経営学部

教育研究上の目的

企業活動のグローバル化、少子高齢化に代表される急激な環境変化の中で活動する企業についての企業経営に必要な知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で経営上の課題を解決できる人材の育成を目的としています。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 経営に関する専門的・総合的な視野を備え、企業の経営における様々な課題を理解し、分析・解決できる人材
  • 外国語を用いたコミュニケーション能力と国際的な視野を備え、グローバルに活躍できる人材

経営学科

教育研究上の目的

現代社会で企業に求められている企業統治制度(コーポレート・ガバナンス)の強化、企業の社会的責任(CSR)への対応をはじめ、自治体運営や非営利団体での経営学的視点の導入など、経営学に対しての要請は拡大しています。そこで現代の企業経営及び組織の管理に必要な経営学の知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で様々な企業やその他の組織の課題に主体的に対応できる人材の育成を目的としています。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 経営、マーケティング、金融等に関する知識・知見を有し、企業の各分野において活躍できる人材
  • 会計、簿記、税法等に関する専門的知識をもとに、企業や団体の経理部門で活躍できる人材
  • 経営、会計等に関する知識・知見を有し、教員として活躍できる人材

国際経営学科

教育研究上の目的

現代社会で企業に求められている経営学への要請を踏まえつつ、さらに国際的に活動範囲を広げている企業についての理解を深めることが必要です。そこで現代のグローバル化している企業経営に必要な経営学の知識・知見と実践力及び語学力とともに海外での実践を通じて国際的な経営感覚を身に付け、グローバルな視点で様々な企業の課題に主体的に対応できる人材の育成を目的としています。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。

  • 経営に関する知識・知見及び外国語を用いたコミュニケーション能力を有し、東アジア地域をはじめ海外展開をする企業や団体で活躍できる人材