第1回長崎県立大学留学生スピーチコンテストを開催しました

 平成29年8月5日(土)に本学シーボルト校を会場に、第1回長崎県立大学留学生スピーチコンテスト-わたしの留学体験記 in JAPAN(Nagasaki)-を開催しました。当日は、本学に在籍する外国人留学生9名がエントリーし、 それぞれの留学体験をテーマに流暢な日本語でスピーチを行い、留学生ならではの視点で語られる内容も多く会場を沸かせました。
 審査員からは「日本人のトップクラスと同等のスピーチであった。立派です」「日本語の使い方、表現力が素晴らしい」、「よく観察されている」、「今後の成長が楽しみなスピーチだった」、「話の構成、展開が素晴らしかった」などの意見がありました。
 当日は上位3位までが学長より表彰され、受賞者はもちろんのこと、スピーチをした留学生全員の顔は喜びで満ち溢れていました。

 結 果
 最優秀賞:金 鑫(キンキン)
 第2位  :楊 珺靚(ヨウ クンジョ)
 第3位  :Ngo Thi Linh Chi(ゴー ティ リン チー)

 また、コンテスト終了後には、懇親会が開催され、発表者と審査員および来場者と親睦を深めました。
 コンテスト後で、緊張がとけた留学生が多く、会場ではたくさんの笑い声が聞かれました。

 今回のコンテストは、本学の留学生および留学をする日本人学生の支援を目的として設立された長崎県立大学国際交流基金の事業として開催されました。また、毎年ご寄附をいただいている佐世保校後援会の萩原会長および鳴滝同窓会の神林会長にも、審査員としてご出席をいただきました。
 今後も本学の留学生、日本人学生の交流を推進していきたいと思います。

コンテストの様子

プログラム