出前講義概要(地域創造学部)

講義名市民参加の実践 ~情報技術の活用と地域課題の解決講師石田 聖
講義概要高齢化社会の到来、自治体の財政難、町内会等の地域コミュニティの衰退等を背景として、新たな地域のまちづくりの担い手を育て、地域課題の解決を担う市民参加の取組みが各地で展開されています。この講義では、携帯端末やソーシャルメディア等を活用し、行政だけではなく市民が発見、提供した情報やデータを活用した地域課題解決の実践についてお話しします。
可能日時10~3月(曜日などその他の点についてはご相談ください)
その他講義にはパワーポイントを使うので、プロジェクターとスクリーンをご用意ください。
また動画の予定しておりますので、使用できる環境があれば幸いです。
講義名高校における新しい主権者教育講師石田 聖
講義概要我が国でも18歳選挙権導入で高校生も選挙に投票に行けるようになり、若者への主権者教育のニーズが高まりを見せています。この講義では、若者が選挙で投票へ行く意義を考えながら、長崎県内や海外の高校レベルで取り組まれている具体的な事例を交えつつ、主権者教育について話題提供を行います。
可能日時10~3月(曜日などその他の点についてはご相談ください)
その他講義にはパワーポイントを使うので、プロジェクターとスクリーンをご用意ください。
また動画の予定しておりますので、使用できる環境があれば幸いです。
講義名水俣市の市民協働の地域づくり 
~持続可能な地域社会を目指して~
講師黒木 誉之
講義概要熊本県水俣市は、市民協働で水俣病からの地域再生に取り組み、2011年、「日本の環境首都」の称号を得ました。現在も、20種類以上のごみの分別収集等の取組が続けられています。そこで、持続可能な地域社会形成のヒントとして水俣市の取組を紹介します。
可能日時10月~3月(曜日などその他の点についてはご相談ください)
その他パワーポイントを使用しますので、パソコン、プロジェクターの準備をお願いします。また、DVDの使用も予定していますので、プレーヤーの準備もお願いします。
講義名体験しよう!防災シミュレーションゲーム「クロスロード」講師黒木 誉之
講義概要「防災」は日頃から自分のこととして考えておくことが重要です。しかし実際に災害が発生した場合、どのように決断し行動すればいいのでしょうか。クロスロードは「岐路・分かれ道」という意味を持つ防災シミュレーションゲームです。「難しい選択の場面で君はどんな決断をするのか!?」。自分の、そして他の人の決断理由についてもディスカッションしながら防災そして災害について理解を深めましょう。
可能日時10月~3月(曜日などその他の点についてはご相談ください)
その他グループ形式で行います。パワーポイントを使用しますので、パソコン、プロジェクターの準備をお願いします。なお、講師は東日本大震災及び熊本地震の現地調査やボランティアの経験があり防災士(認定資格)でもあります。
講義名体験しよう!防災シミュレーションゲーム「HUG」講師黒木 誉之
講義概要「防災」は日頃から自分のこととして考えておくことが重要です。しかし実際に災害が発生した場合、避難所に避難してもどのように運営すればいいのでしょうか。HUGは、避難所運営を自分たちで考えるためのシミュレーションゲームです。「混乱する現場で君はどんな運営を行うのか!?」。他の人とディスカッションしながら、どうすればより良い避難所運営ができるのか考えてみましょう。
可能日時10月~3月(曜日などその他の点についてはご相談ください)
その他グループ形式で行います。パワーポイントを使用しますので、パソコン、プロジェクターの準備をお願いします。なお、講師は東日本大震災及び熊本地震の現地調査やボランティアの経験があり防災士(認定資格)でもあります。
講義名地方自治ってなんだろう ~ガバメントからガバナンスへ~講師黒木 誉之
講義概要地方自治という言葉を聞いたとき、その主体としてまず思い浮かぶのは市町村や都道府県の自治体でしょう。しかし、社会の変容とともにボランティア、NPO、そして企業などの活躍が注目されています。そこで、具体的な事例を紹介しながらこれからの地方自治についてお話しします。
可能日時10月~3月(曜日などその他の点についてはご相談ください)
その他パワーポイントを使用しますので、パソコン、プロジェクターの準備をお願いします。また、DVDの使用も予定していますので、プレーヤーの準備もお願いします。
