本文へ移動

GPA制度について

GPAとは

GPAとは、アメリカ等の大学で一般的に用いられている成績評価法の一つで、大学院進学や留学時の参考資料として活用されています。
本学では、厳格な成績評価の仕組みとして、学生の卒業時におけるレベル確保等を図るため、成績評価基準にGPAを導入し、履修指導等に利用しています。
GP(グレードポイント)は、各授業科目の成績についてポイント化したもので、GPAは、学生の学業成績を客観的に計るための「物差し」と言えます。

成績評価

各学期ごとに授業科目の成績を5段階(A(秀)、B(優)、C(良)、D(可)、F(不可))で評価し、それぞれに対して、以下のGPを与えます。
成績表示
評価
評価点
単位付与
GP
備考
A

90~100点
合格
4.0
B

80~89点
合格
3.0
C

70~79点
合格
2.0
D

60~69点
合格
1.0
F
不可
59点以下
不合格
0
N
単位認定

合格

他大学等で修得した単位の認定
W
履修中止



履修中止の手続きをしたもの
G
合格

合格

合格か不合格かを判定する科目
H
不合格

不合格

合格か不合格かを判定する科目
Y
失格

不合格
0
出席不足等で受験資格のないもの
科目名
評語
評点
単位数(a)
GP(b)
(a×b)
日本史概説
B(優)
85
2単位
3
6
情報処理演習Ⅰ
C(良)
76
2単位
2
4
日本国憲法
A(秀)
95
2単位
4
8
総合英語ⅠA
D(可)
65
1単位
1
1
ミクロ経済学入門
F(不可)
50
2単位
0
0

9単位

19
※GPA=19÷9単位=2.11
  (この単位↑には、ミクロ経済学入門のF(不可)を含みます)
TOPへ戻る