研究情報詳細

氏名

車 相龍(チャ サンリョン)
CHA Sangryong

所属

公共政策学科

職名

教授

学内職務経歴

  • 教授 本務 常勤 2015年04月01日 ~ (継続中)
  • 准教授 本務 常勤 2008年04月01日 ~ 2015年03月31日

所属学会

  • 日本都市学会 2010年04月 ~ (継続中)
  • 人文地理学会 2004年04月 ~ (継続中)
  • 東北地理学会 2004年04月 ~ (継続中)
  • 日本地理学会 2002年04月 ~ (継続中)
  • 経済地理学会 2002年04月 ~ (継続中)

所属委員会

  • 長崎県美しい景観形成審議会 2011年08月01日 ~ 2013年07月31日
  • 佐世保市地域福祉計画推進委員会 2010年10月08日 ~ 2013年03月20日
  • 佐世保市高齢者福祉施設等事業者選定委員会 2009年12月 ~ 2010年12月
  • 地域ブランド化による新松浦市の地域活性化計画策定事業委員会 2006年08月 ~ 2007年03月

専門分野(科研費分類)

  • 人文地理学
  • 地理学
  • 都市計画・建築計画
  • その他 地域開発

研究経歴

  • 佐世保市の広域合併に関する効果と課題の検証と、今後の生活核・地域核と中心市街地の機能のあり方に関する研究 広域合併、中心市街地、佐世保市 人文地理学、都市計画・建築計画 人文地理学、都市計画
  • 首都圏個別立地政策改善方案 個別立地、首都圏、政策改善 人文地理学、交通工学・国土計画、都市計画・建築計画 人文地理学、都市計画
  • 国土・地域政策の観点から見るイノベーション・システムの日韓比較研究 イノベーション・システム、国土・地域政策、日韓比較 人文地理学、交通工学・国土計画、都市計画・建築計画 人文地理学、科学技術政策・制度・組織
  • 日中韓のICT産業クラスターに関する実態調査 ICT産業クラスター、日中韓 その他 広領域
  • 亀尾団地革新クラスターマスタープラン 亀尾国家産業団地、クラスター、マスタープラン 経済政策、その他 広領域
  • 先端技術産業地域の開発の成功および成長モデルについての研究―先端技術産業地域の地域革新機構に関する政策論的探求― 先端技術産業地域、地域革新機構、モデル、政策論 人文地理学 人文地理学、科学技術政策・制度・組織
  • 大徳研究団地の基盤施設の拡充のための総合計画及び中・長期発展方案 大徳研究団地、基盤施設、総合計画 都市計画・建築計画、その他 科学技術政策・制度・組織、土地利用
  • 大田科学産業団地基本計画 大徳研究団地、大徳バレー、大徳テクノバレー 都市計画・建築計画 土地利用
  • WTA(世界科学都市連合)の長期発展のための学術研究 世界科学都市連合、NGO その他 科学技術政策・制度・組織
  • 忠南テクノパーク天安バレーの開発方案 テクノパーク、マスタープラン 都市計画・建築計画 建築設計,建築家,建築史
  • 地方主導型先端科学技術団地の開発戦略 先端科学技術団地、地方主導型 都市計画・建築計画、地理学、地域研究 科学技術政策・制度・組織、都市計画、人文地理学
  • 安山テクノパークマスタープランの完成のための研究 テクノパーク、マスタープラン 都市計画・建築計画、その他 建築設計,建築家,建築史
  • 「大田龍頭1地区の住居環境改善事業」開発方向設定に関する研究 住居環境改善、団地計画 都市計画・建築計画 住居地域計画,住宅問題
  • 科学公園活性化マスタープランの選定および管理方案 科学公園活性化、マスタープラン 都市計画・建築計画 景観,公園,観光,レクリエーション、都市計画
  • 産業技術団地需要展望および投資計画―全国地域別、産業別テクノパークの需要調査― テクノパーク、地域別・産業別需要 交通工学・国土計画 科学技術政策・制度・組織