講義名公務員の仕事とは講師立花 茂生
講義概要講師は総務省という国の役所から出向しています。今まで総務省のほか、石川県庁、札幌市役所などで勤務してきましたが、今までの経験を踏まえ、国家公務員や地方公務員の役割、その目指すべき姿などについてお話ししたいと思います。
可能日時8月~3月(曜日などその他の点についてはご相談ください)
その他パワーポイントを使用いたしますので、ノートパソコン、プロジェクター、スクリーンの準備をお願い致します。
講義名計画の立て方
 ―今日のために明日をデザインする―
講師車 相龍
講義概要計画って、誰でも立てることですが、誰もがその通りにできるわけではありません。なぜでしょうか。この講義では、失敗する計画の理由を説明した上、未来のために現在を犠牲にする既往の計画づくりに対する反省から、より充実した今日を生きるために明日をデザインする方法を紹介します。
可能日時ご相談ください
その他講義にはパワーポイントを使うので、プロジェクターとスクリーンをご用意ください。
講義名地理で見る経済
 ―なぜコンビニはそこにあるのか―
講師車 相龍
講義概要日常生活の様々な場面でぶつかる経済の問題を地理的な疑問から問い直す方法を紹介します。つまり、人間社会の経済活動を「場所」を媒介とした地理的現象により理解しようとする観点について分かりやすく説明し、普通、「難しい言葉や数字が沢山出てきて難しそうな経済」と「暗記することばかりで面倒くさそうな地理」の印象を変えるチャンスが得られる学び場を一緒に作ります。
可能日時ご相談ください
その他講義にはパワーポイントを使うので、プロジェクターとスクリーンをご用意ください。
講義名くらしと税金講師綱 辰幸
講義概要「なぜ税金が必要なのか」、「なぜいろいろな税金があるのか」など、税金の基礎についてわかりやすく説明します。
可能日時ご相談ください
その他打ち合わせにより講義内容を決定したいと考えています。
講義名地方公共団体について考えてみよう!講師綱 辰幸
講義概要身近に接する都道府県や市町村といった地方公共団体。このような地方公共団体とは、「そもそもどのようなものなのか」、「具体的どのような仕事をしているのか」、「国との違いは何か」等について、三位一体や市町村合併など、近年のトッピクスなど交えて、とりわけ経済的な側面(地方財政)を中心に話していく講座です。
可能日時通年可。(ただし、授業なので対応できない日時もあります。)
講義名広島土砂災害の教訓講師西岡 誠治
講義概要2014年8月の広島土砂災害を市役所の担当職員として経験し、復興ビジョンの策定にかかわった経験から、地形的類似性を有する長崎県における同種の災害に対する安全性確保策について、長期・短期の視点からお話しさせていただきます。
可能日時火曜日午後~木曜日午前中以外
講義名長崎における新たな観光創造講師西岡 誠治
講義概要2015年7月の「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録やクルーズ船によるインバウンド観光客の増大により、長崎県の観光は盛り上がりを見せている。一方、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の申請の2年先送りや、長崎新幹線の整備方式の変更などが先行きの見通しを不透明にしている。そのような中、長崎県における新たな観光のあり方について考えをお話しします。
可能日時火曜日午後~木曜日午前中以外
講義名生活に役立つ心理学講師橋本 優花里
講義概要心理学といえば,「人の心が読めるようになる」学問だと思われがちですが,そうではありません。しかし,心理学には,科学的研究に裏付けられた日々の生活に役立つ視点がたくさんあります。この講座では,それらについて,理論的背景も踏まえながら,具体例とともに概説していきます。
可能日時通年 金曜日
講義名失敗の原因を考える講師橋本 優花里
講義概要私たちは普段から失敗することがあります。失敗を全くしない人というのはほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。本講座では心理学の視点から、失敗の背後にある色々な原因について考えていきます。
可能日時通年 金曜日
講義名記憶が良くなる?心理学講師橋本 優花里
