル学会 1995年04月 ~ (継続中)
  • フィンスラー幾何学研究会 1993年10月 ~ (継続中)
  • 日本数学会 1993年05月 ~ (継続中)

専門分野(科研費分類)

  • 幾何学

研究経歴

  • フィンスラー幾何学における線形平行移動に基づく方向の対称性の研究 フィンスラー空間、線形平行移動、方向の対称性 幾何学 幾何学
  • フィンスラー幾何学における線形平行移動の対称性と擬対称性の研究 フィンスラー空間、線形平行移動、対称、擬対称 幾何学 幾何学
  • フィンスラー幾何学における線形平行移動と可逆測地線の関係の研究 フィンスラー空間、線形平行移動、測地線 幾何学 幾何学
  • フィンスラー幾何学における線形平行移動に基づく弧長の変分問題の研究 フィンスラー空間、線形平行移動、変分問題、測地線 幾何学 幾何学
  • 無限小平行四辺形に沿う線形平行移動の研究 線形平行移動、無限小平行四辺形、曲率、フィンスラー幾何学 幾何学 幾何学
  • フィンスラー幾何学における線形平行移動の研究 線形平行移動、フィンスラー幾何学、道 幾何学 幾何学
  • フィンスラー空間が局所ミンコフスキー空間になるための条件の研究 フィンスラー空間、局所ミンコフスキー空間 幾何学 幾何学
  • フィンスラー幾何学を用いた底空間の計量微分幾何学の研究 フィンスラー空間、局所平坦リーマン空間、局所ミンコフスキー空間 幾何学 幾何学
  • フィンスラー幾何学における平行ベクトル場の新しい概念について 平行ベクトル場、平行移動、フィンスラー幾何学 幾何学 幾何学
  • フィンスラー幾何学における平行移動の概念について 平行移動、フィンスラー幾何学 幾何学 幾何学

学位論文

  • 2001年11月 専門分野:幾何学、 題目名:SINGULAR FINSLER SPACES、
    概要:特異フィンスラー空間の定義と、変分問題および適合するフィンスラー接続についての研究。
  • 1988年03月31日 専門分野:幾何学、 題目名:G構造とフィンスラー幾何学、
    概要:接バンドル上に構造群を与えて、底空間にどのようなフィンスラー構造が導入されるかの研究。

