栄養健康学科 Department of Nutrition Science

学科長より

栄養健康学科 学科長 古場 一哲学科長
古場 一哲

  • 専門分野:食品化学、食品栄養学
  • 主要担当科目:
    食品学Ⅰ・Ⅱ
    食品学実験Ⅰ・Ⅱ
  • 学位:博士(農学)

 栄養健康学科では、栄養学の専門家として社会に役立つ人間性を育てることを基本にした全人的教育を行っています。生命科学に興味があり、知的好奇心にあふれ、健康社会に栄養学の面から寄与することに関心と熱意をお持ちの方々の入学を期待しています。

こんな人を求めています

  • 身近な「食と健康」を通し、健康・福祉社会の創出に貢献したい人
  • 保健・医療・健康の分野、また県や市町村などの管理栄養士を志す人
  • 食品開発、食品の安全性、機能性などに興味を持っている人
  • 子どもたちの食育を通して、健康生活づくりに寄与したい人
  • 生命科学に根ざし、「食と健康」を科学するスペシャリストになりたい人

栄養健康学科の特長・魅力

実践力のある管理栄養士を目指します

栄養学の専門家として社会に貢献できる人材の育成を目的とした全人的教育を行っています。講義や実験を通して生命科学を基盤とした食と栄養・健康に関する専門技術を身に付け、少人数の班制で実施する実習や臨地実習を通して病院や各種施設の現場で必要な実践力を身に付けていきます。また、看護学科と協働してチーム医療に必要な能力も高めます。4年次には配属された研究室で卒業研究を行い、さらに高度な知識と技能を身に付けたい学生は大学院への進学を目指します。

栄養・食品に関する資格を取得できます

医療機関、福祉施設、特定給食施設などで栄養指導や栄養管理を行う管理栄養士の他、企業などで食品開発などに携わる技術者、栄養学を研究する研究者、学校で食育を担う栄養教諭などを養成しています。

取得できる資格・免許等

●栄養士免許 ●管理栄養士国家試験受験資格 ●食品衛生管理者・食品衛生監視員の任用資格 ●栄養教諭一種免許状

講義・実習・演習

座学で学ぶ講義のほかに、豊富な実験・実習の時間が設けられています。
栄養指導や調理など、栄養士が仕事として行っている内容も数多く経験します。

学びTOPICS

実習を通してスキルやノウハウを身に付ける

「給食管理実習」では、管理栄養士に必要とされる「集団給食業務」の運営に関するスキルやノウハウを学びます。これまで座学で学んできた給食経営管理や給食管理の理論を実践に展開し、学内の給食管理実習室で100食以上の食事提供を体験します。
実習では、計画(plan)、実施(do)、評価(check)、活動(action)のマネジメントのプロセスを学生の自主性を尊重しながら学生が主体となって実施しています。自ら作成したレシピをもとに大量調理を実際に体験することで給食運営の難しさを理解し、その解決のためのノウハウを実践的に身に付けます。
 

4年間の学び

このページの先頭へ

栄養健康学科で養成する人材像

健康社会実現のために社会の幅広い分野で貢献できる専門的な人材を育成するため、「地域の人々の健康と福祉の向上に貢献できる問題解決能力」「人々の健康維持・増進と疾病の予防・回復に貢献できる栄養マネジメント・アセスメント能力」を養い、健康社会の実現に幅広い分野で貢献できる管理栄養士を育成するとともに、食品開発、食糧資源の有効利用、食品衛生管理などの分野で活躍できる栄養学・健康科学研究者、次世代社会を拓く子供たちの食育を担う栄養教諭の育成を目指します。

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次 3年次 4年次
全学教育科目 教養セミナー/人文科学/社会科学/自然科学/健康科学/情報科学/長崎を学ぶ/しまに学ぶ/キャリア形成/外国語





専学
門部
科共
目通
人間・社会 発達心理学/社会福祉論 健康政策と法規 臨床心理学
健康 食看護学演習 運動処方論   チーム医療論/チーム医療演習








学科基礎 基礎生物学/基礎化学/生活と化学/有機化学/高分子化学   機器分析演習  
社会・環境と健康   公衆衛生学Ⅰ・Ⅱ
生命と健康 解剖生理学Ⅰ/生化学Ⅰ 解剖生理学Ⅱ/解剖生理学実験Ⅰ・Ⅱ/生化学Ⅱ/生化学実験Ⅰ・Ⅱ/臨床医学総論/運動生理学/運動生理学実験 臨床医学各論/臨床医学検査実習  
食べ物と健康 食品学Ⅰ/調理学/調理学実習Ⅰ・Ⅱ 食品学Ⅱ/食品学実験Ⅰ・Ⅱ/食品衛生学Ⅰ・Ⅱ 食品衛生学実験/食品衛生学演習  

