アドミッション・ポリシー

長崎県立大学組織図

長崎県立大学 経営学部 経営学科 国際経営学科 地域創造学部 公共政策学科 実践経済学科 国際社会学部 国際社会学科 情報システム学部 情報メディア学科 情報セキュリティ学科 看護栄養学部 看護学科 栄養健康学科 経済学研究科 産業経済・経済開発専攻(修士課程) 国際情報学研究科 国際交流学専攻(修士課程) 情報メディア学専攻(修士課程) 人間健康科学研究科 看護学専攻(修士課程) 栄養科学専攻(博士前期・後期課程)

長崎県立大学のアドミッション・ポリシー

 長崎県立大学は、「人間を尊重し平和を希求する精神を備えた創造性豊かな人材の育成」、「長崎に根ざした新たな知の創造」、「大学の総合力に基づく地域社会及び国際社会への貢献」を基本理念として掲げています。
 このため、人間を尊重し世界の平和を希求する精神を基本に、深い洞察力と実践力を備えた感性豊かな人材を育成します。また、理論と実践を融合した高度な教育研究を推進するとともに、長崎の地理的・歴史的・文化的特性を踏まえた新たな知の創造を目指します。
 さらに、社会における諸問題に大きな関心をもち、地域社会および国際社会に貢献できる人材を育成します。

求める学生像

  • 人や自然を尊重できる人
  • 何事にも好奇心をもち、積極的に挑戦したいと考えている人
  • 目的をもって、忍耐強く努力したいと思っている人
  • 長崎の歴史・文化や地域的特性に関心をもっている人
  • 地域社会や国際社会に貢献したいと考えている人

このページの先頭へ

経営学部のアドミッション・ポリシー

求める学生像

  • 企業の仕組み、マーケティング、簿記・会計などに関心を持つ人
  • 国際的に展開する企業活動や、日本企業の現場の仕組みに関心を持つ人
  • 企画力と課題解決能力を学び、チームで良質な製品・商品・サービスを顧客に提供することに強い関心を持つ人
  • 外国語を用いて、グローバルに活躍するビジネスパーソンを目指す人

このページの先頭へ

経営学科のアドミッション・ポリシー

求める学生像

  • 経営に関する専門知識を学び、企業を立ち上げたり、企業の成長に貢献したい人
  • マーケティング・流通に関する専門知識を学び、小売・サービス・金融・運輸などの分野で活躍したい人
  • 会計の専門的知識を学び、税理士や企業の経理部門で活躍したい人
  • 経営に関する企画・立案能力を高めて、企業や地域社会の成長に貢献したい人

入学者選抜の基本方針

 経営学科では、一般入試(前期日程、後期日程)のほか、特別選抜(推薦入試など)を実施し、複数の入学者選抜方式によって多様な人材を受け入れることを目指しています。

  • 一般入試(前期日程)
     基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(4教科4科目)を課すとともに、個別学力検査等(英語)では、高等学校で得た基礎学力を前提に、理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
  • 一般入試(後期日程)
     基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(4教科4科目)を課すとともに、小論文で、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
  • 推薦入試(アカウンティングコース)
     小論文で、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 推薦入試
     小論文で、高等学校で得た基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適正などを総合的に評価します。
  • 帰国子女入試
     小論文で、日本の高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 社会人入試
     小論文で、高等学校で得た基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 私費外国人留学生入試
     小論文で、日本の高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、日本語能力を評価するとともに、出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。

このページの先頭へ

国際経営学科のアドミッション・ポリシー

求める学生像

  • 語学力向上に意欲を持ち、国際社会の中で活躍したい人
  • 国際的な経営に関する専門知識を学び、グローバルに活動する企業で活躍したい人
  • 他国の人とも協働しながら経営に関する企画・立案能力を高めて、国際社会の成長に貢献したい人

入学者選抜の基本方針

 国際経営学科では、一般入試(前期日程、後期日程)のほか、特別選抜(推薦入試など)を実施し、複数の入学者選抜方式によって多様な人材を受け入れることを目指しています。

  • 一般入試(前期日程)
     基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(4教科4科目)を課すとともに、個別学力検査等(英語)では、高等学校で得た基礎学力を前提に、理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
  • 一般入試(後期日程)
     基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(4教科4科目)を課すとともに、小論文で課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
  • 推薦入試
     個別学力検査等(英語)で、高等学校で得た基礎学力を前提に、理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 帰国子女入試
     小論文で、日本の高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 社会人入試
     小論文で、高等学校で得た基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 私費外国人留学生入試
     小論文で、日本の高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、日本語能力を評価するとともに、出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。