論文

  • 「Geodesics in a Finsler surface with one-parameter group of motions」 『Publ.Math. Debrecen』 第89巻 第1-2号 P137-160 (2016年5月) Tetsuya NAGANO,Nobuhiro INNAMI,Katsuhiro SHIOHAMA 共著
    概要:The surfaces with one-parameter groups of motions are classified to define the Finsler surfaces of revolution. We generalize Clairaut's relation between a geodesic and parallel circles in a Finsler surface of revolution and its consequences, stating the global behavior of geodesics in a Finsler 2-torus of revolution with non-symmetric distance. As for the local behavior of geodesics in a Finsler manifold, we recall the reversibility of geodesics, using the symmetric part of the Finsler metric.
  • 「Linear parallel displacement and Landsberg space」 『Proceedings of the 50-th Symposium on Finsler Geometry』 第50号 P5-8 (2016年03月) Tetsuya NAGANO 単著
    概要:The author is studying about existence conditions of reversible geodesics and {it lpd}-symmetric curves since 2014. A {it lpd}-symmetric curve has a property that any parallel vector field along the curve is symmetric. The author gained the necessary and sufficient condition to be {it lpd}-symmetric. The study of local existence condition makes a close relation of Cartan's torsion tensor $P^i_{rj}$ and connection coefficient $F^i_{rj}$ clear.
  • 「Existence conditions of reversible geodesics in Finsler spaces」 『Proceedings of the 49-th Symposium on Finsler Geometry』 第49号 P17-21 (2015年03月) Tetsuya NAGANO 単著
    概要:Last year the author studied linear parallel displacements along an infinitesimal parallelogram and obtained objects are regarded as evaluating ``a curvature" at each point on a Finsler space(cite{TN5}). In this paper, their properties are investigated in detail.
  • 「The quantitiles W,L,K and variations of geodesics in Finsler spaces」 『Journal of the Faculty of Global Communication University of Nagasaki』 第15号 P85-95 (2015年01月) Tetsuya NAGANO 単著
    概要:The author investigates the first and the second variations of the arc length of curves under the standpoint of linear parallel displacements. Last year the author studied linear parallel displacements along an infinitesimal parallelogram and obtained three quantities on $mathcal{H}$(cite{TN5},cite{TN6}). In this paper, they appear in the second variation.
  • 「On relatively minimal curves in Finsler space」 『Proceedings of the 48-th Symposium on Finsler Geometry』 第48号 P17-21 (2014年03月) Tetsuya NAGANO 単著
    概要:The author investigates the first and second variations of arc lengths of curves under the standpoint of linear parallel displacements(cite{MR2640823}, cite{TN4}). Last year the author studied linear parallel displacements along an infinitesimal parallelogram and obtained three quantities on $mathcal{H}$. In this talk, they appear in the second variation. Last the author states the notion of relatively minimal curves by using quantities obtained from the second variation.
  • 「On the quantitiles W,L,K derived from linear parallel displacements in Finsler geometry」 『Journal of the Faculty of Global Communication University of Nagasaki』 第14号 P123-132 (2014年01月) Tetsuya NAGANO 単著
    概要:Last year the author studied linear parallel displacements along an infinitesimal parallelogram and obtained objects are regarded as evaluating ``a curvature" at each point on a Finsler space(cite{TN5}). In this paper, their properties are investigated in detail.
  • 「Linear parallel displacement along an infinitesimal parallelogram」 『Proceedings of the 47-th Symposium on Finsler Geometry』 第47号 P64-68 (2013年03月) Tetsuya NAGANO 単著
    概要:The author studies objects provided from two linear parallel displacements(cite{MR2640823},cite{TN1} and cite{TN4}). One is a difference of two parallel vectors provided from linear parallel displacements along two one way courses of an infinitesimal parallelogram. One of the others is a difference between an initial vector and a vector provided from a linear parallel displacement going around an infinitesimal parallelogram.
  • 「The quantities derived from linear parallel displacements along an infinitesimal parallelogram」 『Journal of the Faculty of Global Communication University of Nagasaki』 第13号 P129-141 (2013年01月) Tetsuya NAGANO 単著
    概要:The author studies objects provided from two linear parallel displacements. One is a difference of two parallel vectors provided from linear parallel displacements along two one way courses of an infinitesimal parallelogram. One of the others is a difference between an initial vector and a vector provided from a linear parallel displacement going around an infinitesimal parallelogram. The author guesses these objects are quantity to evaluate ``a curvature
