平成26年度平戸市と長崎県立大学との受託研究最終報告会を開催しました

 平成27年2月19日(木)平戸市社会福祉協議会において、経済学部生が平戸牛のブランド化に向けた調査の最終報告会を開催しました。
 平戸市と本学では受託研究契約を締結し、教員とそのゼミ生を中心に、平戸牛の生産と展開等についてのフィールドワークや、アンケート調査を通じた現状分析を行ってきました。

 
報告の様子
     

 報告会ではその結果や、平戸牛の認知度向上策などの提案を取りまとめ、副市長をはじめとした関係者の方々へプレゼンテーションを行いました。
 アイデア溢れるオリジナル観光プランや、近郊都市との連携策。学生達の思いのこもったプレゼンテーションに、参加した方々も熱心に聞き入っていました。

 
会場の様子   参加した学生
     

 質疑応答では、「平戸で畜産の仕事をやってみたいと思うか?」との質問に、「やってもいいかなという気持ちは少しある」と学生が回答し、会場は大いに盛り上がりました。今後、受託研究の成果が平戸市の活性化に寄与することが期待されます。