公共政策学科 Department of Public Policy

学科長より

国際経営学科 学科長 西岡 誠治学科長
西岡 誠治

  • 専門分野:公共政策、都市計画
  • 主要担当科目:公共政策論、政策形成論
  • 学位:博士(工学)

 皆さんは、日々の生活の中で、家庭・学校のみならず地域社会の恩恵を多く受けながら暮らしています。大人になった後は、地域社会の構成員の一人として、今度は社会に貢献することが求められます。具体的な貢献のしかたは様々ですが、公共政策学科は主に行政や公営企業、非営利団体などが担っている公的立場からの社会参画について学ぶ場です。地域の課題を掘り起こし、可能性を磨く方法論を熟知した経験豊富な教員がそろっており、ともに現地に出かけて生の素材を前に考えることに重きを置いた授業構成になっています。そのような学びを経て社会で働くことに意欲を感じる皆さんの入学を、心よりお待ちしています。

こんな人を求めています

  • 地域や私たちの身の回りのさまざまな政策課題について習得した知識を活かして、地域の豊かな暮らしの構築に向けて貢献したい人
  • 政策の企画・立案について習得した知識を活かして、行政や民間企業で活躍したい人
  • 地域の諸課題を分析・考察するための知識やスキルを活用して、地域づくりに貢献したい人

公共政策学科の特長・魅力

学科の特色

地域社会の仕組みや地方行政・地域政策に関する専門知識をもとに、実際の地域づくりの現場に参加します。その中で、地域社会が抱える課題の分析や、解決策(政策)を考える方法について体験的に学びます。

公共政策学科の学び

公共政策に必要とされる知識や課題解決能力の育成

現代社会における公共政策を企画・立案及び評価する際に必要な基本的知識を身に付けるため、行政や法律、政治等に関する学びを中心とした『公共政策関連分野』を軸に、『地域課題関連分野』、『経済・社会関連分野』をバランスよく学べます。これらの学びで、広い視野で地域の諸課題を解決できる能力の育成を目指します。

実践的な教育

地域に関する分析手法を身に付けることで、地域社会の現状について認識し、理論的背景から地域における問題点を考察する力を養います。また、『実践科目』やこれまでに学んだ公共政策に関する知識を、「公共機関インターンシップ」などの就業体験により社会で実践する力も養成します。実例を学び実践することから得られる就業力の育成や、公共分野の課題に向き合うことで地域社会に対する責任感も育成します。さらに、実務者の講義もあり、実社会の課題解決に向けての学びを深めることもできます。

取得できる資格・免許等

 ●日経テスト ●中学校教諭一種免許状(社会) ●高等学校教諭一種免許状(地理歴史・公民) ●社会調査士

4年間の学び

学びTOPICS

行政とタイアップして、地域の可能性を掘り起こす

舞台は地域です。地元行政との連携のもと、その地域の特産物を使った商品を提案し、学生が主体となって企画から資金集めまでを経験します。地域が有する可能性と課題に配慮して「どんな商品なら受け入れられるのか?」を工夫することが求められます。学生の頃から地域の現状に根差した生産性の上げ方を学ぶとともに、商品提案を通して地域全体の効用へとつなげることが目的です。商品提案にあたっては、他県に赴いてトレンドを調査するなど積極的に情報収集をします。世の中の動きを把握し、常に様々な角度から地域社会に向き合おうとする意欲のある人に向いています。地域の実体が学べるのも魅力です。

 

このページの先頭へ

公共政策学科で養成する人材像

公共という視点に立って、政策の企画・立案及び評価に関する知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で地域の政策課題を解決できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 公共政策に関する知識・知見を有し、地方自治体等において活躍できる人材
  • 公共政策に関する知識・知見を有し、教員として活躍できる人材

