公開講座(情報メディア学科)を開催しました

 6月27日(土)、公開講座を開催しました。
 今回の講座は、本学国際情報学部情報メディア学科 村上 雅通教授が「『美しき天然』と『五木の子守唄』から見る日韓交流」、C.ソムチャイ教授が「インターネット被害未然防止講座」と題して行いました。

村上 雅通 教授

C.ソムチャイ 教授

 村上先生の講座では、かつて日本で大ヒットした「美しき天然」と「五木の子守唄」の2曲から、日本と朝鮮半島との文化交流の軌跡を振り返りました。
 また、ソムチャイ先生の講座では、コンピュータウイルス感染・個人情報漏えい・詐欺行為などのインターネット被害の危険性を丁寧に説明しました。その上で、被害に遭わないためには、ウイルス対策ソフトの導入などの予防が最も重要であると述べられました。

主会場(シーボルト校)の様子

遠隔会場(佐世保校)の様子

 次回講座は、7月11日(土)13時30分から佐世保校を主会場、シーボルト校・新上五島町鯨賓館を遠隔会場として開催いたします。皆様のご来場をお待ちしています。

<次回講座>
 7月11日(土)13:30~14:30/14:40~15:40
 「軍港都市から見たドイツと日本の近代~キールと佐世保を題材として~」
  谷澤 毅(本学経済学部流通・経営学科 教授)
 「新時代の小売経営とマーケティング・テクノロジー」
  齋藤 光正(本学経済学部流通・経営学科 准教授)