教育課程の概要(栄養科学専攻 博士前期課程)

栄養科学専攻博士前期課程の考え方及び特色

 最近の生理学、生化学、分子生物学、細胞工学、遺伝子工学などの生命科学の著しい発展により、人が食物を摂取して体内に取り入れた栄養素が生命現象を営むうえでいかに機能しているか、また、その機能を発現するに至るまでのプロセスについての研究が急速に進みつつある。一方、わが国は世界に類をみない速さで高齢化が進んでおり、それに対応した栄養学的な取り組みの重要性が増している。断片化した高度な専門的知見を統合理解し、新しい課題に向けての栄養学的基礎知識を形成することにより、加齢や疾病による生体機能の変化を栄養学的見地から理解し、健康保持や生活習慣病の予防に役立てること、人を対象とした人間栄養学の実践的研究を通して、実生活における栄養学的、健康科学的な問題点を明らかにして、それらに対応するための有用な方策を探り、その成果を社会に還元することを目標に、脂質代謝、骨代謝調節、ビタミン代謝などを中心とした生体代謝調節機構、疾病と食品機能との関連、生体の機能統合(ホメオスタシス)とその加齢変化などを教授し、分子レベル、細胞レベル、個体レベルで栄養素と生体機能の関係を修得させる。
 また、この分野の研究に必要な基礎技術を修得させるとともにその応用力を養い、研究開発能力と創造性を持つ技術者及び研究者を育成する。さらに、動物実験を通して得られる栄養素の生理的代謝及び代謝異常、栄養素と加齢との関連、微量栄養素の生体機能における役割等の基礎的知見を修得させ、研究に必要な基礎技術を習熟させる。さらに、これらの基礎的知見をもとに、人集団を対象とした応用技術を修得させ、人の実生活における栄養素の摂取状態と健康、社会的環境や食環境と健康との関わり、社会構造や食生活などについての疫学的研究、健康教育・栄養教育の実施計画を立てる。こうした教育・研究を通して高度の専門的学力と研究能力を持ち、チーム医療の一員として参画できる臨床栄養専門家、ならびに健康政策への応用可能な研究・調査や健康・保健・医療行政などを推進できる有為・有能な公衆栄養専門家、食品・医薬品関連産業界における商品開発などができる研究者を育成する。
 高齢化社会を迎えた今日、一次予防を重視した健康問題の取り組みにおいて「食と健康」の重要性がますます社会で認識されている。一方、最先端技術のひとつであるバイオテクノロジーが急速な進歩を遂げ、食品科学の分野においても新しい食品素材の健康への利用が注目され、その理解や応用に関する知識の重要性が増している。このような社会的背景を踏まえて、食品の機能性を科学的に追究し、その成果を健康の増進や質の高い食生活、体調の調節などに役立てること、また有用微生物を利用して生物資源をより有効に活用するための基礎研究を行い、その成果を食品・食糧の質的向上及びそれらの生産技術の向上に役立てることが食品研究の目的とされる。本専攻博士前期及び後期課程においてもそれらの研究を通して、食品科学分野でも活躍できる高度専門職業人として、また、研究者として必要な専門知識や基本技術を修得させ、その資質の向上を図る教育を行い、本分野の有為な人材を養成する。
 なお、本大学は地域に根ざした公立大学であることに鑑み、これらの分野の中でも特に地域のニーズに即した研究テーマに重点を置いて、学生の指導や人材育成を行いたいと考えている。

このページの先頭へ

授業の概要とねらい

 栄養科学専攻は、「基礎栄養科学領域」及び「実践栄養科学領域」を設置し、さらに「領域共通科目」を設けて教育・研究を行う。(表1)

表1.研究領域及び授業科目・担当教員
基礎栄養科学領域
細胞生化学特論

同 研究指導
専任、教授 四童子 好廣(保健学・医学博士)
栄養生理学特論

同 研究指導
専任、准教授 駿河 和仁(博士(食品栄養科学))
機能形態学特論

同 研究指導
専任、教授 久木野 憲司(保健学博士)
代謝栄養学特論

同 研究指導
専任、教授 田中 一成(農学博士)
共生微生物学特論

同 研究指導
専任、教授 上田 成一(博士(学術))
食品機能学特論

同 研究指導
専任、教授 古場 一哲(博士(農学))
栄養疫学特論

同 研究指導
専任、教授 正木 基文(保健学博士)
高分子化学特論 非常勤 原  研治(保健学博士)
実践栄養科学領域
保健栄養学特論

同 研究指導
専任、講師 吉澤 和子(栄養学博士)
臨床栄養学特論

同 研究指導
専任、教授 大曲 勝久(医学博士)
生活習慣病医療学特論

同 研究指導
専任、教授 森田 茂樹(医学博士)
健康体力科学特論

同 研究指導
専任、講師 飛奈 卓郎(博士(教育学))
栄養管理学特論

同 研究指導
専任、教授 西明 眞理(医学博士)
調理科学特論

同 研究指導
専任、准教授 冨永 美穂子(博士(学術))
栄養診断学特論 専任、教授 立石 憲彦(医学博士)
健康増進科学特論 非常勤 山口 義彦(医学博士)
国際保健学特論 (未 定) (未 定)
領域共通科目
栄養科学特論 専任、非常勤を含む全教員
栄養科学演習

