本文へ移動
看護学科
Department of Nursing Science
看護栄養学部 / シーボルト校
医療現場に必要なスキルの向上はもちろん、人間的成長も目指します。
看護学科の様子
ーム医療に必要な専門的知識と技術・協働のあり方を実習で身につける
看護栄養学部という特色を生かし、食事援助に焦点を絞った「食看護学演習」という科目を設けており、食や栄養面に強い看護職者を育成しています。
看護学科と栄養健康学科の学生が少数単位のグループに分かれ、食事援助技術演習や調理実習、糖尿病などの臨床で遭遇しやすい事例を用いたグループディスカッションを行います。
こうしたグループワークを通して、看護学科と栄養健康学科がそれぞれ学んだことを発揮することで、互いの専門性への理解を深め、チーム医療における役割分担と協働について考える機会となっています。
学びのポイント
01.看護実習でスキルや社会性も向上
看護学科は、看護師や養護教諭を目指す人のための学科です。4年間の学びでは、講義に加えて豊富な実習を実施し、専門的な知識と基礎的な看護実践能力を身につけます。また看護師には、人の気持ちや痛みを深く理解できる豊かな人間性が必要です。学内・学外での実習を通して精神面や社会性の成長も促します。看護の現場でリーダーシップを発揮し、将来は指導的な立場になれる人材の育成が目標です。また“保健室の先生”と呼ばれる学校の養護を担当する養護教諭や保健師、助産師の資格取得を目指して進学する学生も支援しています。
02.看護師の国家資格取得が目標
看護師は、医療機関や在宅で看護を必要とする方たちに診療の補助と療養上の世話を行う仕事で、国家資格を取得することが必要となります。本学科では4年間学ぶことにより、看護師国家試験の受験資格が得られます。





求める学生像
~ 看護学科のアドミッション・ポリシー ~
看護を通して、人々の健康生活に貢献したいと思っている人
物事を科学的に探求し、積極的・主体的に学ぶ姿勢がある人
看護学への学習意欲を持ち、専門性の高い看護職になりたいと希望している人
さまざまな世代の人々と、柔軟にコミュニケーションがとれる人
学科長メッセージ
河口朝子 学科長
学科長
河口 朝子
専門分野:老年看護学、看護管理・政策学
主要担当科目:老年看護学概論、老年看護学1、老年看護学実習
学位:博士(看護学)
地域で活躍できる看護職を目指す。
看護の現場は、病院に限らず地域・在宅・施設と多様です。また、新生児から高齢者まで幅広い年代の人々を対象に、あらゆる健康段階・健康状態への看護を実践します。
大学では、現場に近い空間でのシミュレーション教育に力を入れています。症状に応じたケアができる「高性能のシミュレーション人形」の活用や、模擬患者を使った認知症高齢者への関わりなど、最新の教育機器を導入し問題解決力を高めています。また「しまの健康実習」や「災害看護学実習」では、人々と語り合うことで歴史や文化、人々の暮らしや生き方に触れ、人間的な成長を促します。将来は社会に貢献できる人材の育成を目指します。
講義内容ピックアップ
成人看護学Ⅱ(機能障害と看護)
成人看護学Ⅱ(機能障害と看護)
急性の健康機能障害をもち、手術やクリティカルな治療が必要な患者の特徴を理解するための具体的な支援方法を学びます。講義とともに、手術を受ける患者に必要な看護技術の演習や事例を用いた看護過程を展開します。また、中機能患者シミュレータを活用して手術後の患者を想定した観察などを実践的に学び、看護の問題解決の思考過程と看護技術の段階的な習得を目指します。
老年看護学Ⅱ(老年看護学技術と実践)
老年看護学Ⅱ(老年看護学技術と実践)
認知症高齢者への理解と関わり方を学ぶため、模擬患者を用いたロールプレイを実施しています。認知症高齢者の特徴的な行動(帰宅願望、物忘れ)をする模擬患者に対して、学生が看護実習生という想定で対応する演習です。ロールプレイ後には、学生間のグループディスカッションを実施し、認知症高齢者への理解を深めるとともに、より実践的な知識や技術・態度を学びます。
4年間のカリキュラム
看護学科4年間のカリキュラム
※2020年度のカリキュラムです。 
4年間のカリキュラムの流れ
1年次
人間理解を深め、看護の基本を学びます。
人間理解に必要となる教養や、看護実践の基礎を学びます。
・人体の生物学
・看護学概論
・基礎看護学
2年次
看護学の各専門分野について学びます。
看護学は広範囲な領域を有します。
各分野の専門性を学びます。
・母性看護学
・小児看護学
・老年看護学
3年次
看護学実習を行い、看護の学びを深めます。
各領域での臨床実習を行いながら、看護実践能力を身につけます。
・成人看護学実習
・精神看護学実習
・在宅看護学実習
4年次
看護学の統合を学び、卒業研究を行います。
各領域で学んだ看護の知識・技術・態度を統合する実習を行います。
・災害看護学実習
・しまの健康実習
・国際看護
取得できる資格・免許など
  • 看護師国家試験受験資格
  • 養護教諭一種免許状
想定される進路
  • 看護師
  • 養護教諭 など
研究内容ピックアップ
林田 りか 准教授
看護栄養学部 看護学科 准教授
林田 りか

