栄養健康学科 Department of Nutrition Science

学科長より

学科長
古場 一哲

  • 専門分野:食品化学、食品栄養学
  • 主要担当科目:
    食品学Ⅰ・Ⅱ
    食品学実験Ⅰ・Ⅱ
  • 学位:博士(農学)

 栄養健康学科は、栄養学の専門家として社会の幅広い分野で貢献できる人材の育成を目指しています。生命科学を基盤とした食と栄養・健康に関する専門知識と技能、管理栄養士としての実践力は、高校までの理科、英語、数学などの基礎学力に加え、幅広い教養と道徳性のうえに構築されます。高校生のみなさんは、バランスのとれた心・身・知の基礎づくりにしっかりと励んでください。

こんな人を求めています

  • 身近な「食と健康」を通して健康・福祉社会の創出に貢献したい人
  • 保健・医療・健康の分野、また県や市町村などの管理栄養士を志す人
  • 食品開発、食品の機能性・安全性などに興味を持っている人
  • 子どもたちの食育を通して健康生活づくりに寄与したい人
  • 「食と健康」を科学的に探求する栄養学の専門家になりたい人

栄養健康学科の特長・魅力

栄養健康学科の学び・特色

実践力のある管理栄養士を目指します

栄養学の専門家として社会に貢献できる人材の育成を目的とした全人的教育を行っています。管理栄養士養成施設であり、学生と教員の距離が近いのが特徴です。講義や実験を通して生命科学を基盤とした食と栄養・健康に関する専門知識と技能を体系的に身につけ、少人数の班制で実施する実習や臨地実習を通して病院や各種施設の現場で必要な実践力を身につけていきます。看護学科と協働してチーム医療に必要な能力も高めます。また4年次には、配属された研究室で各自のテーマで卒業研究を行い、卒業論文をまとめます。さらに高度な知識と技能を身につけたい学生は、大学院への進学を目指します。

社会の幅広い分野で活躍できる栄養学の専門家の育成

「食と健康」に関する専門的知識や技能を有する栄養学の専門家として社会に貢献できる人材の育成を目指しています。具体的には、医療機関、福祉施設、特定給食施設などで栄養指導や栄養管理を行う管理栄養士、地域に根ざした活動を通して人々の健康づくりや高齢化社会の食を支える管理栄養士、企業などで食品開発や食品衛生管理に携わる技術者、学校で次世代社会の子どもたちの食育を担う栄養教諭、大学や研究所などで栄養学を教育・研究する研究者などです。

栄養・食品に関する資格を取得できます

医療機関、福祉施設、特定給食施設などで栄養指導や栄養管理を行う管理栄養士の他、企業などで食品開発などに携わる技術者、栄養学を研究する研究者、学校で食育を担う栄養教諭などを養成しています。

取得できる資格・免許等

●栄養士免許 ●管理栄養士国家試験受験資格 ●食品衛生管理者・食品衛生監視員の任用資格 ●栄養教諭一種免許状

講義・実習・演習

講義では生命科学を基盤とした食と栄養・健康に関する専門知識を身につけ、各講義に対応する実験・実習でその知識を実践的に修得し確かなものにします。臨床栄養や栄養指導など、管理栄養士の業務に関わる内容も数多く経験します。

4年間の学び

「食」を通してあらゆる人々の健康を支える管理栄養士を目指します

このページの先頭へ

学びのTOPICS

管理栄養士としての知識や技術を修得する3つの「臨地実習」

栄養健康学科では、臨地実習として3年次に「給食管理臨地実習」(1週間)、4年次に「公衆栄養臨地実習」(1週間)および「臨床栄養臨地実習」(2週間)を実施しています。それぞれ学校や高齢者福祉施設、保健所や市町保健センター、病院で管理栄養士の業務に携わり、各職域での専門的な業務や役割等を修得し、学内で学んだ講義や実習との統合を目指します。臨地実習期間中のみならず、その前後に、事前指導・課題への取組および事後指導・実習報告会等をしっかりと行うことで、臨地実習の目的・目標を達成し、管理栄養士としての意識付けが強くなります。

栄養健康学科で養成する人材像

健康社会実現のために社会の幅広い分野で貢献できる専門的な人材を育成するため、「地域の人々の健康と福祉の向上に貢献できる問題解決能力」「人々の健康維持・増進と疾病の予防・回復に貢献できる栄養マネジメント・アセスメント能力」を養い、健康社会の実現に幅広い分野で貢献できる管理栄養士を育成するとともに、食品開発、食糧資源の有効利用、食品衛生管理などの分野で活躍できる栄養学・健康科学研究者、次世代社会を拓く子供たちの食育を担う栄養教諭の育成を目指します。

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次 3年次 4年次
全学教育科目 教養セミナー/人文科学/社会科学/自然科学/健康科学/情報科学/長崎を学ぶ/しまに学ぶ/キャリア形成/外国語





