講義の内容

平成29年度公開講座

講演テーマ ASEAN3か国の市場の現在(いま)を読み解く~ベトナム、タイ、インドネシアの日系企業幹部のインタビュー調査を通して~
講師 江崎 康弘(国際経営学科 教授)
内容 中国の経済成長が減速傾向ですが、ASEANの経済成長は継続しています。ASEANへの日本企業の対外直接投資は急伸し、至近の3年連続で毎年2兆円を超え、この期間での中国への累計額の2倍以上となりました。国際ビジネスの経験豊富な教員が、インフラ投資が活発で、何より日系企業の進出が盛んなベトナム、インドネシアおよびタイの3か国に赴き、日系企業幹部との聴き取り調査を行った内容を踏まえ、ASEAN3か国市場の現在(いま)を読み解き伝えます。

講演テーマ グローバル化の中の人材育成
講師 齋藤 毅(国際経営学科 准教授)
内容 経済のグローバル化の進展にともない、海外事業を支える人材の必要性は強まっています。しかしそのような人材は限られており、社内での人材育成にも限界があります。各企業はどのように対応しようとしているのでしょうか? 本講座では地方の中小企業の取り組みを通じて考えます。

講演テーマ 農業を変える情報通信技術
講師 有田 大作(情報システム学科 教授)
内容 数年前から農業分野への情報通信技術(ICT)の導入が急速に進んでいます。トマトハウスの中には様々なセンサーが設置され、農家はスマートフォンでハウスの様子をチェックしています。さらに、田んぼの上をドローンが飛びまわる日も近いでしょう。本講座では、このような農業ICTの現状と課題、さらに未来に向けた取り組みについてお話しします。

講演テーマ 最先端IT技術が開く新しい文化の扉〜エジプトのピラミッドから長崎の教会群まで〜
講師 金谷 一朗(情報システム学科 教授)
内容 コンピュータやセンサーを駆使した最先端IT技術によって、古代エジプト人たちの生活からピラミッド建築に至る謎を少しずつ明らかにしていく過程を説明します。砂漠に残る4500年前の巨大建築を、日本はじめアメリカ、イギリス、チェコ、ポーランドなどの国際調査隊がどのように調査し、どのように現状を記録しているのか、TV番組「世界ふしぎ発見!」で活用された技術も含めてご紹介します。またこのような最先端技術がいま、世界遺産候補「長崎の教会群」にどのような光をあてようとしているのかもご紹介します。

講演テーマ C型慢性肝炎患者の語りから学ぶもの
講師 高比良 祥子(看護学科 准教授)
内容 C型慢性肝炎は治癒を目指せる時代となりました。一方で、難治性である事や感染の苦悩、肝硬変や肝臓がんへ進行する恐れなど、様々な思いを持ちながら前向きに治療に取り組まれている方もおられます。本講座では、C型慢性肝炎患者の語りから、治療体験プロセスや病いの意味づけ、看護支援について検討したことをご紹介します。

講演テーマ 自死遺族の語りから考える~レジリエンスを促進するものとは~
講師 濱田 由香里(看護学科 講師)
内容 自死遺族の多くは、精神健康問題や経済問題など様々な問題を抱えており、支援の必要性が指摘されています。一方で、偏見を恐れず社会に対して遺族への理解や支援の必要性を訴える遺族も存在します。本講座では、自死遺族の人生の再構築の試みや、「生きていく力」(レジリエンス)とその促進要因を明らかにすることを目的とした面接調査結果の概要、ならびにレジリエンス促進要因について検討したことについてご紹介します。

講演テーマ やわらかい米食パンについて
講師 樋口 才二(栄養健康学科 教授)
内容 米食パンは、小麦粉やグルテンさらに牛乳を用いないで、米とグァーガムを用いて作っています。グァーはマメ科植物のひとつで、そのグァーから採れるグァーガムはいろいろな商品に用いられています。日本の米の消費量を増やすため、各自、各家庭で、米とグァーガムを用いた米食パンを作り、その米食パンのおいしさ・やわらかさを食べていただきたいと考えています。

講演テーマ からだに必要なビタミンの働き
講師 山口 範晃(栄養健康学科 助教)
内容 ビタミンは13種類が存在し、体内ではそれぞれが異なった働きをしています。しかし、ビタミンのほとんどは人間の体の中では合成できないので、食事から摂取する必要があります。本講座では、ビタミンがどのような食品に存在し、体内でどのように機能しているかをお話しします。特に、ビタミンの中でも、演者の研究テーマとしているビタミンA代謝とその生理作用について、演者が見出した研究データを用いつつお話しする予定です。

過年度開催分