学位論文

  • 2005年03月25日 題目名:先端技術産業地域の地域革新システムに関する政策研究、

論文

  • 「先端医療産業の配置と計画―韓国の「先端医療複合団地造成事業」の事例―」 『東アジア評論』 第4号 P147-155 (2012年12月) 車相龍 単著
  • 「環境ビジネスの海外進出と政策支援」 『長崎県立大学経済学部論集』 第46巻 第1号 P55-82 (2012年12月) 車相龍 単著
  • 「A Global Network for Sustainable Technopolis Development: Case of World Technopolis Association on Strengthening NISs in the Asia-Pacific Region」 『Asia-Pacific Tech Monitor』 第29巻 第1号 P32-41 (2012年06月) Cha S.R. 単著
  • 「STP Development for Rejuvenation of Declining Industrial City:Kitakyushu, Japan」 『World Technopolis Review』 P56-64 (2012年04月) Cha, S.R.and Y. Miyakawa 共著
  • 「先端医療産業の配置と計画―韓国の「先端医療複合団地造成事業」の事例―」 『東アジア評論』 第4号 (2012年03月31日) 車相龍 単著
  • 「Building STP's Ecosystem: the Kitakyushu Approach」 『Proceeding of 2011 UNESCO-WTA International Training Workshop on Science & Technology Park-INNOVATION ECOSYSTEM』 P63-97 (2011年04月) Cha, S.R. 単著
  • 「日本における産学官連携の現状と政策課題」 『東アジア評論』 第3号 (2011年04月) 車相龍 単著
  • 「日本における産学官連携の現状と政策課題」 『東アジア評論』 第3号 P41-48 (2011年03月31日) 車相龍 単著
  • 「Current State and Prospects for Government-Academia-Industry Cooperation in Japan from the Point of View of Academia」 『Proceeding of 2010 UNESCO-WTA International Training Workshop on Triple-Helix Model of Innovation』 P117-133 (2010年04月) Cha S.R. 単著
  • 「クラスターの政策的広域化と地域イノベーション・システムの変容―「福岡先端システムLSI開発クラスター」の事例―」 『東アジア評論』 第2号 P31-40 (2010年04月) 車相龍 単著
  • 「クラスターの政策的広域化と地域イノベーション・システムの変容―「福岡先端システムLSI開発クラスター」の事例―」 『東アジア評論』 第2号 P31-40 (2010年03月31日) 車相龍 単著
  • 「革新の体制と政策の観点―日韓におけるイノベーション・システム論の歩み―」 『長崎県立大学論集』 第42巻 第4号 P155-171 (2009年04月) 車相龍 単著
  • 「イノベーション・システムの「選択的親和性」に関する一考察―長崎県の造船産業を中心に―」 『長崎県立大学論集』 第41巻 第4号 P281-307 (2008年04月) 車相龍 単著
  • 「Towards Creative Growth of Innovation Cluster: Experience and Vista Gained from Clustered Development of IT Industry in Two Japanese Peripheral Cities」 『Proceeding of International Training Workshops by UNESCO-WTA Cooperative Project』 P177-209 (2008年04月) Cha S.R. 単著
  • 「Sustainable Development of Science City on High-tech Cluster in Its Historical, Spatial, and Policy-relevant Context: the Case of Kitakyushu City, Japan」 『Proceeding of International Training Workshop by UNESCO-WTA Cooperative Project』 P359-396 (2006年04月) Cha S.R. 単著
  • 「일본 큐슈 반도체 클러스터의 발전현황과 정책과제」 『제2회 대한민국 혁신박람회학술발표회 자료집』 P7-56 (2005年04月) 차상룡 単著
  • 「韓国の大徳・大田におけるベンチャー企業集積地域の形成と発展」 『季刊地理学』 第56巻 第4号 P241-253 (2004年04月) 車相龍 単著
  • 「일본의 산업클러스터 개념과 정책동향」 『국토』 第275巻 P104-120 (2004年04月) 차상룡 単著
  • 「쓰쿠바연구학원도시의 연구•공업단지의 개발정책」 『국토연구』 第43巻 P3-15 (2004年04月) 차상룡 単著
  • 「지방분권화시대의 지역산업전략수립을 위한 이론적 틀: 창조적 지역혁신의 개념정립과 혁신체제의 구축을 중심으로」 『중소기업연구논총』 第11巻 P5-69 (2003年04月) 차상룡 単著

