出前講義概要(地域創造学部)

講義名 上手な英語の学び方 講師 麻生 雄治
講義概要 英語力の向上は、スポーツ競技力の向上と似て、たくさんのトレーニング(練習)が必要ですが、できるだけ効率のよい練習方法を身につけることも大切です。ここでは、効果的な英語の学習法のアイデアについてお話します。
可能日時 ご相談ください

講義名 パラグラフ・ライティング入門 講師 麻生 雄治
講義概要 近年、大学入試やeメールなどにおいてまとまりのある英文を書く機会が増えてきています。そこには単純に日本語を英語に置き換える和文英訳と違った技術が必要になります。ここでは、主に大学入試を意識したパラグラフ・ライテイングの方法(書き方)の解説をしたいと思います。
可能日時 ご相談ください

講義名 英文読解のストラテジー 講師 麻生 雄治
講義概要 「単語の意味はわかるのに日本語に訳せない」や「日本語に訳せているはずなのに内容がわからない」といった経験はありませんか。(難解な)英文が「読める」とはどういう状態をいうのでしょうか。ここでは、大学入試問題のリーディング問題を例に、和訳に依存せずに英文を読み解く方法についてお話します。
可能日時 ご相談ください

講義名 公共政策の実践 ~新たな公共の担い手について 講師 奥山 忠裕
講義概要 公共政策といわれると、中央政府や自治体といった、自分とは離れた場所の人々が行っていることに感じられるかもしれない。しかし、実際には、近くの市民が公共政策に関わっている。講義では、本学の学生が行っている事例などを通して公共に関わることの意味を紹介していきたい。
可能日時 ご相談ください
その他 パワーポイントを使用いたしますので、ノートパソコン、プロジェクター、スクリーンの準備をお願い致します。

講義名 水俣市の市民協働の地域づくり ~持続可能な地域社会を目指して~ 講師 黒木 誉之
講義概要 熊本県水俣市は、市民協働で水俣病からの地域再生に取り組み、2011年、「日本の環境首都」の称号を得ました。現在も、20種類以上のごみの分別収集等の取組が続けられています。そこで、持続可能な地域社会形成のヒントとして水俣市の取組を紹介します。
可能日時 10月~3月(曜日などその他の点についてはご相談ください)
その他 パワーポイントを使用しますので、パソコン、プロジェクターの準備をお願いします。また、DVDの使用も予定していますので、プレーヤーの準備もお願いします。

講義名 体験しよう!防災シミュレーションゲーム「クロスロード」 講師 黒木 誉之
講義概要 「防災」は日頃から自分のこととして考えておくことが重要です。しかし実際に災害が発生した場合、どのように決断し行動すればいいのでしょうか。クロスロードは「岐路・分かれ道」という意味を持つ防災シミュレーションゲームです。「難しい選択の場面で君はどんな決断をするのか!?」。自分の、そして他の人の決断理由についてもディスカッションしながら防災そして災害について理解を深めましょう。
可能日時 10月~3月(曜日などその他の点についてはご相談ください)
その他 グループ形式で行います。パワーポイントを使用しますので、パソコン、プロジェクターの準備をお願いします。なお、講師は東日本大震災及び熊本地震の現地調査やボランティアの経験があり防災士(認定資格)でもあります。

講義名 地方自治ってなんだろう ~ガバメントからガバナンスへ~ 講師 黒木 誉之
講義概要 地方自治という言葉を聞いたとき、その主体としてまず思い浮かぶのは市町村や都道府県の自治体でしょう。しかし、社会の変容とともにボランティア、NPO、そして企業などの活躍が注目されています。そこで、具体的な事例を紹介しながらこれからの地方自治についてお話しします。
可能日時 10月~3月(曜日などその他の点についてはご相談ください)
その他 パワーポイントを使用しますので、パソコン、プロジェクターの準備をお願いします。また、DVDの使用も予定していますので、プレーヤーの準備もお願いします。

講義名 イギリスの歴史と英語 講師 竹田津 進
講義概要 同じ島国とは言え、日本と違い、イギリスの歴史は異民族の侵略の歴史といっても過言ではありません。それはデフォーの言った”your Roman-Saxon-Danish-Norman English”という言葉に凝縮されています。イギリスの歴史を繙きながら、北ドイツ方言が英語として誕生し、幾多の試練を経て国際語へと成長していった過程を見ていきましょう。
可能日時 ご相談ください

