長崎県立清峰高校1年生が長崎県立大学を訪問しました

 6月18日(火)に長崎県立清峰高校1年生が『産業社会と人間』の授業の一環で、長崎県立大学を訪問しました。

 佐世保校、シーボルト校それぞれのキャンパスで入試概要説明、就職支援説明を聞き、高校と大学との違いなどを学んでいました。

 講義体験では、経済学部流通・経営学科 山口 夕妃子教授より『売れる商品と売れない商品 どこが違うの?』、看護栄養学部看護学科 永峯 卓哉准教授より『「話す」と「きく」』の講義を体験しました。普段受けることのできない「大学」の講義。難しい話もありましたが、楽しそうに講義を受ける姿が印象的でした。

 両校でそれぞれ行われた在学生2名(清峰高校出身者を含む)とのフリートークでは、先輩方を囲み、大学と高校の違い、高校のときにやっておくべきこと、サークル、アルバイトについてなど様々な質問が出ました。身近な存在である先輩たちの意見を聴き、高校生たちも実感が湧いたようでした。

 また、施設見学、学食体験で大学生が普段生活している施設を見て、体験することで「学生生活」を体感していました。

 参加した高校生からは「あやふやだった大学生像が固まった。」「周りの世界にもっと視野を広げるようにしたい。」「大学の施設や設備がきれいだと感じた。」などの感想が聞かれました。大学で実際に講義を受けてみて、施設を見学し、大学の雰囲気を感じる貴重な経験となったようです。