公開講座(12/21)を開催しました

今年度最後の公開講座は、本学看護栄養学部永峯 卓哉准教授による「地域を育てる学力 ~いま教育にできること~」をテーマに行いました。

永峯 卓哉 准教授
永峯 卓哉 准教授

講座では最近の学力を取り巻く話題や学力・学習状況調査、学習到達度調査等の結果に触れつつ、日本の学校教育の現状について言及されました。そのうえで、今後学校教育において育むべき能力を「21世紀型能力」とし、自ら考え生きる能力の重要性を説明されました。
教育における競争神話が必ずしも成果をあげるとは限らないことや、小中学校の学級規模縮小が学力格差解消に直結しないことなど、日本の教育が直面する問題に向き合う内容となり、受講された方々も熱心に聞き入っていました。

今年度の公開講座はこの講義で終了となりますが、次年度も様々なテーマの講座を開催予定です。講座の詳細については決定し次第こちらのページでお知らせいたします。