させぼ観光大使に本学学生が選ばれました

 佐世保の様々な情報や魅力を発信・PRする親善大使として活躍する『させぼ観光大使』に、本学経済学部流通・経営学科3年の諸國 麻椰(もろくに まや)さんが選ばれました。
 平成27年7月21日に、朝長則男佐世保市長を表敬訪問した後、記者発表が行われました。
 朝長市長から「西海国立公園指定60周年の記念の年であり、更に世界遺産登録可否決定の大事な年でもあります。お二人で佐世保のアピールをよろしくお願いします」と、激励の言葉をかけられました。
 諸國さんは「県外の皆さんへ、佐世保の良い所をもっと沢山アピールし、佐世保を盛り上げたいです。得意の英語での紹介や、大学のアナウンス部で培った動画づくり、アナウンス力などを駆使したアピールも頑張りたいです!」と抱負を語りました。
 諸國さんは、今後2年間、観光大使として様々な県内外のイベントに参加し、佐世保の魅力をPRする予定です。今後の活躍を期待します。

☆第3期させぼ観光大使☆
内川優依(十八銀行/写真左)、諸國麻椰(長崎県立大学/写真右)