#国際マーケティング #小児看護学 #QOL #子どものイメージ #喫煙
育児不安や児童虐待を防止するための「子育てのQOL手帳」の開発に携わっています。
 育児不安や児童虐待を防止するために、子どもの発達段階に応じた「子育てのQOL手帳」の開発に携わっています。発達段階に応じた子どもとその両親のオリジナルQOL調査票の開発と、その調査票を用いた親子への調査を実施。子どもが健やかに育つことができる具体的な援助方法と、子育てしやすい社会の構築の一助とすることを目的としてます。
 これまでに幼児期から思春期、乳児期から学童期の子どもを育てる両親のオリジナルQOL調査票を開発してきました。今後も女性が安心して子どもを産み、健やかに子育てができるような社会環境を作るため、子育て中の両親が自己調査・自己分析できるシステムを作りたいと考えています。それぞれの時期に応じた問題を抽出し、地域の専門職とともに具体的な改善策を提供できるシステムの構築にも携わり、子育てしやすい社会に繋げたいです。
在学生メッセージ
 MESSAGE 01 / 在学生

先生方が悩みや相談ごとを聞いてくれる
T-café制度があるのが魅力です。
看護学科 3年
長崎県 出身 宮原 悠河さん
 看護学科の魅力は?
 看護学科では、実習器具が整っており、看護師免許の取得に向け、先生方がしっかりとフォローしてくれます。この大学の看護学科では、T-caféという制度があります。これは、生徒一人一人に教員が一人担当としてつき、悩みや相談ごとを聞いてくれるというものです。大学生活を過ごす上での不安や進路に関する相談などを気軽にできるため、とても魅力的です。

 長崎県立大学を選んだ理由は?
 私は両親が看護師という関係もあり、幼いころから看護師を目指していました。また、長崎県佐世保市出身であり、もともと長崎県内の病院での就職を考えていたので、そのためには、長崎県内の看護系大学に進学したほうが良いと考え、長崎県立大学を選びました。さらに、しまの実習や災害看護実習がおこなわれており、それらが私の将来の夢へ大きな影響を与えてくれると思ったことも理由の1つです。

 実際に入学してのギャップは?
 看護系の大学は実習等がきつく、常にとても忙しいという印象でした。たしかに、課題や定期試験は他の学科に比べると多いことは「入学前のイメージ」と同じでしたが、アルバイトやサークル、友人と遊ぶための自由な時間もきちんと確保でき、楽しい大学生活を送ることができるのは「入学前のイメージ」と異なっていました。

 今、大学生活で楽しいと感じることは?
 サークル活動でできた友人や後輩と自分の家でパーティーを開くのが楽しいです。実家暮らしだと親がいることで自分の家に呼ぶことが制限されてしまいますが、一人暮らしになったことでその制限もなく、自分たちでお金を管理して食料を調達したり、料理を作ったりすることができるため、自立しつつ、大学生ライフを謳歌しています。

 将来の目標・夢は?
 私は救急看護師になりたいと考えています。講義を通して様々な疾患について学び、実際の現場で即時に対応できるように知識・技術を身につけていきたいです。

 長崎県立大学を受験する受験生のみなさんにひとこと!
 長崎県立大学では「しま」を3つ目のキャンパスとして、しまなびプログラムがおこなわれています。様々な学科の人でグループを構成し、島の活性化のために1から企画を考えることで様々な能力が身につきます。とてもおすすめです。

PICKUP!
\ 注目の講義 /
暮らしの中の救急法
看護学科に限らず、暮らしの中で起こりうるケガへの対応や包帯の使い方について学べるほか、AEDの使い方や人工呼吸の方法などについても実践で学べるため、とてもおすすめです。
 MESSAGE 02 / 在学生

