中華人民共和国駐長崎総領事 鄧偉総領事と長崎県公立大学法人 稲永忍理事長が会見を行いました

 平成28年4月14日(木)、長崎県公立大学法人 稲永忍理事長が中華人民共和国駐長崎総領事館を訪問し、鄧偉総領事と会見・就任の挨拶を行いました。

(左)稲永理事長と(右)鄧偉総領事

 会見で鄧偉総領事は、「長崎県立大学は長崎の中で影響力が大きい大学であり、学科も増え、教員も充実しています。近年は、中国の大学と国際交流協力も増え、大学の国際化レベルが上がってきている。今後も、更にレベルアップできるよう対中交流協力を努力してほしい」と述べられました。
 稲永忍理事長は「本学は、中国の学校との交流協力をとても重視している。今後も対中交流協力深める為、交流協力ルートの開発や国際的な大学運営のレベルアップを推し進めていく」と述べました。
 本学は、上海外国語大学や厦門大学、華僑大学など多くの中国の学校と国際交流協定を締結し、友好交流を行っています。