本文へ移動
「日韓国際オンラインセミナー」を開催しました
2021-04-05
カテゴリ:その他イベント
 令和3年3月26日(金)、本学佐世保校で「日韓国際オンラインセミナー」を開催しました。このセミナーは本学東アジア研究所と韓国全南大学校地域開発研究所の学術交流協定に基づき開催したものです。
 セミナーは2つのセッションに分けられ、「社会的経済と地域イノベーション」を巡って、日韓の研究者4名の発表が行われました。
 開会式においては、羅 ジュモン 全南大学校地域開発研究所長、ヤン チェヨル 全南大学校経営大学長、谷澤 毅 本学東アジア研究所長による挨拶がありました。


引き続き行われた前半のセッション1において、本学の研究者から以下の研究報告が行われました。

竹田 英司 准教授「長崎県波佐見町の稼ぐ力に関する調査研究」
田代 智治 講師(Creation of Community Business by Social Entrepreneurs--Linked by Fate--)

 後半のセッション2では、パク サンハ 高句麗大学校福祉研究科教授は「新中年世代向けの介護分野―光州型社会的経済モデルの開発研究」と題した研究報告を行いました。ミン ヒョンジョン 光州全南研究院研究院は「光州地域のコミュニティ資源及び地域の持続可能性」をテーマに発表しました。

 また、各セッションに討論の時間を設けており、座長の進行のもと、コメンテーターを務めた日韓の研究者らから貴重なコメントをいただきました。

 なお、本学東アジア研究所と韓国全南大学校地域開発研究所は日韓両国を中心としたアジア地域の政治・経済・社会等に関する研究促進のために相互協力することに合意し、令和元年6月に学術交流協定を締結しました。今年度は新型コロナウイルスの影響により、予定していた実地調査及び対面交流が実現できませんでしたが、この国際オンラインセミナーの開催を皮切りに、今後も共同研究を進めていく予定です。

(セミナーのプログラムはPDFのとおりです)
TOPへ戻る