想定される進路

地方公務員、国家公務員、警察、消防、電気・ガスなどの公益事業会社、農協、漁協、商工会議所、観光協会などの地域の公的団体、教員 など

このページの先頭へ

カリキュラム

授業科目区分 1年次 2年次     3年次         4年次    





教養セミナー 教養セミナー  
人文科学 日本史概説/西洋史概説/東洋史概説/人文地理学/哲学/倫理学/文学/心理学/文化人類学/国語表現
社会科学 日本国憲法/法学/民法入門/政治学/社会学/生活と社会保障制度/現代社会の課題
自然科学 数学/統計学/化学/物理科学/生物科学/科学史
健康科学 ライフスポ-ツ/現代人とスポーツ/運動と栄養/食文化論/健康と科学/被曝と健康
情報科学 情報処理演習Ⅰ  
情報処理演習Ⅱ  
情報処理概論
長崎を学ぶ 長崎と文化/長崎の歴史と今/長崎と宗教/シーボルトと長崎/長崎と産業/長崎と平和
しまに学ぶ   長崎のしまに学ぶ/しまのフィールドワーク  
キャリア形成 キャリアデザインⅠ  
  キャリアデザインⅡ/インターンシップ  
ボランティア活動


英語 英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/オーラル・コミュニケーションⅠ・Ⅱ/リーディングⅠ・Ⅱ  
英語Ⅴ・Ⅵ/英語実践演習Ⅶ・Ⅷ・Ⅸ/オーラル・コミュニケーションⅢ・Ⅳ/リーディングⅢ/ライティングⅠ・Ⅱ/海外語学研修
中国語 中国語ⅠA・ⅠB(文法)/中国語ⅠA・ⅠB(会話)  
中国語ⅠA・ⅠB(ヒアリング作文)/中国語ⅠA・ⅠB(筆記・読解)/中国語ⅡA・ⅡB(講読)/中国語ⅡA・ⅡB(会話)  
中国語ⅡA・ⅡB(ヒアリング作文)/中国語ⅡA・ⅡB(筆記・読解)/中国語ⅢA(時事・新聞)/中国語ⅢA(表現)/海外語学研修
その他 韓国・朝鮮語ⅠA・ⅠB/フランス語ⅠA・ⅠB/スペイン語ⅠA・ⅠB/ドイツ語ⅠA・ⅠB  
  韓国・朝鮮語ⅡA・ⅡB/韓国・朝鮮語ⅢA・ⅢB
海外語学研修(韓国・朝鮮語)
留学生科目 日本語ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB  
日本語ⅢA・ⅢB・ⅣA・ⅣB・ⅤA・ⅤB・ⅥA・ⅥB/日本事情ⅠA・ⅡB  





学部共通専門科目 地域創造概論/地域経済論/ミクロ経済学入門/マクロ経済学入門/基礎統計学  





基幹科目   経済政策論/公共政策論/政策形成論/政策評価論/地方政治学/地方財政論  



地域課題関連分野 地域社会論/地域環境論/地域文化論/社会調査法/フィールド調査法/地域研究(離島)/地域研究(都市)  
公共政策関連分野 行政学/地方行政論/行政法/公務員制度論/民法/商法/地方自治法/労働法/危機管理論/法律学概論/政治学概論/市民参加論(NPO/NGO論を含む)  
経済・社会関連分野 社会学概論/ミクロ経済学/マクロ経済学/地域計画論/地域振興論/社会政策論/環境政策論/文化政策論/都市政策論/公益企業論/男女共同参画論/社会保障論/経済史/地域経済史/経済地理学/地域産業論/地域健康支援論/地方交通論/地球環境論
実践科目 新聞で学ぶ経済Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ/行政の実務と実践/日経リレー講座/公共政策演習/社会調査演習/地域分析法Ⅰ・Ⅱ/公共機関インターンシップ  
ゼミナール   基礎演習 専門演習 卒業論文
※平成28年度のカリキュラムです。

このページの先頭へ

PICK UP カリキュラム

地域環境論

環境問題は地球規模で考えがちですが、実は一つひとつの地域に住む人々の生活や企業の活動を見直すことで改善する可能性があります。本講義では「どのような環境が地域で問題とされるのか」「地域住民はどのような対策をしているのか」「地方行政はどのような施策を行うべきなのか」といった疑問に対し、公共政策的、および経済学の視点から解説していきます。実際に自分自身で方法論を実務に生かす過程を学びます。
地域環境論

社会調査法

近年重要性が増している「社会調査士」の資格を取得するために必要な科目のひとつです。テーマと仮説を学生が自ら設定し、実際に調査を実施します。さらに調査結果の分析や考察、レポート発表までの一連の流れを全て学生が主体となって行うのが本講義の特徴です。社会調査の本質、基礎知識や基礎技術を得るだけでなく、社会について科学的に考える力を身に付けることができます。
社会調査法

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ

このページの先頭へ