経済

1 講座名 損害保険の基礎~保険リテラシーを高めよう~ 内容 2005年以降保険金不払い・支払い漏れ問題が表面化し、保険業界は信用を大きく失墜しました。保険会社は再発防止策に取り組み、今後はこのような問題は生じないものと思われますが、保険契約者の側でも保険リテラシーを高め、うまく保険を利用することが必要です。この講座では、損害保険の基礎と、保険契約者が注意すべき点を学びます。
講師 経営学科教授
鴻上 喜芳
日時 応相談
備考 対象者:高校生以上
2 講座名 規制緩和と流通 内容 いま、わが国の流通は歴史的な変革期にあります。そうした流通の変革をもたらす主要な要因には、情報化(IT革命)の進展、経済のグローバル化の進展、規制緩和の進展などが考えられます。これらの要因のうち、この講座では、主として規制緩和の進展に着目し、それがわが国の流通にもたらした効果や問題点などについて考えてみたいと思います。
講師 経営学科教授
神保 充弘
日時 応相談
備考 対象者:一般
3 講座名 会計の変遷とその役割(お金の管理) 内容 経済の変化とともに会計も変化してきました。いま会計は社会的に注目されるとともに激変の時代を迎えています。その中で会計の国際的統一化が進んでいます。この講座では、会計がどのように変化してきたのか、またどのように利用されてきたのか、なぜ必要なのかなどについて、お金の管理という側面から考えてみたいと思います。
講師 経営学科教授
竹田 範義
日時 応相談
備考 対象者:学生、一般
4 講座名 日本企業を対象とした経営分析の基礎 内容 日本企業を対象とした経営分析は、これまで主に財務諸表分析(企業の収益性・安全性・発展性・生産性を判断すること)を中心に行われることが多かったのですが、最近においては、財務諸表分析とともに企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility : 以下、CSR)や内部統制などが企業の経営分析を行ううえで重要視されるようになってきています。本講座では、財務諸表分析の基礎、CSRの基礎、内部統制の基礎などを中心として、日本企業を対象とした経営分析の基礎を考えてみたいと思います。
講師 経営学科教授
宮地 晃輔
日時 応相談
備考 対象者:一般
パワーポイント使用。要プロジェクター。
5 講座名 小売業のための販売・経営管理の基礎 内容 今日ほとんどの小売業者は生活者志向の販売を目指して活動しているかもしれません。しかしこのようなマーケティングを実践するとなると、必ずしも容易ではありません。この講座では小売経営において重要な販売・経営管理の基礎をマーケティング的視点から学びます。
講師 経営学科准教授
齋藤 光正
日時 応相談
備考 対象者:小売業者、販売員、高校生以上
6 講座名 小売業における商品計画の基本 内容 仕入れた商品を店頭に並べただけでは商品は売れません。売場にどのような商品を品揃えしたらよいか、つまりどのような商品構成にすべきかを計画する必要があります。この講座では店頭の商品が確実に売れるために必要な商品計画の策定方法を、商品の品質や商品コンセプトなどの基本に戻って学びます。
講師 経営学科准教授
齋藤 光正
日時 応相談
備考 対象者:小売業者、販売員
7 講座名 マーチャンダイジングと仕入計画の基本 内容 小売業は店頭にやってくるさまざまな顧客に対して商品を通じて満足を与えるために品揃えを行なっています。従って小売従事者は品揃え業務と販売業務から成るマーチャンダイジングの内容を全体的に知っておく必要があります。この講座ではマーチャンダイジングの全体像と仕入計画に係わる基本知識について学びます。
講師 経営学科准教授
齋藤 光正
日時 応相談
備考 対象者:小売業者、販売員
8 講座名 商品管理の基本と価格政策 内容 小売業にとって、在庫は多過ぎても少な過ぎても経営に悪影響を及ぼします。また具体的にどのように販売努力をしたらよいかが分からなければ、的確な販売管理はできません。この講座では、適正在庫を達成するための在庫管理の方法や販売管理のフロー、戦略的価格政策などについて学びます。
