東亜大学校(韓国)

1.提携調印

調印日:2004年4月1日
期間:6年間(相互の同意により、改訂・更新)

2.交流提携内容

  • 学生交流、教職員交流
  • 共同研究の推進およびシンポジウムの開催
  • 刊行物の交換

3.東亜大学校との交流

 長崎県立大学東アジア研究所、中国華僑大学東方管理研究センター、韓国東亜大学校東アジア研究院との間で締結された「日中韓研究機関間学術交流協定」に基づき、東アジア学術交流フォーラムが定期的に開催されています。

東アジア学術交流フォーラムの様子
東アジア学術交流フォーラムの様子


東亜大学校

概要

東亜大学校ロゴ

 東亜大学校は、乗鶴・九徳・富民(すべて釜山)の3キャンパスから構成されています。「外国人のための韓国語講座」を開講するなど、外国人留学生を支援する制度が整っています。

設立 1946年
所在地 釜山市
学生数 およそ18,000人
学部構成(14学部)
  • 人文科学学部
  • 自然科学学部
  • 人類生態学部
  • 法学部
  • 社会科学学部
  • 経営学部
  • 自然資源・生活科学学部
  • 工学部
  • デザイン・創造技術学部
  • 体育学部
  • 芸術学部
  • 医学部
  • 石堂人材学部
  • 国際研究学部

このページの先頭へ

釜山広域市について

 釜山は朝鮮半島南東部に立地する、韓国第二の都市です。近代以降、防衛拠点として、また対日貿易の拠点として発展を遂げてきました。日本から最も近い海外の都市の一つでもあります。日本からは東京、大阪、名古屋、福岡、札幌から航空直行便が、また、福岡、下関、大阪、対馬からはフェリーや高速船も運航されています。

面積 776.12 km²
人口 341.5万人あまり
姉妹都市(日本) 山口県下関市(1976年10月に締結)
福岡県福岡市(2007年2月に締結)