日々学んでいく中で、看護の大切さや看護師という
仕事に多くの魅力があることを実感できます。
看護学科 3年
長崎県 出身 中島 歩美さん
 看護学科の魅力は?
 看護学科では、看護の対象となるあらゆる年代、健康状態の人に対する看護について講義や演習、実習を通して詳しく学ぶことができ、4年間で専門職である看護師として必要な知識や技術を身に付けることができます。演習で使用する演習室は、モデル人形など実践的な技術を習得するための充実した設備が整っていることや、厳しくも優しく熱心に指導してくださる良い先生が多くいらっしゃることも魅力に感じます。

 長崎県立大学を選んだ理由は?
 私は、小学校時代の養護教諭の先生に憧れて、養護教諭になりたいと思うようになりました。看護学科で看護を学びながら養護教諭の勉強もできるので、より専門性を身に付けることができると考え、長崎県立大学を選びました。また、オープンキャンパスで大学の見学した際に、充実した設備が整っていると感じたことも長崎県立大学を選んだ決め手になりました。

 実際に入学してのギャップは?
 入学前のイメージとしては、看護学科は実習や演習、課題等で忙しそうというイメージでした。確かに演習や課題で大変なこともありますが、周りで一緒に頑張る仲間がいることで、自分も頑張ろうと思えて乗り越えることができると思います。また、日々看護について学んでいく中で、看護の大切さや看護師という仕事に多くの魅力があることを実感できます。そう思えることも大変なことを乗り越えるための力になっていると思います。

 今、大学生活で楽しいと感じることは?
 大学生活で楽しいと感じることは、友人とカフェに行ったり家で料理を作ったりしておいしいものを食べることです。大学生になって自由に使える時間が増えたので、長崎のお洒落なカフェ巡りをしたり、少し遠出しておいしい食べ物を食べに行ったりしています。また、接客業のアルバイトを初め、お金の大切さや言葉遣い、マナーなどを学び、人間的にも成長できたと感じています。

 将来の目標・夢は?
 私は将来、養護教諭になって、子どもたちが健康的に楽しい学校生活を送るための支援をしたいと思っています。現在学んでいる看護の知識を武器に、子どもたちの心身の健康問題に対するアプローチや保健教育をおこなえるように、今後もしっかり勉強を頑張ります。

 長崎県立大学を受験する受験生のみなさんにひとこと!
 長崎県立大学の看護学科は、設備が整っていて、熱心に指導して下さる先生方がたくさんいるので、充実した環境の中で看護を学ぶことができます。また、保健師や養護教諭になりたい人もしっかり勉強することができます。ぜひ一緒に長崎県立大学で看護について学びましょう。

PICKUP!
\ 注目の講義 /
看護の技術Ⅲ
看護の技術Ⅲでは、患者さんが安全・安楽に治療や検査が受けられるように与薬や、感染予防、フィジカルアセスメントなど診療の補助に関連する技術を学ぶことができます。演習では、注射器の取り扱いや採血の方法などを先生方が一人一人に指導してくださります。正確な知識と技術を学ぶことで看護師としてのイメージが広がり、看護をもっと学びたいという意欲が高まりました。
 MESSAGE 03 / 在学生

先輩方から演習や実習についての
アドバイスをいただけることに魅力を感じています。
看護学科 3年
長崎県 出身 泊 美雨さん
 看護学科の魅力は?
 私自身、講義の演習をおこなってから、実技テストに向けて個人でも練習を繰り返すことに意味を感じています。その点、看護学科では病院実習で実際に動くことができるように、演習室で何度も練習をおこなえる環境があります。また、先輩方から演習や実習についてのアドバイスをいただけることに魅力を感じています。

 長崎県立大学を選んだ理由は?
 私は、小学生の頃から看護学科になる夢をいだいていました。看護師になるために看護学科のある大学を探し、長崎県立大学に決めました。長崎県立大学は、養護教諭の免許も取得でき、大学院に進学することで保健師の免許も取得することができるという点に魅力を感じたことが決め手になりました。

 実際に入学してのギャップは?
 入学前は、大学は自由な時間が多くゆったりと過ごすのだろうなと思っていました。しかし、看護学科は講義数や課題も多く、1年次は特に、毎日が忙しく慌ただしく過ぎていきました。思っていた以上に忙しく大変だなという印象ですが、演習などで学びたい内容が学べることができるので、とても楽しい大学生活を送ることができています。