著書

  • 日韓の先端技術産業地域政策と地域イノベーション・システム 花書院 2011年04月 車相龍 単著
  • Guideline & Manual of Science Park Development: A Study on the Science Park Development Strategy based on Daedeok Innopolis Global Business Team of Daedeok Innopolis 2009年04月 Oh D.S.,Cha S.R., Kang B.S., Kang K.B., Lee T.K., Im S.B., I.S. Yeom 共著 Daejeon, pp.223
  • 日本・アジアにおける地域の構造と開発 古今書院 2007年04月 車相龍・山本健児 単著 工業の空間変動と工業配置の計画(pp.30-37)
  • 都市計劃的新典範 中華民國都市計劃學會出版 2002年04月 呉徳成, 車相龍 共著 林健元編, pp.75-101

学術関係受賞

  • 中小企業振興公団 第11回中小企業政策論文公募最優秀賞 車相龍 2003年05月

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 2008年04月 ~ 2009年03月 若手研究(B) 国土・地域政策の観点から見るイノベーション・システムの日韓比較研究 日本学術振興会科学研究費補助金(若手研究(B))車相龍(研究代表者)

その他競争的資金獲得実績

  • 2011年06月 ~ 2012年03月 佐世保市 佐世保市連携事業 広域合併の検証受託研究 平成23年6月31日~平成24年3月31日、石川雄一(研究代表者)、綱辰幸、車相龍 佐世保市
  • 2003年04月 ~ 2004年03月 富士ゼロックス小林節太郎記念基金 先端技術産業地域の開発の成功および成長モデルについての研究 車相龍(研究代表者) 富士ゼロックス

研究発表

  • 2013年09月24日 ~ 2013年09月27日 ユネスコ・世界科学都市連合国際トレーニングワークショップ COI STREAM: A New Policy of Japan for R&BD Daejeon, Korea 口頭(招待・特別) 国際会議
  • 2013年06月13日 ~ 2013年06月14日 国際フォーラム Triangle Innovation Approach on Industrial Park Governance and Management in Technopolis: Kitakyushu Case, Japan モンゴルダルハン市 口頭(招待・特別) 国際会議
  • 2012年11月14日 ~ 2012年11月14日 地域発展国際セミナー2012 Issues and Strategies on Regional Development in Japan 韓国大邱広域市 口頭(招待・特別) 国際会議
  • 2012年11月13日 ~ 2012年11月16日 2012ユネスコ・世界科学都市連合国際トレーニングワークショップ The Present State of the Japan’s Cluster Programs 韓国大田広域市 口頭(招待・特別) 国際会議
  • 2012年03月 ~ 2012年03月 中国華僑大学・長崎県立大学国際シンポジウム 先端医療クラスターの政策的な形成:韓国大邱の事例 泉州、中国 シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名) 国内会議
  • 2011年11月 ~ 2011年11月 UNESCO-WTA International Training Workshop on Science & Technology Park-INNOVATION ECOSYSTEM Building STP's Ecosystem: the Kitakyushu Approach Daejeon, Korea 口頭(一般) 国際会議
  • 2011年06月 ~ 2011年06月 Scientific Parks Conceptual Workshop Initiated by the Ministry of Science and Technology and University of Costa Rica The Role of Networking in the Plan, Establishment and Development of a Scientific Park: Japan’s Experience San José, Costa Rica シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名) 国際会議
  • 2010年11月 ~ 2010年11月 中国華僑大学・長崎県立大学国際シンポジウム 日本における産学官連携の現状と政策課題 泉州、中国 シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名) 国内会議
  • 2010年11月 ~ 2010年11月 UNESCO-WTA International Training Workshop on Triple-Helix Model of Innovation Current State and Prospects for Government-Academia-Industry Cooperation in Japan from the Point of View of Academia Daejeon, Korea シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名) 国際会議
  • 2010年05月 ~ 2010年05月 平成22年度九州大学大学院比較社会文化学府FD・SD研修会 「比文」という越境 九州大学 その他 国内会議
  • 2010年05月 ~ 2010年05月 平成22年度長崎県立大学公開講座 地域の革新」―これからのまちづくりを考える 長崎県立大学 その他 国内会議
  • 2009年11月 ~ 2009年11月 中国華僑大学・長崎県立大学国際シンポジウム クラスターの政策的広域化と地域イノベーション・システムの変容―「福岡先端システムLSI開発クラスター」の事例― 佐世保 シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名) 国内会議
  • 2009年10月 ~ 2009年10月 東アジア学会第15回記念大会 超広域交流圏の計画と地域革新の構造―その論点と課題 福岡 口頭(一般) 国内会議 国際合同研究会
  • 2009年06月 ~ 2009年06月 経済地理学会西南支部例会 韓国の国家均衡発展政策と地域革新体制の構築 福岡 口頭(一般) 国内会議
  • 2009年05月 ~ 2009年05月 東北地理学会春季学術大会 韓国における地域革新体制の構築過程に見られる地域的な違いについて 仙台 口頭(一般) 国内会議
  • 2008年11月 ~ 2008年11月 UNESCO-WTA International Training Workshop Towards Creative Growth of Innovation Cluster: Experience and Vista Gained from Clustered Development of IT Industry in Two Japanese Peripheral Cities Daejeon, Korea シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名) 国際会議
  • 2007年11月 ~ 2007年11月 UNESCO-WTA International Training Workshop Political Framework of Business Incubation Focused on University-Industry Linkage and Technology Transfer for Exciting Entrepreneurship in Regional Innovation System Daejeon, Korea シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名) 国際会議
  • 2007年10月 ~ 2007年10月 2007 HEMRI International Conference on the Regional Policy for Improvement of the Economic Competitiveness Experience of Korea in Development of Science and Technology District for Local Regeneration 神戸 シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名) 国内会議
  • 2007年10月 ~ 2007年10月 Japan, Asia Pacific Regional Workshop on Science Technology Park Development Sustainable Development of Science City on High-tech Cluster in Its Historical, Spatial, and Policy-relevant Context: the Case of Kitakyushu City Jakarta, Indonesia シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名) 国際会議
  • 2007年10月 ~ 2007年10月 平成19年度長崎県立大学公開講座 韓国の「ネッティズン」―オンラインの市民社会― 長崎県立大学 その他 国内会議
  • 2006年11月 ~ 2006年11月 Japan, WTA-UNESCO International Training Workshop Sustainable Development of Science City on High-tech Cluster in Its Historical, Spatial, and Policy-relevant Context: the Case of Kitakyushu City Daejeon, Korea シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名) 国際会議
  • 2006年07月 ~ 2006年07月 総合計画検討会議部長会基調講演 総合計画の役割及び今後の展望 佐世保市役所 その他 国内会議