栄養の基礎 基礎栄養学Ⅰ 基礎栄養学Ⅱ/基礎栄養学実験    
個人と栄養   応用栄養学の基礎/ライフステージ栄養学Ⅰ ライフステージ栄養学Ⅱ/応用栄養学実習  
栄養教育・指導   栄養教育論/栄養教育論演習/栄養指導論/栄養情報解析演習 栄養指導論実習/栄養教育・指導実習  
臨床栄養   臨床栄養管理学/栄養療法学Ⅰ・Ⅱ/栄養療法学実習/臨床介助技術論 臨床栄養指導実習/臨床栄養臨地実習
地域栄養   公衆栄養学Ⅰ 公衆栄養学Ⅱ/地域組織活動論/公衆栄養活動実習 公衆栄養臨地実習
フードマネジメント栄養   給食経営管理論/給食管理 給食管理実習/給食管理臨地実習  
特別演習     特別演習Ⅰ 特別演習Ⅱ
特別講義     生命健康科学特別講義/栄養科学特別講義
専門演習   専門ゼミナール 卒業研究
栄養教諭関連   学校栄養指導論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
※平成28年度のカリキュラムです。

Pick Up カリキュラム

臨地実習

臨床栄養学関連の講義および臨床栄養指導実習等で修得した知識と技術を生かすための実習です。実践教育の場での課題発見と問題解決を通して、栄養評価・判定にもとづく適切なマネジメントを学びます。またそれに必要な専門的知識・理論と技術の統合を図りながら、チーム医療の一員として参画できることを目的とした病院実習です。
臨地実習

食品衛生学実験

食品中の微生物の検出法や水道水の残留塩素濃度の測定法など、管理栄養士に必要な衛生管理に関する手法を学びます。実験を通し、管理栄養士として調理施設の衛生管理に対する意識を高めることが目的です。
食品衛生学実験

ライフステージ栄養学Ⅰ・Ⅱ

胎児期から老齢期までといった、各ライフステージの身体の発達・機能の変化を理解し、それらに応じた栄養管理方法や人に対する栄養指導についても考えることが目的です。
ライフステージ栄養学Ⅰ・Ⅱ

在学生メッセージ

発展途上国の問題を栄養面から解決したい

栄養健康学科在校生メッセージ
福田 歩美 さん
栄養健康学科 3年
長崎県/口加高等学校出身
 
 もともと食べることが好きで栄養健康学科を志望しました。入学後、健康と栄養について学んでいくうちに自分自身の食習慣についても考えるようになりました。なるべく一汁三菜の献立を考えたり、周りの学生たちと食の知識や料理レシピを教え合ったりしているうちに、生活スタイルが見直されたと思います。この学科に入学したら将来は管理栄養士しか道はないと思っていたのですが、一般企業で食品開発をしたり公務員として働いたりと、様々な職に就くことができると知り、将来の選択肢がグッと広くなりました。今後は発展途上国における飢餓や病気の栄養改善策を模索するべく、海外にも目を向けて行きたいです。

注目の講義

【生化学実験Ⅰ・Ⅱ、食品学実験Ⅰ・Ⅱ】

両科目では、細胞培養、食品中の栄養素の定量など座学で得た知識を、私たち学生が実際に実験を行うことでさらに深く理解できる、たいへん有意義な授業でした。

栄養健康学科1年次後期の履修モデル

この時間割は一般的なもので、ここで紹介している学生のものではありません。

Mon Tue Wed Thu Fri
1st 生化学Ⅰ 情報処理演習Ⅱ 調理学実習Ⅱその1 英語Ⅲ リーディングⅡ
2nd 食品学Ⅰ 基礎栄養学Ⅰ 調理学実習Ⅱその2 英語Ⅳ オーラル・コミュニケーションⅡ
3rd ライフスポーツ 高分子化学 解剖生理学Ⅰ キャリアデザインⅠ
4th 化学 長崎と文化 食看護学演習
5th 現代人とスポーツ 長崎の歴史と今 食看護学演習

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