研究情報詳細

氏名

鈴木 暁彦(スズキ アキヒコ)
SUZUKI Akihiko

所属

国際社会学科

職名

教授

学歴

  • 早稲田大学 法学部 1981年04月01日(入学) 1985年03月(卒業)
  • 放送大学 文化科学研究科 社会経営科学プログラム 2011年04月01日(入学) 2013年03月(修了)

取得学位

  • 学位区分:修士、学位名:修士(学術)、学位の分野:政治学、授与機関:放送大学、論文題目名:現代中国「知」による対外イメージの自画像-2000年以降の論考を中心に-、取得年月:2013年03月

学内職務経歴

  • 教授 本務 常勤 2016年04月01日 ~ (継続中)

学外略歴

  • 関西学院大学 国際学部 非常勤講師 アジアメディア文化論 非常勤 2011年04月01日 ~ 2016年03月31日
  • 立教大学 社会学部 非常勤講師 今日のメディアとジャーナリズム 非常勤 2009年04月01日 ~ 2010年03月31日
  • 科学技術振興機構 中国総合研究センター フェロー 対外広報、情報発信業務 常勤 2012年04月01日 ~ 2013年03月31日
  • 東京大学 東大EMP室 特任専門員 プログラムオフィサー 常勤 2010年10月16日 ~ 2012年03月31日
  • 朝日新聞社 大阪・東京経済部→北京支局(中国総局)→大阪経済部→広州支局など 経済部員→北京支局員(中国総局員)→大阪経済部次長→広州支局長など 常勤 1985年04月01日 ~ 2010年09月30日

専門分野(科研費分類)

  • 政治学 マスコミュニケーション論 現代中国論

研究経歴

  • 習近平体制の経済改革〜改革の青写真とその可能性〜 中国 習近平政権 改革 政治学、国際関係論、経済政策 政治学

学位論文

  • 2013年03月 専門分野:政治学、国際関係論、 題目名:現代中国「知」による対外イメージの自画像-2000年以降の論考を中心に-、

論文

  • 「多様化する大衆の思想と求心力の再生」 『東亜』 第563号 P106-115 (2014年05月) 鈴木暁彦 単著
    概要:連載「習近平体制の経済改革〜改革の青写真とその可能性〜」の第2回原稿として執筆。中国の大衆の利害と願望が多様化する中、習政権は「改革の深化」によって求心力を再生できるのかどうかを考察した。特に、改革の前途と想定される批判を明らかにした。
  • 「現代中国の多様化する社会思潮と民主化「諸言説」 」 『Open Forum(放送大学大学院教育研究成果報告)』 第10号 P92-97 (2014年03月) 鈴木暁彦 単著
    概要:社会経営科学プログラムの論文として執筆依頼を受けた。内容は、修士論文を基に、ハイライトが読者に伝わるように作成した。なお、本論文集には論文10本、研究ノート42本が収録されている。
  • 「中国の報道規制とチベット取材」 『朝日総研リポートAIR21』 第218号 P2-27 (2008年07月) 鈴木暁彦 単著
    概要:朝日総研リポートの巻頭論文として掲載。中国当局による報道規制、2008年3月に起きたチベット「暴動」直後のチベット取材、北京五輪と海外メディアに対する規制について分析した。
  • 「貿易摩擦から見る日中経済関係の将来」 『アジア金融危機における華人経済の変貌と日本の対応について』 P90-99 (2003年03月) 鈴木暁彦 単著
    概要:研究代表者:林華生(早稲田大学アジア太平洋研究センター)による研究組織(20名)に研究協力者として参加。平成13年11月3日〜4日の国際シンポジウム「日本と東アジア経済の再構築」で発表した。日本のセーフガード発動の動きを軸に日中経済関係の変化と将来の展望を分析した。

著書

  • 経済危機と新聞のデジタル化—中国の新聞でいま起きていること 朝日新聞社 2010年01月 鈴木暁彦 単著 中国でメディアを研究する大学院生の論文を日本語に翻訳した(pp.78〜87)。元の論文にはない注釈を追加し、理解を助ける工夫をした。「清華大学・朝日研究助成論文集」から論文1点を選び、翻訳した。
  • 奔流中国21 新世紀大国の素顔 朝日新聞出版 2008年10月 藤原秀人,山田厚史,鈴木暁彦ほか pp.196〜200、220〜225 共著 朝日新聞長期連載企画の単行本化。
  • 奔流中国 21世紀の中華世界 朝日新聞社 1998年03月 加藤千洋,山田厚史,石川真澄,小池民男,鈴木暁彦ほか pp.82~84、89〜92 共著 朝日新聞長期連載企画の単行本化。

