障害者支援について

障害者支援体制

 本学では、障害者基本法(昭和45年法律第84号)及び障害を理由とする差別の解消の促進に関する法律(平成25年法律第65号)の基本的な理念にのっとり、障害者差別解消の推進のため、以下のとおり全学的な体制を整備しています。

学長:最高管理責任者。全体統括。副学長(佐世保校・シーボルト校):総括監督責任者。最高管理責任者補佐。障害者差別解消促進に関し必要な措置。各部局長(事務局長、学部長、研究科長、学生支援部長、図書館長):監督責任者。各部局における障害者差別解消促進。学科長、事務局各課長:監督者。監督責任者補佐。監督する教職員の指導。相談等の状況確認、対処。

 また、学内のバリアフリー化を進めており、障害者用トイレ、障害者用駐車場、入口スロープを設置しています。

 修学上特別な配慮を希望する方は、各学部の学生支援課学生グループのほか、保健室、学生相談員、人権相談員、各教員、事務局各課へ相談することができます。

 なお、心身に障害のある入学志願者で、受験上又は修学上特別な配慮を希望する方は、各学部の学生支援課学生グループへご相談ください。

【問い合わせ】
佐世保校   学生支援課学生グループ:0956-47-5703
シーボルト校 学生支援課学生グループ:095-813-5065