本文へ移動

研究シーズ集

長崎県立大学研究シーズ集検索

農業における情報通信技術の活用
研究キーワード
農業ICT、IoT
学部学科
情報システム学部 情報システム学科
研究者
有田 大作 教授
研究目的
情報通信技術を利用した
• 農業の生産性向上や収量・品質の安定化
• 農作物に関する情報を消費者に提示
• 生産から消費までのバリューチェーンの構築
を目指す。


研究概要


環境情報計測と可視化による栽培支援


作業者の動きを計測することによる 農作業情報の計測と可視化


全天球カメラを利用した農場の可視化


拡張現実感(AR)技術を利用した 農作物情報の提示
用途・研究効果・実用化のイメージ
•  農水省「革新的技術開発・緊急展開事業(うち地域戦略プロジェクト)」において、イチゴの省エネ栽培、収量予測・安定化など関する研究開発を、九州大学、公的研究機関、民間企業、長崎県農林技術開発センター、長崎県内外のイチゴ農家などと実施中
• 文科省科学研究費補助金によって、農業ICTに関する研究を実施中
関連情報
TOPへ戻る