講師 経営学科准教授
齋藤 光正
日時 応相談
備考 対象者:小売業者、販売員
9 講座名 小売業における利益追求のための計数管理 内容 商品1個の利益を算出することは比較的に簡単ですが、小売業では多種多様の商品を大量に取り扱っており、仕入原価も商品ごとに異なるのが通例です。しかも期中には値下げやロスが頻繁に発生します。この講座では店舗全体での利益や値入高、粗利益高、売価決定、売価計算法などについて学びます。
講師 経営学科准教授
齋藤 光正
日時 応相談
備考 対象者:小売業者、販売員、高校生以上
10 講座名 ディスプレイの基本とその効果的演出 内容 小売経営のディスプレイ(商品陳列)において重要なのは、商品特性やファッション性、顧客特性などを考慮した陳列手法を取り込むことです。この講座では、ディスプレイの基本原則から始め、その評価基準や基本的パターンを具体的に取り上げるとともに、商品カテゴリーごとの最も効果的なディスプレイについてアドバイスします。
講師 経営学科准教授
齋藤 光正
日時 応相談
備考 対象者:小売業者、販売員、高校生以上
11 講座名 CSRとマーケティング 内容 企業は、スポーツ大会のスポンサーや緑地保全活動を行うなど、私たちの生活する地域社会への貢献や地球環境との調和などに、積極的に関わっています。企業のこうした活動を、CSR(企業の社会的責任)といいますが、近年、CSRの分野に取り入れられているマーケティング手法について身近な事例をお話しし、なぜ企業がそのような活動をするのか、皆で考えます。
講師 経営学科准教授
津久井 稲緒
日時 応相談
備考 対象者:高校生以上
12 講座名 「マイナス金利」下での「お金」と暮らし・企業経営 内容 日銀の「マイナス金利」政策とは、どのようなもので、私たちの暮らしやこれからの企業経営にどのような影響を与えるのか、「金融」という遠い世界の出来事ではなく、私たちが日々身近に使っている「お金」の問題として、わかりやすく解き明かしたいと思います。
講師 国際経営学科教授
石田 和彦
日時 応相談
備考 対象者:一般
プロジェクター使用。要PC。
13 講座名 日本経済と国際経済について 内容 アベノミクスについての説明や考えられる影響について、TPPの問題やユーロ危機についてなど、国内外の経済に関する時事問題や国際関係について分かりやすく、様々な角度から説明したいと思います。
講師 国際経営学科教授
矢野 生子
日時 応相談
備考 対象者:一般
16 講座名 資本主義を可能とした精神文化~古典から学ぼう~ 内容 モノの売り買いに関する経済活動である商業は、日本をはじめ世界のさまざまな地域で古くから存在してきました。しかし、それを近代的な資本主義へと高めていったのは、古代文明が栄えた中国やインド、中東ではなく、唯一ヨーロッパだったのです。本講座では、マックス・ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を手掛かりに、資本主義を可能とした精神構造をさぐり、あわせて古典を読む楽しさを紹介します。
講師 国際経営学科教授
山本 裕
日時 応相談
備考 対象者:高校生以上
パワーポイント使用。要PC。
17 講座名 地域の構造と革新の計画 内容 グローカル化の進展に伴う地域の構造的な変動に留意し、地域の革新を求める計画のあり方を考えます。
講師 公共政策学科教授
車 相龍
日時 応相談
備考 対象者:一般
18 講座名 社会保障と税の一体改革を考える 内容 現在政府が取り組んでいる「社会保障と税の一体改革」について、消費増税、高齢者および若年者に対する社会保障改革の現状及び必要性、具体的内容、そして改革における課題についてお話ししたいと思います。
講師 公共政策学科教授
綱 辰幸
日時 応相談
備考 対象者:一般
