経済学科 Department of Economics

学科長より

【政府の経済的あり方を考える】
 政府は税金を用いて政策を行っていますが、財政赤字もあり、人々のニーズも多様化しています。また、少子・高齢化などに対し、将来さらに費用が必要です。そのなかで、効率的で満足感の高い政府のサービスのあり方を考えています。

こんな人を求めています

●経済、社会、及び企業の問題に興味や関心のある人。
●地域社会や国際社会に、貢献する意欲がある人。
●経済学の実践的応用能力や立案能力が必要な職種で活躍したい人。
●商社やさまざまな企業の海外事業部門などでグローバルな経済活動を目指す人。

学科長
綱 辰幸

  • 専門分野:財政学、地方財政論、租税論
  • 主要担当科目:財政学Ⅰ・Ⅱ、地方財政論
  • 学位:経済学修士

経済学科の特長・魅力
興味に応じて、2コースから選べます。

経済学科の特長

講義紹介

開発経済論

開発途上国における問題について考察します(中村 和敏 准教授)

 「開発途上国」の経済問題を取り上げ、その背景、現状、解決策について学びます。開発途上国と一口に言っても、飢餓に苦しんでいる貧しい国から、経済成長の著しい新興国まで、さまざまな国があります。講義では、現代の国際社会における多様な課題に対して、先進国や国際社会が、どのように取り組んできたのかを考察します。焦点を当てるトピックスは、世界の貧困、人口爆発、食糧問題、そして国際協力です。日本の経済発展についても振り返り、その経験を現代の開発途上国の発展に生かす方法を検討します。

ゼミナール紹介

国際金融ゼミナール

幅広いテーマを題材に「国際金融」を学びます(青木 圭介 教授)

 「国際金融」という学問では、幅広いテーマが分析の対象となります。例えば、為替レートはどのように決まるのか?通貨危機の原因は?など、ニュース番組や新聞で見聞きすることがテーマになります。一方、日本経済に影響を与える大きな問題も分析の対象で、これらを理論的に学びます。また、青木ゼミでは、ゼミ合宿や他大学とのディベート大会を実施しています。それらを通じて論理的な「思考力」や「発言力」、力を合わせて物事に取り組む「協調性」や「実行力」を養います。

4年間の流れ

経済人として必要な力を身につけ、地域や国際社会にはばたきます

経済的視野と経済分析に必要な基礎力や、他者の意見や人格を尊重し自分の考えを伝える能力を身につけます。
地域経済の諸問題の解決策を導き出す企画能力や、国際的な視野をもってグローバルに活動できる能力を身につけます。

このページの先頭へ

人材養成の方針

本学科は、地域経済の発展に寄与するため、地域経済の諸問題を的確に把握して、その解決策を導き出す企画能力を有する人材を育成します。また、古くから海外貿易の拠点として発展してきた本県の特性を活かし、国際的な視野とコミュニケーション能力を養成し、貿易や海外事業などグローバルな経済社会で活躍できる能力を有する人材を育成します。

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次 3年次 4年次





時空間の探求 日本史概説/西洋史概説/東洋史概説/人文地理学/自然地理学/科学史
生活の中の情報と科学 情報処理演習Ⅰ,Ⅱ  
情報処理概論/ライフスポーツ/健康科学/化学/生物科学/物理科学
人間性と文化 哲学/倫理学/文学/心理学Ⅰ,Ⅱ/文化人類学/国語表現
現代社会と市民生活 日本国憲法/法学概論/政治学/社会学
現代社会の課題 現代地域社会の諸問題/環境と人間社会/国際化、情報化の進展と諸問題/現代世界と平和
長崎を学ぶ 長崎と文化/長崎の歴史と今/長崎と宗教/シーボルトと長崎/長崎と産業/長崎と平和
しまを学ぶ 長崎のしまに学ぶ/しまのフィールドワーク


英語 英語演習Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ,Ⅵ/オーラル・コミュニケーションⅠ,Ⅱ/リーディングⅠ,Ⅱ      
英語演習Ⅶ,英語演習Ⅷ,オーラル・コミュニケーションⅢ,Ⅳ/リーディングⅢ,Ⅳ/ライティングⅠ,Ⅱ/カレント・イングリッシュⅠ,Ⅱ/海外語学研修(英語)
中国語 中国語ⅠA,ⅠB(文法)/中国語ⅠA,ⅠB(会話)      
中国語ⅠA,ⅠB(ヒアリング作文)/中国語ⅠA,ⅠB(筆記・読解)/中国語ⅡA,ⅡB(講読)/中国語ⅡA,ⅡB(会話)    
中国語ⅡA,ⅡB(ヒアリング作文)/中国語ⅡA,ⅡB(筆記・読解)/中国語ⅢA(時事・新聞)/中国語ⅢA(表現)/海外語学研修(中国語)
その他 韓国・朝鮮語ⅠA,ⅠB/フランス語ⅠA,ⅠB/スペイン語ⅠA,ⅠB/ドイツ語ⅠA,ⅠB  
  韓国・朝鮮語ⅡA,ⅡB
海外語学研修(韓国・朝鮮語)