  • 「On the conditions for linear parallel displacements to be symmetric on any path」 『Proceedings of the 46-th Symposium on Finsler Geometry, Shizuoka 』 第46号 P26-29 (2012年03月) Tetsuya Nagano 単著
    概要:The author states the necessary and sufficient condition that linear parallel displacements are symmetric for any curve and path, respectively. Further the author gives the determinant of linear transformations derived from linear parallel displacements and states a condition for the linear transformation to be an orthogonal one.
  • 「The Conditions to be locally Minkowski spaces and Matsumoto's Conjecture」 『Proceedings of the 46-th Symposium on Finsler Geometry, Shizuoka』 第46号 P22-25 (2012年03月) Tetsuya Nagano 単著
    概要:The author states the necessary and sufficient conditions for a given Finsler space to be locally Minkowski space. We have already known them. However the author gives new conditions by vector fields on the base manifold.
  • 「On the conditions to be locally minkowski spaces」 『Riemannian Geometry and Applications Proceedings RIGA 2011,Bucharest Romania』 P209-216 (2011年12月) Tetsuya Nagano 単著
    概要:The author states the necessary and sufficient conditions for a given Finsler space to be locally Minkowski space. We have already known them. However the author gives new conditions by vector fields on the base manifold.
  • 「A note on linear parallel displacements in Finsler geometry」 『Journal of the Faculty of Global Communication Siebold University of Nagasaki』 第12号 P195-205 (2011年12月) Tetsuya Nagano 単著
    概要:The author states the necessary and sufficient condition that linear parallel displacements are symmetric for any curve and path, respectively. Further the author gives the determinant of linear transformations derived from linear parallel displacements and states a condition for the linear transformation to be an orthogonal one.
  • 「Notes on the parallel vector fields in Finsler geometryⅡ」 『 Proceedings of the 45-th Symposium on Finsler Geometry』 第45号 P35-38 (2011年02月) Tetsuya Nagano 単著
    概要:The author studies the relations between parallel vector fields and $R^1$-torsion tensor, $R^2$-curvature tensor of Finsler connection. Especially, when parallel vector fields are parallel along any curve, the author states there exists a local linear connection and the manifold is locally flat in the sense of Riemannian geometry.
  • 「On the parallel displacement and parallel vector fields in Finsler Geometry」 『Acta Mathematica Academiae Paedagogicae Ny´ıregyh  ´aziensis ,2010』 第26巻 P394-358 (2010年12月) Tetsuya Nagano 単著
    概要:In Finsler geometry, the notion of parallel for Finsler tensor fields is defined, already. In this paper, however, for vector fields on a base manifold, the author studies the notion of parallel. In the last section, the obtained results are shown as compare corresponding properties to them of Riemannian geometry.
  • 「Notes on the parallel vector fields in Finsler geometry 」 『Proceeding of the 44-th Symposium on Finsler Geometry』 第44号 P47-50 (2010年02月) Tetsuya Nagano 単著
    概要:The author defined the notion of the parallel displacement along a curve at the 43-rd Symposium on Finsler Geometry, last year. That time, the conditions to be parallel vector field for the inverse vector field was shown. And this year, at Debrecen in Hungary, the author stated the notion of
  • 「On the parallelism」 『Proceeding of the 43-th Symposium on Finsler Geometry』 第43号 P42-45 (2009年02月) Tetsuya Nagano 単著
    概要:For a curve and vector fields along the curve on a base manifold, the notion of the parallel displacement along the curve is given. Its geometrical meaning on the tangent bundle of the base manifold is stated, and the case where the inner product is preserved is given for paths.
  • 「Notes on the notion of the parallel displacement in Finsler geometry」 『Tensor New Ser.,2008』 第70巻 第3号 P302-310 (2008年12月) Tetsuya Nagano 単著
    概要:For a curve and vector fields along the curve on a base manifold, the notion of parallel displacement along the curve is given. Its geometrical meaning on the tangent bundle of the base manifold is stated, and the case where geodesics are invariable is shown under some conditions.
  • 「Dual connections in Finsler geometry」 『Acta Math Acad. Paedagog. Nyhazi. (N.S.),2008』 第24巻 第1号 P103-114 (2008年04月) Tetsuya Nagano, Tadashi Aikou 共著
    概要:In the present paper, we generalize the notion of statistical structure and its dual connectionin Riemannian geometry to Finsler geometry. We shall show that the Berwaldconnection D of a Finsler manifold is a statistical structure. In particular, as an applicationof this fact, we shall show that, if the hh-curvature of the Berwald connectionD vanishes identically, then the given Finsler metric induces a Hessian metric on thebase manifold.

