留学生たちが茶道部のお茶会を体験しました

 平成29年12月14日(木)シーボルト校茶道部の協力・指導のもと、留学生を対象としたお茶会を行いました。
 当日は、シーボルト校の留学生6名が参加しました。留学生たちは、普段見慣れていない茶室の美しい空間に感動していました。その後、慣れない正座に苦戦しながら茶道の一連の作法を学びました。参加者たちは、伝統的なお茶のたてかたに興味津々で熱心に取り組んでいました。
 体験の後半では、クリスマスにちなんだお菓子をいただいた後、茶道部の指導を受けながら、留学生もそれぞれお茶をたてました。体験中、留学生からは道具に関する質問やお菓子の食べ方に関して質問があり、茶道部の学生が丁寧に答えていました。

 今回、留学生の様子から日本文化への関心の高さが感じられました。今後も体験を通して日本文化を学べる機会を増やしていきたいと思います。