このページの先頭へ

地域創造学部のアドミッション・ポリシー

求める学生像

  • 地域社会や地域経済の課題に関心を持ち、その課題解決方法を学びたい人
  • 積極的に地域に入って、課題の発見や分析を行いたい人
  • 他者と協働してよりよい地域社会や地域経済を創造したい人

このページの先頭へ

公共政策学科のアドミッション・ポリシー

求める学生像

  • 地域や私たちの身の回りのさまざまな政策課題について習得した知識を活かして、地域の豊かな暮らしの構築に向けて貢献したい人
  • 政策の企画・立案について習得した知識を活かして、行政や民間企業で活躍したい人
  • 地域の諸問題を分析・考察するための知識やスキルを活用して、地域づくりに貢献したい人

入学者選抜の基本方針

 公共政策学科では、一般入試(前期日程、後期日程)のほか、特別選抜(推薦入試など)を実施し、複数の入学者選抜方式によって多様な人材を受け入れることを目指しています。

  • 一般入試(前期日程)
     基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(4教科5科目)を課すとともに、個別学力検査等(英語又は数学)では、高等学校で得た基礎学力を前提に、理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
  • 一般入試(後期日程)
     基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(4教科5科目)を課すとともに、小論文で、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
  • 推薦入試(県内離島高校区分)
     小論文で、高等学校で得た基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適正などを総合的に評価します。
  • 推薦入試
     基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(4教科5科目)を課すとともに、面接により、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適正などを総合的に評価します。
  • 帰国子女入試
     小論文で、日本の高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 社会人入試
     小論文で、高等学校で得た基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 私費外国人留学生入試
     小論文で、日本の高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、日本語能力を評価するとともに、出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。

このページの先頭へ

実践経済学科のアドミッション・ポリシー

求める学生像

  • 地域経済や企業の動向などの分析に興味・関心を持つ人
  • 地域社会や企業において経済に関する実践的なスキルを活かして活躍したい人
  • 経済学分野の実践的能力や立案能力を要する職種で活躍したい人
  • 企業の国内外における取引や事業等においてグローバルな経済活動を目指す人

入学者選抜の基本方針

 実践経済学科では、一般入試(前期日程、後期日程)のほか、特別選抜(推薦入試など)を実施し、複数の入学者選抜方式によって多様な人材を受け入れることを目指しています。

  • 一般入試(前期日程)
     基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(4教科5科目)を課すとともに、個別学力検査等(英語又は数学)では、高等学校で得た基礎学力を前提に、理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
  • 一般入試(後期日程)
     基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(4教科5科目)を課すとともに、小論文で課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
  • 推薦入試
     小論文で、高等学校で得た基礎学力を前提に、理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 帰国子女入試
     小論文で、日本の高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 社会人入試
     小論文で、高等学校で得た基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 私費外国人留学生入試
     小論文で、日本の高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、日本語能力を評価するとともに、出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。

このページの先頭へ

国際社会学部のアドミッション・ポリシー

求める学生像

  • 国際政治や経済など国際社会の諸事象や仕組みについて幅広い関心を持つ人
  • グローバル化する現代社会における諸問題を解決しようとする意欲を持つ人
  • 現代社会におけるメディアに関心を持ち、社会の様々な出来事に対して自らの考えを論理的に展開できる人
  • 東アジアに関心を持ち、東アジア諸国を中心とした国際交流の推進に貢献したい人
  • 英語や中国語などの外国語による高いコミュニケーション能力を習得する意欲を持つ人

入学者選抜の基本方針

 国際社会学科では、 一般入試(前期日程、後期日程)のほか、アドミッション・オフィス入試、特別選抜(推薦入試など)を実施し、複数の入学者選抜方式によって多様な人材を受け入れることを目指しています。