総説・解説記事

  • 「数学上の未解決問題」ってなんだ? 教育科学/数学教育 明治図書 2012年07月01日 永野 哲也 単著 紀元前からの数学の未解決問題を中学生に分かるように解説した。

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 2015年04月 ~ 2019年03月 基盤研究(C)一般 完備フィンスラー多様体の凸性 共同研究者

その他競争的資金獲得実績

  • 2017年04月 ~ 2018年03月 平成29年度学長裁量教育研究費 フィンスラー空間の非対称性を応用した新公開鍵暗号開発の基礎研究 これまでフィンスラー空間のベクトルの線形平行移動について研究してきた。研究の結果、平行移動したベクトル(終ベクトル=暗号文)を同じ曲線に沿って逆に平行移動で戻しても、始めのベクトル(初期ベクトル=平文)に、一般には戻らない(平行移動の非対称性)。初期ベクトル(平文)にもどすには、別の曲線を上手く見つけて平行移動しなければならない。しかし、この「曲線に沿うベクトルの平行移動の非対称性」は新公開鍵暗号の開発に応用できる可能性がある。はじめに与える曲線を「公開鍵」、終ベクトルを初期ベクトルに戻す別の曲線を「秘密鍵」とした幾何構造を応用した公開鍵暗号が開発できれば公開鍵暗号を作る新しい側面(幾何構造)を提供し、暗号技術の拡大を図ることにつながると期待できる。今回の目的は、暗号としての安全性や秘密性が数学的に担保されるかを研究することである。 長崎県立大学
  • 2016年04月 ~ 2017年03月 平成28年度学長裁量教育研究費 フィンスラー空間の測地線の枝分かれについて フィンスラー空間の測地線は、通過点xと向きyが指定されると局所的に必ず存在する(リーマン空間と同様)。しかし、xでyの向きに進む測地線と逆向き-yの向きに進む測地線の関係は、これまで詳しく論じられていない。線形平行移動と可逆測地線に密接な関係を見つけ上記のことを以下のように定量的に論じることができた。 「定理」 cを点xで向きyに進む測地線、c^-を逆向き-yに進む測地線とする。x=c(0)とc^dot(t)に対して(1) もし、接ベクトル場c^dot(t)がxの近傍で固有ベクトル場になっていないならば、cとc^-は点xで接し、xの前後で枝分かれする、(2) もし、接ベクトル場c^dot(t)がxの近傍で固有ベクトル場になっているならば、cとc^-は点xの近傍で可逆である、(3) もし、接ベクトル場c^dot(t)がある連続な領域で固有ベクトル場であり、xがその領域の境界でかつc^dot(0)も固有ベクトルであるとき、cとc^-は、xまで可逆で、xの外側で二つに枝分かれする。 長崎県立大学
  • 2015年04月 ~ 2016年03月 平成27年度学長裁量教育研究費 フィンスラー空間における線形平行移動で対称な曲線の基礎的研究 2014年からフィンスラー空間における可逆測地線とlpd-対称(線形平行移動的対称)な曲線の存在条件について研究を続けてきた。lpd-対称な曲線とは、曲線に沿って平行な任意のベクトル場が線形平行の意味で対称であるという性質をもった曲線である。申請者は、そういう曲線の局所的な存在条件(必要十分)を得た。その研究の中で、カルタンのレイ率テンソル場と接続が密接な関係があることがわかった。その関係から、フィンスラー幾何学の中で未解決問題の一つであるランズベルグ空間とベアワルド空間の存在について、興味ある関係が得られた。この内容は、2015年10月22日に広島大学で開かれた学会(第50回フィンスラー幾何学シンポジウム)において、発表した。 長崎県立大学