講義概要日ごろの生活の中で「忘れる」ことはよくあることですね。ただ、記憶には3つの段階があり、同じ「忘れる」でもそれぞれの段階に沿った3つのタイプがあることが分かっています。本講座では、3つのタイプに関係する心理学の記憶研究を紹介し、「忘れない」ためにはどうすればよいかを一緒に考えていきます。
可能日時通年 金曜日
講義名発音のテストで満点を取ろう! ~高校生のための英語発音法~講師山崎 祐一
講義概要一生懸命英語で言っているのに、発音が原因で単語ひとつ取っても通じなかったという経験はありませんか。発音は、英会話でいちばん重要な要素ではありませんが、通じない発音では意味がありません。英語の発音は、日本語の発音と比べるととても複雑です。英語には日本語にない音がたくさんあります。日本人にとって難しく、誤解されがちな英語の発音について理解し、「通じる発音」へと修正していくことが、英会話やリスニングの上達には不可欠です。実際にミニマルペアやイントネーションの例を用い、発音の重要性とスピーキングのコツについてお話します。
可能日時通年可
講義名異文化間コミュニケーションのための英語学習
~異文化理解ってなぜ大切なの?~
講師山崎 祐一
講義概要英語を中学、高校、大学と10年間学んだにもかかわらず、英語がよく分からない、話せないということをよく耳にします。そんなに「英語ができない」理由はいったいどこにあるのでしょうか。それは、必ずしも単に英語力が十分でないためとは言えません。例えば、英語に対する誤解がコミュニケーションの障害になっていることはないでしょうか。または、ことばの性質や文化の違いによる落とし穴はないでしょうか。「英語を使える日本人」になるには、英語や異文化のルールを知ったり認めたりする柔軟な心が必要であることを、分かりやすい具体例を用いて説明します。
可能日時通年可
講義名欧米か!英語コミュニケーションにおける非言語メッセージ
~日本語と英語の比較~
講師山崎 祐一
講義概要ことばと一緒に使う非言語メッセージは、ことばを強調したり感情を伝えたりするのに大きな役割を果たします。愛している人に対して「愛してるよ。」とことばで表現しながら目をウルウルさせれば、気持ちの伝わり方は倍増するでしょう。また、「血相が変わる」とよく言いますが、本音が表れやすいのも非言語の特徴です。しかし、非言語コミュニケーションは、メッセージの伝わり方が日本語と英語では異なることが多いのでよく誤解が生じます。ですから、文化的な違いを知っておくと英語コミュニケーションの際にとても役に立ちます。日本語と英語を比較しながら、分かりやすい具体例を用い、非言語メッセージのおもしろさに迫ります。
可能日時通年可
講義名英語リスニングは難しくない! ~音のつながりを聞き取るコツと心得~講師山崎 祐一
講義概要
皆さんはニュースの英語が速いと感じますか。実は決して早くはないのです。ニュースはたくさんの情報を流さなければなりませんので、確かにゆっくりした英語とはいえませんが、ニュースは老若男女いろんな人たちが聞くのですから、そんなに早口で言うわけにもいきません。では、私たちが英語を聞いていて「速い」と感じてしまう理由はいったい何なのでしょうか。音声変化の簡単メカニズムなどを利用し、リスニングが本当に楽しくなる「聞き取りのコツ」をつかみます。
可能日時通年可
講義名速読ができるようになるにはこうやる! ~「文章全体の様子」の捉え方~講師山崎 祐一
講義概要「私は読み方が遅い」、「日本語だって読むのが遅いのに、英語はさらに遅くなる」と思っている人は、あなただけではないはずです。速く読めないのには理由があるのです。そして、それを克服するのはそんなに難しいことではありません。まずは声に出して読んでみましょう。音読なしに英語の上達はありえません。ただ、棒読みは禁物です。意味の把握のしかた、文法への意識、文全体の様子を一つの「絵」として捉えることなどが大切です。どのようにすると速読ができるようになるのかを分かりやすく解説しますので、一緒に練習してみましょう。
可能日時通年可
講義名「グローバル人材」にはどうやったらなれる? ~「異」を知って、認めて、行動しよう~講師山崎 祐一
