「ときめき取材録Vol.2 シーボルト校写真サークルSun-Filmsぱしゃ。」

 学生広報スタッフの荒木が学内の気になる学生を取材する「ときめき取材録」!
 今回は、佐世保校・シーボルト校写真サークル合同写真展「ぱしゃ。」を企画したシーボルト校写真サークル「Sun-Films ぱしゃ。」の方にお話を伺いました!

 今回が初開催となる写真展。「Sun-Films ぱしゃ。」部長の情報システム学科3年山口実桜さんの作品も展示されています。

 「今回の写真展では、私の写真が5枚展示されています。個人的に特に気に入っているフィルムカメラの写真が3枚、高校生の頃に撮った写真が1枚、大学1年生の頃に撮った写真が1枚です。」

 ぱしゃ。では月に一度部員たちで長崎の様々な場所に出かけ、撮影会を開催しています。
 部員の一人、情報システム学科2年の倉光哲也さんは、撮影会である発見があったようです。

 「僕は2年生からぱしゃ。の一員ですが、それまで写真にはそれほど興味がありませんでした。二十歳の記念にカメラを買ってもらったことがきっかけで、撮影会に参加したんです。レンズを通して見える世界は、身近なものが魅力的に感じるんです。それが楽しくて今では気づいたらカメラの虜になっていました。」

 部長の山口さんにとっても撮影会は貴重な時間となっています。

 「同じ撮影場所に行っているのに部員それぞれ目の付け所の違う写真を撮っていて、それを見ることが楽しいんです。自分の勉強にもなっています。」

 写真展「ぱしゃ。」では、部員たちの個性あふれる作品を堪能することが出来ますよ!今後も、オープンキャンパスや学園祭で写真を展示する予定とのこと。

 これからの活躍も楽しみですね!

(学生広報スタッフ:荒木風花・石井由恵香)