  • 一般入試(前期日程、後期日程)
     基礎学力の把握ため、大学入試センター試験(4教科5科目又は6科目、又は5教科5科目又は6科目)を課すとともに、個別学力検査等(英語)では、高等学校で得た基礎学力を前提に、理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
  • アドミッション・オフィス入試(AO入試)
     第1次選考では、 出願書類に基づき、学科が求める学生像に合致しているか、学科を志望する理由が明確であるか、入学後の学習意欲や将来の展望が的確に示されているか、などの観点から評価します。
     第2次選考では、小論文で課題に対する理解力、論理的思考力、表現力などの能力をみて、面接で出願書類を参考に、目的意識、学習意欲、学科が提供する専門分野に対する適性などを評価します。
  • 推薦入試
     小論文で、高等学校で得た基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 帰国子女入試
     小論文で、日本の高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 社会人入試
     小論文で、高等学校で得た基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 私費外国人留学生入試
     小論文で、日本の高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。

このページの先頭へ

情報システム学部のアドミッション・ポリシー

求める学生像

  • 情報技術や情報セキュリティ技術に強い関心を持つ人
  • 高度情報化社会における諸問題について解決を図ろうとする意欲を持つ人

このページの先頭へ

情報システム学科のアドミッション・ポリシー

求める学生像

  • Web、モバイル、ネットワークなどの情報技術に強い関心を持つ人
  • プログラミングやシステム構築などにより問題解決を図ろうとする意欲を持つ人
  • 多様な情報メディアを活用して、コンテンツを制作する知識を深め、技術や感性を高めたい人

入学者選抜の基本方針

 情報システム学科では、 一般入試(前期日程、後期日程)のほか、特別選抜(推薦入試など)を実施し、複数の入学者選抜方式によって多様な人材を受け入れることを目指しています。

  • 一般入試(前期日程、後期日程)
     基礎学力の把握ため、大学入試センター試験(5教科6科目又は7科目)を課すとともに、個別学力検査等(数学)では、高等学校で得た基礎学力を前提に、理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
  • 推薦入試
     小論文では、高等学校で得た基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 帰国子女入試
     小論文で、日本の高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 社会人入試
     小論文で、高等学校で得た基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 私費外国人留学生入試
     本学科が示す要件等をすべて満たしいること条件に、面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。

このページの先頭へ

情報セキュリティ学科のアドミッション・ポリシー

求める学生像

  • 情報セキュリティに関する基本的な知識・技術を修得し、情報セキュリティ分野で活躍したい人
  • Web、モバイル、ネットワークなどの情報技術に強い関心を持つ人
  • プログラミングやシステム構築などにより問題解決を図ろうとする意欲を持つ人

入学者選抜の基本方針

 情報セキュリティ学科では、 一般入試(前期日程、後期日程)のほか、特別選抜(推薦入試など)を実施し、複数の入学者選抜方式によって多様な人材を受け入れることを目指しています。

  • 一般入試(前期日程、後期日程)
     基礎学力の把握ため、大学入試センター試験(5教科6科目)を課すとともに、個別学力検査等(数学)では、高等学校で得た基礎学力を前提に、理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
  • 推薦入試
     小論文では、高等学校で得た基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 帰国子女入試
     小論文で、日本の高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 社会人入試
     小論文で、高等学校で得た基礎学力を前提に、課題に対する理解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。
  • 私費外国人留学生入試
     本学科が示す要件等をすべて満たしいること条件に、面接では、調査書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、基礎知識、本学科が提供する専門分野に対する適性などを総合的に評価します。

このページの先頭へ

看護栄養学部のアドミッション・ポリシー

 看護学科と栄養健康学科の学生は、単にその領域の科目を学習するだけでなく、国家試験を経て人々の健康に直接関わる職業に就くことを社会から期待されています。その基本は、憲法25条にしめされているように国民が健康で文化的な生活を営むことができるよう、社会的使命を実践することにあります。本学部では、豊富な科学的専門的知識を習得するとともに大学生として幅広く学び、あらゆる年齢層のさまざまな健康状態の人々と接することができる豊かな人間性を育成することを教育目標としています。

求める学生像

  • いのちの尊さを理解し、まじめに努力する人
  • 人に対する思いやりを持ち、人の苦しみを共有できる人
  • 科学を重視し、適確に物事を行える人
  • 社会制度の変化に敏感かつ適正に対応できる人
  • 協調性があり、他の職種の人々とチーム医療のできる人

このページの先頭へ

看護学科のアドミッション・ポリシー

 看護学科では、生命の尊厳と人権の尊重を基本とし、生活する人々の健康問題の解決と生活の質の向上に向けて保健・医療・福祉を統合した看護ができる看護職、国際的視野をもち、専門職として看護の発展に自律的・創造的に貢献できる看護職の育成を目指しています。
 そのため、「看護の対象である人間を理解し、生命の尊厳にもとづいた支援ができる能力」、「人々の健康状態を的確にとらえ、生活の質の向上を目指した看護ができる能力」、「保健・医療・福祉などの他の専門職の人々と連携しながら、看護の専門性を発揮した活動ができる能力」、「広い視野に立って考え、生涯に渡って学習を継続していくための基礎的な能力」を養うことを教育目標としています。