講義概要「グローバル人材」とはどんな人たちのことでしょうか。英語が話せるだけで「グローバル人材」と言えるでしょうか。もちろん、語学力は大切な要素です。でも、私たちは「生き物」同士です。まずは人間関係。日本で人間関係が上手く行かなければ、海外に行っても上手くいきません。基本的に人間関係はどこに行っても同じだからです。異文化圏の人々とコミュニケーションをとるときには、日本人としてのアイデンティティをしっかり持っておくことが、基本中の基本とされています。ただ積極的であるだけではなく、協調性や柔軟性があることも重要です。英語と日本語の要素も比較しながら、グローバルに活躍できる方法についてお話しいたします。
可能日時通年可
講義名海外語学研修のDos & Don'ts ~海外での貴重な体験をコミュニケーション能力につなごう~講師山崎 祐一
講義概要海外での語学研修はとても貴重な体験です。「たった1週間で何か役に立つのですか」という質問をよく受けますが、異文化での経験は、英語学習に対する意識改革や意欲の向上にもつながります。しかし、注意しなければいけないこともたくさんあります。例えば、ホストファミリーへのお礼の言い方や謝り方だけでも、日本語と英語では方法やルールが違います。英会話表現を覚えているだけでは大変な誤解を受けることもあります。英会話の実践練習をしながら、有意義な海外語学研修、過ごし方の注意点などを、具体例を用いながら分かりやすく解説いたします。
可能日時通年可
講義名言葉の変化 ~ジョン万次郎から1万年後のコミュニケーションまで~講師山崎 祐一
講義概要言葉は日々変化しています。300年前の日本語の古文の理解に苦しんだり、ほんの10年前に流行した言葉でさえ、今ではもう使わなくなってしまっている場合もあります。知らないはずの英語が通じる現象、知っているはずの日本語が通じない現象を、語感実験などを通して、楽しく分かりやすく説明いたします。日本語や英語やアフリカの言語などを例に挙げながら、言葉の不思議や変化についてお話します。言葉そのものに興味を持ってもらうことで、英語学習に対する意欲の向上につないでいくことができればと願っています。
可能日時通年可
講義名統計データでみる長崎県の地域経済 ~長崎県はどのような地域でしょうか?~講師吉本 諭
講義概要私たちが住んでいる長崎県は一つの地域です。私たちが暮らす長崎県はどのような地域でしょうか?地域経済という視点から、客観的な指標である統計データにもとづき、長崎県の現状と特徴についてお話します。
可能日時ご相談ください
その他パワーポイントを使用しますので、パソコン、プロジェクター、スクリーンの準備をお願いします。
講義名ゲーム理論と経済の関係講師有馬 弥重
講義概要どのような状況でも勝つための “最高の選択” ができるように考えるのが、「ゲーム理論」と呼ばれる学問です。この理論を用いて、身の回りの経済現象・出来事について解説を行います。
可能日時ご相談ください
その他パワーポイント使用
講義名「経」「済」「学」とは:中国の哲学思想からみる経済学の本質講師尹 清洙
講義概要アダム・スミスは『国富論』(1776)の作業で「経済学の父」と呼ばれるようになったが、『国富論』を理解する際には彼のもう一つの作業である『道徳感情論』(1759)抜きではその本質が見えにくい。本講義では老子の『道徳経』、プラトンの『国家』などの資料を用いて中国と西洋の哲学思想を比較しながら、経済学の本質について分かりやすく解説する。
可能日時ご相談ください
講義名最適な意思決定をするには?講師植野 貴之
講義概要我々は、常に様々な場面で問題に直面し、決定を下しています。個人の場合は、ある程度勘などでいいかもしれませんが、企業などではそういうわけにはいきません。その際に、科学的な方法により得られた決定であれば、説得力が違うでしょう。
この講義では、我々の身近な問題に対して、科学的(数学的?)方法を用いて決定をする手法について、いくつか説明したいと思います。
可能日時ご相談ください(火曜日を除く)
講義名人口減少下における地域産業の再生講師竹田 英司
講義概要日本国内の地方都市では人口が減少しています。長崎県内の各地域産業でも人口減少の影響を受けて、供給者だけでなく、需要者も減っています。人口減少の影響を受けている地域産業に関して、コト消費とモノ消費の視点から、地域産業の将来展望を考えます。
可能日時通年 月・水
その他パワーポイント使用
講義名人口減少下における中小企業の存在意義講師竹田 英司
