栄養健康学科 Department of Nutrition Science

学科長より

栄養健康学科 学科長 古場 一哲学科長
古場 一哲

  • 専門分野:食品化学、食品栄養学
  • 主要担当科目:
    食品学Ⅰ・Ⅱ
    食品学実験Ⅰ・Ⅱ
  • 学位:博士(農学)

 栄養健康学科は、栄養学の専門家として社会の幅広い分野で貢献できる人材の育成を目指しています。生命科学を基盤とした食と栄養・健康に関する専門知識と技能、管理栄養士としての実践力は、高校までの理科、英語、数学などの基礎学力に加え、幅広い教養と道徳性のうえに構築されます。高校生のみなさんは、バランスのとれた心・身・知の基礎づくりにしっかりと励んでください。

こんな人を求めています

  • 身近な「食と健康」を通して健康・福祉社会の創出に貢献したい人
  • 保健・医療・健康の分野、また県や市町村などの管理栄養士を志す人
  • 食品開発、食品の機能性・安全性などに興味を持っている人
  • 子どもたちの食育を通して健康生活づくりに寄与したい人
  • 「食と健康」を科学的に探求する栄養学の専門家になりたい人

栄養健康学科の特長・魅力

栄養健康学科の学び・特色

実践力のある管理栄養士を目指します

栄養学の専門家として社会に貢献できる人材の育成を目的とした全人的教育を行っています。管理栄養士養成施設であり、学生と教員の距離が近いのが特徴です。講義や実験を通して生命科学を基盤とした食と栄養・健康に関する専門知識と技能を体系的に身につけ、少人数の班制で実施する実習や臨地実習を通して病院や各種施設の現場で必要な実践力を身につけていきます。看護学科と協働してチーム医療に必要な能力も高めます。また4年次には、配属された研究室で各自のテーマで卒業研究を行い、卒業論文をまとめます。さらに高度な知識と技能を身につけたい学生は、大学院への進学を目指します。

社会の幅広い分野で活躍できる栄養学の専門家の育成

「食と健康」に関する専門的知識や技能を有する栄養学の専門家として社会に貢献できる人材の育成を目指しています。具体的には、医療機関、福祉施設、特定給食施設などで栄養指導や栄養管理を行う管理栄養士、地域に根ざした活動を通して人々の健康づくりや高齢化社会の食を支える管理栄養士、企業などで食品開発や食品衛生管理に携わる技術者、学校で次世代社会の子どもたちの食育を担う栄養教諭、大学や研究所などで栄養学を教育・研究する研究者などです。

栄養・食品に関する資格を取得できます

医療機関、福祉施設、特定給食施設などで栄養指導や栄養管理を行う管理栄養士の他、企業などで食品開発などに携わる技術者、栄養学を研究する研究者、学校で食育を担う栄養教諭などを養成しています。

取得できる資格・免許等

●栄養士免許 ●管理栄養士国家試験受験資格 ●食品衛生管理者・食品衛生監視員の任用資格 ●栄養教諭一種免許状

講義・実習・演習

講義では生命科学を基盤とした食と栄養・健康に関する専門知識を身につけ、各講義に対応する実験・実習でその知識を実践的に修得し確かなものにします。臨床栄養や栄養指導など、管理栄養士の業務に関わる内容も数多く経験します。

4年間の学び

このページの先頭へ

学びのTOPICS

「給食管理実習」でスキルアップを図っています。

給食経営管理及び給食管理の理論を実習に展開しています。管理栄養士として具備すべき一連の集団給食業務の運営について実習で体得するものです。給食実習室では、学内の給食管理実習室で大量調理(100食以上)の食事提供を体験し、給食運営に関する方法、技術等を身につけることを目的としています。給食実習の計画(plan)、実施(do)、 評価(check)、活動(action)のマネジメントのプロセスを学生が主体となって自主性を尊重しながら実施するので、給食の運営を理解しマネジメントサイクルで実習でき、自ら作成したレシピをもとに大量調理できるなどのスキル等が修得できます。

栄養健康学科で養成する人材像

健康社会実現のために社会の幅広い分野で貢献できる専門的な人材を育成するため、「地域の人々の健康と福祉の向上に貢献できる問題解決能力」「人々の健康維持・増進と疾病の予防・回復に貢献できる栄養マネジメント・アセスメント能力」を養い、健康社会の実現に幅広い分野で貢献できる管理栄養士を育成するとともに、食品開発、食糧資源の有効利用、食品衛生管理などの分野で活躍できる栄養学・健康科学研究者、次世代社会を拓く子供たちの食育を担う栄養教諭の育成を目指します。