講義名 オックスフォード英語大辞典の楽しみ 講師 竹田津 進
講義概要 イギリスの『オックスフォード英語辞典』(通称OED)は立案から完成までに約70年の歳月を要した世界最大、最高峰の辞典といっても過言ではありません。歴史的方針に基づいて編集されたこの辞典はすべての英単語の履歴を記録しています。OEDの成立の課程や、編集者、辞典の使い方、電子辞書版、などについてお話します。
可能日時 ご相談ください

講義名 計画の立て方
 ―今日のために明日をデザインする―
講師 車 相龍
講義概要 計画って、誰でも立てることですが、誰もがその通りにできるわけではありません。なぜでしょうか。この講義では、失敗する計画の理由を説明した上、未来のために現在を犠牲にする既往の計画づくりに対する反省から、より充実した今日を生きるために明日をデザインする方法を紹介します。
可能日時 ご相談ください。
その他 講義にはパワーポイントを使うので、プロジェクターとスクリーンをご用意ください。

講義名 地理で見る経済
 ―なぜコンビニはそこにあるのか―
講師 車 相龍
講義概要 日常生活の様々な場面でぶつかる経済の問題を地理的な疑問から問い直す方法を紹介します。つまり、人間社会の経済活動を「場所」を媒介とした地理的現象により理解しようとする観点について分かりやすく説明し、普通、「難しい言葉や数字が沢山出てきて難しそうな経済」と「暗記することばかりで面倒くさそうな地理」の印象を変えるチャンスが得られる学び場を一緒に作ります。
可能日時 ご相談ください。
その他 講義にはパワーポイントを使うので、プロジェクターとスクリーンをご用意ください。

講義名 くらしと税金 講師 綱 辰幸
講義概要 「なぜ税金が必要なのか」、「なぜいろいろな税金があるのか」など、税金の基礎についてわかりやすく説明します。
可能日時 ご相談ください
その他 打ち合わせにより講義内容を決定したいと考えています。

講義名 地方公共団体について考えてみよう! 講師 綱 辰幸
講義概要 身近に接する都道府県や市町村といった地方公共団体。このような地方公共団体とは、「そもそもどのようなものなのか」、「具体的どのような仕事をしているのか」、「国との違いは何か」等について、三位一体や市町村合併など、近年のトッピクスなど交えて、とりわけ経済的な側面(地方財政)を中心に話していく講座です。
可能日時 通年可。(ただし、授業なので対応できない日時もあります。)

講義名 歴史を学ぶってどういうことだろう? 講師 長濱 幸一
講義概要 「『歴史』というと、暗記ばかりで面白くない」と思っていませんか?
歴史学ってどんな学問かを、経済史を例にとりつつ、問題意識・史料とは何か・史実の例証といった側面から、説明します。受講者のみなさんには、歴史を学ぶ意味を考えてもらいたいと思います。そして、歴史って面白い、と思ってもらえれば幸いです。
可能日時 ご相談ください

講義名 大学で学ぶ面白さとは―4年間での成長を考えてみよう― 講師 長濱 幸一
講義概要 大学入試を控えた高校生の皆さんにとっては、入学後の大学での学びの意味や面白さを考えることは、あまりないのかもしれません。本講義では、本学の1年生から4年生までのゼミ活動の様子を紹介することで、社会科学を学ぶ面白さを知ってもらいたいと考えています。本ゼミの学生も可能な限り同行し、学生の生の声や研究報告も聴いてもらえる機会を作りたいと思っています。
可能日時 ご相談ください

講義名 フェアトレードを知ろう! 講師 長濱 幸一
講義概要 フェアトレードという言葉をご存知ですか?
途上国と先進国の間の不公平な貿易を是正しようとする試みです。
この運動が生まれた歴史的背景から、その狙いや手法を講義で説明したいと思います。
「公正である」とは、どんなことなのかを考えてみましょう。
可能日時 ご相談ください
その他 もし時間・設備が許すのであれば、簡単なゲーム形式のグループワークも実施したいと思っています。

