研究情報詳細

氏名

岡本 恭子(オカモト キョウコ)
Okamoto Kyoko

所属

栄養健康学科

職名

助教

学歴

  • 県立長崎シーボルト大学 看護栄養学部 栄養健康学科 1999年04月01日(入学) 1999年03月31日(卒業)
  • 県立長崎シーボルト大学 人間健康科学研究科 栄養科学専攻 2005年04月01日(入学) 2008年04月15日(修了)

取得学位

  • 学位区分:博士、学位名:栄養学、学位の分野:環境生理学(含体力医学・栄養生理学)、授与機関:県立長崎シーボルト大学、取得年月:2008年04月15日

学内職務経歴

  • 助教 本務 常勤 2013年05月01日 ~ (継続中)

学外略歴

  • アメリカ国立環境衛生科学研究所 客員研究員 非常勤 2008年05月21日 ~ 2013年04月15日

所属学会

  • 日本レチノイド研究会 2013年08月01日 ~ (継続中)
  • 日本生化学会 2003年04月01日 ~ (継続中)
  • 日本癌学会 2003年04月01日 ~ (継続中)
  • 日本ビタミン学会 2002年04月01日 ~ (継続中)

取得資格

  • 管理栄養士
  • 秘書(技能・能力)検定(1~3級)

論文

  • 「Rapid downregulation of cyclin D1 induced by geranylgeranoic acid in human hepatoma cells.」 『Nutrition and Cancer』 (2012年04月01日) Shimonishi S, Muraguchi T, Mitake M, Sakane C, Okamoto K, Shidoji Y. 共著
  • 「Induction of an incomplete autophagic response by cangeranylgeranoic acid (GGA) in a human hepatoma-derived cell line.」 『 Biochemical Journal』 (2011年11月01日) Okamoto K, Sakimoto Y, Imai K, Senoo H, Shidoji Y. 共著
  • 「Polished rice as natural sources of cancer-preventing geranylgeranoic acid.」 『Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition』 (2011年07月01日) Muraguchi T, Okamoto K, Mitake M, Ogawa H, Shidoji Y. 共著
  • 「Transcriptional profiling reveals a role for RORα in regulating gene expression in obesity-associated inflammation and hepatic steatosis.」 『Physiological Genomics』 (2011年07月01日) Kang HS, Okamoto K, Takeda Y, Beak JY, Gerrish K, Bortner CD, DeGraff LM, Wada T, Xie W, Jetten AM. 共著
  • 「Nuclear orphan receptor TAK1/TR4-deficient mice are protected against obesity-linked inflammation, hepatic steatosis, and insulin resistance.」 『 Diabetes』 (2011年01月01日) Kang HS, Okamoto K, Kim YS, Takeda Y, Bortner CD, Dang H, Wada T, Xie W, Yang XP, Liao G, Jetten AM. 共著
  • 「Downregulation of trefoil factor 3 gene expression in the colon of the senescence-accelerated mouse (SAM)-P6 revealed by oligonucleotide microarray analysis.」 『Biomedical Research』 (2010年06月01日) Kawashima T, Okamoto K, Muraguchi T, Oku T, Shidoji Y. 共著
  • 「Enhanced glucose requirement in human hepatoma-derived HuH-7 cells by forced expression of the bcl-2 Gene.」 『Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition』 (2008年09月01日) Okamoto K, Muraguchi T, Shidoji Y. 共著
  • 「Formation of lipid droplets induced by 2,3-dihydrogeranylgeranoic acid distinct from geranylgeranoic acid.」 『Acta Biochimica Polonica』 (2007年12月01日) Kodaira Y, Kusumoto T, Takahashi T, Matsumura Y, Miyagi Y, Okamoto K, Shidoji Y, Sagami H. 共著
  • 「Prevention of geranylgeranoic acid-induced apoptosis by phospholipid hydroperoxide glutathione peroxidase gene.」 『Journal of Cellular Biochemistry,』 (2006年01月01日) Shidoji Y, Okamoto K, Muto Y, Komura S, Ohishi N, Yagi K. 共著

著書

  • 内因性オールトランスレチのイン酸の組織特異的増加:アルコールの毒性に関与する可能性 (翻訳) ILSI Japan 国際生命科学研究機構 2011年07月01日 岡本恭子、四童子好廣 共著
  • 健康・栄養学用語辞典管理栄養士・栄養士必携 中央法規出版 2010年02月01日 大森正英、岡本恭子 他 共著
  • 細胞内におけるアルブミン合成系の制御:転写因子. メディカルレビュー社 2007年05月01日 四童子 好廣、岡本 恭子 共著
  • ケンブリッジ 世界の食物史大百科辞典 第3巻 食物・栄養素(翻訳) 朝倉書店 2005年09月10日 四童子 好廣、岡本 恭子 単著