求める学生像

  • 看護を通して、人々の健康生活に貢献したいと思っている人
  • 物事を科学的に探求し、積極的・主体的に学ぶ姿勢がある人
  • 看護学への学習意欲を持ち、専門性の高い看護職になりたいと希望している人
  • さまざまな世代の人々と、柔軟にコミュニケーションがとれる人

入学者選抜の基本方針

 看護学科では、一般入試(前期日程、後期日程)、特別選抜(推薦入試など)を実施し、複数の入学者選抜方式によって多様な人材を受け入れることを目指しています。

  • 一般入試(前期日程、後期日程)
     基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(5教科6科目又は7科目)を課すとともに、小論文で、高等学校で得た基礎学力を前提に、提示した素材により、読解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接で、調査書等の出願書類を参考に、学習意欲、理解力、表現力、社会性等、本学科が提供する専門領域に対する適性などを総合的に評価します。
  • 推薦入試
     小論文で、高等学校で得た基礎学力を前提に、提示した素材により、読解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接で、志望理由書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、理解力、表現力、社会性等、本学科が提供する専門領域に対する適性などを総合的に評価します。
  • 推薦入試(離島看護師特別枠)
     基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(5教科6科目又は7科目)を課すとともに、面接で、志望理由書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、理解力、表現力、社会性等、本学科が提供する専門領域に対する適正などを総合的に評価します。
  • 帰国子女入試
     小論文で、日本の高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、提示した素材により、読解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接で、志望理由書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、理解力、表現力、社会性等、本学科が提供する専門領域に対する適性などを総合的に評価します。
  • 社会人入試
     小論文で、高等学校で習得される程度の基礎学力を前提に、提示した素材により、読解力、論理的思考力、表現力等を評価します。
    面接で、志望理由書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、理解力、表現力、社会性等、本学科が提供する専門領域に対する適性などを総合的に評価します。
  • 編入学入試
     総合問題で、高等学校で得た基礎学力を前提に、提示した素材により、読解力、論理的思考力、表現力等を評価します。また、英語による記述試験を行います。
     面接で、志望理由書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、理解力、表現力、社会性等、本学科が提供する専門領域に対する適性などを総合的に評価します。
  • 私費外国人留学生入試
     面接で、志望理由書等の出願書類を参考に、志望動機、学習意欲、理解力、表現力、社会性、日本語による会話的表現力等、本学科が提供する専門領域に対する適性などを総合的に評価します。

このページの先頭へ

栄養健康学科のアドミッション・ポリシー

 生命科学に立脚した「食と健康」に関する専門的知識や技能を保持した、健康社会実現のために社会の幅広い分野で貢献できる管理栄養士を育成します。特に、「地域の人々の健康と福祉の向上に貢献できる問題解決能力を持った人材」、「人々の健康維持・増進と疾病の予防・回復に貢献できる栄養マネジメント・アセスメント能力を持った人材」、「食品開発、食糧資源の有効利用、食品衛生管理などの分野で活躍できる人材」や「次世代社会を拓く子供たちの食育を担う人材」育成等を教育目標としています。

求める学生像

  • 身近な「食と健康」を通して健康・福祉社会の創出に貢献したい人
  • 保健・医療・健康の分野、また県や市町村などの管理栄養士を志す人
  • 食品開発、食品の機能性・安全性などに興味を持っている人
  • 子どもたちの食育を通して健康生活づくりに寄与したい人
  • 「食と健康」を科学的に探求する栄養学の専門家になりたい人

入学者選抜の基本方針

 栄養健康学科では、一般入試(前期日程、後期日程)のほか、特別選抜(推薦入試など)を実施し、複数の入学者選抜方式によって多様な人材を受け入れることを目指しています。