講義概要中企業や小企業が事業を存続させていくためには何が必要でしょうか。アップルも、ユニクロも、トヨタも、最初は小さな企業でしたが、巨大企業へと成長しました。小企業や中企業を取引先、支援先、就職先として考え、小企業や中企業の存在意義について自分なりの意見を持ちましょう。
可能日時通年 月・水
その他パワーポイント使用
講義名韓国の食料品輸出と農業講師田村 善弘
講義概要韓国は日本と同じく食料輸入が多い国ですが、一方では農水産物や食品の輸出を積極的に行っている国でもあります。この講義では、韓国が食料品の輸出において、どのような取り組みを行っているのか、そのなかで農業ではどのような動きがみられるのかについてみていきます。
可能日時ご相談ください
その他パワーポイント使用
講義名フードシステムと消費生活講師田村 善弘
講義概要私たちは日々の食生活のなかで、様々な食料を消費しています。この消費生活を支える仕組みはどのようになっているのでしょうか。また、それは私たちが望む食料消費を支えているのでしょうか。この講義では私たちの食生活を支える「フードシステム」をみていくとともに、そのなかにはどのような課題があるのかについてみていきます。
可能日時ご相談ください
その他パワーポイント使用
講義名九州ってどんなとこ?講師鳥丸 聡
講義概要日本や都道府県、そして市町村について学ぶ機会はたくさんありますが、7つの県で構成される「九州」について学ぶ機会は多くありません。過疎と過密、福岡一極集中の光と影、シリコンアイランドやカーアイランドそして食料供給基地といった産業構造、九州クロスハイウェイや九州新幹線による一体感の高まり等々、九州地域の現状と課題について解説します。
可能日時ご相談ください
その他プロジェクター使用やプリント配布のみなど、ご相談ください
講義名多様な地域おこし手法の現状と課題講師鳥丸 聡
講義概要地域を元気にする主体や手法は多様です。民間が主体となる「B級グルメ」や「御当地アイドル」「ゆるキャラ」だけでなく、自治体が中心となった「アンテナショップでの販路開拓」や「田園回帰気運の受け皿づくり」「自治体PR動画」など、多様な地域活性化手法の現状と課題を検討します。
可能日時ご相談ください
その他プロジェクター使用やプリント配布のみなど、ご相談ください
講義名多様な世界遺産と世間遺産 ~集客型地域資源活用の現状と課題~講師鳥丸 聡
講義概要2015年の「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産認定以降、世界遺産とは無縁だった九州本土は、ユネスコ無形文化遺産や世界農業遺産、世界ジオパーク認定地域も増えて、あっという間に「世界遺産アイランド」へと変貌を遂げようとしています。その活用方策の現状と課題について検討します。
可能日時ご相談ください
その他プロジェクター使用やプリント配布のみなど、ご相談ください
講義名高まる首都圏での田園回帰気運と地方での受け皿整備 
~半農半Xという生き方の提案~
講師鳥丸 聡
講義概要首都圏在住者の地方移住相談を受け付けている「ふるさと回帰支援センター」によると、過去10年間で地方移住相談者の年齢構成は激変した。働き盛りの地方移住気運の高まりが顕著に現われている。一方、九州に立地する中小企業の経営者は高齢化し、少子化による労働力不足も喫緊の課題となっている。田園回帰気運の高まりに対して、どのような受け皿整備が求められているのか考え、東京で働いたキャリアを活かしたフリーランスとして、かつ第1次産業にも従事する「半農半X」ライフを提案する。
可能日時都度、ご相談ください
講義名九州人よ、もっと「海」に注目しよう講師鳥丸 聡
講義概要2001年をピークとして減少の一途にあった長距離フェリーの利用客数が微増に転じた。背景にあるのは「アマゾン・エフェクト」による「宅配クライシス」だ。一方、ペット連れOKのフェリーが増えたために個人の利用客も増えつつある。そこにクルーズ船寄港も増えて九州の港が一気に賑やかになってきた。海洋資源も豊富な九州の海。災害時には「海の国道バイパス」としての機能も果たす九州の「海」の活用策について考える。
可能日時都度、ご相談ください
講義名共助社会が拓く未来 ~NPO法施行20年を振り返る~講師鳥丸 聡