専学
門部
科共
目通
人間・社会 発達心理学/社会福祉論 健康政策と法規 臨床心理学
健康 食看護学演習 運動処方論   チーム医療論/チーム医療演習








学科基礎 基礎生物学/基礎化学/生活と化学/有機化学/高分子化学   機器分析演習  
社会・環境と健康   公衆衛生学Ⅰ・Ⅱ
生命と健康 解剖生理学Ⅰ/生化学Ⅰ 解剖生理学Ⅱ/解剖生理学実験Ⅰ・Ⅱ/生化学Ⅱ/生化学実験Ⅰ・Ⅱ/臨床医学総論/運動生理学/運動生理学実験 臨床医学各論/臨床医学検査実習  
食べ物と健康 食品学Ⅰ/調理学/調理学実習Ⅰ・Ⅱ 食品学Ⅱ/食品学実験Ⅰ・Ⅱ/食品衛生学Ⅰ・Ⅱ 食品衛生学実験/食品衛生学演習  

栄養の基礎 基礎栄養学Ⅰ 基礎栄養学Ⅱ/基礎栄養学実験    
個人と栄養   応用栄養学の基礎/ライフステージ栄養学Ⅰ ライフステージ栄養学Ⅱ/応用栄養学実習  
栄養教育・指導   栄養教育論/栄養教育論演習/栄養指導論/栄養情報解析演習 栄養指導論実習/栄養教育・指導実習  
臨床栄養   臨床栄養管理学/栄養療法学Ⅰ・Ⅱ/栄養療法学実習/臨床介助技術論 臨床栄養指導実習/臨床栄養臨地実習
地域栄養   公衆栄養学Ⅰ 公衆栄養学Ⅱ/地域組織活動論/公衆栄養活動実習 公衆栄養臨地実習
フードマネジメント栄養   給食経営管理論/給食管理 給食管理実習/給食管理臨地実習  
特別演習     特別演習Ⅰ 特別演習Ⅱ
特別講義     生命健康科学特別講義/栄養科学特別講義
専門演習   専門ゼミナール 卒業研究
栄養教諭関連   学校栄養指導論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
※平成30年度のカリキュラムです。

PICK UP カリキュラム

運動生理学

運動生理学

食べた物が体内でどのように使われるのかは、環境やその人の状態によって大きく変わります。ヒトが運動すると身体がどのような変化をするのか、エネルギー代謝、呼吸循環器、骨や筋肉といった視点から学びます。また運動は栄養と共に健康を支える大きな柱となるため、運動による疾病の予防・治療の効果についても学びます。さらにアスリートのパフォーマンス向上のための栄養についても触れます。教科書的な内容に、最新の知見や大学での研究成果を交えて授業を進めています。運動療法を学ぶ上で基礎となる知識を身につけるのも目標です。

基礎栄養学実験

基礎栄養学実験

摂取した食品がどのように健康機能性を発揮するのか、実験を通して学びます。長崎県産の農産物を含む飼料を調製し、ラットなどの動物に摂食させて血液成分に及ぼす影響を調べます。実験を通して、摂取する食事内容がヒトの健康に強く影響することへの理解を深めます。

在学生メッセージ

専門的な深い授業で調理技術が向上しました。

石橋 聡 さん
栄養健康学科 2年
三重県/上野高等学校出身

 私は管理栄養士の道に進みたいと思い、この学科を選びました。大学の授業は座学だけでなく、実習や実験がたくさんあって、とても楽しく学べています。
 自分を大きく成長させてくれたのは、調理操作を科学的に理解することができる調理学の講義。普段あまり深く考えずに調理を行っていましたが、この授業によって、調理操作の目的やメリット、デメリットを理解することができ、調理技術が向上し、調理の幅も広がりました。今後は教職課程の科目に力を入れていきたいです。

注目の授業

【食品学】

覚えなければならない事が多くて大変な面もありますが、普段食べている食品に講義で扱った知識や技術が活かされていることが分かると、より身近に感じられ、興味深く思います。

栄養健康学科2年次前期の履修モデル

この時間割は一般的なもので、ここで紹介している学生のものではありません。

Mon Tue Wed Thu Fri
1st 教育学概論 生化学Ⅱ 栄養教育論 運動生理学 基礎栄養学Ⅱ
2nd 道徳教育 栄養教育論演習 給食経営管理論 食品学Ⅱ 応用栄養学の基礎
3rd 解剖生理学Ⅱ 長崎のしまに学ぶ 基礎栄養学実験 解剖生理学実験Ⅰ 生化学実験Ⅰ
4th 公衆衛生学Ⅰ 食品学実験Ⅰ 基礎栄養学実験 解剖生理学実験Ⅰ 生化学実験Ⅰ
5th 食品学実験Ⅰ 基礎栄養学実験 解剖生理学実験Ⅰ 生化学実験Ⅰ
6th 食品学実験Ⅰ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