19 講座名 地方自治体の財政を考える視点 内容 長期にわたる景気低迷、市町村合併そして三位一体の改革など、地方自治体を取り巻く環境は近年大きく変化しています。その中で、夕張市(北海道)のように借入の返済が困難になる自治体が出てきました。なぜそのような地方団体が出てきたのかをこの講座を通じて考えたいと思います。
講師 公共政策学科教授
綱 辰幸
日時 応相談
備考 対象者:一般
20 講座名 統計データでみる長崎県の地域経済~長崎県はどのような地域でしょうか?~ 内容 私たちが住んでいる長崎県は一つの地域です。私たちが暮らす長崎県はどのような地域でしょうか?地域経済という視点から、客観的な指標である統計データにもとづき、長崎県の現状と特徴についてお話しします。
講師 公共政策学科准教授
吉本 諭
日時 応相談
備考 対象者:一般
21 講座名 マルサス人口論を研究して30年 内容 演者はマルサスの人口論を研究して、30年余りになります。決して長いとは言い切れませんが、その間に理解しえたマルサス像を易しく紹介します。あわせて19世紀初めのイギリスの社会の状況を可能な限りわかりやすくお話しします。
講師 実践経済学科教授
柳田 芳伸
日時 応相談
備考 対象者:高校生以上
22 講座名 揺れる世界に日本はどう付き合えばいいのか? 内容 世界は英国のEU離脱や米国の急激な政策転換などによって揺れています。世界経済の流れや主要国の動向を踏まえた上で、日本経済の現状と未来についてわかりやすく解説します。
講師 実践経済学科教授
楊 光洙
日時 応相談
備考 対象者:高校生以上
23 講座名 米国のTPP協定離脱で日本はどうすればいいのか? 内容 米国のTPP協定離脱によって、アジア太平洋地域経済の枠組みが不透明になっています。その背景と意味を踏まえた上で、日本のFTA(自由貿易協定)政策の選択肢について、わかりやすく解説します。
講師 実践経済学科教授
楊 光洙
日時 応相談
備考 対象者:高校生以上
24 講座名 日本は財政事情から福祉国家になれるのか? 内容 一般に「経済成長」と「高福祉」は両立できるのか、日本の赤字財政(国の借金)の事情を踏まえた上で、高福祉サービスが提供できる道について、政治・経済の視点からわかりやすく解説します。
講師 実践経済学科教授
楊 光洙
日時 応相談
備考 対象者:高校生以上
25 講座名 食料品輸出と韓国農業 内容 日本同様に韓国でも食料品の輸出を積極的に進めています。よく知られているものとして、キムチや高麗人参、パプリカがありますが、それ以外にも色々なものがあります。こうした食料品の輸出はどのように進められているのでしょうか。最近の動向を中心に、事例を交えて説明します。
講師 実践経済学科准教授
田村 善弘
日時 応相談
備考 対象者:一般
26 講座名 ケーススタディにみる地域公共交通のあり方の考察 内容 いま、公共交通が着目されています。「コミュニティバス」、「足の確保」、「LRT」、「赤字ローカル線」など、一度は皆さん聞いたことがあるでしょう。本講座ではいろいろな地域の公共交通に関するケースを紹介し、「みなさんの地域」の公共交通のあり方について探ってみたいと思います。
講師 実践経済学科講師
鶴指 眞志
日時 応相談
備考 対象者:中学生以上
パワーポイント利用。公共交通に関するアンケートを実施可能性有。

地域公開講座パンフレットを各市町、関係機関および団体等へ配布しておりますが、ご入用の場合は、下記問い合わせ先にご連絡をいただければお送り致します。


<お問い合わせ先>
***地域公開講座に関するお問い合わせはお問い合せページをご覧ください***

長崎県立大学 地域連携センター
シーボルト校
〒851-2195 長崎県西彼杵郡長与町まなび野1-1-1
TEL:095-813-5500 FAX:095-813-5220

佐世保校
〒858-8580 長崎県佐世保市川下町123
TEL:0956-47-5856 FAX:0956-47-8047

学部選択ページに戻る