本文へ移動
大学総合案内
異文化交流の地・長崎ならではの、地域性と国際性を兼ね備えた大学

本学は、佐世保校(佐世保市川下町)とシーボルト校(西彼杵郡長与町)の二つのキャンパスから成り立つ大学です。
佐世保校は昭和26(1951)年に長崎県立佐世保商科短期大学として開学し、シーボルト校は明治35(1902)年に設立された長崎県立高等女学校をその源流としています。
二つの地域で発展してきた両大学は、平成20(2008)年に統合。以来、新しい時代に挑戦し続ける人材の育成を核として、地域を創造し持続可能な地域づくりに貢献し、地域の未来を拓く拠点となっています。
全国の大学の中では決して大きな規模ではありませんが、古くから海外に開かれた長崎の歴史・文化・地理的特性を背景に、この地ならではの実践的な学びを展開し、国際性と地域性を兼ね備えた人材を数多く輩出しています。

本学学長からの皆さまへのご挨拶と、学長プロフィールを掲載しています。

本学の歴史を年表にして取りまとめています。

本学の理念・目的や、各学部・学科・大学院の教育研究上の目的を掲載しています。

佐世保校・シーボルト校それぞれの施設利用料金表やお問い合わせ先を掲載しています。

本学の学則や学長決定といった各種規程を取りまとめています。

学校教育法施行規則第172条の2に基づき、本学の教育情報を公表します。
TOPへ戻る