人間健康科学研究科

人間健康科学研究科

教育研究上の目的

 高度な知識・技術を求める社会的ニ-ズに対応できる人材を育成するとともに、大学の知的財産を地域住民・企業等に還元し、社会に貢献するためには、より高度な教育・研究体制と県民の期待に沿う成果が上げられるシステムづくりが必要です。本大学院人間健康科学研究科は、こうした状況を踏まえ、看護・栄養の各専門分野における高度な専門的職業人や県民の健康の保持増進ならびに疾病の予防に寄与する最新の知識や技術を研究開発する能力、最新の知識や技術を活用して、県民の健康水準を向上させていく能力、地域の専門職と連携して県民の生活習慣に変革をもたらす政策を考案し保健・医療・福祉システムを変革する能力、健康の保持増進の視点に立って次世代の専門職を育てる能力等を育成する教育指導者を養成するとともに、地域住民の保健・医療・福祉ならびに地場産業の発展・活性化に寄与することを目的とし、看護学専攻(修士課程)、栄養科学専攻(博士前期・後期課程)を設置しています。