学部共通専門科目 ミクロ経済学入門/マクロ経済学入門/統計学入門Ⅰ,Ⅱ/経済数学入門Ⅰ,Ⅱ/経営学総論/会計学概論/民法Ⅰ,Ⅱ
  公共政策論/商法Ⅰ,Ⅱ/民法Ⅲ





学科共通科目   ミクロ経済学Ⅰ,Ⅱ/マクロ経済学Ⅰ,Ⅱ/経済統計学Ⅰ,Ⅱ/経済数学Ⅰ,Ⅱ/経済史Ⅰ,Ⅱ/経済思想史Ⅰ,Ⅱ/経済政策論Ⅰ,Ⅱ/国際経済学Ⅰ,Ⅱ
経済政策コース科目   財政学Ⅰ,Ⅱ/金融論Ⅰ,Ⅱ/公共経済学Ⅰ,Ⅱ
  経済モデル分析/計量経済学/ゲーム理論/産業組織論Ⅰ,Ⅱ/企業論/協同組合論/農業経済論Ⅰ,Ⅱ/地方財政論/人口論/資本市場論Ⅰ,Ⅱ/日本経済論/日本経済史/社会保障論/労働経済論/海洋産業経済論/長崎経済論/地方自治体行財政/外書講読Ⅰ/特殊講義
国際経済コース科目   貿易論Ⅰ,Ⅱ/国際金融論Ⅰ,Ⅱ/開発経済論Ⅰ,Ⅱ
  貿易実務Ⅰ,Ⅱ/貿易英語/貿易政策Ⅰ,Ⅱ/国際政治学Ⅰ,Ⅱ/国際商品取引論/国際経営論/国際マーケティング論/東南アジア経済論Ⅰ,Ⅱ/中国経済論Ⅰ,Ⅱ/韓国経済論/アジア政治論/アメリカ経済論/EU経済論/西洋経済史/比較経済体制論/経済地理学/外書講読Ⅱ/特殊講義
演習科目 新入生セミナー   総合演習 専門演習 卒業論文
行動科目 キャリアデザインⅠ    
  キャリアデザインⅡ/インターンシップ  
ボランティア活動
自由選択枠 全学教育科目及び専門教育科目の最低修得単位数を超えて習得した単位、専門教育科目の他学部、他学科、他コース科目の習得単位および行動科目の習得単位(上限18単位)
※平成26年度のカリキュラムです。

Pick Up カリキュラム

財政学Ⅰ・Ⅱ

一般に、人々は、政府から多くのサービスの提供を受けています。その費用は、税金や国債などのかたちで調達されています。また、政府からのサービスの提供とその費用の調達は、予算として民主的に行われています。このような政府の資金の調達、配分そして管理における経済的、制度的枠組みを学びます。

経済統計入門Ⅰ・Ⅱ

経済統計とは、経済や社会の状態を数量で表現したものです。GDP、景気動向指数などの経済統計がありますが、これらの指標がどのような特長を持つかを知ることで、経済状態を見誤らないようになれます。本講義では、経済統計の読み方、加工方法の解説から経済データの分析方法まで学習します。

このページの先頭へ

在学生メッセージ

経済はもちろん、語学を学ぶ環境も充実しているので、グローバルな視野を持てるようになりました

 高校生の時は「経済」と聞いても漠然としたイメージしか持てませんでした。しかし、大学で金融や国際経済、貿易とさまざまな経済分野を知ることで、経済は自分も含めた世界の人々全員に関係し、あらゆる事柄を引き起こしているのだと理解できました。また一方で、韓国に興味のある私は、2年次に大学の海外語学研修プログラムを利用しました。韓国の大学に1ヶ月留学し、ホームステイしながら異文化理解を深めることができました。1年生の頃からコツコツと挑戦してきた韓国語能力検定は、6級(高級)を残すのみです。このように、経済についてはもちろん、英語や中国語など、外国語の学習環境が整っているのも長崎県立大学の魅力です。ここで幅広いスキルを磨き、将来は、海外とつながる仕事を目指します。

江口 菜月
経済学科 4年 長崎県/佐世保南高等学校出身
 高校生の頃、ドラマや音楽などに影響されて韓国に興味を持ち、その経済についても学びたいと思うようになりました。長崎県立大学を志望したのは、経済と同時に大好きな語学も学べるところに魅力を感じたからです。

注目の講義

【アジア政治論】

韓国に興味があり、卒業論文を韓国経済について書こうと考えていたため、受講しました。韓国の経済だけでなく、韓国政治についても学んだことで、韓国経済がどのような過程を経て成り立ち、現在に至るのかなど、正確に理解することができました。

経済学科1年次後期の履修モデル

この時間割は一般的なもので、ここで紹介している学生のものではありません。

Mon Tue Wed Thu Fri
1st 新入生セミナー 英語演習Ⅵ
2nd オーラル・コミュニケーションⅡ マクロ経済学入門 英語演習Ⅴ リーディングⅡ
3rd 自然地理学 経済数学入門Ⅱ 現代世界と平和 長崎と宗教
4th 情報処理演習Ⅱ キャリアデザインⅠ ライフスポーツ 統計学入門Ⅱ
5th

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