担当授業科目

  • 地域概論 2008年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 地域計画論Ⅰ 2008年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 地域計画論Ⅱ 2008年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 地域開発論 2008年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 新入生セミナー 2008年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 総合演習 2008年04月01日 ~ (継続中) 専任
  • 専門演習 2008年04月01日 ~ (継続中) 専任

その他教育活動及び特記事項

  • 2013年05月 ~ 2013年05月 その他特記事項
    学科FDにおける公開授業

    学科FDの一環として、担当科目の「地域概論」において公開授業を執り行い、終了後、参加教員との意見交換などを通じて、授業の改善方向などを模索した。
  • 2006年04月 ~ (継続中) 教科書・教材の開発
    協業型授業用のワークシートの開発・活用

    受講生が受け身にならず、自ら積極的に授業に参加して教員と共に授業を創っていけるようにするために、約30種類のワークシートを開発し、担当するすべての演習科目および講義科目において適宜活用している。
  • 2006年04月 ~ (継続中) 教育方法・実践に関する発表、講演
    講義科目における学生討論の導入および活性化

    普段受講生が受け身になりがちな講義科目において協業型授業を実現するために、担当するすべての講義科目において学生による討論時間を設けている。「地域概論」「地域計画論Ⅰ」「地域計画論Ⅱ」においては「ペア討論」という形で2~3人の学生が毎回30分間当日の授業に関連する話題を持って話し合いながら授業内容の理解を深めるようにし、「地域開発論」においては15回の講義を3等分し、1~5回は30分間の「ペア討論」、6~10回は45分間の「グループ討論」、11~15回は60分間の「全体討論」を行うことで、授業内容への理解はもちろんのこと、受講生自らの問題意識の深化を図っている。

学外の社会活動(高大・地域連携等)

  • 2013年09月 ~ 2013年09月 韓国弘益大学特別招聘講演 「都市経営とスマートシティ」
  • 2013年09月 ~ 2013年09月 韓国ハンバット大学特別招聘講演 「TODと低炭素都市:日本富山市の事例」
  • 2013年05月 ~ 2013年05月 名古屋市立大学特別招聘講演 「低炭素都市とまちづくり」