総説・解説記事

  • 早春のシャングリラ 中国の桃源郷 再訪 朝日新聞夕刊 朝日新聞社 2007年03月 鈴木暁彦 単著 新春を迎えたチベット文化圏を再訪し、中国の領土内にあるチベット社会の風俗とその変化を調査した。6回連載。
  • 変わるシャングリラ 中国の桃源郷を行く 朝日新聞夕刊 朝日新聞社 2006年11月 鈴木暁彦 単著 2008年の「暴動」発生前に、中国のチベット文化圏に注目し、チベット社会の変化、中国との緊張関係などを調査した。7回連載。
  • 文革と向き合う/終結から30年 朝日新聞夕刊 朝日新聞社 2006年09月 塚本和人,鈴木暁彦,林望 共著 文化大革命は今も政治的にタブー視されている。そうした状況の下で、文革に正面から向き合う少数派の人たちを発掘し、調査した。
  • フランシスコ・ザビエル/生誕500年/見直し中 朝日新聞 朝日新聞社 2006年07月15日 鈴木暁彦 単著 ザビエルの足跡が中国で「再評価」されつつあることを調査した。ザビエルは日本での布教後、中国本土を目指したが、広東省の島で死去した。
  • 中台双方「武力」望まず/経済の一体化進む「両岸三地」で関係者に聞く 朝日新聞 朝日新聞社 2000年05月12日 鈴木暁彦 単著 中国が「独立派」と見なす陳水扁が台湾総統に就任する直前に、広東省、香港、台湾を訪問し、調査した。
  • きしみ横目にしたたか交流/台湾企業の進出数、中国一/東莞市 朝日新聞 朝日新聞社 2000年02月03日 鈴木暁彦 単著 台湾企業がひしめく広東省の都市を調査した。
  • 知難而進(チーナンアルチン) 中国経済報告 朝日新聞 朝日新聞社 1999年08月 鈴木暁彦,山田厚史,永持裕紀,村上太輝夫 共著 朱鎔基首相の進める改革の実態と見通しを調査した。「知難而進」は、困難を恐れず進む、という意味。
  • 中国、逆風下の「三大改革」 朝日新聞 朝日新聞社 1998年02月24日 鈴木暁彦 単著 朱鎔基首相就任直前に、中国が挑む改革の前途について、調査、分析した。

研究発表

  • 2014年03月13日 ~ 2014年03月13日 霞山会第10期(2014年度上半期)研究会(「習近平体制の経済改革〜改革の青写真とその可能性〜」) 多様化する大衆の思想と求心力の再生 東京・霞山会館 口頭(招待・特別) 国内会議 政治学 霞山会第10期(2014年度上半期)研究会(「習近平体制の経済改革〜改革の青写真とその可能性〜」)のメンバーとして、担当テーマについて発表した。
  • 2001年11月03日 ~ 2001年11月04日 国際シンポジウム「日本と東アジア経済の再構築」 貿易摩擦から見る日中経済関係の将来 早稲田大学国際会議場 口頭(招待・特別) 国際会議 政治学、国際関係論、経済政策 国際シンポジウム「日本と東アジア経済の再構築」には、東南アジアや日本、中国、ロシア、米国、オーストラリアなどの専門家、学者が参加。バブル経済の崩壊後立ち直れない日本経済と、1997年の亜細亜経済危機以来、停滞が続くアジア経済の将来を論議した。

座談会等

  • 2008年10月16日 上智大学・朝日新聞合同シンポジウム「中国との環境協力」 上智大学と朝日新聞の合同シンポジウム「中国との環境協力」を開催し、コーディネーターを務めた。概要は後日、朝日新聞紙面で紹介した。 上智大学10号館講堂

学外の社会活動(高大・地域連携等)

  • 2009年12月 ~ 2009年12月 朝日新聞ジャーナリスト学校主催「学生冬季ジャーナリズム研修(公募)」 新聞記者を目指す大学生を公募し、2日間にわたり、ジャーナリズムについてセミナーを開催した。会場は朝日新聞東京本社など。
  • 2009年07月 ~ 2009年08月 朝日新聞ジャーナリスト学校主催「学生夏季ジャーナリズム研修(公募)」 新聞記者を目指す大学生を公募し、ジャーナリズムについて、2週間にわたり、セミナーを開催した。会場は朝日新聞東京本社など。
  • 2009年04月 ~ 2009年09月 朝日新聞寄付講座「今日のメディアとジャーナリズム」 立教大学社会学部メディア社会学科の朝日新聞寄付講座「今日のメディアとジャーナリズム」(合計30時限)を運営した。そのうち2時限は「アジアをどう報じるか」のテーマで講義を行った。会場は立教大学池袋キャンパス。
  • 2009年03月 ~ 2009年03月 ミドルマネジャー教育センター(東京都文京区)主催月例会 ミドルマネジャー教育センター(東京都文京区)主催月例会で、講「頼りになるか中国経済〜期待とリスク」をテーマに講演した。会場は、ホテルKKR東京。
  • 2008年11月 ~ 2008年11月 兵庫県尼崎市立立花公民館の市民大学講座 兵庫県尼崎市立立花公民館の市民大学講座で、「日本とアジア〜中国との関係を中心に〜」をテーマに講演した。会場は、同公民館。
  • 2008年07月 ~ 2008年08月 朝日新聞ジャーナリスト学校主催「学生夏季ジャーナリズム研修(公募)」 新聞記者を目指す大学生を公募し、ジャーナリズムについて、約2週間にわたり、セミナーを開催した。会場は朝日新聞東京本社など。
  • 2008年04月 ~ 2008年09月 朝日新聞寄付講座「今日のメディアとジャーナリズム」 立教大学社会学部の朝日新聞寄付講座「今日のメディアとジャーナリズム」(合計30時限)を運営した。また、補講として、2時限の授業「中国の報道規制とチベット取材」を実施し、講師を務めた。