  • 2014年04月 ~ 2015年03月 平成26年度学長裁量教育研究費 フィンスラー幾何学における線形平行移動に基づく平行ベクトル場と測地線の関係 測地線とは2点間の最短線であり、ユークリッド空間での直線に相当する。物理的には光が進む経路がそれであると考えられている。昨年度の研究、特に第2変分問題を詳しく研究した結果、空間の曲がりを示す”曲率”にかかわる3つの量(W,L,K:24,25年度研究により得られた量)が第2変分に本質的に関わっていることがわかり、測地線が常に最短線であるような特殊なフィンスラー空間を定義することができた。本年度は、フィンスラー空間の測地線に特有な可逆性について線形平行移動を用いて研究する。可逆性とは、曲線cが点Aから点Bへ向かう測地線であっても、それが点Bから点Aへ向かう測地線とは限らない。つまり、2点を最短曲線(測地線)に沿って移動する際に、行きと帰りの経路が異なるのである。これまで、行きと帰りの測地線が一致する”可逆な測地線”が満たす条件は既に知られていたが、最近の申請者の研究で、その条件が線形平行移動の視点から書き直せる可能性が見えてきた。本申請において、線形平行移動と測地線の可逆性についての関係を明らかにしたい。 長崎県立大学
  • 2013年04月 ~ 2014年03月 平成25年度学長裁量教育研究費 フィンスラー幾何学における線形平行移動に基づく変分問題 平成23年度からの研究の核である線形平行移動に基づいて、フィンスラー幾何学における幾何学的諸性質を深く研究する。今回のテーマは、線形平行移動の立場から測地線の性質を調べる。測地線とは、曲がった空間の中で2点間の最短コース(局所的)を与える曲線であり、ユークリッド空間の直線に相当する。リーマン幾何学では測地線の定義を与える第1変分と最短性を評価する第2変分が研究されており、フィンスラー幾何学でも同様の研究はなされているが、それは従来の平行移動を用いる立場からの研究である。本申請においては、申請者が2008年に定義した”線形平行移動”を用いて測地線の第1変分と第2変分を調べる。期待されることは、昨年の研究から得られた空間の曲がり(=”曲率”)を評価する量が第1変分や第2変分にどのように表れるかを確認し、特に第2変分から期待される測地線の最短性の評価に、どのようにかかわっているかを明らかにしたい。 長崎県立大学
  • 2012年04月 ~ 2013年03月 平成24年度学長裁量教育研究費 フィンスラー幾何学の線形平行移動と曲率 平成23年度「フィンスラー空間とリーマン空間の関係」というテーマで本申請を行い、線形平行移動を用いて、フィンスラー空間がリーマン空間になる条件等を見つけることができた。本年度は、線形平行移動を用いて、フィンスラー空間そのものを研究する。リーマン空間の場合、曲率は空間を決定づける本質的な量である。例えば、曲率がいたるところ0ならば、空間は局所的にはユークリッド空間であるし、正の定曲率ならば、球面的である。そこで、線形平行移動を使って、リーマン空間での同様な手法を用いて、”曲率”を定義したい。さらに、特徴的な空間を見つけたい。 長崎県立大学
  • 2011年04月 ~ 2012年03月 平成23年度学長裁量教育研究費 フィンスラー空間とリーマン空間の関係 「一般に、リーマン空間はフィンスラー空間の特別な場合といわれるが、どのような幾何的な条件が満たされるとフィンスラー空間がリーマン空間となるのかの研究は少なく、知られた結果も、テンソル式のものが多い。そのため直感的幾何の描像を描きにくい。この研究では、具体的な幾何的対象の性質を調べることで、フィンスラー空間とリーマン空間の関係を調べたい」、という目的で研究を行なった。当初は、埋め込みとフィンスラー接続の関係を調べる予定だったが、埋め込みそのものよりも接続を用いた線形平行移動という概念を用いる方が良いことがわかり、従来の平行移動の研究をさらに進めて、フィンスラー空間がリーマン空間となる必要十分条件が得られた。また、さらに、その線形平行移動が測地線上で対称(逆向きも平行移動)となる条件、さらに対称性よりも弱い条件であるが、逆向きが内積を保存するような線形平行移動となる必要十分条件を得た。 長崎県立大学