講義概要1998年12月にNPO法(特定非営利活動促進法)が施行されて20年目を迎える。この間、教育や福祉、地域振興などに果たした影響は大きい。また、東日本大震災、熊本地震そして九州北部豪雨などの災害時には、大いにその活動が地域を元気づけた。自助と公助の中間で、官と民の狭間で地道にミッションを追求してきたNPOの歴史を振り返りつつ、NPO の本場=アメリカのNon-Profit組織に学ぶべきことを考える。
可能日時都度、ご相談ください
講義名消費構造の変貌 ~エンゲル係数の高まりと「コト消費」「時短消費」~講師鳥丸 聡
講義概要総務省の「家計調査」によると、2016年の日本のエンゲル係数(家計の消費支出総額中に占める食料費の割合)が、1987年以来、29年ぶりの高水準(25.8%)に達した。一般に、エンゲル係数が高いほど生活水準が低いとされるが、果たして私たちの生活の質は低下したのか。電子商取引市場が活況を呈し、消費実態がつかみにくくなっているが、「コト消費」と「時短消費」は着実に増えている現状を考える。
可能日時都度、ご相談ください
講義名平成時代30年間の九州経済回顧 
~3つのアイランドの変貌と福岡一極集中の光と影~
講師鳥丸 聡
講義概要平成時代30年間の九州経済を振り返ると、産業面では「3つのアイランド(カー、シリコン、フード)の変貌」が、地域振興面では、「九州全域における福岡一極集中の光と影の顕在化」が思い浮かぶ。平成の30年間に一定レベルの高度化を果たしたものの、依然、頭脳部門が脆弱な生産機能と、人口増加数日本一にまで成長した福岡市のエンターテインメント機能について考える。
可能日時都度、ご相談ください
講義名メガFTAと日本そして九州講師鳥丸 聡
講義概要いよいよ米国抜きの環太平洋経済連携協定TPP11が始動する。2019年には日欧EPAも始まり、RCEP(東アジア地域包括的経済連携)交渉も合意に向けて着実に前進している。本格的な大交流時代を迎える一方で、トランプ政権の保護貿易政策やEUでのブレグジットで、反グローバル化も顕在化した。九州と米国、EU、中国、韓国そしてアセアンとの貿易を振り返りつつ、メガFTA時代の日本・九州の戦略について考える。
可能日時都度、ご相談ください
講義名だから「政治・経済」科目は重要だ
~大人になって「日経TEST」で泣かないために~
講師鳥丸 聡
講義概要日経TESTは経済知力がどの程度備わっているかを測る試験で、経済や金融、産業の動きから消費、技術、国際情勢まで、幅広い経済への理解度が問われる。その日経TESTを社内登用試験の一部として導入したり、管理職の必須条件に一定スコアを求める企業もある(2017年受験法人500社、18万人受験)。就活生や社会人が日経TESTで苦しむ1つの要因は、高校時代の「政治・経済」科目で基礎を身に着けていなかったことによる。「日経TEST」の過去問から、「政治・経済」科目の重要性を考える。
可能日時都度、ご相談ください
講義名循環型社会と地域経済 ~知られざるリサイクルの世界~講師鳥丸 聡
講義概要2001年1月に循環型社会形成推進基本法が施行されてから20年近くが経過した。多くの廃棄物がリユース・リサイクルされるようになったが、その実態は十分に把握されていない。生産から販売に至る動脈産業と比べて、廃棄物をリサイクルする静脈産業には未解明な部分が多い。ビニールハウス、魚腸骨、トロ箱、畜産副産物、廃車等々のリサイクルの歴史を振り返りつつ、私的技術より社会的技術にもっと目を向ける必要性について考える。
可能日時都度、ご相談ください
講義名コミュニティビジネス・コンプレックス ~これが田舎の生きる道~講師鳥丸 聡
講義概要地域課題を、地域住民が主体的にビジネスの手法を用いて解決する取り組みで、企業の営利活動とボランティアの奉仕活動の中間的な活動のことをコミュニティビジネスと言う。「ティア」の「小さな食の循環」や「えこふぁーむ」の「黒豚は地球を救う」、「セブンプラザ」の「パパママ電気店復活」等々のケーススタディを通して、地域資源(人材力・素材力・技術力等)を活用して行う小規模ビジネスという側面も持つコミュニティビジネスの必要性を考える。
可能日時都度、ご相談ください
講義名スポーツによる地方創生
~ゴールデン・スポーツイヤーズ(奇跡の3年)がやって来る~
講師鳥丸 聡
講義概要2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリパラ、2021年関西ワールドマスターゲームズと続くゴールデン・スポーツイヤーズ、いわゆる「奇跡の3年」をいよいよ迎える。試合会場とならない地域も、このチャンスを地域振興に取り込まない手は無い。ビッグスポーツイベントが地域に及ぼしてきた(経済的、社会的、心理的)効果を振り返りつつ、住民総出で最高のレガシーを創るためのヒントを探る。