  • 一般入試(前期日程)
     基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(5教科7科目)を課すとともに、個別学力検査で、高等学校で得た化学の基本的な知識と理解力について評価します。
  • 一般入試(後期日程)
     基礎学力の把握のため、大学入試センター試験(5教科6科目又は7科目)を課すとともに、個別学力検査(面接)で、志望動機や将来の展望などとともに、高等学校の一般的学習を前提とした栄養・健康・生命科学に関する時事的諸問題についての理解力や理科学的思考などを総合的に問います。
  • 推薦入試
     和文及び英文の小論文で、課題に対する基礎的知識、読解力、分析力、論理的思考力、表現力等を評価します。
     面接で、志望動機、学科への関心、生命科学への関心、健康観、将来展望、高校生活等の質疑応答から、目的意識と意欲を総合的に判断します。
  • 帰国子女入試
     小論文で、課題に対する基礎的知識、読解力、分析力、論理的思考力、表現力等を評価します。英語に関する問題も含みます。
     面接で、志望動機、学科への関心、生命科学への関心、健康観、将来展望、高校生活等の質疑応答から、目的意識と意欲を総合的に評価します。
  • 社会人入試
     小論文で、課題に対する基礎的知識、読解力、分析力、論理的思考力、表現力等を評価します。英語に関する問題も含みます。
     面接で、志望動機、学科への関心、生命科学への関心、健康観、将来展望、高校生活等の質疑応答から、目的意識と意欲を総合的に評価します。
  • 私費外国人留学生入試
     学力試験では、化学の基本的な知識と理解力について評価します。
     面接で、志望動機、学科への関心、生命科学への関心、健康観、将来展望等の質疑応答から、目的意識と意欲を総合的に評価します。

このページの先頭へ

経済学研究科(産業経済・経済開発専攻)のアドミッション・ポリシー

 本研究科は、専門化・地域化・国際化という教育理念の下、地域社会に貢献できる高等専門教育研究機関および生涯教育機関(キャリア・アップ教育機関)として寄与することを目的とし、現実の産業経済社会に対して様々な側面から問題発見・問題解決の能力を持つ人材の育成を目標とする。

  1. 産業経済・経済開発に関する理論および分析技法の理解の上に、数量的・定性的な分析能力を持った研究者の育成。
  2. 経済・産業に幅広い視野と高度専門知識を持った産業エキスパートの育成。
  3. 税務・会計に関する高度専門知識を持った専門的職業人の育成。
  4. 国内外の経済活動に関する高度専門知識の修得の上に、より優れた判断力と指導力を持った社会的リーダーの育成。
  5. 外国人留学生の人材養成によるグローバル的なネットワークの構築の上に、国際社会に貢献できる人材の育成。

産業経済・経済開発専攻の基本目標

  1. グローバルな問題発想のできる専門的職業人の養成
    従来の学問分野の枠を超えたグローバルな発想ができるだけでなく、社会の多様な方面で活動しうる高度な能力と豊かな学識を有する人材を養成する。
  2. 地域社会に根差した大学院
    長崎県という地域の特性を配慮した研究・教育に重点を置く。地域の産業技術の向上に対応しうる技術の指導や各種職業資格取得に役立つ教育を行う。
  3. 国際的に貢献しうる人材の育成
    国際交流の伝統を有する長崎県の特性を活かし、新たなる国際交流のための有能な人材を育成する。

求める学生像

  • 高度な学術的専門知識を身につけ、教育・研究に携わりたい人
  • 地域産業社会への貢献を考えている人
  • 地域社会の多様な方面でリーダー的な活躍を考えている人
  • グローバルな発想を持ち、国際連携・国際貢献に関心を持つ人
  • 税理士を目指す人
  • 中学校教諭専修免許(社会)・高等学校教諭専修免許(地理歴史・公民・商業)を取得したい人

このページの先頭へ

国際情報学研究科のアドミッション・ポリシー

 本研究科は、国際性、学際性、先端性を重視した教育研究に基づく幅広い知識と技術を合わせ持った高度専門職業人の育成を図り、地域社会や国際社会へ貢献できる大学院(修士課程)を目指しています。
 具体的には、IT革命の急進展やそれに伴うグローバル化の深化などによる社会の激しい変化に対応できる人材の育成や、情報と社会との関わりについての幅広い知識を修得し、活用できる能力を有した人材の育成を行います。また、最先端の情報技術を駆使した情報システムの高度な知識や技術を修得し、高度情報化社会を担うことができる専門職業人の育成をも目指します。さらに、時代や社会の要請に応えることができる高度な知識と技術を有し、国際社会、地域社会、企業、官庁などで中心的・指導的役割を担える高度専門職業人の育成や、高度な語学力とコミュニケーション能力を有し、国内外における国際的場面で活躍できる人材の育成を目指します。