研究発表

  • 2017年3月24日 ~ 2017年3月27日 日本数学会2017年度会 フィンスラー空間の1点で互いに逆向きに進む測地線について 首都大学東京 口頭(一般) 国内会議 幾何学
  • 2017年1月7日 ~ 2017年1月8日 研究集会「測地線とその周辺」 フィンスラー空間の1点での測地線の挙動について 熊本大学 口頭(招待・特別) 国内会議 幾何学
  • 2016年11月18日 ~ 2016年11月19日 The 51-th Symposium on Finsler Geometry Note on branching of geodesics in Finsler space 鹿児島市 口頭(一般) 国際会議 幾何学
  • 2015年9月21日 ~ 2015年9月25 The 50-th Symposium on Finsler Geometry Linear parallel displacement and Landsberg space 広島大学 口頭(一般) 国際会議 幾何学
  • 2015年9月7日 ~ 2015年9月12日 The 13-th International Conference of Tensor Society Linear parallel displacement and the torsion tensor field P つくば大学 口頭(一般) 国際会議 幾何学
  • 2015年05月22日 ~ 2015年05月25日 2015 International Conference on Riemann-Finsler Geometry and Relative Topic Existence conditions of reversible geodesics and lpd-symmetric curves in Finsler space 中国、福州 口頭(招待・特別) 国際会議 幾何学
  • 2015年03月21日 ~ 2015年03月24日 日本数学会2015年会 フィンスラー空間の可逆測地線について 明治大学 口頭(一般) 国内会議 幾何学
  • 2015年01月10日 ~ 2015年01月11日 研究集会「測地線及び関連する諸問題」 フィンスラー空間の可逆測地線の存在条件と線形平行移動 熊本大学 口頭(一般) 国内会議 幾何学
  • 2014年12月4日 ~ 2014年12月7日 The 49-th Symposium on Finsler Geometry Existence conditions of reversible geodesics in Finsler spaces 長崎市 口頭(一般) 国際会議 幾何学
  • 2014年06月23日 ~ 2014年06月27日 29th Annual Meeting of Ramanujan Mathematical Society Some Remarks on Geodesics of Finsler Spaces Pune INDIA 口頭(招待・特別) 国際会議 幾何学
  • 2013年09月24日 ~ 2013年09月27日 日本数学会2013年度秋季総合分科会 フィンスラー空間の測地線について 愛媛大学 口頭(一般) 国内会議 幾何学
  • 2013年09月14日 ~ 2013年09月17日 The 48-th Symposium on Finsler Geometry On relatively minimal curves in Finsler space 札幌市 口頭(一般) 国際会議 幾何学
  • 2013年09月3日 ~ 2013年09月7日 The 13-th International Conference of Tensor Society Notes on the first and the second variations of Arc Length Iasi Romania 口頭(招待・特別) 国際会議 幾何学
  • 2012年12月17日 ~ 2012年12月21日 The 12-th International Conference of Tensor Society ``Curvature'' derived from linear parallel displacements Kolkata INDIA 口頭(招待・特別) 国際会議 幾何学
  • 2012年11月23日 ~ 2012年11月25日 The 47-th Symposium on Finsler Geometry Linear parallel displacement along an infinitesimal parallelogram Kagoshima University 口頭(一般) 国際会議 幾何学
  • 2012年09月18日 ~ 2012年09月22日 日本数学会2012年度秋季総合分科会 無限小平行四辺形に沿う線形平行移動と”曲率” 九州大学 口頭(一般) 国内会議 幾何学
  • 2012年03月28日 ~ 2012年03月28日 日本数学会2012年度年会 フィンスラー空間とリーマン空間の関係 東京理科大学 口頭(一般) 国内会議 幾何学
  • 2011年11月17日 ~ 2011年11月20日 The 46-th Symposium on Finsler Geometry The Conditions to be locally Minkowski spaces and Matsumoto's Conjecture Tokoha University,Shizuoka 口頭(一般) 国際会議 幾何学
  • 2011年11月17日 ~ 2011年11月20日 The 46-th Symposium on Finsler Geometry On the conditions for linear parallel displacements to be symmetric on any path Tokoha University, Shizuoka 口頭(一般) 国際会議 幾何学
  • 2011年05月10日 ~ 2011年05月14日 University of Bucharest and Romanian Academy On the conditions to be locally Minkowski Spaces Bucharest, Romania 口頭(一般) 国際会議 幾何学
  • 2011年03月21日 ~ 2011年03月21日 日本数学会2011年会 フィンスラー空間が局所平坦なリーマン空間になるための条件について 早稲田大学 口頭(一般) 国内会議 幾何学
  • 2010年09月05日 ~ 2010年09月10日 The11-th International conference of Tensor Society Notes on the parallel vector fields in Finsler geometryⅡ Tokyo University 口頭(一般) 国際会議 幾何学
  • 2010年06月21日 ~ 2010年06月24日 International Conference on finsler Geometry On the regularity and the holonomy group of the parallel displa ement in Finsler geometry Nankai University 口頭(一般) 国際会議 幾何学
  • 2009年09月08日 ~ 2009年09月11日 The 44-th Symposium on Finsler Geometry Note on the parallel vector fields in Finsler geometry Sapporo 口頭(一般) 国際会議 幾何学
  • 2009年05月24日 ~ 2009年05月29日 Workshop on Finsler geometry and its Applications On the parallel displacement and parallel vector fields in Finsler geometry Debrecen, Hungary 口頭(一般) 国際会議 幾何学
  • 2008年11月04日 ~ 2008年11月07日 The 43-th Symposium on Finsler Geometry On the parallelism Utsunomiya 口頭(一般) 国際会議 幾何学

