研究情報詳細

氏名

久佐賀 眞理(クサガ マリ)
KUSAGA Mari

所属

看護学科

職名

教授

取得学位

  • 学位区分:修士、学位名:教育学、学位の分野:教科教育専修、授与機関:熊本大学教育学研究科、取得年月:平成10年

学内職務経歴

  • 教授 本務 常勤 2014年04月01日 ~ (継続中)

所属学会

  • 日本在宅看護学会 2015年07月 ~ (継続中)
  • 日本社会福祉学会 2015年05月07日 ~ (継続中)
  • 日本ルーラルナーシング学会 2010年09月04日 ~ (継続中)
  • 日本子ども虐待防止学会 2010年04月 ~ (継続中)
  • 日本女性心身医学会 2008年06月13日 ~ (継続中)
  • 日本思春期学会 2004年05月 ~ (継続中)
  • 日本地域看護学会 1998年08月 ~ (継続中)
  • 日本公衆衛生学会 1998年08月 ~ (継続中)
  • 健康教育学会 1995年07月 ~ (継続中)

専門分野(科研費分類)

  • 公衆衛生看護学
  • 地域看護学

研究経歴

  • 保健師活動の質の評価、及びその体制に関する研究 保健師、保健活動体制、活動の質、評価、 地域・老年看護学 社会学(含社会福祉関係)
  • ひきこもりと社会的排除に関する研究 ひきこもり、社会的排除、施策、行政機関間の連携 教育社会学 広領域
  • 子ども・若者のアドボカシーに関する研究 子ども・若者、アドボカシー、制度・政策 社会福祉学 社会学(含社会福祉関係)
  • 高齢者の睡眠が健康に及ぼす影響 高齢者、睡眠、抑うつ、認知症予防 地域・老年看護学 予防医学一般
  • 社会的自立獲得過程にある若者とピア・カウンセリング 社会的自立、若者、ピア・カウンセリング 教育社会学 予防医学一般

論文

  • 「女子大学1年生のダイエット行動」 『日本思春期学会』 第35巻 第1号 P144-151 (2017年3月) 前原宏美、久佐賀眞理、福本久美子他 共著
  • 「青年期女子の母性意識とダイエット行動の関連」 『女性心身医学』 第21巻 第2号 P186-194 (2016年11月) 前原宏美、久佐賀眞理、前原潤一 共著
  • 「定時制高校生の社会的自立を支援する高校・大学・地域の連携」 『九州看護福祉大学紀要』 第14巻 第11号 P51-59 (2014年03月) 久佐賀眞理、杉田智彦、坂井邦子他 共著
  • 「中学卒業直後に出産した女性が抱える社会的不利」 『女性心身医学会』 第18巻 第1号 P146-154 (2013年07月) 久佐賀眞理 単著
  • 「過疎地域の地域包括ケアシステムの構築を目指して」 『藍野学院紀要』 第26巻 P71-79 (2012年) 関永信子、久佐賀眞理、井美代子 共著
  • 「地域在住高齢者における抑うつと転倒リスクの関連」 『日本老年医学会雑誌』 第49巻 第6号 P760-766 (2012年11月) 田中美加,久佐賀眞理,牛島佳代,他 共著
  • 「地域在住高齢者における睡眠と生活機能との関連」 『日本公衆衛生雑誌』 第67巻 第4号 P492-500 (2012年09月) 田中美加、久佐賀眞理、田ケ谷浩邦、他 共著
  • 「地域高齢者の睡眠と抑うつの関連における性差」 『日本公衆衛生雑誌』 第59巻 第4号 P239-250 (2012年04月) 田中美加、久佐賀眞理、田ヶ谷浩邦、他 共著

著書

  • 子どもアドボカシー実践講座 解放出版 平成25年4月 堀正嗣編 栄留里美、久佐賀眞理他、 独立アドボケイトの事例検討、保健師によるアドボカシーの事例検討 共著
  • ふみしめて70年 財団法人日本公衆衛生協会 平成25年2月 奥山紀子他編 平野かよ子、久佐賀眞理他 第4章各論3思春期保健とピア活動 共著

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 2017 ~ 2019 基盤研究C(代表) 地区担当制を有する自治体の合併後から今日までの保健師活動の工夫と課題
  • 2017 ~ 2019 基盤研究C(分担) 児童福祉施設へのアウトリーチ型権利擁護システムの開発
  • 2014 ~ 2015 厚生科研(政策科学総合研究事業)(分担) 保健師による保健活動の評価指標の検証に関する研究
  • 2013 ~ 2015 挑戦的萌芽研究(分担) 福祉施設入所児童への外部アドボカシー導入研究ーICAS(独立子どもアドボカシーサービス)提供モデルの構築ー
  • 2012 ~ 2014 基盤研究C(代表) ひきこもり当事者と支援者の語りから考える支援連続性の課題

研究発表

  • 2016年8月 ~ 2016年8月 日本社会福祉学会 児童養護施設における独立子どもアドボカシー導入のニーズと懸念(1) 京都 口頭(一般) 国内会議
  • 2015年10月 ~ 2015年10月 日本公衆衛生学会 保健師による保健活動の評価指標と評価マニュアルの検証―その1:母子保健ー 長崎 ポスター(一般) 国内会議
  • 2015年08月01日 ~ 2015年08月02日 日本地域看護学会 子ども・若者の社会的自立を支援する3自治体の先駆的取組 横浜 ポスター(一般) 国内会議
  • 2014年08月30日 ~ 2014年08月31日 日本思春期学会 不登校に関連する支援連続性の現状と課題 つくば 口頭(一般) 国内会議
  • 2014年08月30日 ~ 2014年08月31日 日本思春期学会 ひきこもりに関わる支援機関担当者の葛藤と支援連続性の課題 つくば 口頭(一般) 国内会議

担当授業科目

  • 公衆衛生看護学発展実習Ⅰ・Ⅱ 2017年4月01日 ~ 継続中 専任
  • 在宅看護論実習 2014年04月01日 ~ 継続中 専任
  • 活動展開支援技術論(大学院) 2016年4月01日 ~ 継続中 専任
  • 地域看護学概論 2014年04月01日 ~ 2016年07月31日 専任
  • 在宅看護論実習 2014年10月01日 ~ 継続中 専任
  • 健康管理支援論 2014年04月01日 ~ 2016年07月31日 専任
  • 看護理論(大学院) 2015年06月20日 ~ 継続中 専任
  • 在宅看護論 2014年04月01日 ~ 継続中 専任

学外の社会活動(高大・地域連携等)

  • 平成28年8月 ~ 平成30年3月 長崎県国民健康保険団体連合会保健事業支援・評価委員会ワーキンググループ委員
  • 平成28年6月 ~ 平成30年5月 長崎県看護協会理事
  • 平成28年5月 ~ 平成30年3月 長崎県ひきこもり支援連絡協議会委員 不登校ひきこもりのための社会資源ガイドブック作成部会長
  • 平成27年6月 ~ 平成29年6月 長崎市都市計画審議会委員