可能日時都度、ご相談ください
講義名日本の国際協力講師中村 和敏
講義概要この講義では、日本がどのような形で国際協力を行っているのかについて、説明します。国際協力といってもその実施主体には様々なものがあります。たとえば、国際機関、日本政府、地方公共団体、民間企業、NGOなどを挙げることができるでしょう。そういった中から、近年注目されている動きをいくつか取り上げてみたいと思います。
可能日時ご相談ください
講義名地域資源としてのエネルギーの活用を考える講師芳賀 普隆
講義概要東日本大震災以降、エネルギー問題への関心の高まりに加え、2016年4月からは電力の小売り自由化も開始され、私たちの生活にとって、エネルギーについてどう考え、選ぶのかが問われています。この講義では、近年の動向や事例も踏まえつつ、地域資源としてのエネルギー活用について考えてみましょう。
可能日時ご相談下さい
その他パワーポイントを使用いたしますので、パソコン、プロジェクター、スクリーンの準備をお願いいたします。
講義名環境問題について考えよう講師芳賀 普隆
講義概要気候変動や大気汚染、森林消失など、環境問題は日本だけでなく、全世界的な問題となっています。それでは、環境問題はなぜ起こるのでしょうか。また、皆さんの生活とどのような関わりがあるのでしょうか。本講義では、経済学の観点から環境問題についてお話するとともに、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。
可能日時ご相談下さい
その他パワーポイントを使用いたしますので、パソコン、プロジェクター、スクリーンの準備をお願いいたします。
講義名経済(エコノミー)はもともと経世済民(オイコノミー)だった!?講師古河 幹夫
講義概要「エコノミー切符」って割安切符のことだよね。限られた予算のなかでできるだけ節約し、安くあげることは確かに「エコノミー」。国全体でも限られた国土、人口、資源をできるだけ節約して、つまり効率的に利用することがエコノミー。でも「エコノミー」の訳語「経済」は明治時代に「経世済民」からとってきた。世の中全般を管理し民の生活を向上させる・・。これは古代ギリシャの「オイコス」に源流があるのだ。
可能日時6~7月、10月、2月の月曜日、金曜日
講義名公正・公平な社会は可能なの?講師古河 幹夫
講義概要私たちはどんなときに「不公平だ!」とか「不公正だ(アンフェアだ)!」と感じるのだろう。学校では人としての正しいことや社会の理想像を教えても、現実の社会は人を出し抜く競争で結局はお金や権力をもった人々が支配するのが実態だ、「正義」はあくまで理想であるにすぎない、と考えていませんか。私たちが社会という人々のつながりを保ちながら互いの自由を尊重しあうために、公正・公平は大切なルールです。
可能日時6~7月、10月、2月の月曜日、金曜日
講義名大学は、何を学ぶところなのか?講師楊 光洙
講義概要大学にはなぜ進学するのか、本来大学は何を学ぶところなのか、そして人生の中で大学で学ぶことの意味は何なのかなどについて考えてみます。現在日本の大学は急激に変化しています。その背景を踏まえた上で、今後大学での学び方と勉学に必要な能力について議論します。
可能日時ご相談ください
その他パワーポイント使用
講義名経済学・経営学・商学とは、どんな学問なのか?講師楊 光洙
講義概要社会科学(経済系)として経済学・経営学・商学は、何を研究する学問なのか、実際に学問が社会ではどのように役に立っているのかなどについて考えてみます。将来大学で学問を学ぶことの理解と、将来設計のための基礎知識として活用できることを目指して解説します。
可能日時ご相談ください
その他パワーポイント使用
講義名これからの時代に必要な知識と能力とは何か?講師楊 光洙
講義概要就きたい職業も働きたい業界や分野も決まっていない。それでも将来の夢は、やってみたいことは、希望する月収は、結婚は、住みたいところは、などなど新しい時代の中心的な担い手となる現在の高校生たちに、将来に求められている知識と能力について考えてみます。
可能日時ご相談ください
その他パワーポイント使用