担当授業科目

  • 微分積分学 2016年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 数学 2016年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 情報数学 2016年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 情報処理演習Ⅰ 2011年04月01日 ~ 2016年03月31日 専任
  • 情報処理演習Ⅱ 2011年04月01日 ~ 2016年03月31日 専任
  • 基礎数学Ⅰ(情報メディア学科) 2011年04月01日 ~ (継続中) 兼担
  • 基礎数学Ⅱ(情報メディア学科) 2011年04月01日 ~ (継続中) 兼担
  • 情報数学(情報メディア学科) 2011年04月01日 ~ 2016年03月31日 専任
  • 情報理論(情報メディア学科) 2011年04月01日 ~ 2016年03月31日 専任
  • 基礎演習(情報メディア学科) 2013年04月01日 ~ 2016年03月31日 専任
  • 情報科教育指導法Ⅱ(情報メディア学科) 2011年04月01日 ~ (継続中) 兼担
  • 演習Ⅰ 2011年04月01日 ~ 2017年03月31日 専任

学会・委員会等活動

  • 2016年04月 ~ (継続中) 長崎県サイバーセキュリティ研究会 会長
  • 2003年11月 ~ (継続中) フィンスラー幾何学研究会 監査

学外の社会活動(高大・地域連携等)

  • 2017年02月 ~ 2017年02月 地域公開講座 作図と数
  • 2016年06月 ~ 2016年06月 公開講座 角の二等分と三等分法
  • 2012年10月 ~ 2012年10月 一日大学生 一日大学生「高校生のための数学の未解決問題と図画プログラミング」講師(平成24年10月6日)
  • 2011年11月 ~ 2011年11月 一日大学生 一日大学生「高校生のための数学の未解決問題と図画プログラミング」講師(平成23年11月12日)
  • 2011年10月 ~ 2011年11月 ホームページ作成講座講師(主催:長崎県、平成23年10月22-23日、11月5-6日 ホームページ作成講座
  • 2006年05月 ~ 2006年05月 公開講座 101年目の相対性理論
  • 2005年04月 ~ 2007年03月 高大連携 長崎県立長崎西高等学校スーパーサイエンス年間講師
  • 2004年04月 ~ 2006年03月 高大連携 長崎県立諫早高等学校スーパーサイエンス年間講師
  • 2004年03月 ~ 2004年03月 高大連携 長崎県立諫早高等学校スーパーサイエンス講演「数学と暗号」