経済産業省職員による講演会を行いました

 平成29年10月25日(水)佐世保校にて、「この国の課題に挑戦する」と題し、経済産業省大臣官房 柴田 優 氏を講師に迎え講演会を開催しました。
 講演会には、本学学生・教員など約80名が参加し、熱心に耳を傾けていました。

 講演では、経済産業省という組織についてや、主な任務としている、「産業政策」「通商貿易」「資源・エネルギー」の3つについて講演を行っていただきました。
「産業政策」とは、企業を元気にすること、「通商貿易」とは、産業政策で元気になった企業の活躍の場を広げること、そして「資源・エネルギー」については、現在の日本のエネルギー自給率が低く海外の国々に頼らざるを得ない現状を、再生可能エネルギーなど国内で自給できるエネルギーに転換するためにはどうしたら良いのか?など、分かりやすく説明して頂きました。

柴田 優 氏

会場の様子

 講演終了後は質疑応答の時間を設けていただき、学生からの「有事の際に経済産業省は何を行うのか?」という質問には、東日本大震災を例に挙げ「電力の確保に向けた計画停電実施の為のスケジュール作成や、被災地への支援物資や必要物資などの物流に滞りがないよう管理を行った」など、会場からの質問に、丁寧に回答していただきました。