経営学部

経営学部で君と長崎の未来を創ろう。

三戸 浩委員長
学部長
三戸 浩

  • 専門分野:現代企業論、企業と社会、日本的経営
  • 主要担当科目:経営学総論、現代企業論
  • 学位:修士(経済学)

 真面目に勉強して、いい大学に入っていい会社に就職する。それが、戦後日本の「幸せな人生を送る主要な方程式」でした。しかし、この20年間、日本企業は国際化と情報化という2つの流れに適応するよう要求されてきました。一方、皆さんは小学生の時から、環境問題・エネルギー問題に対応しなければならない、と言われてきたと思います。そして、国際社会で活躍できる人材になると同時に、地域創生に貢献する人材となることが期待されています。大変な時代だと思います。しかし、いつの時代も人は、自分の人生を模索し、切り開いてきたのです。
 経営学部は、そんな時代に生きていく皆さんに、将来を構想し、仕事を見つけ・つくり出し、家族や仲間と協力していく力を身に付けて欲しい、として創られました。
 「しまに学ぶ」という他大学に類を見ないプログラムなどにより、長崎という土地を理解してもらい、また「海外ビジネス研修」(国際経営学科)という実り豊かな経験ができるプログラムなどを通じて、世界市場に長崎の物産・文化をアピールすることで長崎を活性化する力を付けてもらいたいと思います。卒業した後、就職するもよし、起業するもよし、NPOを組織するも、農業や漁業を活性化させるもよし。自分で自分の人生を創造するために、ぜひ本学部で学んでください。待っています。

このページの先頭へ

経営学部はこんな人を求めています

 経営学部では、現代の国内外の企業経営に必要な知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で経営上の課題を達成できる人材の育成を目指すため、以下のような資質を持つ人を求めています。

  • 企業の仕組み、マーケティング、簿記・会計などに関心を持つ人
  • 国際的に展開する企業活動や、日本企業の現場の仕組みに関心を持つ人
  • 企画力と課題解決能力を学び、チームで良質な製品・商品・サービスを顧客に提供することに強い関心を持つ人
  • 外国語を用いて、グローバルに活躍するビジネスパーソンを目指す人

このページの先頭へ

経営学部で養成する人材像

 企業活動のグローバル化、少子高齢化に代表される急激な環境変化の中で活動する企業についての企業経営に必要な知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で経営上の課題を解決できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 経営に関する専門的・総合的な視野を備え、企業の経営における様々な課題を理解し、分析・解決できる人材
  • 外国語を用いたコミュニケーション能力と国際的な視野を備え、グローバルに活躍できる人材

このページの先頭へ