求める学生像

  • 国際関係に興味を持って、国際機関や多国籍企業で働き、国際社会に貢献したいという意欲のある人
  • 歴史文化や異文化間コミュニケーションに関心を持ち、これらの分野の専門知識やコミュニケーション能力を通して、地域社会や国際社会に貢献したいという意欲のある人
  • 情報技術や情報デザインに興味を持って、高度な技術開発に貢献したいという意欲のある人
  • 社会と情報との関わりに関心を持って、高度情報化社会に貢献したいという意欲のある人
  • 高度な関連知識を修得し、中学校教諭専修免許(英語・社会)、高等学校教諭専修免許(英語・公民・情報)の取得を目指す人

このページの先頭へ

国際交流学専攻のアドミッション・ポリシー

 本専攻は、国際性と学際性を重視した教育研究に基づき、現代の複雑な国際社会の諸問題を分析するための学識を養い、世界的な視野に立って問題を解決できる高度専門職業人の養成を目指します。また、高度な語学力とコミュニケーション能力を有した人材、比較文化、歴史、文学などに精通した国際性を有する人材の育成も行います。
 具体的には、国際社会、言語、文化について国際理解とそれに基づく国際協調の精神を持ち、国際社会に貢献できる高度専門職業人の育成や外国語でコミュニケーションが十分でき、国際的に活躍できる人材の育成を行います。また、国際機関、多国籍企業、NGOなどで語学力と国際関係の知識を活用し、国際社会に貢献できる高度専門職業人の育成、および国際交流を目的とした団体、官庁や地方公共団体において国際関係の分野で活躍できる人材の育成を目指します。

求める学生像

  • 国際社会の様々な問題に興味を持ち、国際機関や多国籍企業、NGOを舞台に世界的な視野に立って問題を解決し、国際社会に貢献したいという意欲のある人
  • 国際交流の基礎をなす言語、歴史、異文化間コミュニケーションなどに関心を持ち、これらの分野の専門知識やコミュニケーション能力を使って、国内および国際社会で活躍したいという意欲のある人
  • 官庁、地方公共団体などで国際交流の分野で働きたいという意欲のある人
  • 高度な関連知識を修得し、中学校教諭専修免許(英語・社会)、高等学校教諭専修免許(英語・公民)の取得を目指す人

このページの先頭へ

情報メディア学専攻のアドミッション・ポリシー

 本専攻は、先端性と学際性を重視した教育研究に基づき、情報と社会の関わりについての幅広い知識を持った人材の育成を目指します。また、最先端の情報技術を修得し、活用できる人材、情報システムを創造的に構築できる高度な知識と技術を持った専門職業人の養成を行います。
 具体的には、情報と社会、経済、法などとの関わりについて幅広い知識を修得し、様々なメディアを介した情報が社会に及ぼす影響を分析できる能力を有した人材の育成や、情報システムの開発や情報コンテンツをデザインする能力を修得し、高度情報化社会において指導的立場に立つことができる専門職業人の育成を目指します。また、企業、官庁、地方公共団体において、情報技術の分野で中心的な立場に立てる人材の育成も行います。

求める学生像

  • 情報システムの開発や高度な画像処理技術などに関心を持ち、最先端の情報技術の開発に意欲のある人
  • 画像、映像、音声などのコンテンツをデザインすることに興味を持ち、高度な技術開発に貢献したいという意欲のある人
  • 社会、経済、法などと情報との関わりに関心を持って、情報が社会に及ぼす影響について研究し、高度情報化社会に貢献したいという意欲のある人
  • 企業、官庁、あるいは地方公共団体において情報技術の分野で指導的役割を担おうとする意欲のある人
  • 高度な関連知識を修得し、高等学校教諭専修免許(情報)の取得を目指す人

このページの先頭へ

人間健康科学研究科のアドミッション・ポリシー

 本研究科は、本学が公立大学であることを強く意識し、大学の知的財産を地域社会や住民・企業等に還元することが大きな責務であると認識しています。
 島嶼の多い長崎県では過疎化と高齢化が他の都道府県より進んでおり、保健・医療・福祉関係の出費の比率は極めて高くなっています。これらの領域における課題解決のための高度な専門的知識や技術を創造する研究者および高度専門職業人を育成することが本研究科の教育目標です。
 このことを踏まえ、県民の健康の保持増進ならびに疾病の予防に寄与する最新の知識や技術を研究開発する能力、最新の知識や技術を活用して県民の健康水準を向上させていく能力、地域の専門職と連携して県民の生活習慣に変革をもたらす政策を考案し、保健・医療・福祉・介護システムを変革する能力、健康保持増進の視点に立って次世代の専門職を育てる能力などをもった高度専門職業人を育成すると共に、地場産業の発展・活性化に寄与する研究・開発に取り組みます。その育成の対象は、学部卒の一般学生のみならず、社会人、外国人留学生などを含んでいます。