講義名 広島土砂災害の教訓 講師 西岡 誠治
講義概要 2014年8月の広島土砂災害を市役所の担当職員として経験し、復興ビジョンの策定にかかわった経験から、地形的類似性を有する長崎県における同種の災害に対する安全性確保策について、長期・短期の視点からお話しさせていただきます。
可能日時 火曜日午後~木曜日午前中以外

講義名 長崎における新たな観光創造 講師 西岡 誠治
講義概要 2015年7月の「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録やクルーズ船によるインバウンド観光客の増大により、長崎県の観光は盛り上がりを見せている。一方、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の申請の2年先送りや、長崎新幹線の整備方式の変更などが先行きの見通しを不透明にしている。そのような中、長崎県における新たな観光のあり方について考えをお話しします。
可能日時 火曜日午後~木曜日午前中以外

講義名 異文化との出会いⅠ
― 近現代中国の「映画」と「文学」(1)~(5)
講師 松岡 純子
講義概要 中国の改革開放政策実施後30年が経過しました。国内各地の人々の暮らしは、どう変化したのでしょうか。年代別の中国映画と関連する文学作品を通して、中国の社会・文化・生活への理解を深めましょう。
(1)1980年代前半の中部農村
(2)1980年代後半の南部沿海都市
(3)1990年代初めの都市と農村
(4)1990年代後半の北部農村
(5)1990年代末の都市再開発
可能日時 金曜日・土曜日 午後 (日程調整可。事前にご相談ください。)
その他 視聴覚教材が使用できる教室と、歴史・文化に興味があり映画や文学が好きな生徒さんがいれば、最適です。(講座5回分提供。1回45分~90分に調整可。事前にご相談ください。)

講義名 異文化との出会いⅡ
― 近現代中国の文学より(1)~(3)
講師 松岡 純子
講義概要 近現代の中国文学作品に触れてみませんか?留学経験があり、中国南部の福建・広東およびキリスト教にゆかりのある作家を取り上げ、その生涯と情感あふれる作品を紹介します。
(1)許地山(1894-1941台南生まれ広東育ち アメリカ・イギリス・印度留学)
(2)張資平(1893-1959 広東人 日本留学 旧制一高・五高・東京帝大)
(3)謝冰心(1900-1999 福建人 女性作家 アメリカ留学・日本滞在)
可能日時 金曜日・土曜日 午後 (日程調整可。事前にご相談ください。)
その他 散文・短編小説・手紙文形式など、美しく心温まる、時に涙を誘う作品群です。日本語訳を使用します。(講座3回分提供。1回45分~60分に調整可。事前にご相談ください。)

講義名 中国(福建)と長崎
―歴史と文化の流れから・鄭成功をめぐって(1)~(5)
講師 松岡 純子
講義概要 海洋によって隔てられながらも、かつて唐船で結ばれた福建・平戸・台湾にゆかりのある鄭成功(1624-1662)について、その生涯と関連する文学・演劇・映像作品を取り上げて、お話します。史実の鄭成功と作品に脚色された鄭成功は、どう違うのでしょうか。
(1)鄭成功をめぐって―その生涯と関連作品群
(2)鄭成功の物語―近松門左衛門「国性(姓)爺合戦」(1715)について
(3)鄭成功の物語―郭沫若「鄭成功」(1963)について
(4)鄭成功の物語―陳舜臣「鄭成功―旋風に告げよ」(1974)について
(5)鄭成功像―映像・図像・彫像と顕彰状況について
可能日時 金曜日・土曜日 午後 (日程調整可。事前にご相談ください。)
その他 平戸生まれの鄭成功を通して、日中の文学を比較してみませんか?(講座5回分提供。1回45分~60分に調整可。事前にご相談ください。)

講義名 福建と長崎
―廈門市での交流から
講師 松岡 純子
講義概要 日本西端の長崎と中国東南部沿海の福建は、長い交流の歴史をもっています。
長崎県と福建省、佐世保市と廈門市はそれぞれ友好関係にあります。
けれど、福建省や廈門市がどんなところなのか、ご存知でしょうか?
南のほう?暑いの?どのくらい?主食は?海鮮料理が多いの?果物は豊富?
街の様子は?皆さん、どんな暮らしをしているのでしょうか?
限られた見聞ではありますが、廈門市での交流を例として、お話しします。
可能日時 金曜日・土曜日(日程・時間調整可。事前にご相談ください。)
その他 映像の再生ができる会場を希望します。無い場合は、ホワイトボードでも可。

