研究活動上の特定不正行為防止に関する取組

 長崎県立大学では、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日 文部科学省決定)を踏まえ、研究活動上の特定不正行為を防止する取組を行っています。

研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン

特定不正行為とは

 研究の申請、実施、報告又は審査における故意の捏造(存在しないデータ、研究結果等を作成することをいう。)、改ざん(研究資料・機器・過程を変更する操作を行い、データ、研究活動によって得られた結果等を真正でないものに加工することをいう。)又は盗用(他の研究者のアイディア、分析・解析方法、データ、研究結果、論文又は用語を当該研究者の了解又は適切な表示なく流用することをいう。)を特定不正行為といいます。なお、これらに掲げる行為の証拠隠滅又は立証妨害も含みます。

諸規程

長崎県立大学における研究活動上の特定不正行為の関する規程
長崎県立大学における研究データの保存等に関する細則