求める学生像

  • 保健・医療・福祉・介護領域において社会に貢献したい人
  • 柔軟な発想を持ち、応用力、適応力、分析力、行動力に富んだ人
  • 科学技術の進歩を人の健康や生活のために積極的に調製・活用する社会性を身に付けたい人
  • 高度の専門知識や技術を習得したスペシャリストを目指す人

このページの先頭へ

看護学専攻のアドミッション・ポリシー

 少子高齢化の加速や保健・医療・福祉のコストの増加は、人々に疾病の予防の意識や医療費の高騰に関する関心を高めてきています。本研究科は、運動と食事に関する科学としての栄養科学と、健康の回復と向上に関する看護の科学の総合により、国民の保健・医療に関する多角的・総合的な研究を可能とし、本県のみならず将来の日本や世界の保健・医療の一翼を担うことを目指しています。
 今日の超高齢社会に対応するための社会保障制度改革においては、健康のリスクマネジメントや保健医療のケアシステム構築および医療の制度改革を推進できる実践力のある人材の養成が期待されています。
 また、生活習慣病の予防や緩和ケア等の保健・医療の課題を解決するためには、医師のみでなく、看護職等医療従事者の資質の向上がなければなりません。本学の看護学専攻では、これらの医療の改革にリーダーシップを発揮する改革者としての資質を持った者を養成し、高度専門医療のみならず地域医療、国際保健等において貢献することを確信しています。
 平成28年度より看護学専攻に「看護学実践分野」と保健師の国家資格の受験資格が得られるとともに修士の学位が得られる「公衆衛生看護学分野」を設置しました。
 これらの看護学専攻の分野の入学者は、大学の学部の卒業生とともに、看護の実践経験を積んだ社会人も歓迎します。初学者と経験者がお互いにディスカッションし刺激し合うことで学びを深めるカリキュラムを用意しています。社会人は勤務を継続して履修できるように夜間・休日開講など、開講時間に配慮し、長期履修制度も設けています。

求める学生像

  • ひとに関心があり、広く人文科学および自然科学の知見に興味がある人
  • 論理的に思考し、分析できる人
  • 学習意欲が旺盛で探究心の強い人
  • ねばり強く、研究的な取り組みのできる人
  • 看護学の実践の発展に貢献したい人
  • 思慮深く、協働できる人
  • 将来、保健看護学領域において指導者を目指す人

このページの先頭へ

栄養科学専攻のアドミッション・ポリシー

 本専攻は、急速な少子高齢化社会の推移に対応できる「食と健康」を中心とした領域の高度専門的職業人、教育指導者、研究者を養成するとともに、地域住民の保健・医療・福祉の向上ならびに地場産業の発展・活性化などに寄与することを目的としています。
 このため、断片化した高度の専門知識を統合理解し、新しい課題に向けての栄養学的基礎知識を形成することにより、加齢や疾病による生体機能の変化を栄養学的見地から理解し、健康の保持・増進や生活習慣病の予防に役立てることを目標に取り組んでいきます。またヒトを対象とした栄養学研究を通して、実生活における栄養学的、健康科学的問題点を明らかにして、それらに対応するための有用な方策を探り、その成果を社会に還元することを目標に教授します。こうした教育・研究を通して、高度の専門的学力と研究能力を持ち、健康施策への応用可能な研究、食品・医薬関連産業における商品開発ならびに健康・保健・医療行政を推進できる高度専門職業人を育成します。

求める学生像

  • 病院等医療機関におけるチーム医療で栄養専門家として活躍したい人
  • 保健・医療・福祉・介護等の領域で地域栄養活動に従事したい人
  • 食品・医薬品の開発・設計などの研究または普及啓発活動を行いたい人
  • 管理栄養士・栄養士養成施設における教育・研究に携わりたい人
  • 公的試験・研究機関等において栄養・食品分野の研究を行いたい人

このページの先頭へ