国際情報学部

長崎県立大学の理念と教育目標

 長崎県立大学は、「人間を尊重し平和を希求する精神を備えた創造性豊かな人材の育成」、「長崎に根ざした新たな知の創造」、「大学の総合力に基づく地域社会及び国際社会への貢献」を基本理念として掲げています。
 このため、人間を尊重し世界の平和を希求する精神を基本に、深い洞察力と実践力を備えた感性豊かな人材を育成します。また、理論と実践を融合した高度な教育研究を推進するとともに、長崎の地理的・歴史的・文化的特性を踏まえた新たな知の創造を目指します。
 さらに、社会における諸問題に大きな関心をもち、地域社会および国際社会に貢献できる人材を育成します。

国際情報学部

教育目標

 国際情報学部は、長崎の地理的・歴史的特性を踏まえ、国際交流と情報メディアの分野に関する教育・研究を推進し、21世紀の国際化社会・高度情報化社会に貢献できる創造性豊かな人材を育成するとともに、長崎に相応しい知の研究拠点としての役割を担うことを目指します。

ディプロマポリシー

1. 幅広い教養と専門的な知識や技能を身につけ、国際社会や高度情報化社会で活躍できる。
2. 国際社会や高度情報化社会に関する自らの興味や関心ならびに諸問題に対して、論理的かつ総合的に探究することができる。
3. 自らの役割を認識し、他者と協力しながら、課題解決に向けて自律的かつ主体的にかかわることができる。
4. 語学教育で培った実践的外国語コミュニケーション能力や情報メディアを活用し、自分の考えを的確に伝えることができる。
   

国際交流学科

教育目標

 国際交流学科は、今日の国際的諸問題を深く考えることによって、国際社会の総合的理解と実践的思考力を育成します。また、長崎を基点とした日本文化の理解と、諸外国の歴史・文化の探求を行い、合わせて異文化コミュニケーション能力の育成を図ります。これにより、21世紀の国際社会に対応できる人材の育成を目指します。

ディプロマポリシー

1. 幅広い教養を備え、国際社会の現状を理解する能力を有する。
2. 国際政治、国際経済、国際法などの基礎知識をもとに国際社会の諸問題を分析・考察する能力を有する。
3. 地域社会の現状を国際社会の視点から分析・考察する能力を有する。
4. 国際社会に出て仕事をするために必要な論理的思考能力および実践的英語のコミュニケーション能力または実践的中国語コミュニケーション能力を有する。
5. 語学力と幅広い教養を基盤に、国際社会における諸問題について、その根源となる歴史的・政治的・文化的・社会的・言語的背景を総合的に分析・考察し、異文化の根底にある価値観や世界観などの多様性を理解する能力を有する。
   

カリキュラムポリシー

1. 国際社会や異文化の理解を深めるために、国際関係コースと文化コミュニケーションコースを設置する。
2. 国際関係コースでは、基礎科目としての「国際関係論入門」のほか、グローバルな理解に関する科目として「国際法Ⅰ」「国際政治学Ⅰ」「国際経済論」などを、地域の理解に関する科目として「アメリカの政治と外交」「東アジアの国際関係Ⅰ」などを設置する。
3. 文化コミュニケーションコースでは、基礎科目としての「文化コミュニケーション入門」「現代異文化交流論」のほか、長崎・日本・アジアに関する科目として「日本文化史」「アジア文化論」などを、ヨーロッパ・アメリカに関する科目として「アメリカの文化Ⅰ」「西洋文化史」など、および言語・コミュニケーションに関する科目として「英語学概論Ⅰ」「比較文化論Ⅰ」などの科目を設置する。
4. 2つのコースの基盤となる語学教育では、「海外語学研修」を含む19科目の全学教育の全科目を必修科目とし、さらに、英語専門科目としては「英文法」「異文化間コミュニケーションI」などを、また、中国語を第1外国語とする学生対象には中国語専門科目として「中国語翻訳Ⅰ」「日中文化比較Ⅰ」などの科目を設置する。
   

カリキュラムツリー

 

情報メディア学科

教育目標

 情報メディア学科は、高度情報化社会のなかで情報・メディア・社会をトータルに考え、人々の健全なくらしと豊かな社会を実現するために、「高度情報化社会で重要となる情報技術について、基礎から応用まで幅広く修得し、情報技術者として活躍できる人材」、「情報技術が社会・文化に与える影響について幅広い知識を有し、多様な領域で情報のエキスパートとして活躍できる人材」、「情報メディア関連の学際的教育を体系的に進めることにより、高度情報化社会の諸問題を解明し、課題解決能力を有する人材」の育成を目指します。

ディプロマポリシー

1. 高度情報化社会で重要となる情報技術について、基礎から応用まで幅広く修得し、情報技術者として活躍できる能力を有する。
2. 情報技術の社会への影響力を理解し、かつ情報コンテンツの作成・発信力を持った情報のエキスパートとして、高度情報化社会の様々な分野で活躍できる能力を有する。
3. 情報メディア関連の学際的教育に基づき、高度情報化社会に対する深い理解と分析的視点を持ち、情報に関する法・政策・経済システムを巡る様々な問題を解明し、課題を解決する能力を有する。
   

カリキュラムポリシー

1. 高度情報化社会のなかで人々の健全なくらしと豊かな社会の実現に貢献できる専門的・学際的な人材育成のため、『情報技術領域』『情報コミュニケーションデザイン領域』『情報社会領域』の3領域に対応した専門科目を設置する。
2. 情報技術領域では、情報技術者として活躍するのに必要な推論力や数理処理能力等を養うために「コンピュータアーキテクチャ」「データ構造とアルゴリズム」などの科目を設置する。
3. 情報コミュニケーションデザイン領域では、最先端の情報技術を活用し、情報コンテンツの作成・発信を行うのに必要な構成力や表現力等を養うために「色彩情報論」「視覚コミュニケーション論」などの科目を設置する。
4. 情報社会領域では、高度情報化社会を学際的に分析する能力や情報に関する様々な問題を解明し、課題を解決する能力を養うために「マス・コミュニケーション論」「情報メディア法Ⅰ、Ⅱ」「情報政策論」「情報産業論」などの科目を設置する。
   

カリキュラムツリー