 今、大学生活で楽しいと感じることは?
 私にとって、友人といる時が1番楽しい時間です。大学に入り、新しい人との出会いがたくさんあります。きつい演習や課題、講義、実習を一緒に頑張れる友人がいるのは凄く心強いことだと感じています。悩みや不安を相談でき、想いを共有できる友人と一緒に過ごす時間がとても楽しいです。

 将来の目標・夢は?
 私は、将来看護師になります。この夢は小学生の頃からいだいている夢で、小児科で働く看護師になれたらと思っています。医療現場で働くことに不安はありますが、小さい頃からずっといだいてきた夢なので叶えることができるように、毎日の講義、演習、実習を人一倍頑張らなければいけないと思っています。

 長崎県立大学を受験する受験生のみなさんにひとこと!
 看護と名前だけ聞くと難しく感じるかもしれませんが、わかりやすい講義で理解を深めることができます。また、私たちの生活に密接に関係している分野ですので、身近に感じてもらえると思います。

PICKUP!
\ 注目の講義 /
看護の技術
看護師として働く時に必要な技術を学べる演習中心の講義で、実践的な内容なのでとても楽しいです。
 MESSAGE 04 / 在学生

英語や教養、しまなびプログラムなど、
看護とは別の分野も学ぶことができます。
看護学科 3年
長崎県 出身 深松 美月さん
 看護学科の魅力は?
 看護学科の魅力は、友人と高め合いながら看護の実践的な技術や知識を学ぶことができるところです。講義ではグループディスカッションが多いので、友人と協力して学びを進めることが多々あり、周りからの刺激を受けてより能動的な学びに繋がられることができます。また、それらを通じて将来、看護師として働く上での重要なコミュニケーション能力などのスキルを身につけることができます。

 長崎県立大学を選んだ理由は?
 私は、将来は地元に戻り看護師として働くことを希望していました。長崎県立大学は特に離島などの地域に根ざしたカリキュラムを設定しており、地域の看護のあり方などを深く学ぶことができると知り興味を持ちました。オープンキャンパスで訪れた際には充実した施設や魅力的な講義の内容などの説明を受け、入学したいと強く思いました。

 実際に入学してのギャップは?
 入学前は、看護についての授業がほとんどだと思っていましたが、他にも英語や教養、しまなびプログラムなど、看護とは別の分野も学ぶことができ、大学生活やこれから社会に出てからも自分のためになる学びが多くありました。また、看護学科は課題や演習などが多く忙しいイメージがありましたが、入学してからも想像した通り大変でした。しかし、達成感も大きく、課題や演習をひとつひとつクリアし、習得することで多くの知識や技術を得ることができ、自身の成長を感じられるため、楽しく学ぶことができています。

 今、大学生活で楽しいと感じることは?
 大学生になって一人暮らしを始めましたが、これまでの生活と違って自由が増えたことで自分の好きなことに多くの時間を割くことができ、自分のペースでのびのびと過ごすことができています。また、アルバイトをして自分でお金を稼ぐことの大変さを知ることができました。そのお金を友人との旅行や遊び、自分へのご褒美など有意義に使えるので楽しいです。

 将来の目標・夢は?
 地元で活躍できる看護師を目指します。

 長崎県立大学を受験する受験生のみなさんにひとこと!
 アットホームな環境で、のびのびと学ぶことができます。看護はきつくて大変なイメージが多いかもしれませんが、友人や先輩、先生方などの心強い味方が沢山待っているので安心してください。将来の夢や目標に向かってひとつひとつの壁を乗り越えて、自分の理想の看護師を目指してお互いに頑張りましょう!

PICKUP!
\ 注目の授業 /
母性看護学論
実際のお産の映像を見たり、医師の先生の話を聞いたりすることで母性看護を学ぶことへの興味が高まりました。
Q&A
看護師国家試験は大変だと聞きますが、対策講座やサポートなどはあるのでしょうか?
養護教諭を目指していますが、どうすればなれますか?
実習ではどのようなことをするのでしょうか?
先生方はどのような方がいらっしゃるのでしょうか?
演習ではどのようなことをするのでしょうか?
卒業後の進路について教えてください。

PICK UP -おすすめコンテンツ

クラブ&サークル活動についてはこちら
入試情報についてはこちら
進路・就職状況についてはこちら
入学を決めた理由
長崎・佐世保ってどんなところ?はこちら
授業料・入学金についてはこちら
障がい者支援についてはこちら
TOPへ戻る