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次 3年次 4年次
全学教育科目 教養セミナー/人文科学/社会科学/自然科学/健康科学/情報科学/長崎を学ぶ/しまに学ぶ/キャリア形成/外国語





専学
門部
科共
目通
人間・社会 発達心理学/社会福祉論 健康政策と法規 臨床心理学
健康 食看護学演習 運動処方論   チーム医療論/チーム医療演習








学科基礎 基礎生物学/基礎化学/生活と化学/有機化学/高分子化学   機器分析演習  
社会・環境と健康   公衆衛生学Ⅰ・Ⅱ
生命と健康 解剖生理学Ⅰ/生化学Ⅰ 解剖生理学Ⅱ/解剖生理学実験Ⅰ・Ⅱ/生化学Ⅱ/生化学実験Ⅰ・Ⅱ/臨床医学総論/運動生理学/運動生理学実験 臨床医学各論/臨床医学検査実習  
食べ物と健康 食品学Ⅰ/調理学/調理学実習Ⅰ・Ⅱ 食品学Ⅱ/食品学実験Ⅰ・Ⅱ/食品衛生学Ⅰ・Ⅱ 食品衛生学実験/食品衛生学演習  

栄養の基礎 基礎栄養学Ⅰ 基礎栄養学Ⅱ/基礎栄養学実験    
個人と栄養   応用栄養学の基礎/ライフステージ栄養学Ⅰ ライフステージ栄養学Ⅱ/応用栄養学実習  
栄養教育・指導   栄養教育論/栄養教育論演習/栄養指導論/栄養情報解析演習 栄養指導論実習/栄養教育・指導実習  
臨床栄養   臨床栄養管理学/栄養療法学Ⅰ・Ⅱ/栄養療法学実習/臨床介助技術論 臨床栄養指導実習/臨床栄養臨地実習
地域栄養   公衆栄養学Ⅰ 公衆栄養学Ⅱ/地域組織活動論/公衆栄養活動実習 公衆栄養臨地実習
フードマネジメント栄養   給食経営管理論/給食管理 給食管理実習/給食管理臨地実習  
特別演習     特別演習Ⅰ 特別演習Ⅱ
特別講義     生命健康科学特別講義/栄養科学特別講義
専門演習   専門ゼミナール 卒業研究
栄養教諭関連   学校栄養指導論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
※平成29年度のカリキュラムです。

PICK UP カリキュラム

食品衛生学実験

食品衛生学実験

食品中の微生物の検出法や水道水の残留塩素濃度の測定法など、管理栄養士に必要な衛生管理に関する手法を学びます。実験を通し、管理栄養士として調理施設の衛生管理に対する意識を高めることが目的です。

ライフステージ栄養学Ⅰ・Ⅱ

ライフステージ栄養学Ⅰ・Ⅱ

胎児期から老齢期までといった、各ライフステージの身体の発達・機能の変化を理解し、それらに応じた栄養管理方法や人に対する栄養指導についても考えることが目的です。

在学生メッセージ

「食」はすべてに通ずる。だからこそ奥が深いと思います。

名嘉真 千怜 さん
栄養健康学科 4年
沖縄県/開邦高等学校出身

 私自身、病気やケガが重なったため、食や健康に関心を持つようになったのがこの道を志すきっかけでした。中学生の頃から将来は絶対に管理栄養士になると決めていました。しかし、地元の沖縄には管理栄養士を育成する大学が無く、実績がある長崎県立大学に入学しました。この学科は、食事や栄養のことだけでなく、それらと関連して病態や運動生理、食品学、栄養教育などの幅広い知識や技術を身につけることができます。学ぶほどに人々が健康で、より豊かな生活を過ごすために「食」の重要性を実感するようになりました。
 今後は、これからの時代に向けた新しい食の提案ができるような管理栄養士を目指したいと思っています。

注目の授業

【給食管理実習】

献立作成から大量調理、衛生管理、品質管理、食事提供など、集団給食における一連のプロセスを学生が主体となって取り組みます。コミュニケーション能力など現場で必要な能力が育まれる実習です。

栄養健康学科3年次前期の履修モデル

この時間割は一般的なもので、ここで紹介している学生のものではありません。

Mon Tue Wed Thu Fri
1st 特別演習Ⅰ 給食管理実習 栄養療法学Ⅰ ライフステージ栄養学Ⅱ 栄養指導論実習
2nd 教育相談・カウンセリング 給食管理実習 臨床医学各論 栄養指導論実習
3rd 食品衛生学演習 食品衛生学演習
4th 生徒指導論 食品衛生学演習
5th 公衆栄養学Ⅱ 機器分析演習 食品衛生学演習

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