 「基礎栄養科学領域」では遺伝子工学、細胞工学の技術を利用して生命科学の本質である遺伝子発現に対する栄養素、ひいては食事の制御メカニズムを研究し、その成果に基づいた教育を重視する。さらに、人体の健康的な機能統合、代謝調節及びそれらに必要な栄養素補給、微生物と人間の共存、食品の安全性と機能性、機能性に優れた食品の設計と創製、食品の加工・貯蔵技術とそれに伴う化学成分の変化などを内容とする教育・研究を重視する。特に、超高齢社会における健康志向に応えられる食品の機能性の開発とその利用性に力点を置いた教育・研究を推進する。特に、多様化した社会における健康問題の背景を食・栄養の面から疫学的な手法を用いて解析し、長期展望に立った栄養・健康の計画及び実践に力点を置いた教育・研究を展開する。併せて、食環境と疾病との関わりや社会環境の健康影響などに視点を置いた教育を行う。
 「実践栄養科学領域」では、実践科学としての栄養学の社会貢献に視点を置いて教育・研究を行う。人体の健康的な機能統合、代謝調節及びそれらに必要な栄養素補給、腸内環境を含めた健康影響、健康づくりのための栄養状態の評価・判定、食生活、身体活動、ストレスなどの生活習慣によってもたらされる生活習慣病、栄養管理のあり方、運動負荷と健康増進・体力向上、栄養補給の適・不適の診断とその対応、食品の二次機能の有効利用と食文化の形成、それに伴う摂食行動との関わり、加齢に伴う機能変化や生活環境と栄養との関連などに視点を置き、栄養効果と生体側の状態に関する教育・研究を推進する。
 また、開発途上国、特に東アジア地域における栄養問題に寄与できる国際感覚を持った栄養専門家の人材育成を目指し、地理的、歴史的に繋がりの深い長崎から「食と健康」を通じた国際交流と国際貢献を実践する。
 一方、東アジア地域の大学や研究所と研究者の交流を積極的に行い、特別講義やセミナーを通じて学生が外国人と接して国際感覚を身につける環境を整える。すでに、ドイツ、米国、韓国、中国から研究者を迎えてセミナーや懇談会などを開催して国際交流を推進している。また、栄養科学専攻の基盤となる栄養健康学科においては、外国からの国際交流員、客員研究員及び留学生を受け入れ、国際交流に積極的に取り組んでいる。

このページの先頭へ

履修及び研究指導方法

<授業科目一覧参照>

 教育にあたっては、学生の志向する領域の専門性を重視することが重要であるが、領域間の関連性も重要であり、かつ、広い専門的視野の育成も重要な課題である。そのため、本栄養科学専攻に入学した学生には、その学生の志向に応じ、基礎栄養科学領域あるいは実践栄養科学領域のいずれかに所属させる。
 授業科目の履修及び研究の実施にあたっては、学生の希望する教育・研究分野の中から指導教員を定め、学生が各分野の専門性を学び、必要な実践能力や基本的研究能力等を身につけられるよう指導する。特別な理由がある場合の指導教員の変更は入学後3ヶ月までとし、所定の手続きを必要とする。入学から博士前期課程修了までの履修指導・研究指導は、原則として次の過程に沿って行う。
 領域共通科目として栄養科学特論2単位、栄養科学演習2単位、計4単位を必修とし、受講させる。専門科目としては、専攻領域の分野での特別研究(10単位)ならびにその分野での特別演習(4単位)を専門必修科目とする(計14単位)。講義については、専攻の特色を身につけた学生を養成するため、それぞれの領域に用意された選択必修科目から選択して10単位以上を履修させる。関連する他領域における最新の科学知識も修得できるようにするため、2領域の科目の中から偏りなく学習するように指導する。さらに、臨床領域の専門性を高めるために、看護学専攻修士課程の科目を選択科目として2単位以上履修するよう指導する。ただし、看護学専攻の科目に関しては事前に科目担当教員の了解を得たうえで履修登録を行うものとする。博士前期課程の修了要件の単位数は30単位以上である。
 さらに、栄養科学特別演習Ⅰ(ゼミ形式)により各専門分野の最新の研究成果を掲載した学術論文を精読、理解させる。研究成果の学会での発表、学術論文誌への原稿作成や投稿に対しても指導する。なお、本専攻における教育・研究の遂行には基礎的な有機化学の素養が要求されるので、分野の異なる他大学や社会人から入学した多様な学生に備えて、その特殊性を生かした補習教育を実施している。