講義名 温暖化の原因はなんだろうか? 講師 宮崎 明人
講義概要 惑星「地球」の気候変化(変動)の様々な要因について議論した後、今日起こっている地球温暖化(気候クライシス)の原因についてIPCCの最新のデータに基づいて考察します。温暖化がこのまま続いた場合将来どのような現象が引き起こされるのか、それを防ぐために人類は何をするべきか、みなさんと考えます。更に長期的には、地球温暖化の防止を目指した「低炭素社会」ではなく「低エネルギー社会」の構築が地球環境を維持するために必要であることを示唆します。
可能日時 10月~3月
その他 液晶プロジェクターを使用します。(ノートPCは持参)

講義名 核分裂と放射線 講師 宮崎 明人
講義概要 原子力発電の安全性などを議論するうえでの基礎となる科学的素養を提供するものです。放射線、放射性同位元素、半減期、放射線の単位、放射線の影響、核分裂、核分裂生成物、原子力発電の仕組みなどについて分かり易く解説します。
可能日時 10月~3月
その他 液晶プロジェクターを使用します。(ノートPCは持参)

講義名 膨張宇宙の発見 講師 宮崎 明人
講義概要 我々が住むこの宇宙が膨張しつつあることがどのようにして分かってきたのか、理論と観測の両面からできる限りやさしくお話します。経済学部でもこんな講義が聴けるんですよ。
可能日時 10月~3月
その他 液晶プロジェクターを使用します。(ノートPCは持参)

講義名 統計データでみる長崎県の地域経済 ~長崎県はどのような地域でしょうか?~ 講師 吉本 諭
講義概要 私たちが住んでいる長崎県は一つの地域です。私たちが暮らす長崎県はどのような地域でしょうか?地域経済という視点から、客観的な指標である統計データにもとづき、長崎県の現状と特徴についてお話します。
可能日時 ご相談ください
その他 パワーポイントを使用しますので、パソコン、プロジェクター、スクリーンの準備をお願いします。

講義名 政府の景気対策や金融政策は、なぜ必要なのか? 講師 青木 圭介
講義概要 百年に一度の世界的な経済危機が叫ばれ、不況を克服するために政府はさまざまな景気対策を打ち出しています。その鍵となるのは・・・
可能日時 ご相談ください
その他 できればPCを使ったパワーポイントの利用を希望します。

講義名 ゲーム理論と経済の関係 講師 有馬 弥重
講義概要 どのような状況でも勝つための “最高の選択” ができるように考えるのが、「ゲーム理論」と呼ばれる学問です。この理論を用いて、身の回りの経済現象・出来事について解説を行います。
可能日時 ご相談ください
その他 パワーポイント使用

講義名 「経」「済」「学」とは:中国の哲学思想からみる経済学の本質 講師 尹 清洙
講義概要 アダム・スミスは『国富論』(1776)の作業で「経済学の父」と呼ばれるようになったが、『国富論』を理解する際には彼のもう一つの作業である『道徳感情論』(1759)抜きではその本質が見えにくい。本講義では老子の『道徳経』、プラトンの『国家』などの資料を用いて中国と西洋の哲学思想を比較しながら、経済学の本質について分かりやすく解説する。
可能日時 ご相談ください

講義名 最適な意思決定をするには? 講師 植野 貴之
講義概要 我々は、常に様々な場面で問題に直面し、決定を下しています。個人の場合は、ある程度勘などでいいかもしれませんが、企業などではそういうわけにはいきません。その際に、科学的な方法により得られた決定であれば、説得力が違うでしょう。
この講義では、我々の身近な問題に対して、科学的(数学的?)方法を用いて決定をする手法について、いくつか説明したいと思います。
可能日時 ご相談ください(火曜日を除く)

講義名 韓国の食料品輸出と農業 講師 田村 善弘
講義概要 韓国は日本と同じく食料輸入が多い国ですが、一方では農水産物や食品の輸出を積極的に行っている国でもあります。この講義では、韓国が食料品の輸出において、どのような取り組みを行っているのか、そのなかで農業ではどのような動きがみられるのかについてみていきます。
可能日時 ご相談ください
その他 パワーポイント使用

講義名 フードシステムと消費生活 講師 田村 善弘
講義概要 私たちは日々の食生活のなかで、様々な食料を消費しています。この消費生活を支える仕組みはどのようになっているのでしょうか。また、それは私たちが望む食料消費を支えているのでしょうか。この講義では私たちの食生活を支える「フードシステム」をみていくとともに、そのなかにはどのような課題があるのかについてみていきます。
可能日時 ご相談ください
その他 パワーポイント使用

講義名 経済学では数学を使うのか? 講師 鶴指 眞志
講義概要 文系を目指す生徒さんにとって、“経済学では数学を使う”、ということが経済学系の学部選択でネックになっているかもしれません。そこで、なぜ経済学では数学を使うのかを、初歩的に、わかりやすく講義します。
可能日時 原則として大学の休業期間以外のうちで、打ち合わせにより決定いたします
その他 資料を配付したいと思います
パワーポイントと黒板、両方を使います

講義名 九州ってどんなとこ? 講師 鳥丸 聡
講義概要 日本や都道府県、そして市町村について学ぶ機会はたくさんありますが、7つの県で構成される「九州」について学ぶ機会は多くありません。過疎と過密、福岡一極集中の光と影、シリコンアイランドやカーアイランドそして食料供給基地といった産業構造、九州クロスハイウェイや九州新幹線による一体感の高まり等々、九州地域の現状と課題について解説します。
可能日時 ご相談ください
その他 プロジェクター使用やプリント配布のみなど、ご相談ください

講義名 多様な地域おこし手法の現状と課題 講師 鳥丸 聡
講義概要 地域を元気にする主体や手法は多様です。民間が主体となる「B級グルメ」や「御当地アイドル」「ゆるキャラ」だけでなく、自治体が中心となった「アンテナショップでの販路開拓」や「田園回帰気運の受け皿づくり」「自治体PR動画」など、多様な地域活性化手法の現状と課題を検討します。
可能日時 ご相談ください
その他 プロジェクター使用やプリント配布のみなど、ご相談ください

講義名 増加した外国人観光客の現状と地域の課題 講師 鳥丸 聡
講義概要 2015年以降、日本の旅行関連業界に45年ぶりの異変が生じています。歴史的転換期と言っても良いかもしれません。インバウンドがアウトバウンドを上回ったのです。クルーズ船の寄港増加や査証発給の要件緩和等々、その背景と今後の課題を検討します。
可能日時 ご相談ください
その他 プロジェクター使用やプリント配布のみなど、ご相談ください

講義名 多様な世界遺産と世間遺産 ~集客型地域資源活用の現状と課題~ 講師 鳥丸 聡
講義概要 2015年の「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産認定以降、世界遺産とは無縁だった九州本土は、ユネスコ無形文化遺産や世界農業遺産、世界ジオパーク認定地域も増えて、あっという間に「世界遺産アイランド」へと変貌を遂げようとしています。その活用方策の現状と課題について検討します。
可能日時 ご相談ください
その他 プロジェクター使用やプリント配布のみなど、ご相談ください

講義名 増加した九州農林水産物輸出の現状と課題 講師 鳥丸 聡
講義概要 イチゴ、さつま芋、メロン、柿、花卉、みかん、卵、茶、和牛、ブリ、ナマコ、キノコ、丸太等々、近年、九州で生産された農林水産物の輸出が増え続けています。第一次産業が輸出で儲かるようになった時代背景とその課題について検討します。
可能日時 ご相談ください
その他 プロジェクター使用やプリント配布のみなど、ご相談ください

講義名 ハイモビリティ(高速交通)社会のインパクト
~どうする・どうなる長崎新幹線~
講師 鳥丸 聡
講義概要 道路では九州クロスハイウェイがほぼ全通し、鉄道では長崎~武雄温泉間の2022年度の部分開業を目指して、九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)の工事が急ピッチで進められています。FGT開発は間に合うのか、武雄温泉駅でのリレー方式の乗り換えとはどのようなものなのか。2004年に部分開業(2011年全線開業)した新八代-鹿児島中央間を事例に、高速交通社会のインパクトについて考えます。
可能日時 ご相談ください
その他 プロジェクター使用やプリント配布のみなど、ご相談ください

講義名 中小企業の新規事業への取組課題 
~地域資源活用事業と農商工連携事業を事例に~
講師 鳥丸 聡
講義概要 地域資源活用促進法施行から10年、農商工連携促進法施行から9年が経過しました。この間、九州では181件の地域資源活用事業と78件の農商工連携事業が認定されています。それらのケース・スタディを通して、マーケティングから商品開発、販路開拓に至る中小企業が新規事業に取り組む際の課題について検討します。
可能日時 ご相談ください
その他 プロジェクター使用やプリント配布のみなど、ご相談ください

講義名 日本の国際協力 講師 中村 和敏
講義概要 この講義では、日本がどのような形で国際協力を行っているのかについて、説明します。国際協力といってもその実施主体には様々なものがあります。たとえば、国際機関、日本政府、地方公共団体、民間企業、NGOなどを挙げることができるでしょう。そういった中から、近年注目されている動きをいくつか取り上げてみたいと思います。
可能日時 ご相談ください

講義名 地域資源としてのエネルギーの活用を考える 講師 芳賀 普隆
講義概要 東日本大震災以降、エネルギー問題への関心の高まりに加え、2016年4月からは電力の小売り自由化も開始され、私たちの生活にとって、エネルギーについてどう考え、選ぶのかが問われています。この講義では、近年の動向や事例も踏まえつつ、地域資源としてのエネルギー活用について考えてみましょう。
可能日時 ご相談下さい。
その他 パワーポイントを使用いたしますので、パソコン、プロジェクター、スクリーンの準備をお願いいたします。

講義名 経済(エコノミー)はもともと経世済民(オイコノミー)だった!? 講師 古河 幹夫
講義概要 「エコノミー切符」って割安切符のことだよね。限られた予算のなかでできるだけ節約し、安くあげることは確かに「エコノミー」。国全体でも限られた国土、人口、資源をできるだけ節約して、つまり効率的に利用することがエコノミー。でも「エコノミー」の訳語「経済」は明治時代に「経世済民」からとってきた。世の中全般を管理し民の生活を向上させる・・。これは古代ギリシャの「オイコス」に源流があるのだ。
可能日時 6~7月、10月、2月の月曜日、金曜日

講義名 公正・公平な社会は可能なの? 講師 古河 幹夫
講義概要 私たちはどんなときに「不公平だ!」とか「不公正だ(アンフェアだ)!」と感じるのだろう。学校では人としての正しいことや社会の理想像を教えても、現実の社会は人を出し抜く競争で結局はお金や権力をもった人々が支配するのが実態だ、「正義」はあくまで理想であるにすぎない、と考えていませんか。私たちが社会という人々のつながりを保ちながら互いの自由を尊重しあうために、公正・公平は大切なルールです。
可能日時 6~7月、10月、2月の月曜日、金曜日

講義名 次世代を生きていくひとたちと少子化問題 講師 柳田 芳伸
講義概要 少子化をめぐって、代理出産、赤ちゃんポストなどを含めた広い論議が現在行われています。講義では、最近の状況を伝えながら、こうしたことが今後の社会生活にどのような影響を与えていくのかを易しく紹介していきます。
可能日時 ご相談ください

講義名 大学は、何を学ぶところなのか? 講師 楊 光洙
講義概要 大学にはなぜ進学するのか、本来大学は何を学ぶところなのか、そして人生の中で大学で学ぶことの意味は何なのかなどについて考えてみます。現在日本の大学は急激に変化しています。その背景を踏まえた上で、今後大学での学び方と勉学に必要な能力について議論します。
可能日時 ご相談ください。
その他 パワーポイント使用

講義名 経済学・経営学・商学とは、どんな学問なのか? 講師 楊 光洙
講義概要 社会科学(経済系)として経済学・経営学・商学は、何を研究する学問なのか、実際に学問が社会ではどのように役に立っているのかなどについて考えてみます。将来大学で学問を学ぶことの理解と、将来設計のための基礎知識として活用できることを目指して解説します。
可能日時 ご相談ください。
その他 パワーポイント使用

講義名 これからの時代に必要な知識と能力とは何か? 講師 楊 光洙
講義概要 就きたい職業も働きたい業界や分野も決まっていない。それでも将来の夢は、やってみたいことは、希望する月収は、結婚は、住みたいところは、などなど新しい時代の中心的な担い手となる現在の高校生たちに、将来に求められている知識と能力について考えてみます。
可能日時 ご相談ください。
その他 パワーポイント使用